2021年2月22日

いつものショルダーバッグを

作る工程で、表裏をひっくり返す時に、半分くらいひっくり返したあたりで少々まごついて手が止まってしまったんだけど、その時のフォルムがなんだか可愛かったので、そのサイズで作ってみたのが、これ。

210222_1.jpg
縦が小さくなった分は、マチを大きく取って、

210222_3.jpg
そのおかげで形的にもかわいくなった。

210222_2.jpg
が、惜しむらくは、これ、長財布が入らないのですよ。
昨今の若者はあまり大きな荷物を持たないようで、そういう人向けのバッグのつもりだったからそれで良いんだけど、自分がいま長財布を使っていることを考えると、やっぱ長財布は入ったほうがいいんじゃない? 
次はもう少し横幅を大きくして作ってみよう。

ストラップにも少し工夫を。

210222_4.jpg





パン用の自家製酵母をしばらく放っておいたら酸っぱくなっちゃてさ、お菓子の中に混ぜ込んで使っちゃおうと思って、クッキーとビーツのケーキを焼いたんだけど、お菓子に入れてもやっぱ酸っぱくて、クッキーはヨーグルトクッキーみたいな味になるし、

210222_5.jpg
ケーキは、ビーツ、生姜、オレンジゼストというエグ味のきついものばかりが入っていて、しかもどれも入れすぎて、エグいわ酸っぱいわで、これは失敗。

210222_6.jpg
日にちが経ったら少しまろやかになって、今日は美味しくいただきましたけど。


八宝菜風の炒め物。

210222_7.jpg

イカ焼き。

210222_9.jpg

丸芋の下し蒸し(?)

210222_10.jpg

2021年2月18日

もう1つねこガマ

を作る前に、思いついたことを忘れないうちにやってみよう。

210217_1.jpg
ちょっと小さめのショルダーを作りたいのですが、これはもう少し型紙を練った方が良さそうだ。

被写体はともかく、上の写真、光の加減が良いと思いません?
珍しく色も正確に出ている。
昨日から降り続いている雪のおかげで、良い感じに光が回ってるようだ。
雪が降ると部屋が明るくて嬉しい。


今朝、新聞を取りに勝手口を開けてみると、

210218_4.jpg
寒いワケだ。



スペアリブの煮込みと

210217_2.jpg

大根と塩ジャケとワカメを大根おろしでまとめて、レモン汁と酢、醤油少々。

210217_3.jpg
美味しそうな組み合わせなのに、なんか美味しくなかった。



メカジキを塩麹と甘い麹と味噌に漬け込んで焼いたもの。

210218_1.jpg
いろんな野菜の白和え。

210218_2.jpg

この日は全部美味しかった。

210218_3.jpg


2021年2月15日

ねこガマほぼ完成。

210215_1.jpgまだストラップが完成していませんが、ストラップ取り付け部分の金具はこんな感じで、

210215_2.jpg
なるべく主張しないようにしてみた。

裏側はこんな感じ。

210215_3.jpg


このデザインは、以前ファスナー長財布で作ったことがあって、自分ではすごく気に入ったんだけど、残念ながら注目度はかなり低かった。それでやる気をなくして、その後は作っていなかった。あれは薄ピンクの革の色がよくなかったのかなぁ。あの革、まだ残ってるな。その革の色に合わせて発注して作ってもらったピンクのファスナーも沢山残ってる。あれ、どうしようかなぁ・・・


内側。

210215_4.jpg
紙紐が出っ放しですみませんね。

210215_5.jpg




ハンバーグ同様、めったに作らないけど、作るとやっぱり美味しいロールキャベツ。

210215_6.jpg

人参とキヌアのサラダ。

210215_7.jpg
近所にライバル登場、新しくパン屋さんができた。
このパンはそこのバゲット。
勝負!
水分少なめの生地だったけど、美味しいパンだった。さすがプロだ。悔しい。


