2022年3月23日

冬の間に作ったブラウス、

そろそろ着られる季節かなー、と思って再検証していると、

220323_1.jpg
すぐにでも作り直したくなったので、今、それをやっている。


220323_2.jpg
型紙を直して、全く同じものをもう一着。
地元の生地屋で買ったこの生地、たっぷりあるから更にもう一着くらい作れそうだ。



夕飯の写真が溜まっていた。


カレイの塩焼き。

220323_3.jpg

焼売。

220323_4.jpg
ガスえびのむき身を冷凍してあったので、それも入れて、ちょっと複雑な味の美味しいシュウマイになった。

220323_5.jpg
焼売って美味しいね。


ホタルイカと分葱の酢味噌がけ。

220323_6.jpg


パーティーみたいな夕飯。

220323_7.jpg
メインはソーセージ。

220323_9.jpg
小松菜をイタリアン風に炒めたもの。

220323_8.jpg
こんなクタクタに炒めた青菜なんて・・・と思ってたけど、これはマジ美味しかった。

ふきのとうのフリット。

220323_10.jpg
衣にmy secret sourdoughを加えたら、とても美味しいフリットになったんだけど、この写真はイマイチ美味しそうじゃない。

よし、翌日もう一回。

220323_11.jpg

これはギバサのフリット。


220323_12.jpg
以前住んでいた家の近くのイタリアンのランチで、前菜、というか突き出し風に出てきた青海苔のフリットがこんな感じだった。本当は青のりじゃなくてなんかの海藻を使うようなことを言ってたけど、まさかギバサじゃないよね?

220323_13.jpg
そのイタリアンの店さぁ、若いお兄ちゃんが一人でやってて、雇われ店長だったみたいで、独立するためにその店は閉めて、今は物件を探してる、という話までは聞いていたんだけど、その後まもなくコロナ騒ぎが始まって、どうしたかなぁ。
新しく始めたら連絡します、と言って紙とペンを渡されたので、住所と名前を書いたけど、今時はメールアドレスを書くものらしいですね、お兄ちゃんも一瞬固まってましたよね。あ、そうなの?と、メールアドレスも書き足したような気もするけど、その後連絡はありませんね。

あそこら辺に15年くらい住んでたけど、近所に知り合いはいなかったので、外を歩いていて挨拶する人はクロネコヤマトのおじさんと、イタリアンのお兄ちゃんくらいだったな。
そんな気のいいお兄ちゃんだったから、きっと新しいお店もうまくいっているに違いないと思う。