2020年4月 3日

引き続き

お財布の作り直しで、今度はコウモリのお財布の内側を作り直した。
前回は、何故かこれがステキなのだと思っちゃって、ステッチをピンクにしてたんですが、

200403_8.jpg
(この写真じゃあまりよくわからなかったですね、)
やってみたら、これは無いよねぇ、な感じになってしまったので、今度はちゃんと黒いステッチ。

200403_1.jpg
一箇所、もとの革をそのまま使ったので、ピンクのラインが残ってますが、

200403_2.jpg
これはご愛嬌だと思ってください。

あぁ、作り直してよかった。全体がパシッとした。

200403_3.jpg
時間があるっていいですね。

200403_4.jpg




スペアリブの煮込み。

200403_5.jpg


鯛飯。

200403_6.jpg
鯛一匹丸ごと炊き込んで、味付けもちょっと濃いめにしたら、なんとご飯の美味しいことか。
これでおにぎり作ったら売れそう。

200403_7.jpg

2020年4月 1日

どうやら

その時からあまり自信がなかったようで、去る23日の日記に挙げたこのお財布の写真は

200323_1.jpg
なんとなく詳細を隠すようなショットになっておりましたね。

その後、内側だけ作り直して、今度は自信作。

200401_1.jpg
おもて面と縫い合わせる時は、同じ針穴に通すように気をつけたので、ほら、縫い直し感はございませんでしょ?

200401_2.jpg

やはり前回の敗因は厚めの裏地ではなくて、自分の仕立ての下手くそさだったことが証明されたので、コウモリのお財布も内側だけ作り直そーっと。


200401_3.jpg



近所のお寺のしだれ桜は5分咲きくらい。

200401_7.jpg

ここも週末には満開かなぁ。

200401_8.jpg




先週も食べたけど、昨日もブリカマ。

200401_4.jpg
わさび醤油をつけて、ご飯と一緒に海苔で巻いて食べてみたら、すごく美味しかった。


ホタルイカとワケギのぬた。

200401_5.jpg

大根葉と油揚げの炒め煮。

200401_6.jpg

東京ではあまり見なかったけど、ここら辺では大根の抜き菜っていうのかしらね、間引き菜みたいな、葉っぱだけのが普通に売ってて、それは大根の頭についている葉っぱよりも全然柔らかいので、使い勝手がいいし、美味しいし安いしで、嬉しい。

2020年3月29日

デザインフェスタも

よく粘ったが、その後正式に中止を発表し、今回の出展予定者はそのまま次回11月のデザインフェスタへ出展できる事になりました。
よかった。出展料が無駄にならなかった。

そんなチキンレースを戦いながらも、粛々とお財布を作っていたのですが、これはなかなか出来がいい。

200329_1.jpg

200329_2.jpg

これもまずまずだ。

200329_3.jpg

200329_4.jpg

この2つに比べると、その前に仕上げた2つはイマイチなのですよ。
使った裏地が上の2つのものより厚めの生地だったせいもあると思うけど、久しぶりに作ったせいで仕立て方がこなれなかったせいが大きいと思う。
並べるとその差は明らかだし、よーし、世界中が止まっているこの間に、作り直そーっと。


いつものチキンカレー。

200329_8.jpg


鯛の蓮蒸し。

200329_9.jpg
くぅ〜、美味しい!

200329_10.jpg


カレイの唐揚げ。

200329_11.jpg

わけぎとホタテのぬた。

200329_13.jpg

野菜の小煮物。

200329_12.jpg




兼六園の桜が咲き始めましたが、人も少なくて、これはこれで風情がある。

200329_5.jpg

200329_6.jpg

200329_7.jpg
石川県はまだ戒厳令的なものは出てないので、普通の生活をしていますが、まぁ出たとしても、我々夫婦はもともとself isolationしているようなものなので、普段となんら変わらないだろう。
お勤めの人は会社から自粛要請されたりするらしく、「変装して食事にきた人がいた」と飲食店の人が言ってたよ。