で、またパンを焼いたんだけど、今回は、バターや牛乳の入った柔らかいパン。

210215_8.jpg
相変わらず自家製酵母で焼いたので、それほどフワフワでもないけど、時間が経ってもそこそこ柔らかかった。

210215_9.jpg
台所寒いから、湯気がすごいのよね。

210215_10.jpg
案の定、ダンナは柔か系の方が嬉しいらしく、すっごい勢いで食べてくれた。


春が近づくと魚屋に"ぎばさ"が並ぶらしい。
去年寿司屋で食べたみたいな綺麗な色にならなかったし、ネバネバ具合も少なかったけど、
納豆や

210215_11.jpg
大和芋

210215_12.jpg
などのネバネバ系と一緒に食べたり、味噌汁に入れたりして食べてます。




2021年2月11日

作ろうと思っていたネコ長財布、

こんな感じかなぁ、と思ったんだけど、

210211_1.jpg
どうもピンと来ない、というか、どうしても気に入らない。
これでも相当粘って作り込んで、でもこの程度にしかならない。
ところが、素材を変えて作ってみたらスルスルと作れて、しかも素敵。

210211_2.jpg

ダンナが部屋に入ってきて、「ネコが付いていなかったら高く売れそうだね。」
・・・そのとおり。かもね。
とても柔らかくていい革です。色もおしゃれ。

210211_3.jpg

そんなわけなので、先のデニム合わせの仕掛かりは、この時点で消えてもらうことにした。さよなら。



先日、時々行く器屋で、ダンナが「このお椀、どう?」
うん、それ、毎日あんたがお味噌汁飲んでるお椀だけど。

では、蓋つきでどうぞ。
さっきお店で見たものと同じでしょ?

210211_4.jpg

今日はお味噌汁ではなくて、しんじょう椀。

210211_5.jpg

タラのすり身と、なぜか大和芋と卵白まで加えてしまって、これじゃさつま揚げのレシピじゃん。蒸したらボソボソした食感になってしまって失敗。

でも、この失敗しんじょうを入れたパスタは、

210211_6.jpg
とても美味しかった。


その器屋で今回買ったのは、

210211_7.jpg
湯呑みに見えますが、向付け椀。
中は蓮蒸しです。

210211_8.jpg



微妙に暖かくなってきましたかね。
雪が降っても積もらないし、朝、下に降りてきた時の寒さが、少し和らいだ。

210211_9.jpg



2021年2月 4日

完成〜。

ネットショップを変えてから、トップの一覧に載せる写真を、ちょっと工夫するように心がけているんですが、全然うまく出来ない。
こんな、すっごいわざとらしい写真を撮ってみたりするんですけど。

210203_2.jpg
背景が変わると良いかも、と思って窓際で撮ってみたけど、

210203_9.jpg
窓の汚さが丸見えで、これはボツ。
というか、これ、外、雪降ってたんだよね。

ちょっと小道具を変えてみてメガネをアレンジ。

210203_3.jpg
サングラスだったらまだマシだったかもしれないけど、老眼鏡ではいかにもマヌケでボツ。

採用した写真もイマイチ続きで、ネットショップのトップページがなんだか汚くなってきましたが、新作アップしてありますので、よかったらご覧くださいませ。





タラのスープが取ってあったので、フィッシュカレーに挑戦。


210203_6.jpg
中身は、タラ、イカ、甘エビ、パプリカ、トマト、ひよこ豆など。
スパイスはいつもとチキンカレーと同じ。
美味しかったけど、ビジュアル的にはもう少し頑張りたい。


蒸し鶏。

210203_7.jpg
意図せずギリギリの火入れになって、

210203_8.jpg
なんだかすっごく柔らかかった。





雨や雪が降ったり止んだりの薄暗い日々が続いて、そろそろムカつき始めているのですが、時々一瞬太陽が出ることもあって、庭の灯篭の仏様に陽が当たった。

210203_5.jpg

2021年2月 1日

この、少し枯れた色調が

ヨーロピアンな雰囲気なので、こんな古い鍵とか付けちゃったら、どうかしら。

210201_1.jpg

ロンドンのアンティークマーケットで買ったのよねぇ。
17ポンドってシール貼ってあるけど、これはこんな古い鍵が15個くらい束ねてあって17ポンドだったので、今のレートなら一個165円くらいですかね。
でも、店のおじさんが勝手にまけてくれて、もっと安かったんだよねぇ。
ほとんど英語も喋れない日本人なのに、なんでまけてくれたんだろう。
かわいそうになったからかしら。
おかげで結局3束も買っちゃったけど。
楽しかったなぁ。
思い出すだけでうっとりするわぁ。


