2014年2月24日

J亭落語会 三三独演会

2/21 虎ノ門JTアートホール

140221_1.jpg
三三の会はいつも大満足で帰ってくるんだけど、この日は、まぁ、そこそこ、だった。
きっと、ここに来る前に寄った革屋での買物がうまくいかなかったことが悔やまれて、時々それを思い出してしまい、気が逸れたせいだろう。と思っていたら、ダンナも、今日はイマイチだった、と言ってたから、ネタがイマイチだったのかな。我が家的にね。

三三、最近痩せ過ぎていやしませんか。

2014年1月24日

J亭落語会 白酒独演会

1/24 虎ノ門JTアートホール


140127_5.jpg
久しぶりに大満足な落語会だった。
何が良かったって、自分の体調が良かった。
一度も眠くならなかったし、頭も目奥も肩も足も痛くなかったし。
って言うと、「おばぁちゃんかよ。」とダンナに言われるんだけど。
ベストな状態でベストな落語を聞く、という幸せをありがとう。

前座さんも良かった。前座さんらしい、元気な、そのまんま、な落語で気持ちよかった。




2014年1月 1日

平成26年正月初席 新春爆笑特別興行

1/1 鈴本演芸場 

140101.jpg

久しぶりに元日の鈴本。
今年からトリが小三治さんから三三に替わった。

楽しみにしていて、一ヶ月前にわざわざ鈴本まで出向いて前売りチケットを入手していたのに、残念ながら大晦日からの体調不良により、居眠りしがちな3時間だった。
よく覚えているのは、久しぶりに見た喬太郎さんの「夜の慣用句」とロケット団だかな。
三三の噺すらよく覚えていない。

もう10日近く前のことだから仕方ないか。


2013年12月 6日

上野鈴本12月上席 夜の部

12/6 上野鈴本演芸場

131209_2.jpg
さん喬さんがトリなので混んでるのかと思ったけど、すいてた。
12月の金曜の夜は皆さん忙しいんだろうね。

何故か眠くて、ずっとウトウトしてた。
一之輔は珍しくイマイチだったな。
さん喬さんは「文七元結」。この噺は私的には「それほど・・・」なので、今日はハズレ。
という訳で、久しぶりの寄席だったのに、イマイチな夜でした。


2013年10月30日

brainchild's

10/27 新宿BLAZA

何故か突然ロビンちゃんが登場して一曲唄って帰った。
こういうことがあるから、ライブハウスは面白いのよね。
豆粒みたいなフルライブよりも、目の前の一曲の方がうれしい。



2013年9月28日

J亭落語会 一之輔独演会

9/27 虎ノ門JTアートホール

この前一之輔を見た時には、かなり痩せた印象だったのに、またでかく見えた。
ちょっと遠かったからよくわからなかったのか、一之輔が増減が激しいタイプなのか・・・

130928_1.jpg
(また横長の画像になってしましまいましたが、クリックするとまともな比率で見られます。誰も見ないと思うけど。)

全体的に、バイオレンス、な感じの落語だった。
ま、面白かったけどね。笑っちゃったし。
「ロケット団」って出て来るだけで笑っちゃうもんね。寄席、行かなくちゃ。

2013年9月 2日

鈴本9月上席夜の部

9/1

130902_2.jpg
別に新作じゃなくても良かったんだけど、白酒さんが主任だったので。
その他の顔付けも豪華だった、というか好みだった。

当たり前だけど、けっこう混んでたよ。


先月だったか、とうとう近所のスーパーの入り口で白酒さんを見かけたんだ。
以前、この辺りの落語会で、「キッチンコートなんかのべつ行ってますから。」みたいなことを言っていたけど、見かけたことないし、ホントかよ、とか思ってたんだけど、ホントだったみたい。
白酒さんて、我が家の中ではけっこうなスターじゃん。嬉しかったな。ダンナも「いいなー、僕も見たかったなー。」って言ってた。

2013年8月23日

J亭落語会 三三独演会

8/23 J亭

白酒さんの会のつもりでいたら、三三の会だった。

130823_1.jpg
もともとJ亭は好きな会場だけど、特にこの日は1列目だったので、とても見やすくて良かった。
加藤さん、頼りになるわぁ。

またまた久しぶりだったので、噺に入り込み方を忘れてしまったというか、調子のいいときはずっと噺の映像が見えてるような気がするんだけど、なかなかそうならなかった。

でも、やっぱ落語は楽しいねぇ。
勘を取り戻す為にも、また寄席に行こう。

2013年7月21日

TYO

7/21 ラママ

130721_1.jpg
久しぶりにライブ見たいなぁ、と軽い気持ちで見に行ったら、気持ちが軽過ぎて、開演時間を30分間違えた。当日券料金、全体の4分の1を見逃す、1本600円のミネラルウォーター。
大人っぽい遊び方をしてしまった。



