2022年1月26日

この何日か

楽しい気分が続いているのは何故かしら、と思ったら、アレだ。
土曜日、ジギースターダストをやっているのを新聞の映画館情報で発見して、早速夕方、兼六園下からバスに乗って40分、

220126_1.jpg
隣の市のシネコンへ。
いつからやっていたのかしら。すでに一番小さい部屋での上映だったけど、客は私とダンナ、2人だけだった。
昔、この映画というかライブのビデオを持っていたので何度も見たけど、消費行動とは意見表明でもあるので、こういうのはわざわざ見に行かなくてはなりません。またこんなのあったら石川県にも配給してね。

220126_2.jpg



日曜日は家で洋服を作っていて、月曜日の夜は近所のおでん屋に行って、火曜日は歯医者に行って、天ぷら屋に行った。明日からは「まんぼう」だ。


今週は袋物の型紙作りに励んでいて、形にしては解き、また仕立てて解き、を繰り返している。

220126_3.jpg




「ぎばさ」の季節になったようだ。
ぎばさ入りのサラダ。

220126_4.jpg
ぎばさ、美味しいよ。
後ろは大量の餃子ね。

正月のニシンの昆布巻きは大失敗だったけど、真子の昆布巻きは、だいたいいつもおいしくできる。

220126_5.jpg



この日は全部美味しかった日。
カレイの塩焼き、

220126_7.jpg

春菊の白和え、

220126_8.jpg

大根と油揚げの煮物。

220126_9.jpg





2022年1月21日

最高気温が2度。

寒い1日だった。
こうなってくると、トイレや洗面所の小さなヒーターなどは焼け石に水、きっとトイレも2度だろう。

そういえば今年の雪の写真を載せていなかったけど、今朝はこんな感じ。

220121_3.jpg
今期は年末から断続的に雪が降り続いているけど、このくらい積もって、溶けて、また積もって、みたいな感じを繰り返している。

220121_4.jpg
明日からは少し暖かくなるらしいです。ほっ。





以前、ショッピングトートを作ろうと思って失敗した生地を使って、布だけでシザーバッグを作る練習をしてみた。

220121_1.jpg
お手間は革のバッグを作るときと同じくらいかかるのに、仕上がりの見栄えはやはり劣る。
これが1800円くらいで売ってたら「買おっかな」と思ってくれる人もいるかもしれないけど、そんな値段で売る気にはなれない手間をかけているので、そう思うと、やっぱ布バッグを売るのは難しいですね。
という確認だけの徒労に終わったが、正絹の博多帯の扱いのコツを発見したのは収穫だった。

220121_2.jpg




湯気吐きまくりの豚鍋。

220121_8.jpg

鰹のタタキ入りのサラダ。

220121_9.jpg



フィッシュ&チップス、

220121_5.jpg
というか、白子のフリットとかブロッコリーも揚げてしまったし、もうモリモリの一皿。
これだけでお腹いっぱい。


さぁ!今年もコレを食べてくれ!

220121_6.jpg
いつになったら上手になるのかしらね。






2022年1月18日

二つ目も完成。

220118_1.jpg今回の内側の生地はこんな感じです。

220118_2.jpg

先日、革の厚みを2,11mmと書きましたが、もう一度、作った財布から切り抜いた猫を測ってみたら、2,26ありました。

220118_3.jpg
これが一番正確でしょう。
そして、いつも使っている硬いは2,9mmと書きましたが、これは2,09mmの誤りでした。
これは重大な間違いなので、書き直しておかなくてはいけません。

このお財布は近いうちにネットショップにアップする予定です。



左義長。

220118_4.jpg
お正月飾りやらなんやらを焚き火で燃やす神社の行事で、うちもしめ飾りなどを燃やしに行った。いつもはダンナが行ってくれていたので、実物を見るのは初めてだった。
焚き火が暖かかった。




地元の鰤。

220118_6.jpg
何故かツマに長ネギ。
毎日雪やら雨やら寒いやらで自転車に乗れないので、買い物に行く回数が激減しており、だいたいいつも何かが足りない状態です。