そんなイギリスに敬意を評したフィッシュ&チップス。

210201_2.jpg
鱈を一尾買いしたなら、ケチケチしないでイギリスサイズでやっちゃって!というダンナのリクエストに応えたら、鍋に入らなくて丸くなってしまった。

210201_3.jpg

ものすごい量の油を摂取したような気がします。
しばらくは油抜きの夕飯を心がけます。
が、魚介祭りは続く。

翌日は肉じゃがと、

210201_4.jpg
なまこ酢。

210201_5.jpg
久しぶりに作ったイカの塩辛が美味しくて美味しくて、

210201_6.jpg
血圧上がりそう。


その次の日は甘エビ、

210201_7.jpg
前日の肉じゃがも残ってて、一品多い豪華な夕飯になってしまった。

210201_8.jpg





2021年1月29日

せっかくいい柄なんだから、

変なデザインを入れない方が良いのに・・・

210129_3.jpg
とお思いの方もいらっしゃいますでしょう。実際言われたことも何度もあるし。
But.
この話題は何度もしているけど、今回も、この編み上げは帯の折り目隠しの為でして、それでも今回はなるべく絵柄を生かしたくて、下の方だけ折りたたむことにしてみたの。折りじわは上まで入っているけど、こうすれば少しごまかせる。

こちらも順調。

210129_1.jpg




先日のパスタに入れた真鱈の子の煮付けはこれ。

210129_4.jpg

タラのかぶら蒸し。

210129_5.jpg
ここら辺の蕪、まじ美味しい。


この翌日、近江町に行って、食べたばっかりなのにまたタラを買ってしまって、しかも丸ごと一尾買ってしまってちょっと後悔してる。冷蔵庫がタラでいっぱい。それに、いくらなんでも食べ過ぎではないか。

刺身でいけるタラだったので、イカと一緒にお作りに。

210129_6.jpg


一尾丸ごとということは、お腹の中の白子も一緒に付いてくるので、白子の天ぷら。

210129_7.jpg
盛り付けがぞんざいですみませんね。

210129_8.jpg


今日のお昼は白子のパスタ。

210129_9.jpg
景気良く残りの白子全部入れたら、ちょっと多すぎて、見た目イマイチだけど、美味しかった。



よし、今日はフィッシュ&チップスだ。






2021年1月27日

この鶴の

210127_2.jpg目つきの悪さに惹かれて買った帯でしたが、よく見ると鶴のフォルムも美しい。地の緑色もとてもいいじゃないか。

210127_1.jpg
というわけで、俄然やる気が出てきた。


これはonomickさんにもらった帯。

210127_3.jpg
デニムとの組み合わせがバッチリでいい感じ。



シャビーシックなこの帯は、

210127_4.jpg
どうします?





ホタテとプチヴェールのパスタ。

210127_5.jpg

ツブツブしてるのは、真鱈の子。

210127_6.jpg
甘辛く煮付けてあった真鱈の子の、中心部のあまり味が染み込んでない部分を、カラスミのイメージで使ってみた。
味の主張はなかったけど、全体的にまとまった味で美味しかったから、その役割は果たしていたのだと思う。



2021年1月24日

どうする、小物ネット販売。

新作名刺入れの形を整えている間に、手元に残っている在庫名刺入れで、ネットショップにアップするの練習をしてみたんだけど。

210124_1.jpg

小物は、安価に提供するべく割と簡易な作りになっていて、これを写真だけで販売するのは勇気が要る。
この名刺入れの内側なんか、

210124_2.jpg
床面磨き剤で磨いてはいるけど、ほどほどにしか磨いていないので、なんかテキトー感出てしまうじゃないですか。
床面にキズもあったりするし、革漉き機を通した跡もくっきり付いているのが、写真で見るととても気になりますね。

でも、どこからみてもスキのない作りを目指すと、お高いものになってしまうじゃん?