2013年7月 1日

神楽坂落語まつり 毘沙門寄席

6/29 毘沙門天善国寺書院

超久しぶりの落語。
以前は神楽坂落語まつりの一環のホール落語も近所の箪笥町ホールだったのに、最近は四谷になってしまったので、それではお気楽感がないので行かないの。そういう人が多いのか、ホールはチケット余ってたみたい。

130629_2.jpg
あれれ、写真のサイズがおかしいけど、ま、このままで。

やっぱり白酒さんが面白かった。
7月は白酒さんの独演会に行くんだ。楽しみー。

一之輔はまた痩せたのか、顔の彫りが深過ぎて、なんかバタ臭くなってて、違和感あり過ぎで、落語に集中出来ませんでした。

130629_1.jpg

2013年2月18日

brainchild's

2/16 新宿BLAZE

130216_2.jpg
悲しいほどに中年女性の巣窟だった。
あれはステージ上から見てもがっかりだったと思うな。
そのおばちゃんの一人として申し訳なく思う。

しかし相変わらず素敵だったので、帰って来てからまた昔のDVDを見てしまった。
気を付けないとまた病気が再発するぞ。

2013年1月14日

上野鈴本正月二の席

毎年恒例だった初席のチケットを買い忘れてしまい、今年は獅子舞も見ずに正月が終わったんだけど、とりあえず二の席にでも行くか、ということで。

130114_1.jpg
この日は白酒さんは休演でかわりに馬石さんだったんだけど、馬石さんとても良かった。演目は、泥棒が床下に隠れてる上で夫婦喧嘩が繰り広げられるやつ。
喬太郎さんは文七元結。台詞が芝居っぽくてあんまり好みじゃなかった。

朝から雪が降ったので、休日だし割と人気のありそうな番組だったのに、すごく空いてた。
のんびり見られて良かった。

130114_2.jpg





2012年11月28日

ロビン

11/28 武道館

チケットの半券が見当たらなくて、ツアータイトルとかわからない。今日は実は12月30日。

121128.jpg
初めて座ったまま聴いてしまった。
きれいにまとまり過ぎてレコード聴いてるみたいだったな。

2012年11月22日

菊之丞vs三三 人情噺対決

11/21 牛込簞笥区民ホール

121121.jpg
またご近所落語。

何故か特に書く事が無いんだけど、普通に文句無く楽しかった。


2012年10月14日

Martlet Pm.Xii

10/14 下北沢GARDEN

121014.jpgエマちゃんはどうしてるのかしら、と思って見に行ったらご健在だった。
ご健在もご健在、歌まで唄ってた。
びっくりしてしまいましたが、とりあえずCDを買って来た。

盛りだくさんで楽しかった。

2012年9月15日

桃月庵白酒と愉しい仲間たち

9/13 牛込簞笥区民ホール

落語聞きたいなぁ、と思っていたら近所で魅力的な会があった。

120915_4.jpg白酒さんも神楽坂近辺在住なので、「このすぐ近くのキッチンコートなんか、のべつ行ってますから。」って言ってたけど、おっかしいなぁ、そのスーパーは私ものべつ行ってるけど、白酒さん見かけた事無いよ。

雲助一門はみんな上手なので、大変充実した楽しい会だった。
馬石さんの火焔太鼓がとても良かった。

2012年5月23日

鯉昇 昇太兄弟会

5/22 内幸町ホール

鯉ちゃ
鯉昇     蛇含草
昇太     宿屋の仇討ち
昇太     力士の春
鯉昇     へっつい幽霊

今ちょっと小忙しいのに、こんなチケットを買っていた。

宿屋の仇討ちはいつ聞いても面白い。大好き。
好きな噺のナンバー5くらいに入るかも。







2012年4月11日

鈴本 4月上席

4/10 

白酒さんが主任の楽日。
まだ火曜日だし、世の中の人はお花見に忙しいのか、割と空いてた。
そして白酒さんも「花見の仇討ち」。
先月だっけ、同じ話を三三で聞いて、それが凄く良かった。その印象が強過ぎて、いつも大絶賛の白酒さんではありますが、今日はちょっとね。
その人に似合う噺ってのがあるね。

2012年4月 9日

レニークラヴィッツ

4/6 東京ドームシティホール

120406_1.jpg
自転車で出かけ、当日券で入る。
当日券料金が前売りと同じだった。前売りを買っていた妹は「ちっ。」って顔してた。ぴあで買うと手数料取られるからね。

20代の頃、武道館で見たときは、こんな至近距離で見られる日が来るとは思わなかったねぇ。

2012年3月28日

一之輔真打ち披露公演

3/27 上野鈴本演芸場

120327_1.jpgいよいよ一之輔が真打ちになった。
もう随分前から上手だったのに、それでもかなり早い昇進だという事で、噺家の世界も大変よね。
一之輔の噺は子別れ。(子は鎹?)
この噺はとても清々しい気持ちで聴けるので好き。