2020年3月25日

そろそろ決めなくては、

と、思っていたところに、本日の東京都外出自粛要請ですよ。

今のところまだ開催予定のデザインフェスタなんですけどね。
もう随分前から、中止になるんじゃないかと思っていたので、すっかりそのつもりになっていて、色々準備するもの億劫になってしまった。わざわざ新幹線に乗って、非常事態を経験しに行こうと思うほど若くもないし、万が一感染なんかしたらつまらない。体力には自信ない方だし。
というわけで、4月11日、12日のデザインフェスタには出展しません。
それから、あまりにもよくわからない状況なので、神楽坂の事務所店も、4月は見送ることにしました。
その代わり、5月に、またonomickさんと一緒にお店をやる予定です。
後日詳しくお知らせいたします。

注文したホックもまだ来ないしなぁ。

200325_1.jpg


いわし料理の店、風な夕飯。
地元の朝採れのイワシが安かったので、まずはお刺身。

200325_2.jpg

引き締まったピカピカの身、には見えない写真になってしまったけど、実はそうだったのよ。超美味しかった。

味噌汁はいわしのつみれ汁。

200325_3.jpg

そして、いわしの塩焼き。

200325_4.jpg
これで二人で200円!


翌日はブリカマ祭り。
塩焼きと、

200325_5.jpg
ぶり大根。

200325_6.jpg

あとは加賀蓮根の唐揚げと、赤キャベツの塩もみ。

200325_7.jpg


200325_8.jpg


メカブの下ごしらえをしていた時、ダンナが新しいカメラで遊びながら台所に入ってきた。

「これ何?」

200325_9.jpg
「めかぶ」

200325_10.jpg
「湯通しすると、あんたの知ってるメカブだよ。」

200325_11.jpg


2020年3月23日

振るわない週末。

クリーニング屋の件は、木曜日に自転車で出かけたついでに、その暁町店とやらに行ってみたら、その日は定休日で、ムカつきながら帰ってきて、土曜日に気を取り直して機嫌よく出かけたら、シャツはまだ元の店にある、と言われてその日は手に入らず、結局今日、元の近所の店の前で手渡してもらって、終了。なんか、大変だった。


お財布は、久しぶりすぎてすっかり作り方を忘れていて、まるで初めて作るかのようなノロノロさで進んでいる。

200323_3.jpg

200323_4.jpg

バネホックが足りないので、木曜日に手芸店に買いに行ったら、そうだとは思ったけど、普段使っているのと同じものは無かった。
仕方ないので、翌日バスを乗り継いでホームセンターに買いに行こうと思ったら、金曜日は祝日だったのですね、そのバスは休日は運行していなかったので、まさか片道2000円近くかけてタクシーで行くつもりは無いので、これは通販で買うことにした。が、やはり休日が絡んだので、今日になって申し込んだことになるわけで、手に入るのは最短で明後日かなぁ。

ま、お財布作りは自分が思っていたより時間がかかるようだから、丁度いいタイミングで金具も届くのかもね。


200323_1.jpg



クリーニング屋に続き、近所のすごく美味しかった洋菓子屋が、明後日で閉店することになった。
閉店が公表された日からお客さんが途絶えないみたいで、それ以来生ケーキは買えてない。

この近所では、去年の夏から、スーパー無くなったでしょ、洋食屋なくなったでしょ、荒物屋もなくなったし、クリーニング屋もなくなって、そしてジロンボ(お菓子屋ね)、理由は様々であるようだけど、地方社会の現実を知りますよねぇ。

体調もイマイチで、土曜日は昼も夜も外食したらお腹壊したし、幸い熱と咳はないけれど、ちょっと風邪気味っぽい。
ブルーな週末だった。


餃子ナイト。

200323_6.jpg
一人15個!どうぞ。

200323_5.jpg


カレイの干物と

200323_7.jpg
豚すき鍋。

200323_8.jpg


2020年3月18日

昨日さぁ、

クリーニング屋にシャツを取りに行ったら、閉店してた。
どうも前回預けに行ったその翌日に閉店したらしい。おばちゃん、何も言ってなかったじゃん。
張り紙には、洗濯物はここで保管しています、という別の店の案内が出てたけど、暁町ってどこやねん。
困りましたよねぇ。
次に近いクリーニング屋は、歩いて15分から20分くらいかかる。
車が欲しくなった。