色々考えてしまうところだけど、ま、見てる人も少ない零細ネットショップなので、とりあえず載せておこう。



最近美味しかったおかずは。

おでん風の煮物。

210124_3.jpg
大根、油揚げ、メギスのつみれ。
つみれには玉ねぎを混ぜ込んであって、それは近くのおでん屋さんのマネ。
あそこのは豆腐も入っているんだと思うけど、これでもまぁまぁそれっぽい味で美味しかった。


千切り野菜の酢の物。

210124_4.jpg
きゅうり、大根、人参、玉ねぎ、わかめ、じゃこ。


鶏肉の塩焼き、

210124_5.jpg
は、もちろんいつも美味しいけど、付け合わせの菜花の昆布締めもとても美味しかった。


ごぼうの唐揚げ。

210124_6.jpg


豚肉と野菜のオイスターソース炒め。

210124_7.jpg






2021年1月21日

名刺入れ完成。

210121_1.jpg先日言ってた私の好きな方のデザインというのはコレでして、

210121_2.jpg
蓋を開けたところにおまんじゅうみたいな猫がいるデザイン。

210121_3.jpg

しばらくこんな感じで形を整えたら完成。

210121_7.jpg
完成したらネットショップにアップする予定です。ドキドキ。(何が?)

次はネコちゃんのがま長財布を作ろうと思っていたんだけど、なかなかアイデアがまとまらないので、こういう時は先送りにしたほうがいい。無理やり作ると絶対失敗する。
なので、もう目をつむっていても作れるくらいの慣れたカバンを作ろう。

210121_4.jpg





ブリカマ2連チャン。
初日、胴体に近い部分は塩焼きに。

210121_5.jpg
翌日。
頭の部分は通常ブリ大根にしているのですが、今回は照り焼きに。
普通にグリルで焼いてから、フライパンで甘辛たれを絡ませた。

210121_8.jpgう、旨い。


ガスえびのから揚げ。

210121_6.jpg



久しぶりに焼いた今年のケーキは、見た目はもちろんのこと、ほかにも納得いかない部分が多い。

210121_10.jpg
いつもならリベンジと称して、この後何回か作ることになるんだけど、今回はこれで終わりね。
下手で結構。
今年はパンにかまけているので、ケーキを深追いする時間的余裕がない。


2021年1月18日

昨晩からまた雪

が降り出して、寒い。
さっき、ちょっと小降りになったのかと思って買い物に出かけたら、それはまやかし、20分ほどの道のりの途中、視界は真っ白、雷は鳴るわ、横殴りの雪に吹きつけられるわで、歩く気力をなくし、帰りはバスで帰ってきた。

210118_1.jpg
疲れちゃった。


週末は自分の服を作っていた。
土日は別のことをするようにしてみると、いっぱしの勤め人みたいに、週末が来るのが楽しみになり、また、日曜日が終わる時に、あ〜あ、みたいな気持ちになれる。
こういうの、メリハリ、っていうんですか?

で、今日はこれに戻った。

210118_2.jpg



ランチ!

210118_4.jpg

自家製パンのホットドッグ、チェダーチーズがけ。


その後も時々パンを焼いている。
実は12月に東京に行っていた時も、サワードウを持って行って実家で焼いていた。
「さっすが〜! 暇な今時の主婦って感じ〜!」と、妹から強烈な嫌味を浴びせられながらも、イベントに出向く前の午前中に、日々、仕込みをしたり、焼いたり、パンに合いそうな昼食のおかずを用意したりしていたわけなんだけど、その妹も、ムクムクと膨張するサワードウを見ているうちにちょっとその気になってきたみたいで、「ちょ、ちょっとそのやり方、手短に教えてくれる?」と言ってきた。
実家の冷蔵庫の中に酵母をおいてきたけど、どうせ作ってないんでしょ?