買い物に行かないと、生協さんに配達してもらった冷凍肉で生きながらえることになる。
鳥の唐揚げとか、

220118_5.jpg
豚バラのグリル。

220118_8.jpg
前日の残りの鰤のカルパッチョがつきましたけどね。

220118_9.jpg
220118_10.jpg


冷凍庫にもう一つ残っていた、いただき物のカツオのたたきと、豚の薄切り肉を使ったオイスターソース炒めなど。

220118_11.jpg

220118_12.jpg



2022年1月13日

雪が降るからさ〜むいの〜、

寒いから〜雪がふ〜る〜の〜。
っていう小学生向けの合唱曲があった。

基本部屋の中もいつも寒めではあるけど、時々急にゾクっとするほど寒くなる。
そういう時、振り向くと窓の外は決まって雪が降り始めている。
子供の頃は、寒いから雪が降るに決まってんじゃねぇか、と思ってたけど、実は、雪が降るから寒いのかも。
さらに、この歌詞を当時は平叙文だと解釈していたが、それも間違いだったのかもしれません。今なら「さ〜むいの〜?」「ふ〜る〜の〜?」という疑問形で歌っちゃうね。


220113_2.jpg



先日の、柔らかめの革のお財布が完成した。

220113_1.jpg
いつもは革が硬くて完成時にはフタが閉まらないところだが、今回はすでに綺麗に閉まっている。
革の厚さは、いつもの硬い革が2,09mm、今回の革は2,11mm、ということで、だいたい同じくらい。柔らかいと言っても、くにゃっとするような柔らかさとは違うので、これは全然ありだな。質感もいいし、これはイケる。と思う。



この季節、鱈ばかり食べているんだけど、たまには違った味で、と思って、グラタン風。

220113_4.jpg
何故かお餅も入ってます。

他は手羽中と大根の煮物とか、

220113_5.jpg
正月に余った数の子入りのおひたしとか、

220113_6.jpg
変なメニューになっちった。

220113_7.jpg


鏡開きの日は、お餅を味噌汁に入れて白菜雑煮風。

220113_8.jpg
紅白を重ねる石川県の鏡餅は、全国でも珍しいそうです。

あとはまたしてもフクラギ。

220113_9.jpg
「どうしてウチでは鰤が出てこないの?」
「よそはよそ。うちはうち。」







2022年1月 9日

ねこちゃんのお財布を

作る時は、いつもは硬めのハリのある革を使うんだけど、ただいま革を切らしている。
次に革を買いに行くのはもう少し先になりそうなので、いつもとは違うが、手持ちの柔らかめの革を使ってみることにした。

220109_1.jpg
柔らかすぎることはないはずだし、厚みはしっかりある。
とりあえず一個仕立ててみて検証しようと思う。

今回、内側の布部分はこんな感じ。

220109_2.jpg
地味すぎる色目なので、見えない部分に使ってしまおうと思ったのだけれど、こうしてみると、ヨーロッパのクラシックなファブリックみたいじゃないですか?クッションとかに使われていそうな感じ。


冬場はあまり晴れることがない金沢だけど、昨日はこんなbeautiful dayだった。

220109_4.jpg
なので、兼六園を通り抜けて、

220109_3.jpg220109_5.jpg
お城の中も通り抜けて、

220109_6.jpg
エムザでお昼を食べて、そのまま歩いて映画館へ。結構な距離だったけど、天気が良かったので気持ちよかった。ダンナの歩数計で8000歩くらい。私だったら1万歩くらい歩いたのかも。
映画を見て立ち上がったら足がガクガクになっていたので、帰りはもちろんタクシーを呼びましたけれども。



「今日は中華だね。」

220109_7.jpg
「名古屋だよ。」
私、最近名古屋にも出入りしているんでね。


頭芋の炊き合わせ。

220109_8.jpg
これは京風。

野菜は中華、おせちの残りの栗きんとんもあって、もう何風かわからない。

220109_9.jpg





ガス海老の唐揚げ。

220109_10.jpg

寒ぶり漁がたけなわの様ですが、庶民はフクラギで刺身御膳。

220109_11.jpg








2021年12月25日

ネコパス、

211225_1.jpgネットショップにアップしました。
お使いのネコパスのネコちゃん、まだ柄はありますか?
裏面のビニールフィルムは破けていませんか?
渡邊印のネットショップにて、いつでもお買い求めいただけます。
プレゼントにも喜ばれております。