今日は晴天に恵まれたので、カバンの写真を撮った。
写真に撮ってみると、やはり両脇を織り込んだほうが形がきれいなことがわかったので、急遽スナップをつけて、

200318_2.jpg
この形に落ち着いた。

200318_1.jpg

素敵ですわ。

200318_3.jpg



ホタルイカと赤キャベツ。

200318_4.jpg

ふろふき大根。

200318_5.jpg


スズキのポワレ。

200318_6.jpg
今日は魚がうまく焼けた。今までで一番美味しく焼けたかも。
ソースは、バター、粒マスタード、カルダモン、白ワイン、レモン。

赤キャベツやクルミやチーズなどのサラダ。

200318_7.jpg

小さな赤キャベツが4つで100円、というのを買ってしまったので、毎日赤キャベツ。




2020年3月16日

朝起きたら

久しぶりに雪が降っていた。

200316_3.jpg
昨夜一晩中、雷が鳴ってたのは、そういうことだったのか。

土曜日に犀川を散歩した時は、桜も蕾が膨らんでいたし、

200316_9.jpg
山が雪解けを始めているのか、川の水量も多かったんだけど、

200316_10.jpg
今日は気温は2度。
寒過ぎて自分の部屋に行けないので、今日は朝から居間で日記書いてます。



私にしては大きいカバンなので、勝手が違い、うまく写真に収められてないんだけど、これもそろそろ完成。

200316_2.jpg

マチが15センチあるので、今回ポケットは左右のサイドにつけてみた。

ファスナー脇を織り込んだら可愛い形になるかと思ったけど、

200316_1.jpg
そうでもないので、このプランはボツ。

これだけ大きいと使いやすそうだ。




タラのネギ蒸し。

200316_5.jpg

副菜は、春菊のくるみ和えとか、ラディッシュの葉と人参の炒め煮とか、野菜の煮物。

200316_4.jpg


豆苗炒め。

200316_6.jpg

大豆の唐揚げ。

200316_7.jpg

鶏肉の煮込み。

200316_8.jpg
手前のダンプリングには、バターと一緒にちょっと残っていたブルーチーズを練りこんだら、とても美味しくなったんだけど、残念なことに、最後に慌てて加えたので、生煮えだった。ごめん。






2020年3月12日

無駄に力のこもった

取っ手の接続部分。

200312_1.jpg
途中でデザインを変えたこともあり、この部分だけで、なにげに1日仕事になってしまった。
なんか、すっげー頑丈そう。


200312_3.jpg

なんかコレ違うかも、とか思いながらも、辛抱強く進めていたら、ようやくいい感じにまとまってきて、完成が楽しみになってきた。

200312_2.jpg



昨日はブリカマ。

200312_4.jpg
でかい!

200312_5.jpg

ぎばさ、

200312_6.jpg
ってご存知?
鮨屋では「花まつも」って書いてあった。が、調べてみると、アカモク、というのが正式名称らしい。
春先に1,2ヶ月しか採れない海藻らしいんだけど、すっごい粘り気で、いかにも体に良さそうなのよ。

そして、きんぴらごぼう。

200312_7.jpg



今日は天気がいいから、久しぶりにジョギングめいたことをしに行こうかなー。
まだ寒いけど、そろそろ春かなー。

2020年3月 9日

お財布、

最後はこれ。

200309_1.jpg
とりあえず外側だけ作っておいて、中身はまた後日。
で、今日は別のことを。

200309_2.jpg
この帯は、先日吉祥寺でお店をやっていた時に、たまたま立ち寄られたお客様がくれたもの。
ありがとうございます。
金糸たっぷりの豪華な帯で、私なんかには猫に小判、うまく使えるかしら。

ところで、デザインフェスタ、どうなると思います?
先日、主催側から実施する旨のお知らせがきたけど、まだまだ予断は許されないと思ってる。
デザインフェスタがなくなったら、神楽坂の「事務所店」開くつもりだったけど、そんな場合には神楽坂にだって人はいないだろう。what to do,what to do...