カレイの干物の夕飯。

210118_6.jpg
赤いのは赤カブの酢漬けで、その葉っぱと茎は、煮浸しの中に。

210118_7.jpg

いつも必ず美味しいきんぴらごぼう。

210118_8.jpg




これはかれこれ2週間くらい前のおかずだったと思う。
ほうれん草と百合根のお浸し。

210118_9.jpg


2021年1月14日

久しぶりに

ネコちゃんの小物作り。

210113_1.jpg
この頃、(と言っても去年は活動の機会も少なく、流しのお客さんに見てもらったのはデザインフェスタのみ、と言っていいんだけど、)パスケースやカードケースよりも名刺入れが注目されているようなので、名刺入れを。
私的に気に入っているのはこのデザインじゃないんだけど、売れるのは上の写真のデザインなので、まぁ、そういうことならばそれを作ろう。

こんなご時世だし、私も今や地方暮らしだし、そろそろネコちゃん小物もネットショップにのせるべきかなー。載せたところで売れるとも思えないけど。




一昨日は、たまに食べるとほんとに美味しい!ハンバーグ。

210113_3.jpg
蓮根チップス乗せのサラダ。

210113_4.jpg


昨日はバンガーズアンドマッシュ。

210114_1.jpg
金沢ではポピュラーな天狗の肉屋、のソーセージ。
初めて買ったのは、御徒町の吉池だった。
あそこ、時々売ってたんだよね。
吉池、あそこだけは懐かしい。

210114_2.jpg
なんだかムーディーな食卓に撮れてしまったが、本当はもっと明るいし、肘付いて食べてるし。

二日続けて肉もの食べてヘビーだった。
今日はお刺身だよ。


2021年1月 8日

降ったねぇ。

210108_1.jpg今日はそのまま断続的に降り続いている。
さっきガッツリ雪掻きしたから、明日は腰痛だな。

210108_2.jpg

雪に囲まれて、暗い私の部屋も明るくなって、写真もいい感じに撮れる。

210108_3.jpg




冷蔵庫が壊れたのかと思ったのですよ。
扉を開けても冷気を感じないのは、台所が寒すぎるからだったんだけど。

寒くなったらブリ。
ブリの塩焼き、

210108_4.jpg
ぶり大根、

210108_7.jpg

脂がのりすぎたブリは、これでどうだ。

210108_6.jpg




年末の洋食2つ。
クリスマスごろのチキン、

210108_9.jpg
と、サラダ。

210108_10.jpg



スペアリブのグリル。

210108_8.jpg



あぁ、また雷が鳴っている。
冬の雷は、雪崩のように長く響き、(雪崩の音って聞いたことないけど。イメージです。)、家が揺れるくらいなのですよ。
そして大粒のあられが降ってきた。






2021年1月 6日

日常に戻った。

正月の間に冷え切った自分の部屋を暖めて、さ、今年のスタートはこんなところから。

210105_1.jpg

デニムリメイク物と言えばデザインフェスタ。
今年はどうなるんでしょうねぇ。
コロナとオリンピックに翻弄されているのでしょうか、通常5月開催のデザインフェスタが、今年はいまだに決まらないようなのですよ。
やらないのかな。



お正月の名残のある食事。


210105_4.jpg
ナスの揚げ出しと、おせちの残りチマチマ。


毎年恒例、栗きんとんを作った時に残したさつまいもの皮の素揚げ。

210105_5.jpg
なぜかいつもダンナに評判がいい。


刺身のお皿もちょっと華やか。

210105_7.jpg




2020年12月27日

気分的には

すでに冬休みに入っているんだけど、とりあえずイベント後の気分が上がっているうちに、ネットショップの更新をしました。
残念ながら今回売れなかったこんなものとか、

201227_1.jpg

これとか、

201227_3.jpg
計3点アップしましたので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。




しばらく家を離れていたじゃないですか。
私の留守中、近所の人が「奥さん元気?」と聞きに来た、というので、とりあえず手土産を届けたら、お返しに大根と白菜をくれた。
近所の人に野菜をおすそ分けしてもらう、というのは、東京から地方へ引っ越した人の典型的な自慢話であり、うちはそんなのいらねぇ、とか思ってたけど、貰うとやっぱりちょっと嬉しい。
そのもらった白菜の入った味噌汁と、納豆と、前日の残りの人参サラダと、今年も漬けた大根ずしの昼ごはん。