今週は、上記のネットショップの更新のほかは、主に自分の服を縫っていた。
あとは、週末に雪が予想されていたので、天気のいい日には近江町に行って2,3日分の食料を買い込んだり、地面が乾いているうちに庭や玄関前の掃き掃除や枯れ草の始末をし、外に出られるうちに窓ガラスを拭いたりした。
昨日は鮨屋を予約していたが、寒くなって来たので、恒例の腹痛を出かける直前に発症し、外出は断念、夕飯はピザのデリバリーになった。
ピザ屋はサンタクロースの格好で来たようだ。
そして、今日は予報通り雪が降っている。



今晩は和食、タラの塩麹焼きだよ、

211225_5.jpg
とダンナに言ったら、ちょっと物足りねぇなぁ、的なムードを漂わせていたので、
春菊はクルミ和えにしてボリュームを加え、

211225_2.jpg
味噌汁の代わりに肉団子と白菜のスープ、

211225_3.jpg
大根はごま油たっぷりで焼いて、

211225_4.jpg
これで文句はないんだろ?

211225_6.jpg


ぶり定食。
ぶりとタラのお造り。

211225_7.jpg
ぶりは脂が乗ってきたので、大根おろしでも美味しかった。

211225_8.jpg
他はコンニャクとかブロッコリーとか、

211225_9.jpg
なぜかレバーの塩焼きも。

211225_10.jpg







2021年12月21日

ネットショップに

ねこちゃんのカードケースをアップした。

211221_1.jpg
もう長年作っていて、自分にとっては当たり前だし、見てくれる人にとっても見れば一目瞭然的なものだけど、それを写真だけで売ろうとすると、それはやはりいちいち詳しく説明をするのが親切であり、商売というものだろう。ということに気付き、これからもう少し手直しする予定。で、急遽追加の写真を撮っていた。

211221_8.jpg
対面販売というのは、本当に楽でいいものだと、改めて思う。


その後、歯痛が酷くなり、診療の予約を変更して診てもらって、神経を抜いたらその後左頰が腫れて、二日間くらい、昔のカワカミマイコみたいな顔になっていた。今日はようやく少し顔が縮んだ。

噛みにくいので食欲もなく、大した食事は食べていなかったが、これは歯医者に行く前の日の夕食。
最近ダンナにも評判の良い炊き込みご飯。

211221_2.jpg

メインは後ろに控えている鰹のタタキ。

湯豆腐。

211221_3.jpg
どうでもいいおかずをそれっぽく見せる選手権、みたいなのがあったら、私結構イケると思うんだよね。

211221_4.jpg



これは昨日の焼きサバ定食。

211221_7.jpg
大根と油揚げの煮物と、

211221_5.jpg
小松菜のニンニク炒め。

211221_6.jpg


2021年12月16日

あぁ、歯が痛い。

歯医者の予約は来週なので、今日のところは痛み止めを飲んで我慢しているけど。

先々週といい、今回といい、歯が痛くなるタイミングは、ジョギングに行って、いつもよりちょっと長く走れて充実感に浸っているまさにその時なのだけれど、これは体温が上がったからなのか、それならお風呂に入ってても痛くなりそうだけど、それは無い。極度に体が疲れた時だとしたら、先週末、イベントの帰りは疲れすぎて頭が痛くなっていたけど、その時は歯は痛くなかった。
これって歯医者に伝えるべきだろうか。あのお兄ちゃん先生に言って、合理的な説明をしてもらえるのかしら。という、ちょっと下に見ているこの態度にバチが当たっているのだろうと思う。


今日はネコちゃんの小物の写真を撮った。

211216_2.jpg

ネットで売る場合は、革を切り抜いて、後ろから帯地を当てて、ミシンでステッチをかけている、ということがわかる写真を撮らなくてはいけませんね。
これで分かるかしら。

211216_1.jpg




寒くなって、鍋が美味しい季節になった。

211216_3.jpg

頂き物のカツオのたたき。

211216_4.jpg
一緒に塩が付いていたので、塩と柚子果汁で食べてみたらとても美味しかった。
ごちそうさまでした。


能登牡蠣で、お昼はパスタ、

211216_5.jpg


夜はカキフライ!

