2009年9月28日

今日は雨が降ったりやんだり。

暑くも寒くもなく、何だか落ち着いて作業してます。


090929-1.jpg
ここのところは、生地を切ったり、部品を作ったり。
一番上の白い鳥の生地にはいろいろ語りたいことがあるけど、うまく出来たら、ね。

気がつけば、ゴミ箱の中も秋の色。

090929-2.jpg

誕生日が近づいて来た先週土曜日、ダンナに「これをあげよう。」と手渡された紙袋の中には、なんと、なんと、なんと、イエローモンキーライブDVD10枚組ボックス!
そのうち買おうと思ってる間に市場から消え失せ、まぁ、随分昔のことなので忘れてもいたんだけど、ダンナがオークションで落札してくれたらしい。ジャズやクラシック好む気取った男が買うには、あまりにも屈辱的なモノであったはず。ありがとう。ありがとう。うちのダンナは本当にすばらしい人だ!本当にありがとう!
その気持ちに答えるためにも、目から血が出るほど見ます。



吉朝弟子の会

9/26 イワトシアター

090926-1.jpg
久々の上方落語ですごく楽しめた。

本来我が家は吉坊贔屓なのですが、こうやって何人か続けて聞いていると、やっぱ吉弥はうまいなぁ、と認めざるを得ない。
途中から、顔中に吹き出した汗が気になって気になって、話に集中出来なくなっちゃったけど。
吉弥は汗っかきなようだ。

2009年9月24日

あら、かわいい。

たらたらやりながら、やっと完成。

090924-1.jpg
サイズは横22センチと小さいながら、横長財布もすっぽり収まるし、マチが8センチくらいあるので、意外に使えるカバンだと思います。

090924-2.jpg
最初に書いた通りたらたらやっていたので、実際にこれを作るのにどのくらい時間がかかるのか、よくわからなかった。いったいいくらで売ればいいんだろ。

昨日は久々にネットショップ用の写真を撮ったので、近く更新出来る予定。大変お待たせしたね、ダンナ。(何故か更新をとても楽しみにしているダンナ。見るだけじゃなくて、私のカバン、買いなよ。)
今日はショルダーバッグ用の生地の準備。


涼しくなって来たので久しぶりにお菓子を焼いてみた。
今朝は朝から甘いもの。うれしいねぇ。

090924-3.jpg

2009年9月21日

世間はすごい連休中。

先月知った。今年はこんなことになっているなんて。
今日が敬老の日なんだって。明日は所謂「ぐうたら記念日」。
富士校祭はいつだろう?

先週は遊びに行ったり、疲れてお疲れ休みだったりで、作業は相変わらすはかばかしくない。

090921-1.jpg一応毎日ちょっとはミシンにむかってるんだけど。

18日がこれでしょ。

090921-3.jpg19日はこんな。

090921-4.jpgって、こんなもの見せられても、それで?って感じだけど。


18日(金)に高麗の巾着田に曼珠沙華を見に行った。
朝、いそいそと身支度をしていたら、また、妹から電話。
「今日、見に行くの? 行こうかな。」
「では、11時に池袋を出る快速急行に乗るから、それに乗り込め。」
ということで、石神井公園でリュックを背負ったやる気満々の妹と合流して、また一緒にお出かけ。

090921-5.jpg
090921-6.jpg馬もいたり、

090921-7.jpg小川があったり、

090921-8.jpg農産物を売っていたり。

090921-9.jpg一日遊んじゃった。

そして翌日は強烈な頭痛に見舞われて半日寝込んだ。

090921-10.jpg

2009年9月17日

気候がいいせいにしてしまいますが、

今週はちょこちょこ外に出てしまって、あんまり作業が進んでいない。

(あ、救急車がうちの前で止まった。この辺は頻繁に救急車や消防車がやってくるんだ。パトカーも。
我が家に完全装備の消防隊員や刑事さんが入って来たこともあるよ。家の前の道路で警察官が速度違反のバイクを捕まえようとして怪我をしていたこともあった。あと家の前のガードレールにタクシーが突っ込んだこともあった。大通り沿いではないんだけど。
って言ってるうちに、救急車に患者を乗せたらしい音がして、たった今立ち去りました。)

で、そう、あんまり進んでいません。

090917-1.jpg

銀座の松屋で「九谷焼4人展」ていうのに、先日作ってもらったお気に入りの作家さんも来ているので、初日の15日に行って来た。お昼頃に行ったのに、ほとんどが「売約済み」「売約済み」「売約済み」。
すげー。
ご本人も驚いているらしく、「今回35点用意したんですけど、なんか開店早々来て下さった方が沢山いらっしゃって・・・」ということです。35点って、少ねーよ、と、きっとデパート側も思ってると思うよ。まぁ、一点50万くらいする大皿も売れてるみたいだからいいのか。

そんな高価なものはうちには関係ないんだけど、8月からずっと休みなしで働いていて、かなり欲求不満と疲れがたまっているダンナのために、盃を買った。(出資者はダンナですが)
お酒は飲まないけど、盃しか残ってなかった。
お料理を載せてもいいしね。

