2022年2月28日

ネコの横顔がま口

2点、ネットショップにアップしました。

220228_1.jpg
先日も書いたように、左右で違う革を使っているんですよ。
厚みや柔らかさが違うと、左右で脇の張り具合、というか飛び出し具合というかが違ってしまうのではないかと心配したんだけど、うまく厚みを合わせられたようで、左右対称のきれいな形に仕上がったと思います。
ネットショップの方も、是非ご覧くださいませ。
https://watanabebrd.thebase.in

220228_2.jpg
(なんか白黒写真みたいになっちゃった)




いよいよ冬も終わりに近づいてきた。
今冬は雪も多く寒かったので、あぁよく頑張ったなー、という感慨がある。
この週末は気温も少し上がり、天気もそこそこよかったので、春になったのかと勘違いして散歩に出かけ、坂を下ろうとしたら、

220228_3.jpg
なんかスキー場の林間迂回コースみたいになってた。全然春じゃないじゃん。
ここは引き返して階段で坂を下り浅野川に出る。

220228_4.jpg
川もまだ雪景色。
でも、空気は微妙に春っぽかった。




豚ロース肉2連チャン。
味噌焼きと

220228_5.jpg
とんかつ!

220228_6.jpg
丸いのはジャガイモ。新ジャガも出始めたね。


鯖2連チャン。
知らなかったが、鯖を普通にオリーブオイルとニンニクで焼くと美味しい。

220228_7.jpg

ロメインレタスのサラダはモリモリ過ぎて動物の餌みたいだけど、レタスが甘くて美味しかった。

220228_9.jpg

あとは人参と菊芋のポタージュ。

220228_10.jpg


鯖の照り焼き定食。

220228_12.jpg

220228_11.jpg
この頃、地元の鯖とイワシが、どこでもいつでも安いので、鯖の登場回数が多かった。
よし、今週はイワシで攻めよう。



2022年2月24日

自分で使っていたこれが、

220224_1.jpgだいぶくたびれてきたので、そろそろ取り替え時だ。
次はもう少し容量が大きいものが欲しくなったので、それなら後日売り物にもできるように型紙も作っておこう、ということで、先日の型紙作りからの続き。

まずはこっち。

220224_2.jpg
そうそう、こんな感じ。
このネコちゃんモチーフは如何なものかと思うけど、

220224_3.jpg
全体の形はこれでいいな。

もう一つのこれは、

220224_4.jpg

こんな簡単な型紙でも寸法を間違えて、途中で革を足したりしたのも原因のひとつかもしれないけど、

220224_6.jpg
思ったよう綺麗な形にはならなかった。
ファスナーの端も、手間をかけた分、逆に重たい印象になってしまって、

220224_5.jpg
これは失敗。

両方とももう少し形を練る必要がありますが、とりあえず自分用には新しいのが二つできた。


220224_7.jpg
な、なんのマーク・・・?


今週は、また雪がすごかったし、寒かった。

220224_10.jpg
でも、これでそろそろ終わりかなぁ。

220224_9.jpg来週は3月だもんね。


この前作ったキャロットケーキが、ぞんざい過ぎて残念だったので、もう一度。

220224_11.jpg
これはバターではなくてサラダオイルを使っているので、冬場に作りやすい。
チーズクリームを挟むのが王道だけど、今回も生クリームにマーマーレードを混ぜたものを挟んでいる。生クリームは寒ければ寒いほど扱いやすいから、これも極寒の台所で作るには都合が良い。