201227_4.jpg

大根ずしは東京に行く前に漬け込んで、かれこれ2週間以上経ってしまったが、これが味が馴染んでものすごく美味しい。

201227_5.jpg
もらった大根でもこれを作ろう。


もう1つお昼ご飯。
ゴルゴンゾーラとブロッコリーのパスタ。

201227_6.jpg
チーズはやっぱり東京の方が安く手に入りやすい。
ので、このゴルゴンゾーラは先日東京に行った時にスーパーで買って帰って来た。


これは朝ごはん。

201227_7.jpg
ビーツみたいな色の人参でスムージー。


ちなみにこの黄色いのも人参、の糠漬け。

201227_8.jpg
まだらに赤いのは紅芯大根。

能登の野菜はなぜかとてもカラフル。


2020年12月24日

吉祥寺のPOP UP、

ご来店いただいた皆様、お買い上げいただきました皆様に心より御礼申し上げます。

多分、写真はほとんどfacebookに載せたものと同じですが、入り口はこんな感じで、

201224_1.jpg
いらっしゃいませ。

中はめくるめくONOMICKワールド、

201224_3.jpg
と、あまりボリュームはありませんが私のカバン。

201224_5.jpg

201224_4.jpg
出店期間中、東京の感染者数はグングン増え、人通りがそれほど減っているようには見えなかったけど、通りがかりにふらっと立ち寄ってくれる人は少なかった。というか、ほとんどいなかった。キビシイ世の中です。

201224_2.jpg
そんな中、わざわざ足を運んでくださった皆様には、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

201224_6.jpg



実家でさぁ、こいつと椅子の取り合いだったのですよ。

201224_7.jpg

こいつにしてみれば、いつも座っている椅子に私が座るのが気に食わないらしく、ほかの椅子には座ろうとしない。私も動物に譲るのも悔しいので、お互い無理やり半ケツ状態で一緒に座ってたんだけど、ちょっとものを取ろうろ腰を上げた隙に全面取られてしまい、また私が半分押し返す、的な攻防が10日間繰り広げられた。最後の方にはネコも学習し、最初から半面に座るようにしてくれて、ちょっと上手く付き合えるようになった。
夜はなぜかお客さんである私の布団の中で寝てたけどね。


2020年12月10日

これは修理品。

201210_3.jpgどこを修理したか、わかります?

201210_1.jpg
これはわかりますね。

201210_2.jpg


もう1つやるべきことがあって気に掛かっているんだけど、すみません、それはイベント後にさせてもらうことにして、いよいよマスクだな。

って、私、東京に行ってもいいのかしら。
訳あって、少し早いけど土曜日には荷物を発送する予定だ。
来週になって、例えば緊急事態宣言的なものなんか出たら、どうするんだろう。
小池さんの意地に期待したい。



引き続きパンを研究中。

201210_4.jpg
14'Cのワインセラーで18時間発酵させるレシピがあった。
もちろんワインセラーはないけど、最近の室温はだいたい10度から15度くらいだと思うので、そこらへんにほったらかしておけば良さそうだ。
このほったらかし戦法が功を奏し、とてもいい感じにできた。

201210_6.jpg
芋虫みたいだけど、これ、バゲットのつもり。

201210_5.jpg
パスタは、プチトマト、ほうれん草、チーズ、ナッツ類、のアーリオオーリオ。



昨日はぶりの塩焼きと、

201210_7.jpg
残り物の素揚げや、ほうれん草など。

201210_8.jpg
普通の夕飯が美味しくて嬉しい。


2020年12月 7日

がま口ネタ続きますが、

芯をどうするか、がいつも大きな問題でして、小さめのがま口を作る時はいつもウレタン芯を貼っていたんだけど、このウレタン芯があまり好きでは無い。
見かけはパリッとしてきれいに見えるけど、使っているうちに安っぽい傷み方をしてくるというか、なんか、わかります?
普段カバンを作る時は接着芯や分厚い帯芯などを重ねて使っていて、このほうが生地と馴染んで時間が経っても汚くならない気がする。
なので、今回のがま口はその自分方式の芯を貼りました。