211216_6.jpg


〆さば。

211216_7.jpg
鯖の質も良かったし、かなり美味しくできたのに、しめ鯖というのはどうしてあまり美味しそうに撮れないのでしょうねぇ。

油揚げと白菜の煮物。

211216_8.jpg



2021年12月13日

クリエーターズマーケットが終わりました。

お買い上げいただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。
どうも有難うございました。

今回のお店はこんな感じ。

211213_4.jpg
近付いてみましょう。

211213_1.jpg
いつもと同じですが、今回も大きいブースを借りたので、テーブルは2台。
そして、いよいよモリモリショップを脱する決意で、断腸の思いで並べる商品数を減らしてみました。
少し、見やすくなったと思う。

初日、お買い得商品を角スペースに置いて、目論見通り売れたので、翌日は我が社のホープ、ねこちゃんグッズを角地に置いてみた。

211213_2.jpg
それが功を奏したのかどうかはわからないけど、ねこちゃんはそこそこ出ましたが、それ以外は、ね・・・、正直に言おう、帯バッグは一つも動かなかった。ビクともしなかった。残念である。が、もう気にしない。引き続き、バッグの方も修練を続けて参る所存です。


楽しかったです。
今回は近隣ブースの方も一人できている人が多かったので、久しぶりにご近所さんとお話ししながら過ごせたし、出展者はあちこち出張している人が多いらしく、よくみる人があちらこちらに。

よくよく見かけるあのパンダくん、先月のデザフェスでは、割と近くのブースだった。
相手はあのようにまるでパンダなのでよく知っているけど、オーディナリーピープルな私のことなど、見覚えてもいないだろうから、すれ違っても挨拶もしないけど、一人遠くの地に来ている時に、知った顔、というか知ったパンダがいると、ちょっと安心する。
あと、ストリックランドね。
私が個人的に心の中でそう名付けているだけだけど、あの人もまたいた。
あの人、マジ、ストリックランドなんだよねぇ。月と六ペンスの。

名古屋の会場の雰囲気は相変わらず素敵で、

211213_5.jpg
金城ふ頭の懐かしげな感じも相変わらず素敵で、

211213_10.jpg
211213_11.jpg
また行きたいと思います。


時々、名古屋は食砂漠、みたいなことを言う人もいるけど、私的には名古屋に行くと食べることで忙しい。
金曜日の夜、名古屋に着いたら、まずは目当てのこの店で、

211213_8.jpg
台湾ラーメンと青菜炒めを食べ、
翌日の昼は、売店で買った矢場とんの味噌カツ海苔巻き。結構美味しかった。
その夜は、今度は駅ビルの中の味仙でにんチャーと青菜炒め。
その翌日の昼はコンパルのエビカツサンドをテイクアウト。これはとても美味しかった。大満足。お腹いっぱい過ぎて、その日の夕飯は食べずに帰って来たくらいだけど。

次行ったら何食べよっかなー。
名古屋といえば喫茶店のモーニングだけど、朝食を食べるほどお腹に余裕がなくて、今回はここはスルーだった。次回はぜひ。


と言うわけで、とても楽しい2泊3日だった。

名古屋、都会だなぁ。

211213_7.jpg

キラキラした新しい街もいいけど、天井の低い地下街の雰囲気もいい。

211213_9.jpg


また楽しく出かけられるように、頑張って作ろうと思う。




2021年12月 8日

おそらく

もう誰にも有難がられないであろう手作りマスク。
ネコちゃんのお財布をお買い上げの方にはネコちゃんを、

211208_1.jpg
龍柄のバッグをお買い上げの方にはドラゴン柄を、

211208_2.jpg
ご用意してお待ちしております。


週末の名古屋のイベントに向けて荷物を用意した途端に、なんだか眠くなってきまして、昼寝に入りたいところなんだけど、なかなか佐川さんが来ませんね。

眠いと思っているのは、実は緊張なのかもしれませぬ。
名古屋は楽しみなのだけれど、そうは言ってもまだ一度しか行った事のないイベントなので少々ナーバスになっている。

って言ってる間に佐川さんも来てくれた。雨の中をありがとう。
そう、当然今日も雨なので、それもあってブルーなのかしらね。



お?我が家にしては珍しい赤いお刺身。

211208_3.jpg
本マグロとフクラギ。
この歳になってマグロの美味しさに目覚めたので、本鮪が、主に切り落としが多いんだけど、安く出ているとついつい買ってしまう。