090917-2.jpg中身はそのうち公開。

GLAM ROCK EASTER vol.23

9/16  渋谷ラ・ママ

朝、妹から電話が来て、「今日、マークボランの日だけど、行く?」と問われたので、「夜までに考えとく。」と返事をして電話を切った。必ず行くことはうすうすわかっていたんだけど。

金髪のカーリーヘア(かつら)で登場したパンタさんが、イギリスの老ロッカーみたいで、とてもかっこ良かった。
やばい。パンタさんをかっこいいと思い始めたら、私ももう年だわ。


090916.jpg
あぁ、私ってバカだなぁ・・・・。
疲れすぎて、今日はちょっと気持ち悪いんだもん。



2009年9月14日

こんな感じを目指してました。



090914-6.jpgこれに肩掛けストラップを付けたら完成。
取っ手の付け位置とかのバランスが悪いような気もするけど、この革とこの生地ではこれがベストかと思われる。
金具をもう少し大きくて目立つ物にするといいかも。ステッチの色は茶でもいいかね。


大きさは幅22センチ。いつも作っているのと並べるとこのくらい小さい。

090914-7.jpg持ってみるとこんな。

090914-8.jpg今週は更にこの形を作る予定ですが。
思いつきで作り始めた形なのに力注ぎ過ぎだな。いいのか?方向性を間違えていないか?また「小さすぎて使えない。」って言われちゃうよ。


以前住んでいた南町ハイツがとうとう取り壊され始めた。
私たちが住んでいた部屋はその後3年以上誰も使わずに終わった。(前を通る時はいつも確認していたから知ってる。)

金曜日の夜、ダンナが「南町ハイツがかっこいい〜。」といいながら帰って来た。ので、翌日早速、デカいカメラを持って現場へ。

090914-1.jpgかっこいい〜。
あのトイレタンクは我が家のトイレタンクではないか?

090914-2.jpg今週中に更地になるね。

090914-3.jpgのサムネール画像


2009年9月 9日

あぁ、違う違う。

090909-1.jpgこれじゃあまりに凡庸じゃないか。作りたかったのはこんな中途半端な大きさじゃなくて、もっともっと小さい、見るからに小さいボストンバックなのに。ストラップを付けてポシェットみたいにしても邪魔にならないくらいの大きさでさ。でもマチがあるから意外とモノが入るようなさ。

ま、これは試作品。気を取り直して、更なる型紙の縮小コピーを!


他に写真がないので、昨日作ったカボチャのグラタンを。

090909-2.jpg
少し前に適当に作ったらとても美味しかったので、再び適当に作ったら、案の定今度はあんまり美味しく出来なかった。きっとダンナはあんまり食べないなー。一人でこれ食べるのかぁ・・・。

いつの間にかキュウリやトマトよりも、こういうほくほくしたものが美味しい季節になりました。




一之輔 下北沢

9/8 下北沢シアター711   春風亭一之輔ひとり会


また一之輔。
演目は「不動坊」と「らくだ」。

開演10分前くらいに着いたら、既にほとんどの席が埋まってた。空いていた最後列の固い椅子の座り心地が悪く、意外と長かったこの2席が、この日はちょっと辛かった。

最近わかったんだけど、、若手はアウェイな状況でやっている方がいいことが多い。し、その姿勢を見るのが面白い。
今度は一之輔のそういう席を見てみたいな。

で、なんで一之輔だけいつも呼び捨てなのか。
特に意味は無いけど、強いて言えば31歳だからなのかなぁ。


090908-1.jpg

2009年9月 4日

急に随分と涼しくなりまして,

夏バテとかいう言葉も相応しくないので、カラ元気を出して頑張っている次第です。

昨日これが完成。

090904-5.jpg
くすんだピンクのギザギザトリミングがウリ。


090904-2.jpg
これは今週の日曜日に大江戸骨董市で買って来た帯。


090904-3.jpg秋っぽくていい色なの。


しばらく前からダンナが本格的に忙しいらしく、今週は夕飯もいらない日々。
昨日は冷凍していたご飯も無くなったし、一人分の食事を用意するのが面倒になったので、実家に行って来た。夕刻家に帰ったら夕ご飯が用意されている、という幸せ期待していたんだけど、久々に帰ってくる娘を厚遇するような気の利いた家ではないので、やはり何も準備はされていなかった。母親が夕食の準備にかかろうとすると、にわかに父親が「肉が食べたい。ステーキが食べたい。」と騒ぎだしたので、3人で近くの雑多な店でそんな夕飯を食べて来た。父親の心臓は相当ガタが来ているようで、本当はそんなもの食べちゃいけないんだけどね。

実家に帰る途中、暗くてよくわからなかったけど、小中学生の頃仲の良かったお友達とすれ違ったっぽい。相変わらず目が大きくて髪が長かった。自転車に子供を乗せて、後続するもう一人の子供の自転車と己の進行方向を交互に確認しながら厳しい顔で走っていて、私には全く気がつかなかった。後ろを走る子供に「気をつけなさい。」とか「ちゃんと走りなさい。」とかそんなことを言っているような感じだった。
って話をダンナにしたら、「完敗だね。」ってさ。