201206_1.jpg
写真は、なんかヨレッとしているように見えるかもしれないけど、実物はそんなことないのよ。実物で確認してね。

201206_3.jpg
確かにお財布としてはちょっと頼りない柔らかさかもしれないけど、既成概念にとらわれずに使っていただきたい。
よろしくお願いします。

201206_4.jpg


ショッピングサイトのヘッドに使えるような写真を撮ってみた。

201206_2.jpg
で、ショッピングページに射し込んでみたけど、どうもキマってない。
やりたいことはわかるけど・・・みたいな感じ?




先日の白子三昧の日々は、実は鱈三昧の日々だった。
今回も生でイケる鱈を半身買ってきて、白子鍋に入れたほか、刺身でも食べ、

201207_4.jpg

翌日以降は昆布締めにしたものを少しづつ食べ続け、

201207_5.jpg
お決まりのフィッシュ&チップスも。

201207_1.jpg
残っていた天ぷらの衣とビール衣のミックス衣なので、ちょっとフニャとしたフライになってしまったところはごめんなさいね。


更に鱈の真子まで。

201207_6.jpg

あぁ、体の中が鱈だらけ。


お口直しにサラダを。

201207_2.jpg

スイカみたいなのは紅芯大根。かわいいね。



2020年12月 5日

ガマ口は完成し、

次はノベルティ用マスクを作ろうと思ったけど、どうでしょうねぇ、今度こそ、お客さんなんか来るのかしら。

東京はどんな感じ? 
先週ちらっと東京に行ったんだけど、ちらっと過ぎて、状況はよくわからなかった。が、まぁ、土曜日にしては人出は少なかったような気もするな。
しかも時は全ての人が忙しい年末ですし、こちらとしても積極的にはお誘いはできない。
一番の理想は、そこら辺歩いている人が、お、素敵なものがあるじゃない?みたいな感じで入店してくれることなんだけど、昨今、それもなかなか難しいんだよねー。

で、マスクはどうする?

とりあえず今日は、預かっている修理を始めました。



タラの白子が1パック1000円。
私としてはちょっと奮発だったけど、
まずは白子鍋。

201205_1.jpg
白子の色が生々しい。

翌日は白子の天ぷら。

201205_3.jpg
サイコー。
時々行く天ぷら屋のカウンターでいつも見てるから、最近天ぷらが上手くなった、と思う。

お昼には白子としめじのパスタ。

201205_2.jpg
これもgood。

以上で1000円なら、まずまずでしょう。


ランチ2つ。
サツマイモとアーモンド、チーズのパスタ。

201205_5.jpg

あり合わせで作った割に、なんと美味しい!


ゴーゴーカレーの8番ラーメン。

201205_6.jpg
って?
コラボ商品みたいよ。
強烈な味の割に結構美味しかった。





2020年12月 2日

先日フェイスブックに

書いたことと同じことを書いてしまいますが、この前のデザインフェスタをぐるぐるっと見ていたら、結構ガマ口を売っている店が多かった。しかも、どの店もとてもキレイに作ってあって、型紙も工夫しているようだった。少し前は、がま口って、結構手作り感のあるものが多かったような印象なんだけど、時代は変わったようだ。

201202_1.jpg

で、とても焦った。
私こそ、素人くせぇ、とか思われているのではないかと。

201202_3.jpg
最近のデザインフェスタは、マジな人多いからね。



少し前にも同じような写真を載せたような気もするけど。

201202_4.jpg

大根おろしで食べるフクラギ。
これはこっちに来てから覚えた食べ方なので、まだ自分的に新鮮で、ついつい写真を撮ってしまいます。
残念ながら、この日はフクラギが今ひとつだったけど。


レバーのしぐれ煮。

201202_5.jpg



昨日はスペアリブの煮込み。

201202_6.jpg




今日の綺麗なうろこ雲。

201202_7.jpg

明日も雨かぁ・・・