金沢からも観光客が消えた。
ガラ空きの兼六園は、今は梅が見頃、

200309_7.jpg
は、過ぎてましたね。今年は梅も早かったようだ。

200309_8.jpg

200309_6.jpg
でも、人もいなくて、淋しげで、いい感じよね。

200309_9.jpg



人がいないといえば、先週のある夜、映画を見に行ったら、こんな感じ。

200309_5.jpg
我々二人と、あと一人だけ客がいて、3人で「1917」見てきた。



チーズ入りチキンカツ。

200309_3.jpg
肉は胸肉、チーズはエメンタール。とても美味しかった。


ほうれん草としめじの胡麻和え。

200309_4.jpg


なんだか先週からずっと、猛烈に眠くて、寝てばっかりいます。
今もパソコンに向かいながら、もう、半分目が閉じている・・・

2020年3月 5日

まだまだお財布。

まぁ、かわいい!

200305_1.jpg

ベルト周りの「浮き」が多いとカバンの中で何かに引っかかったりし易いですね。
最後に手縫いでここら辺を抑えて完成。

200305_2.jpg
手縫いって・・・って感じだけど、洋服でも高級服になればなるほど、細部に手縫い感がありますでしょ。そういうイメージでお願いします。

こんなのも出来た。

200305_3.jpg
これは裏っ側もかわいい。

200305_4.jpg


今日は古いカメラでお届けします。
休肝日の麻婆豆腐。

200305_5.jpg

小松菜はごま油とニンニクの炒め煮。

200305_6.jpg


ガス海老が安くてつい買っちゃうんだけど、一度に全部唐揚げにしても食べきれないので、

200305_7.jpg

半分はタラの身と一緒にしんじょうにしてみた。

200305_8.jpg
けど、失敗。卵白を入れすぎたようだ。


ヒラマサのお造り。

200305_9.jpg
ツマの緑とピンクのものは、紅芯大根です。

富山県のホタルイカ。

200305_10.jpg
漁初日の水揚げ量が多かったというニュースがあったけど、そうすると庶民の食卓にも回ってくるわけですね。安かった。



夕方のお地蔵さん。

200305_11.jpg
近くの保育園のところにあって、秋には地蔵祭りとかやってて、子供やお母さんたちが楽しそうに集っていた。
地蔵祭りって、言葉は聞いたことがあるけど、何やってるんだろう。




2020年3月 2日

三寒四温、

と言うんでしょうかねぇ。
今日はとても暖かくて、午前中に買い物に行ったら、外気は花の匂いがして、コートが暑いくらいで、すっかりいい気分になって帰って来たら、鼻がグズグズ、くしゃみが止まらない。
花粉の季節、我が家にはマスクがない。


お財布の外側作り、2個目はこんな。

200302_1.jpg

ベルトの青い革、これは、どうだかなぁ・・・



新しいカメラを買ったんですけどね(ダンナが)、なんか気に入らない。
なんだか、ウソくさい写真になる。

200302_2.jpg
これは、カジキ(ここら辺ではサワラと言っているようですが)のバター焼き。
意図せず、自然にフラワーな感じになってしまいました。

ふろふき大根はフキノトウ味噌。

200302_3.jpg

昨日は、タラのチーズ焼き。失敗。

200302_5.jpg

全体的に手抜きっぽい夕飯だった。し、あぁ、写真がわざとらしい。



風景はいい感じに撮れるようですね。

200302_8.jpg

遠くの山までキレイに撮れてる。

200302_9.jpg
いつもこんなところを通って買い物に行くのよ。
これがとても楽しい。



このカメラがどんだけわざとらしいかということを、先日の写真と比べてみよう。
これは新しいカメラで撮ったもので、

200302_7.jpg
1つ前の日記に、いつものカメラで撮った同じおかずがあります。
どぉ?