蓮蒸し。

211208_4.jpg



前日のフクラギの残りを竜田揚げに。

211208_5.jpg


穴子しんじょ。

211208_6.jpg

穴子のすり身が安かったので、というか、穴子のすり身なんて初めて見たので、安いかどうかはわからないけど、何であろうと300円なら安い。
素材のおかげで美味しかったけど、しんじょはもっとうまく作れるようになりたい。

211208_7.jpg




2021年12月 6日

先週は

ずっとネコちゃん作りで、最後はキーホルダー。

211206_2.jpg
薄暗い部屋の中での、黒く細かい作業は大変なのだけれど、

211206_1.jpg

時々差す太陽の光の明るさがありがたい。


今日はプレゼント用のマスクを作っている。
最近では手作りマスクをしている人を見かけることもなくなり、あげる、と言っても「要らない。」と言われそうで怖いけど。


先週木曜日は、夕方ジョギングに行って、今年完走を目指していたルートを攻略できたご褒美に、近所の温泉→近所の割烹で夕飯、というゴールデンコース。

金曜日は歯が痛くなって歯医者へ。

土曜日は、朝から一人で野々市まで買い物に行き、その後白山のイオンに行って、お昼ご飯とユニクロ。
有名なイタリアンのお店が入っているので、そこでランチを食べた、

211206_9.jpg
と思ったら、間違えた。違う店に入ってしまった。
まさかフードコートっぽい中にあるわけないよね。
その後、金沢に戻ってダンナと待ち合わせして映画を見て、夕飯も外で食べて、と、マジ、丸一日遊んでしまった。

日曜日は近所の能楽堂へ。
来年、ご近所の奥様がそこで能をやるのに誘われていて、能など全く知らない我々に、予習用に、定例会のようなもののチケットをくれたので、行ってきた。難しかった。
これって、「茶の湯」のシチュエーション?
あぁ、落語が聞きてぇ。



今年初、地元産の香箱ガニ。

211206_3.jpg

211206_4.jpg


副菜のご紹介。
胡麻油と柚子果汁のコールスロー。

211206_5.jpg
さつまいもサラダ。

211206_6.jpg

きんぴらごぼうサイコー。

211206_7.jpg

里芋と車麩の煮物。

211206_8.jpg



夕方、窓を開けたら、向かいの幼稚園の子どもの大きな声が聞こえた。
「王様の命令であるぞ!」「王様の命令であるぞ!」
クリスマスの劇の練習でもしてるんですかね。

2021年11月30日

お財布ができたら、

211129_1.jpg次はパスケース。

211129_3.jpg
デザインフェスタの時には、割と地味目な色のネコちゃんしか残っていなくて、見た目の楽しさに欠けていた反省があるので、今回は人目を引きそうな色味を追加しました。

ついでにカードケースも少々追加しとこ。

211129_4.jpg

あぁ、おネコさん達よ、名古屋でも頑張ってね。

211129_2.jpg


土曜日、初めて国立工芸館に行ってみた。

211129_10.jpg
竹橋にあった頃は、ジョギングでいつもその前を走っていたけれど、今は街に出るときの通り道沿いにある。なので、超地味で知らない人も多い国立博物館だけど、私には結構馴染みがあるのですよ。
竹橋にあったのを、ここ金沢に移転させたのは馳さんなんだよね。
その馳さんは、来年の石川県知事選に立候補している。

工芸館を見た後は、隣の県立博物館で、お茶をしてから企画展を見て、その後街に出て、ラーメン食べて、東急ハンズで遊んで、デパートで夕飯の買い物をして帰ってきた。
模範的な金沢市民の遊び方と言えよう。

