2022年10月28日

今度のネコは水色!

221028_1.jpg一番マットに見える時はもっとが可愛い水色に見えるんだけど、下地が赤なので、角度によってはすっごく鈍い色に見える。
外周に沿ったラインもくすんだ色だし、思ったよりも地味な仕上がりになりそうだけど、メンズ向けってことで、如何でしょう。





この季節、石川県産の、ナマもしくは開いただけで干物では無いホッケが安く出ていて、この日はそんなホッケの開き、と、豆腐の素揚げなど。

221028_2.jpg



翌日はサンマ。

221028_3.jpg
この日のサンマはパサパサしててあんまり美味しくなかったな。焼き過ぎかな。

厚揚げと大根の煮物。

221028_4.jpg



その翌日は鯖の塩焼き。

221028_5.jpg
う〜ん・・・これも脂が少なくてあんまり美味しくなかった。

大きな鯖が2尾350円。二人で半身で十分だから、あと3食分。来週は鯖祭りだな。
何にしよっかなー。

鯖がイマイチだった分、この豚しゃぶサラダが光り輝いていた。

221028_6.jpg




セラーズ(近所のスーパー、というか、魚屋)がまた閉店することになった。
大変に残念である。
週に一度は行くようにして、無いと困るのよアピールを続けていたつもりだけど、ダメだった・・・

今日も鯵とあら、美味しかったです。

221028_8.jpg

なんだかおかしな献立になってしまいましたが、副菜は椎茸とピーマンの肉詰め。

221028_9.jpg
しかも焦げてる。

221028_7.jpg



食事の部屋を、ダンナのお気に入りの座敷から狭いダイニングに戻した。
冬が来る。
今年は特に灯油の値段が心配なので、部屋は狭い方がいい。
暖房の設定温度はエリゼ宮と同じ19度にして下さい。
今年はいつも以上に口うるさくチェックするよ。







2022年10月24日

完成間近のシザーバッグ。

221024_1.jpg自分でも、無くて良かったかなーと思っているこの革で作った模様も、

221024_2.jpg
自然光で見るとそれほど目立たないし、悪くないかもね。
蛍光灯の元で見ていると、この金色の革が目立ち過ぎて、むむむむむ、だったんだけど。

内側も割と派手。

221024_3.jpg

この革リボンはちょっとババ臭い感じになってしまったので、この後作り直し。


こちらは安定の美しさ。

221024_4.jpg

今回、茶色の革はツルツルの硬めの革になりました。

221024_5.jpg


ネコちゃんのがま口をネットショップにアップしました。

221020_1.jpg
ご興味のある方は是非ご覧くださいませ。




最近のメイン以外のおかず。

鮭の蓮蒸し。

221024_6.jpg
メインはフクラギのお刺身だったけど、味も盛り付けもイマイチだったので、写真は無し。


なす、ピーマン、豚肉の味噌炒め。

221024_7.jpg

私的にはメインは鮭の塩麹焼きだったんだけど、小さ過ぎ、添え物無しで見た目寂し過ぎの為、メインと見なされず、写真も無し。


ジャーマンポテト風。


221024_11.jpg
最近お気に入りのブロッコリーサラダ。

221024_12.jpg
メインは鯛のアクアパッツア風、にしようと思ったけど、トマトも貝類も何も無くて、ただの野菜と鯛の煮込みになってしまってビジュアル最悪、その上全然美味しくなかったので、写真は絶対無し。