2020年2月28日

この何日か寒くて、

雪もちらついたりして、毎日薄暗く、目も疲れるし、もう何ヶ月か越しの両腕の筋肉痛というか関節痛というか、そんなものも最高潮だし、そろそろ温泉なのかもしれないけど、コロナウィルスって、銭湯での感染の心配はないのかしら。

ちなみに金沢にもマスクは無い。
外国人観光客も少ないので、バスの乗り降りもスムーズだ。
新幹線も空いてたな。


お財布を作ろうと思って、いくつか生地をピックアップしてたら、あれもこれもになってしまって、頭が混乱して来たので、とりあえず生地と革をセットしておき、

200228_1.jpg
あとは1つずつじっくり作り込もう。

200228_2.jpg





ぶりのお刺身の夕飯。

200228_3.jpg

この冬お気に入りの、大根と厚揚げの煮物。

200228_4.jpg


野菜の肉巻きとタラの塩麹焼きの夕飯。

200228_5.jpg


2020年2月25日

まだ始動できていない。

次に作るべきもののプランを立てたり、帯を選んだり解いたりしながら、ぼやんとした日々を送っています。
カメラの中にもご飯の写真しかないんだけど、あぁ、東京に行く前に撮ったこんな写真があった。

200225_6.jpg
もはやこの時期の恒例行事になって来た、オレンジピールのチョコがけ。
今年はオレンジと伊予柑だよ。
たっぷり仕込んで、実家や友達、そしてお店に来てくださった方にも押し付けました。
下手くそな手作りチョコレートほど、もらって困るものもないんだけどねぇ。

お店をやっている間に、まさかのバッティング!おすそわけでおしゃれなオレンジピールのチョコがけをもらいまして、カバンの影に隠れて食べながら売り物の味を検証し、密かに闘志を燃やしたのです。今年はすでに食べ過ぎたから、また来年、売り物みたいな美味しいオレンジピールを作ろう。


買い物に行ったら、もうフキノトウが出ていたので、この日は天麩羅。

200225_1.jpg
なんかぐっちゃり盛り付けてあるけど、この日は割とサクッと美味しくできたの。
なぜなら。ガス台に付いてる揚げ物温度センサーみたいなやつあるじゃん、あれを使うのが悔しいので、一年半も使わずにいたんだけど、魔が差して使ってみたんですよ。そしたらちゃんと美味しい天ぷらができた。ちっ、悔しい。


ロールキャベツと

200225_3.jpg
ガス海老の唐揚げ。

200225_4.jpg


2020年2月22日

一昨日、帰って来ました。

吉祥寺のPOP UP SHOPにご来店いただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

個人で場所を借りて販売する、ということを久しぶりにやりましたが、ああいうのって、楽しいですね。
毎朝店の鍵を開けて、掃除機を掛けたり鏡を拭いたり、商品の並べ替えをしたりしながら開店時間になり、誰かに見られているわけでもないから、お客さんがいないときは、なにもせずにぼけっと椅子に座っていればいいし、退屈したらonomickさんとお喋りしたり、近所の散策に行ったりして、って、全然商売してないじゃないか、って感じですが、チラホラと通りがかりの人が入って来てくれたり、顔見知りのお客様もいらっしゃってくださって、そして、たくさんのonomickファンがご来店されて、それほど遊んでばかりでは無かったのよ。

これが、我々の素敵なお店。

200222_1.jpg
200222_7.jpg

200222_6.jpg


前向きなパワー全開のonomick作品を見て、こっちまでポジティブな気持ちになれた。

200222_8.jpg

200222_4.jpg200222_5.jpg
よーし、頑張ろう。

onomickさんにはものすごくお世話になりまして、感謝しております。
楽しかったね。
またやろうね。

200222_2.jpg


次回は4月のデザインフェスタなのですが、大丈夫かなぁ、その頃にはコロナウイルスも終息しているかしら。






2020年2月10日

ささささ、寒い!