帰る頃にはすっかり夕暮れ。

211129_11.jpg
もうすっかり冬ですね。




安い!旨い!炒りこんにゃく。

211129_5.jpg

かぶら蒸し。

211129_6.jpg
中はカニカマとキノコ、という庶民バージョン。

メインは生姜焼き。

211129_7.jpg
全体的に庶民的な食卓でした。

2021年11月25日

今日も荒天。

薄暗く、ゴロゴロと雷がなり続ける1日だった。
そろそろ本格的に冬に入るようだ。


いつものお財布。

211125_1.jpg
晴れたらネットショップ用の写真を撮りたいけど、この天候ではいつになるのやら。

211125_2.jpg


おせんべじゃないよ。

211125_3.jpg
これはスニッカードゥードゥル。
って何?
ネットで見かけたレシピに、これを作るときにはクリームオブターターが必須、みたいなことが書いてあった。ちょうどスーパーで半額になっていたクリームオブターターを買ってあったので、よし、作ってみよう。

外は軽くてカリッとしていて、中はねっちりした食感のクッキーでした。
美味しい。

211125_4.jpg
で、クリームオブターターがどう作用しているのかはわからなかった。
何故なら、他のお菓子でもクリームオブターターを使ったことがないので。
ベーキングパウダーでもいいような気もするけど、それは違う、とも書いてあった。



本鮪の切り落としを、フライパンで焼いてポン酢をまわしかけて煮詰めてしまったら、なんかあんまり美味しくなかった。

211125_5.jpg
ごめん、このマグロ、本当はもっと美味しくなれるはずのものだったのに。

キャベツと豚肉の辛子醤油和えとか、

211125_6.jpg
ナスの田楽などの副菜は美味しかった。

211125_7.jpg


ロールドチキン、なんて料理あるっけ? チキンロール?

211125_8.jpg

中にマッシュルームとかドライフルーツとかチーズを入れて巻いてオーブンで焼いたもの。

付け合わせはもち麦のリゾット。

211125_9.jpg


豚キムチ!

211125_10.jpg

豚キムチパワーで写真の色も明るく、食卓がチアフル! 幸せの食卓!

211125_11.jpg


2021年11月10日

あっという間に

今週末はデザインフェスタ。

このがま口には

211110_2.jpg
いぶし銀の口金をつけようと思っていたけど、取り寄せるのを忘れてた、と言うか、わざわざそれだけ取り寄せるのも面倒だった。かといって、これはどうしてもシルバー色ではない気がするので、今回は家にあった、ちょっといい(と、自分では思っているが、古いデッドストックものなので、キズがあったりはします。)口金を使うことにした。

211110_3.jpg
さらにエレガント度が上がりました。

211110_4.jpg

こちらは、以前にも言ったように、試作で作ったカバンを崩して作った、リメイクのリメイク、なので、お値段もほどほどに、4000円でいかがでしょうか。まだ高いですか?
是非、お手にとってご判断くださいませ。

211110_1.jpg

デザインフェスタでお待ちしております。



今週の夕飯。


ぶりの照り焼きと、

211110_5.jpg

ふろふき大根。

211110_6.jpg
豚肉の竜田揚げと、ネギとゆず乗せ。



鶏肉のネギ蒸し。

211110_7.jpg

ぶり大根。

211110_8.jpg
このぶりのアラも、天ぷら屋さんでもらったアラなんだけど、先日の鯛のアラ同様、やはりとても美味しかった。
と言うか、これってアラなの?
わたし的にはこれは身として扱うレベルの部位なんだけど。


2021年11月 5日

今週は

おもに、ネコグッズの写真を撮ったり

211105_1.jpg
自分の服を縫ったりして過ごしている。

あまりに遅いんだけど夏場の疲れが一気に出て来たようで、とにかく疲れちゃって、デザインフェスタに向けてのテンションも上がらず、カバン作りも打ち止めにしてしまった。
来週末までに体力を回復しておきます。