220224_12.jpg


ハンバーガーを作ってみた。

220224_13.jpg
見ての通り、自家製バンズ。
見ての通り、特に美味しくは無かった。



鶏胸肉のバター焼き、ほうれん草とキノコのクリームソース乗せ、シナモンの香り。

220224_14.jpg
って、そんな素敵なものに見えないけど、まずまず美味しかった。


わけぎと豚肉のぬた。

220224_15.jpg
こういうのが出てくると、春は近いな。



2022年2月21日

まずは紙で形を作ってみて、


220220_2.jpg
それから布で作ってみて、

220220_3.jpg
型紙を修正して、裏地の付け方なども考えて、いよいよ革で試作に入ろう!
つづく。



これは完成したので、


220220_1.jpg
天気が良くて少し暖かい日になったら、ショップ用の写真を撮る予定。

今日、すっげぇ寒いの。
日中も気温は1度で、こうなると部屋から出たくなくて、トイレもちょっと我慢しちゃうもんね。




かますの塩焼き。
220220_4.jpg
とても大きなカマスだったけど、味も大味、という印象だった。
かますは中程度の大きさのものを買うべし。


じゃがいも、車麩などの煮物。

220220_5.jpg



特にメインの無い夕飯。

220220_6.jpg

冷凍してあったぶりアラでブリ大根。

220220_7.jpg

豚肉、ピーマン、じゃがいも、キクイモで、青椒肉絲風炒め物。

220220_8.jpg

先日の味噌ダレを、今度は焼き鳥で。

220220_11.jpg
焼き鳥おいしいね。
竹串も買ったから、今後はしばしば食卓に出てくると思うよ。


キャベツとホタテの辛子醤油和え。

220220_12.jpg

これはお昼、トマトは無いけどミネストローネ風スープ。

220220_9.jpg
色は汚いけど美味しい。

220220_10.jpg
焼きたてのパン、じゃんじゃん食べちゃって下さい!

2022年2月16日

ねこの横顔がま口で

使った山羊革がとてもよかったので、次作る時にも山羊革にしようと思っていたが、なかなか東京までは買いに行けないご時世じゃないですか。今月も機会を逸してしまったので、仕方がない、手元にある牛革で作ることにした。

220216_1.jpg
2色の革の厚みが違うので、アイボリーの方は少々漉いて厚みを合わせたのですが、いい頃合いの厚みになって、うまく仕上がりそうですわ。

220216_2.jpg

そうそう、今月革を買いに行けなかったのは、別の理由だったんだ。
革屋のセールの日とご近所さんの能の公演というか発表会みたいなのとが重なって、当然ご近所さんはしくじれない、ということで革を諦めたんだった。
能は、入念に下調べをしたにも関わらず、やっぱり寝てしまいましたけれども。



鰤の塩焼き。

220216_3.jpg

ナマコの酢の物。

220216_4.jpg
ダメだ、しょっぱ過ぎた・・・



味噌ダレをいただいたので、早速焼肉!

220216_5.jpg
って、焼肉ってこうじゃないでしょう?なんだけど、慣れないもので、なんかこういうことになってしまった。
予め肉に味噌ダレで下味をつけて焼いて、さらにネギと味噌を巻いて食べる。
美味しい!ダンナが大喜び!
ご馳走様でした。
次は焼き鳥にしてみるよ。


茎多めで半端に残っていたブロッコリーをすり流しに。

220216_6.jpg


で、これは菊芋のポタージュ。

220216_7.jpg
お昼に大急ぎで作ったので、きれいに皮を取らなかったせいか、ちょっとエグ味が出てしまったけど、これは美味しい。
菊芋は一度水にさらしてから煮るといいのかも。
Try again!

2022年2月13日

昨日は一日、

掃除も洗濯もやめて、布団の中で本を読んだり寝たりして過ごし、お昼はダンナに作ってもらい、夕方、銭湯に行って、帰りにおでん屋で夕飯を食べて帰って来る、というスペシャルデーだった。
時々こんなことをするのは、何処かへ出かけるよりももっとスペシャルな気分になれるものですね。
今日もまだ寝られそうだけど、あまり長引かせるのも良くないので、とりあえず起き出して、普通に過ごそうと思っている。

先週からはまた猫ちゃんグッズに取り掛かっているんだけど、あまりにいつも通りで、写真を撮る気もなっくなってしまったので、画像はありませんけれども、順調に作ってます。



