2022年4月20日

完成形は

結局、最初に計画した通りに落ち着いた。

220420_1.jpg
計画通り、というのは、コウモリ長財布をそのまま小さくしただけ、とも言えるんだけど。

220420_2.jpg
結構ゴテゴテ盛り込んでいるけど、全体的に黒いから、悪目立ちはしませんでしょ?

220420_3.jpg




回鍋肉定食。

220420_4.jpg
小鉢は、小イカと金時草の酢の物と、切り干し大根。



よくわからない揚げ物盛り合わせ。

220420_6.jpg
タケノコとウドのフリット + 小イワシの唐揚げ、ブリの竜田揚げ。
少しずつだったけど、ゲゲ、お腹いっぱいになってしまった。

ウドのきんぴら。

220420_7.jpg
これも結構油っぽくて、お腹に重かったんだよね。
失敗失敗。



今年2本目のタケノコを茹でたので、
タケノコ入り春巻き。

220420_8.jpg
せっかくのタケノコの味が、全く立っていなかったのは何故だろう。


タケノコ、わらび、車麩などの炊き合わせ

220420_9.jpg

昨日はホタルイカも自分で茹でた。

220420_10.jpg
生のホタルイカが1パック90円だったのでね。

慎重に温度や時間測りながら茹でていたら、それが結構時間とっちゃって、その後の春巻き作りに力を注げなくなった結果、春巻きがイマイチだったのだと思う。
90円の誘惑に負けたのがすべての失敗の原因だった。


タケノコがあるうちに焼売を作りたい。
美味しい焼売を作るためには美味しい焼売を知らなくてはいけません。
ということで、JALホテルの中華レストランに行ってみた。
湯気で画面が真っ白ですが、

220420_11.jpg

中身は豚肉と海老、食感のためかチャーシューも入ってたな。

220420_12.jpg
皮も厚めでもちもちしてて美味しかった。

そうそう、こんな味の焼売を作りたいのよ。