2022年5月 6日

この連休中は

近場でちょこちょこ遊びに行って、結構疲れてしまいました。

日曜日は能登半島の付け根、七尾に行ってきた。
七尾までは電車で90分、特急なら1時間で行ける。
七尾美術館で長谷川等伯展をやっていたので、それを見に行ったんだけど、途中で、ダンナが長谷川等伯に全く興味がないことがわかり、あぁ、やっぱ一人で行けばよかった。

220506_1.jpg
その後、海の近くのフードコートみたいなところが楽しくて、他でお昼を食べたばかりだったからお腹は空いていなかったけど、カキフライとか食べて、

220506_2.jpg
それがとても美味しかったので、これは他のものも期待ができる。今度はぜひお腹を空かせて来たいと思った。

その後、駅までフラフラと歩いて、

220506_3.jpg
どうやら二日後には何年振りかの大規模な祭りがあるらしくて、その準備が進んでいた。

能登って、石川県の中でもちょっと特別な感じがあるみたいで、みんな「能登はいい。」って言うんですよ。あと、能登は食べ物が美味しい、とも。金沢だって十分食べ物美味しいじゃんね、と思うんだけど、何かが違うらしい。「この人、ひねくれ者だなー。」と、これはわたし的には賛辞なんだけど、そう思ってる人までもが、「能登はいいですよ。」というわけだから、やっぱ何かがあるのだろう。
七尾より先は、車が無い我々が到達するには、あと何年かかかりそうだけど、そのうち是非。

220506_5.jpg



水曜日は、お醤油さしとレンゲを探しに、能美の九谷茶碗祭りに行ってきた。
天気も良くて人出も多くて、楽しかった。
目的のものは買えなかったけど、つい、また一つ器を買ってしまいました。

夕方には金沢に戻って、県立音楽堂にてラフマニノフ第二番。

220506_6.jpg
更に翌日は、チャイコフスキーの悲愴。

お楽しみの少ない地方暮らしだから、もうクラシックでもなんでもいいや、みたいな感じ。

色々遊んで楽しいゴールデンウィークだった。




自分で使ってるこのお化粧ポーチ、

220506_7.jpg
毎日見ているうちに愛着が湧いて、とても気に入ってるんですよ。
これと同じハンドバッグがあったら、私、買うわ!と思ったので、作りました。

220506_8.jpg

次のデザインフェスタでは、まずはポーチを並べますので、是非お買い上げを。そして半年後には、これと同じバッグが欲しい!と思って頂きたい。

220506_9.jpg