生クリームの消費期限が切れている。
何処かで貰った、封もあけていない抹茶も使ってしまいたい。
ちょうどよく、お菓子用のチョコレートチップもある。
というわけで、抹茶のマフィン。

211105_2.jpg

果物が入っていないので、その分水分が足りなかったのか、ちょっとパサパサしてしまった。

211105_3.jpg
味は、まぁ、フツー。
私だったら2度は買わないな。



県産の大根が出始めた。

211105_5.jpg
柔らかくて美味しい。

半年ぶりくらいにいつもの天ぷら屋に行ったら、今回はお土産に、魚のアラをくれた。
さすがに飲食店で使っているアラは、モノがいい。

211105_6.jpg
すごく美味しい鯛のあら汁ができました。

211105_4.jpg




北海道展で買ったソーセージ。

211105_7.jpg
お値段の割には、ごめん、意外に普通でした。


珍しくチキンカツ。

211105_8.jpg
美味しー!


プロ出汁、という商品を時々見かけるのですが、これは鶴来の醤油屋かなんかが作っている人気商品らしいので、先日鶴来に行った時に買ってみた。
で、それで煮たおでん風の煮物。

211105_9.jpg
確かに。
おでん屋みたいな味になった。



いつの間にか、紅葉が進んでいますね。

211105_10.jpg


2021年11月 1日

今日はこれを仕上げる。

211101_1.jpg
あーあ、再来週はもうデザインフェスタなのに、結局カバンは全然作らずに、小物ばっかり作ってた。

211101_2.jpg

それならそうと覚悟を決めて、今後はネットショップにもねこちゃん小物をじゃんじゃんアップしなければなりませんね。



土曜日、天気が良かったので、電車に乗って30分、白山市の鶴来というところに行ってきた。
金沢市民が初詣に行くところ、というイメージがあるのみで、予備知識は無し。

お酒の名前にもなってる手取川。

211101_4.jpg
手取川周辺はジオパークとして認定されているらしいです。
ジオパークってイマイチよくわかってないけど。

いつも出発が遅い我々は、この季節、目的地に着くとすでに夕方が近い。

211101_3.jpg

211101_5.jpg


白山比咩神社の表参道。

211101_6.jpg
木がデカい。

211101_7.jpg
木が大きいだけで、何かちょっと神秘的。

211101_9.jpg

だけど、神社そのものは割と普通でした。

211101_8.jpg

・・・自分の撮った写真が面白くない。
鶴来で一番印象に残っているのは、商店街にあった、なんとか百貨店。名前は忘れた。入り口から見ただけでもゾクゾクするほど懐かしい感じのお店だった。
あと、旧道沿いの古い町並みもよかったし、古びた駅もよかったんだけど、そういう写真を撮ってこなかったところをみると、さては私は疲れていたようだ。




夕飯の写真再開。

ぶり大根。

211101_10.jpg
今年は北海道のブリがよく出回っており、脂はノリノリ。
この前日はブリカマを焼いて食べたら、脂が多すぎてちょっと気持ち悪くなるくらいだった。

外で食べたブリのお造りも、2回続けて北海道産だったな。


211101_11.jpg

義母が来ていた間、景気よく呑み続けたダンナ。
1ヶ月ぶりの休肝日、の、カレー。

211101_12.jpg


これは本日のランチでございます。

211101_13.jpg
しめじ、サツマイモ、生クリーム、チーズのパスタ。






2021年10月27日

マルルゾロ さんの

ファイナルセールも終わり、預けていた商品が戻って来た。
今回もたくさん売ってくださってありがとうございました。
お買い上げいただいた皆様にも厚く御礼申し上げます。


ねこガマが残り一個になったから、とりあえず、これを補充しておこう。

211027_1.jpg



うちの金木犀、とうとう今年は咲かないのかなぁ、と思っていたら、先週末ごろからようやく咲き始めた。と思ったら、にわかに町中が金木犀の香りになった。
こんなに遅い開花が、かつてあったでしょうか。