こう寒いと動きも鈍くなり、イベントの荷物の準備もたらたらと時間がかかり、肩がこるので近所の温泉に行ったり、寒くてふて寝のように10時間も寝てしまったりして、あぁ、人生がうまくいかない。

エレガントなミニボストンを作っていたつもりが、出来上がってみたら意外とキッチュなおもちゃバッグになってしまった。

200208_1.jpg

200208_3.jpg
これはこれでかわいいと思いますが。

こんな面白バッグを詰め込んで、今週木曜日から、吉祥寺のギャラリーでお店をやりますので、お近くの方は是非遊びに来てくださいね。
俄然パワーアップしたonomickさんの着物リメイク服も必見です。
着物トレンチコートを見るの、私も楽しみにしています。




何日か断続的に雪や雨やアラレが降り続き、不気味に雷も鳴るし、すっかり冷えた我が家の台所は、ほぼ冷蔵庫だと思っていただいて間違いない。オイル類は凝固し、水は氷水のように冷たい。全ての食材は出しっ放しで問題なさそうだ。

で、寒いので、鍋。

200208_7.jpg


2尾100円で買った鯵で、味噌巻き。

200208_4.jpg


キャベツの辛子和えとか
200208_5.jpg

きんぴらごぼうとか、
200208_6.jpg
当たり前のおかずが一番美味しい、っていうようになるとおばさんなのかしら。


これも当たり前のおかずだけど、マジ美味しい、大根と厚揚げの煮物。

200210_2.jpg

鶏肉を焼いたのと、ほうれん草の胡麻和え。

200210_1.jpg
ほら、部屋も寒いから、ただの煮物の湯気がハンパないでしょ。

2020年2月 6日

金具を買いに

東京まで行っていたので(ウソ。諸用の為、実家に行ったついでに材料を買って来た。)進みが遅いですが、そろそろ完成が近づいた。

200206_1.jpg

あれ、自分が思っていたのとちょっと違う。
ちょっと生地部分が大き過ぎたかも。
もう少しシュッとした感じをイメージしていたんだけど。


今期は全然雪が降らなかったんだけど、立春も過ぎた昨夜ようやく雪が積もった。

200206_2.jpg
雪が降ると明るいですね。
冬の間、絶望的に暗い自分の部屋も、今朝は照明を消し忘れたのかと見紛うくらいに明るかった。
その代わりにキンキンに冷えてましたけど。

200206_3.jpg



鯖の重ね焼き。nigel slaterレシピのアレンジ。

200206_4.jpg

でも他のおかずは普通に和食。

200206_5.jpg


昨日は寒かったから豚しゃぶ一人鍋。

200206_6.jpg
どうでもいい切り落とし肉を自慢げに持ち上げて撮るヤツ。

あとは、小イワシの唐揚げとさつまいもサラダ。

200206_7.jpg




金曜日は一之輔の落語を聞きに行った。金沢でね。

200206_8.jpg

楽しく聞いていたのに、浜野矩随中の「売れるものを作らなくちゃダメなんだよ。」という説教で、いきなり気分が暗くなっちった。


2020年1月31日

もう1つ、ミニボストンを。

今度はデニムも無し、鮮やかな色も無し、革はエナメルで、beautifulなカバンにしたいと思っている。

200131_1.jpg
でも、内側は赤なの。

200131_2.jpg
こういう普通のポーチでも作れば売れるんじゃないかとも思うけど、そのうち作るにしても自分用だな。

よし、金具が足りない。今日はここまで。



どうでもいい豚肉の炒め物。

200131_3.jpg

油揚げと蕪の葉の煮びたし。

200131_4.jpg
後ろは蕪の塩揉み。


ブリの塩焼きと銀杏の塩炒り。

200131_6.jpg


大根寿司用に買って残っていた身欠きニシンで昆布巻き。

200131_7.jpg


その大根寿司、これでいいのか答え合わせのつもりもあって、市販品を買ってみた。
味比べの結果は


200131_5.jpg
私の勝ち。



2020年1月29日

ややカジュアルに過ぎた

感がある。

200129_1.jpg
どうでしょうか。

よし、次はエレガント系のボストンだ。
がっつりカジュアルと、きれい目なものと、どっちがウケがいいか比べたいのでね。


ただ今facebookも営業中なので(こちらからどうぞ)、カバンネタはそっちに任せて、こちらは溜まったご飯ネタ。

今年もブリの水揚げはイマイチらしく、地元産のブリは、おそらくみんな東京へでも行ってしまうのでしょうか、あまり見かけないのだけれど、フクラギは地元産がいつも安い。
なので、こっちでいっか。