久しぶりにキャロットケーキ。

220210_8.jpg

先日たくさん作ったマーマレードを生クリームに混ぜて固めのクリームにして、雑に挟んで完成。

220213_1.jpg
ざ、雑過ぎる・・・




しばらく前から、「ぎばさフェア」中の我が家。


イカ焼き、
220210_1.jpg
の後ろの、ぎばさとろろ。

220210_3.jpg


スペアリブの煮込み定食に

220210_4.jpg
もずく酢ならぬ、ぎばさ酢。

220210_6.jpg

ぎばさ豆腐に

220213_5.jpg
ぎばさの天ぷら。

220213_6.jpg
一番奥でほとんど見えていないのが、それ。

そのほか、ぎばさ納豆、ぎばさの味噌汁も定番ですが、
酢の物が一番ダイレクトに美味しさを味わえて良かった。



一昨日は2種のタイのネギ蒸し。
普通の小鯛と

220213_3.jpg
こっちはえぼ鯛。

220213_4.jpg
どっちが美味しいかは、分からなかったな。







2022年2月 7日

週末はまた雪だった。

220207_3.jpg
立春も過ぎたことだし、そろそろ寒さも緩んで欲しい。
慣れたとは言え、相変わらずこの家はすっごい寒いです。

220207_2.jpg


先日、叔母が伊予柑を一箱送ってくれた。
ご近所に配りなへ、と言われたその通りに、いくらかご近所にもらってもらったけど、ま、それほど配るところもないので、まだまだ大量に残っており、美味しいうちに食べきれる自信がない。ここはマーマレードでも作ってみるか。

220207_4.jpg
大御所の空き瓶利用でちょっと高級に見えますか?
作り方も参考にさせてもらいました。

家にあったレモンとネーブルオレンジも入れて、酸味と風味アップ。
砂糖は下茹で後の重量の40%。

220207_5.jpg




〆鯖。
初日は酢締め具合が甘く、ほぼ酸味を感じない刺身のようなしめ鯖になってしまったが、これはこれで美味しかった。

220207_6.jpg
盛り付けはもう少し頑張りましょう。

翌日はもう少し酢締め感がアップしてしっとり美味しい。

220207_7.jpg
この日はメインも焼き鯖。

220207_9.jpg
だって鯖が2尾で500円だったので。


しめ鯖を麹漬けは

220207_8.jpg
鯖の押し寿司みたいな味だった。




「今日はノドグロだよ」と言ったら
「どうせチビグロでしょ。」ってご名答。

220207_10.jpg

この日の白和えは、大豆の水煮を擦って作った和え衣。

220207_11.jpg
大豆、美味しいね。


2022年2月 2日

2週間の成果は?

革を使わず、帯もしくは着物地だけの柔らかバッグ構想を練り初めて、2週間近くも経っています。

220202_1.jpg
こんな感じかなぁ、と思って形を作っている途中、お得意の風呂敷バッグ的な結び目を付けてみたら、

220202_2.jpg
にわかにそっち方面に引きずられ始めて、そこから風呂敷バッグの改良版研究に変わってしまって、それが難航しまくって、もういい加減飽きたなぁ、という今日、ようやく形になった。

220202_3.jpg
いつもと同じに見えるけど、こう見えて今までの風呂敷バッグとは全然違うのよ。
まず、今までのと比べて格段に形が崩れにくく、中身の形に影響されにくい。
それから、結び目部分の生地の厚みが半分になった、

220202_4.jpg
と言うことは結び目の体積が小さくなったので、邪魔にならない、解けにくい。

・・・のはずなんだけど、とりあえず自分で使って実証してみます。

そして、今回は、底板、ポーチなどの付属品で形を整えなくてもこの形を維持できるはずなので、作る時間がぐっと短くなる。かどうかも、もう一度おさらいしてみないとわかりませんね。

220202_5.jpg
もう一個作ってみよっと。




ハタハタ定食。

220202_6.jpg

豚の角煮がメインのつもりだったんだけど、下拵えの手を抜いたり、煮込み時間が少なかったりで、肉がゴリゴリに硬かったために、副菜に降格。

220202_7.jpg
せっかくの塊肉を無駄にしてしまった。



翌日はハタハタの残りを食べなくてはならなかったのに、急にグラタンぽいものが食べたくなったので、

220202_8.jpg

ハタハタもこうなった。

220202_9.jpg
ニンニクやレモン、ハーブ、オリーブオイルなどでオーブン焼き。
もちろん小さすぎて食べにくかったけど。


今回のパンは、

220202_10.jpg
一日かけて発酵させている間にやる気がなくなってしまって、さらに一晩台所に放置してしまったのが逆に良かったのか、いつもよりもっちり美味しかった。