2021年10月18日

やっぱこの革は

名刺入れを作るのがベストだったようだ。

211018_2.jpg
パリッと綺麗に仕上がった。

カエルのポーズは「よぉ!元気?」

211018_1.jpg
名刺もいっぱい入るので、ビジネス使用もできますよ。

211018_3.jpg
こんな絵のついた名刺入れ、仕事で使えねぇよ、という方は、是非、カードケースとしてお使いください。



最近また頻繁にパンを焼いているんだけど、季節も変わり気温が低くなったせいか、もしくは酵母の力が衰えたのか、夏場のようにふんわりした食パンが焼けなくなってきたので、イーストを投入。

211018_4.jpg
見た目売ってるパンに近くなってきたけど、味はもう一つ、いや、もう二つ。



久しぶりの庭の生き物シリーズ。

211018_5.jpg
ヤモリ。

211018_6.jpg
この日はとても暖かく、この時は義母に庭の草取りをしてもらっていたんだけど、その後めっきり寒くなり、義母は二度と庭には出ず、暖房の入った部屋に籠っています。




2021年10月11日

もう一つ前回と同様の


小銭入れというかパスケースというか、を作ろうとしたら、黄色いファスナーの残りが少なく、同じものを作るには少々足りない。なので、仕方がない、前に作った小銭入れの大きさにして、もう一つ。

211011_1.jpg
小さいから、今回はカードスロットは一つだけ。

211011_2.jpg
中も、カードも入るけど、やっぱ小銭入れサイズだな。

211011_3.jpg

色物の革を使う場合の問題点は、ファスナーですかね。
コンスタントに売れる確証がないと、黄色いファスナーなんか3メートルとか5メートルとかでは買いたくない。変わった色のファスナーを何メートルも買って失敗した事が、以前にもある。

211011_4.jpg


とりあえず、次はファスナーを使わない名刺入れを作ろう。



あ、マルルゾロ さん、吉祥寺でファイナルセール開催中です。

211011_5.jpg






長野の善光寺に行ってきた。

211011_6.jpg
牛に引かれて善光寺参り、ならぬ、義母に引かれて善光寺参り。

211011_7.jpg
参道も境内も、かなり賑わっていました。

211011_8.jpg

滞在時間3時間足らずだったので、全然写真がないんだけど。

211011_9.jpg


突然「善光寺に行こう!」ということになり、ダンナが一夜漬けであれこれ調べた結論は、「長野とは、善光寺なり」。
2,3時間の滞在では、ダンナの説が正しいかどうかは判断できなかった。
家から一時間半もあれば行けるので、今度はゆっくり散策してみたい。



2021年10月 6日

今日も真っ黄っき。

こんなカードケースと言うか、小銭入れと言うか。

211006_1.jpg
この場合、カエルにカードを持たせたらいいのか、小銭を持たせたらいいのか、わからなくて、何故か「ピース!」。
でも、どうせこだわってたのは自分だけなんだから、「ピース!だって「ちょっとお待ちくださいな。」だって、

211006_11.jpg
もうなんだってええがな。

キーホルダーがついてるけど、ブラブラして邪魔な場合は、ここに

211006_2.jpg
仕舞えます。

裏側にはカードスロットが二つ付いているので、

211006_3.jpg
パスケースとしても使えます。

通常お財布等を作るときは、縁は折り返しで仕上げたい派だったんだけど、

211006_5.jpg
ここも少しサバけて、今回は切りっぱなし。

211006_6.jpg

という感じで、まだまだ黄色い毎日を送っています。



これは一週間くらい前の夕飯だったと思う。
ブリカマと

211006_8.jpg
冬瓜の煮物。

211006_9.jpg

いつだったか、のお昼のパスタ。

211006_10.jpg

只今は、2ヶ月ぶりに義母が滞在中なので、しばらく食事の写真は撮っていませんが、お客様が来るとちょっと贅沢もできて、昨日はお寿司を取って食べた。
明日は魚屋さんで刺身の盛り合わせ頼んであるんだ。楽しみ〜。