北海道産のぶりのお造り。

221024_9.jpg
お刺身、イマイチだった。

あとは、茶系のお惣菜が並んだ地味な夕飯。

221024_10.jpg


というように、なんだか冴えない夕飯が続いてますわ。



2022年10月20日

よし、しっかり遊んだから

またちゃきちゃき頑張ろう。

今度のシザーバッグは、こんな帯。

221020_3.jpg

すっかり季節が変わり、私の部屋は薄暗くなってしまったので、うまく写真が撮れない
んだけど。

最近よく作ってる鶴の帯に酷似していますが、違う帯です。
でも金糸の使いっぷりは同等もしくはそれ以上、の上物です。

このとても素敵な帯に、また余計なことをしてしまって、あぁ、失敗かも知れない・・・
結果は次回のブログで。




蓮蒸し。


221020_5.jpg
加賀れんこん、マジすごい。レンコンだけでモチモチのお餅状態。

メインはぶりの塩焼き。

221020_4.jpg
翌日はブリの照り焼き。

221020_6.jpg

ふろふき大根。

221020_7.jpg
献立がすっかり秋冬仕様になっている。

221020_8.jpg

旅行に出かける前の日は、北海道物産展で買ったイカめしとじゃがいも餅で手抜き。

221020_9.jpg


旅行から帰って来た翌日、疲れていたせいでしょうか、むやみに地味な食卓。

221020_10.jpg

そして昨日は、長野で買ったソーセージ。

221020_11.jpg

サラダが美味しかった。

221020_12.jpg




週末は黒部立山。

221019_8.jpgって、最近遊んでばっかじゃん。

母親が山が好きなので、一緒に行って来た。



初日は宇奈月温泉からトロッコ電車。

221019_2.jpg
このトロッコ電車には、大学生の頃友達と一緒に乗ったことがあったけど、あの頃は車窓の見どころ解説もなかったし(あったかも知れないけど、少なくとも今みたいに、室井滋さんが解説してくれるみたいな気の利いたものではなかったはず。)、真夏で暑かったし、若い頃はいつでも眠かったから、途中で飽きて終点までいかずに引き返して来たような気がする。よく覚えていない。
ということで、初めて乗ったかのように楽しかった。

221019_3.jpg

221019_4.jpg
終点の欅平まで行って、近辺を散策して、

221019_5.jpg
また1時間半トロッコ電車に乗って帰って来て、その日は宇奈月温泉で宿泊。

翌日は宇奈月温泉周辺を散策して、

221019_1.jpg
散策、というより探検みたいな写真だけど。

221019_7.jpg

それから立山駅まで電車で移動して、いよいよバスにて立山へ。

標高2000m超えの室堂に到着。

すっげー!

221019_15.jpg

すげぇ。

221019_9.jpg


すぐに日が暮れて、素敵なホテル立山に宿泊し、
翌日はケーブルカーやら、ロープウェイやら、

221019_10.jpg
トロリーバスやらを乗り継ぎながら下山。
途中の見どころは黒四ダム。

221019_14.jpg

221019_11.jpg
プロジェクトXをご覧の方には感動的な場所なのでしょうが、私はこの時点ではまだ見ていなかったので、ここで007撮れそうだなー、みたいな視点で写真を撮ったりしてたんだけど、


221019_12.jpg
221019_13.jpg
その後、長野駅までのバスが来るまで2時間近く待つことになり、その間、レストハウスの片隅でプロジェクトXのDVD流していたので、それ見て感激いたしました。


ずーっといろんな乗り物乗って、すごい景色見続けて、二泊三日、テーマパークにいたような感じで面白かった。

88歳の母親も元気に全ての行程を歩き続け、おばぁちゃん大喜び。

そして、意外にもダンナも大喜びだった。

2022年10月12日

ハラコ使いのネコちゃんや如何に。

こんな感じ。

221012_1.jpg
思ったよりもハラコが邪魔になってなくて良かった。

私だったらハラコの無いものよりもある方を買うな。

221012_2.jpg


もう1つは前回も1つ作った緑バージョン。

221012_3.jpgのサムネール画像
白い子猫ちゃんの向きが違ってしまったのを除けば、いつもと同じです。

前回これを作った頃はまだまだ暑くて、夏の日差しの中で撮ったこのがま口はとても素敵に見えたのに、今やすっかり薄暗い秋の日々になって、写真もシケて見えてしまいますが、そんなことないのよ。実物はとっても素敵なのよ。