211027_2.jpg

自分の記録によると、一昨年は9末に咲いていた。


金木犀が咲き始めた頃、義母は東京へ帰りました。



庭の生き物シリーズ。
蜘蛛。

211027_5.jpg
この時期になると、もうすっげーデカイの。
一緒にいた雄グモはとっくに食べられちゃったみたい。

引っ越して来た頃、あまりに蜘蛛の巣が多いので、蜘蛛の巣ジェットを買ったんですよ。
このサイズの蜘蛛が、シュッ!ぽとっ。くらいの速さで駆除できるのが、逆に怖くて、それ以来使っていない。
基本的には「蜘蛛の糸」の呪縛から逃れられず、蜘蛛は殺さないことにしています。




2021年10月22日

先日、

色物の革とファスナーについて書いた時に思い出してしまった、ピンクの革とピンクのファスナー。
これでお財布をじゃんじゃん作ろうと思ったのに、全然反応が悪くて、そのまま革もファスナーも残ったままになっていた。
せっかくだからこれで一個作ってみた。

211022_1.jpg
ネコちんが「カーーーッ!!」って言ってるつもりだけど、ちょっと口の開き方が違いますかね。
かわいいような気もするし、割と上手くできたけど、なんかノれない。
どうせ売れないんでしょう?この色。みたいな気分になっているのかもしれないし、自分もあんまりこの色が好きじゃないのかもしれない。

211022_2.jpg
とりあえず、これはこれだけにしておいて、次はなんか違うもの作ろーっと。


義母が来ているので、朝はNHKを見ながら朝食を摂っているんですよ。
昨日、ニュースのシメに「金沢上空には大きな虹が出ています。」(もちろん地方局ニュース)。
うちからも少しだけ見えた。

211022_3.jpg





2021年10月18日

やっぱこの革は

名刺入れを作るのがベストだったようだ。

211018_2.jpg
パリッと綺麗に仕上がった。

カエルのポーズは「よぉ!元気?」

211018_1.jpg
名刺もいっぱい入るので、ビジネス使用もできますよ。

211018_3.jpg
こんな絵のついた名刺入れ、仕事で使えねぇよ、という方は、是非、カードケースとしてお使いください。



最近また頻繁にパンを焼いているんだけど、季節も変わり気温が低くなったせいか、もしくは酵母の力が衰えたのか、夏場のようにふんわりした食パンが焼けなくなってきたので、イーストを投入。

211018_4.jpg
見た目売ってるパンに近くなってきたけど、味はもう一つ、いや、もう二つ。



久しぶりの庭の生き物シリーズ。

211018_5.jpg
ヤモリ。

211018_6.jpg
この日はとても暖かく、この時は義母に庭の草取りをしてもらっていたんだけど、その後めっきり寒くなり、義母は二度と庭には出ず、暖房の入った部屋に籠っています。




2021年10月11日

もう一つ前回と同様の


小銭入れというかパスケースというか、を作ろうとしたら、黄色いファスナーの残りが少なく、同じものを作るには少々足りない。なので、仕方がない、前に作った小銭入れの大きさにして、もう一つ。

211011_1.jpg
小さいから、今回はカードスロットは一つだけ。

211011_2.jpg
中も、カードも入るけど、やっぱ小銭入れサイズだな。

211011_3.jpg

色物の革を使う場合の問題点は、ファスナーですかね。
コンスタントに売れる確証がないと、黄色いファスナーなんか3メートルとか5メートルとかでは買いたくない。変わった色のファスナーを何メートルも買って失敗した事が、以前にもある。

211011_4.jpg


とりあえず、次はファスナーを使わない名刺入れを作ろう。



あ、マルルゾロ さん、吉祥寺でファイナルセール開催中です。

211011_5.jpg






長野の善光寺に行ってきた。

211011_6.jpg
牛に引かれて善光寺参り、ならぬ、義母に引かれて善光寺参り。

211011_7.jpg
参道も境内も、かなり賑わっていました。

211011_8.jpg

滞在時間3時間足らずだったので、全然写真がないんだけど。

211011_9.jpg


突然「善光寺に行こう!」ということになり、ダンナが一夜漬けであれこれ調べた結論は、「長野とは、善光寺なり」。
2,3時間の滞在では、ダンナの説が正しいかどうかは判断できなかった。
家から一時間半もあれば行けるので、今度はゆっくり散策してみたい。