200129_6.jpg

脂の乗ったブリ系の魚は、この大根おろし和えで食べるのが、ホントに美味しい。

大根おろしに使った源助大根は、水分が多くてとても甘い。
煮物にしてももちろん美味しい。

200129_7.jpg


タラもいつも安いので、グラタンはタラとじゃがいも。

200129_8.jpg

200129_9.jpg
右の白いのは、蕪のロースト。

200129_10.jpg
葉っぱも一緒に焼いて見たら、パリパリのチップスみたいになって美味しかった。


肉もの2連発。
豚キムチ。

200129_11.jpg
鳥の唐揚げ。

200129_12.jpg
揚げ物サイコー。


2020年1月26日

久しく、

またミニボストンを作りたいと思っていた。
1つだけ残しておいたこんなのを参考にしながらやってるんだけど、

200126_5.jpg
色々忘れているなぁと思ったら、それもそのはず、自分の日記によると、これを作ったのはかれこれ10年前だった。tme flies.

200126_2.jpg
10年経ったのだから、少しは上手に作れるはずなんだけど、

200126_3.jpg
結果は後日。



去年の夏に、最寄りの、頼りにしていた魚の美味しいスーパーが閉店して、我が家の食生活は大打撃を受けた。
ところが先日、町会の新年会で(そんなのに行った)、元店長が「魚売り場で魚の卸をやってるから、近所のおばちゃん達みんな、裏口から入って買っていくよ。」と。なんと!

というわけで、閉店したスーパーの裏口を開けたら、店長が普通に魚をさばいていて、あれこれ分けてもらって来た。

ぶりの塩焼き。

200126_6.jpg

甘エビも安かった。

200126_7.jpg

食べ切れなかった分は昆布締めにして、これは二日後。

200126_9.jpg
うぅ、美味しい。
これで我が家の食卓も安泰だ。

白子も安いよ、というので、これはパスタに。

200126_11.jpg
クリーミーで超美味しい。
言われなければ白子だとわからないくらい、臭みのない、ただただ濃厚なクリームだった。


2020年1月22日

先日来の

部品や内袋は、こんなカバンになった。

200122_1.jpg

人のセンスに任せると、私にも、こんなにスマートでかっこいいものが作れるんだねぇ。




くろそいはちめ、と書いてあったと思う。
お気に入りの小さなボロボロのスーパーの奥にある魚屋は、パックなぞには入っておらず、売り場で名前を覚え損ねると、その後確かめる術がない。
要するに、ソイ、ですね。
それのネギ蒸し。

200122_3.jpg
大きくて蒸し器に入らなかったので、頭を落とした為、見た目が悪いですが、身がむっちりしていて、とても美味しい魚だった。しかも安い。大満足。


ふろふき大根。

200122_4.jpg


経過観察中の大根寿司。

200122_5.jpg
そろそろ10日くらい経ったはず。
ちょっと酸味が強くなって来たけど、ニシンが美味しい。



落としたソイの頭は出汁を取っておいて、翌日はおでんに使った。

200122_6.jpg
寒くて雨で、遠くまで買い物に行きたくなかったので、近所のお豆腐屋で厚揚げと具入りの揚げ物を買って、果物屋上がりと思われる、ここってスーパー?入っていいの?みたいな店の外に皮むき里芋が出てたので、これを買って、あとはうちにあった野菜と、冷凍庫の中のイカとタラでさつま揚げ団子を作って、とても美味しいおでんになりました。

200122_7.jpg