しばらく肉食が続きました。

八宝菜風の炒め物。

221012_10.jpg



酢豚ならぬ酢鶏、大失敗。

221012_8.jpg
肉に下味をつけるのを忘れたり、味付けがぼんやりしてたりで、全然美味しくなかった。
ヒジキだけは美味しかったな。

221012_9.jpg


ポークソテー。

221012_4.jpg

付け合わせにマカロニチーズと、

221012_5.jpg

白菜と水菜、という和風野菜で無理やり洋風にしたサラダ。

221012_6.jpg

パンもどうぞ。

221012_7.jpg


そして昨日は、久しぶりのサンマ!

221012_11.jpg
近年は割高感があってあまり食べなくなったけど、秋刀魚はやっぱり美味しいねぇ。

さつまいもサラダも美味しかった。

221012_12.jpg




2022年10月 8日

運転免許をどうするか問題。

免許を取ってから1,2度しか公道を走った事がないのに、身分証明書として運転免許を保持しており、毎回更新の時期になるともうやめようかと迷うんだけど、今年ほど本気で悩んだ年はなかった。
と申しますのも。
予想した通り、金沢の更新センターは車でしか行けないところだった。
私鉄の駅からのバスは1日に2本しかない。
午前中のそのバスに乗るには、家を7時過ぎに出なくてはならなくてさぁ・・・

で、本気で免許を手放そうかとも思ったんだけど、結局更新には行きました。

更新はサクサクと終わり、帰りのバスまで1時間半もあったので、それはちょっと時間が勿体ない。最寄り駅までは2キロもないようなので、歩くことにして、人は誰も歩いていないような道を30分くらい歩いて、ついた最寄り駅は無人駅。

221008_2.jpg

ホームの先は川。

221008_3.jpg
酔っ払いは必ず落ちるね。

金沢は思いの外田舎です。



秋冬用に、ちょっとハラコなぞをあしらってみました。

221008_1.jpg
首筋から豹化するネコちゃん。




夕飯の写真が溜まってしまったので、今日はメイン料理だけ。

ピーマンの肉詰め。

221008_4.jpg

かますの塩焼き。

221008_5.jpg

カレイのあんかけ。

221008_6.jpg

カキフライ!

221008_8.jpg
近くのスーパーに、その日は牡蠣しか売ってなかったおかげで、今年は早々に牡蠣デビュー。

221008_9.jpg

2022年10月 4日

週末は京都。

先々週、アクシデントで立ち寄った時とは大違いの、ピッカピカの青空。
しかも暑い。


221004_1.jpg

よくある話ですが、このままでは仕事をしているだけで一生が終わってしまう、という焦りを感じたダンナが、これからは毎月でも京都に遊びに行くんだ!と決めたらしい。
そろそろ金沢に飽きてきたのかしら。
どうしよう、もう何年かしたら、今度はいよいよ京都に住む、とか言い出しそう。

聖護院。

221004_2.jpg

お決まりの東寺のガラクタ市。

221004_4.jpg

221004_3.jpg

久しぶりに二条城。

221004_5.jpg
外国人の団体旅行客も戻り始めていて、今後はまた混み混みな京都に戻って行くのでしょうか。

221004_6.jpg




以前よく行ってた古道具屋さんが、今はかなりご活躍のようだけど、お店は時が止まっていたように何も変わっていなかった。そういうところが安心する。いろんな話を聞けて楽しかった。


本当にまた来月も行くのかな。

221004_8.jpg



そんな感じで、大阪のイベントの大敗以降、洋服作ったり京都行ったりしながら心の傷を癒しているうちに、本当に本当にありがとうございます、ネットでポツポツとカバンが売れ、やる気も復活、今週からはまたカバン作りに戻った。

221004_9.jpg




先週くらいから金木犀のいい匂いが漂っている。

221004_10.jpg
しばらく暖かい日が続いたけど、このあと雨が降ってあしたは寒くなるらしいから、今日で終わりかな。

221004_11.jpg