2021年2月25日

この革の組み合わせからして

210225_6.jpgのサムネール画像オシャレでお高そうなものができる予感ムンムンだったんだけど、ステッチを入れたらスポーティムードに変わってしまい、紫色の生地を持ってきた時点で、結局いつもの賑やかテイストに着地しました。

210225_1.jpgのサムネール画像


季節は行きつ戻りつで、勢い余ってジョギングをしてしまうくらい暖かい日があったり、晴れているのかと思いきや突然吹雪になって洗濯物を雪まみれにしてしまったり、こんな感じで後1ヶ月くらい過ごすんでしょうかねぇ。
今日はとても寒くてテンション下がる。

少し暖かかった日、夕飯を食べに行った。
街に出るには金沢城址公園を突っ切るのが早い。

210225_2.jpgのサムネール画像
カラスの帰宅時間だったようだ。

210225_3.jpgのサムネール画像

ほら、テンション低いから、カラスの写真とか載せちゃうわけよ。



ベイクド菊芋。

210225_4.jpgのサムネール画像
ゴボウっぽいというか、ビーツっぽいというか、この香りは嫌いじゃないけど、菊芋がイマイチポピュラーにならない理由はわかる。
なんかいい調理法ないかな。

これもイマイチだったなぁ。見た目でわかると思うけど。

210225_5.jpgのサムネール画像
魚介のスープみたいなもの。
手前のサラダが一番美味しかった。

2021年2月22日

いつものショルダーバッグを

作る工程で、表裏をひっくり返す時に、半分くらいひっくり返したあたりで少々まごついて手が止まってしまったんだけど、その時のフォルムがなんだか可愛かったので、そのサイズで作ってみたのが、これ。

210222_1.jpg
縦が小さくなった分は、マチを大きく取って、

210222_3.jpg
そのおかげで形的にもかわいくなった。

210222_2.jpg
が、惜しむらくは、これ、長財布が入らないのですよ。
昨今の若者はあまり大きな荷物を持たないようで、そういう人向けのバッグのつもりだったからそれで良いんだけど、自分がいま長財布を使っていることを考えると、やっぱ長財布は入ったほうがいいんじゃない? 
次はもう少し横幅を大きくして作ってみよう。

ストラップにも少し工夫を。

210222_4.jpg





パン用の自家製酵母をしばらく放っておいたら酸っぱくなっちゃてさ、お菓子の中に混ぜ込んで使っちゃおうと思って、クッキーとビーツのケーキを焼いたんだけど、お菓子に入れてもやっぱ酸っぱくて、クッキーはヨーグルトクッキーみたいな味になるし、

210222_5.jpg
ケーキは、ビーツ、生姜、オレンジゼストというエグ味のきついものばかりが入っていて、しかもどれも入れすぎて、エグいわ酸っぱいわで、これは失敗。

210222_6.jpg
日にちが経ったら少しまろやかになって、今日は美味しくいただきましたけど。


八宝菜風の炒め物。

210222_7.jpg

イカ焼き。

210222_9.jpg

丸芋の下し蒸し(?)

210222_10.jpg

2021年2月18日

もう1つねこガマ

を作る前に、思いついたことを忘れないうちにやってみよう。

210217_1.jpg
ちょっと小さめのショルダーを作りたいのですが、これはもう少し型紙を練った方が良さそうだ。

被写体はともかく、上の写真、光の加減が良いと思いません?
珍しく色も正確に出ている。
昨日から降り続いている雪のおかげで、良い感じに光が回ってるようだ。
雪が降ると部屋が明るくて嬉しい。


今朝、新聞を取りに勝手口を開けてみると、

210218_4.jpg
寒いワケだ。



スペアリブの煮込みと

210217_2.jpg

大根と塩ジャケとワカメを大根おろしでまとめて、レモン汁と酢、醤油少々。

210217_3.jpg
美味しそうな組み合わせなのに、なんか美味しくなかった。



メカジキを塩麹と甘い麹と味噌に漬け込んで焼いたもの。

210218_1.jpg
いろんな野菜の白和え。

210218_2.jpg

この日は全部美味しかった。

210218_3.jpg


2021年2月15日

ねこガマほぼ完成。

210215_1.jpgまだストラップが完成していませんが、ストラップ取り付け部分の金具はこんな感じで、

210215_2.jpg
なるべく主張しないようにしてみた。

裏側はこんな感じ。

210215_3.jpg


このデザインは、以前ファスナー長財布で作ったことがあって、自分ではすごく気に入ったんだけど、残念ながら注目度はかなり低かった。それでやる気をなくして、その後は作っていなかった。あれは薄ピンクの革の色がよくなかったのかなぁ。あの革、まだ残ってるな。その革の色に合わせて発注して作ってもらったピンクのファスナーも沢山残ってる。あれ、どうしようかなぁ・・・


内側。

210215_4.jpg
紙紐が出っ放しですみませんね。

210215_5.jpg




ハンバーグ同様、めったに作らないけど、作るとやっぱり美味しいロールキャベツ。

210215_6.jpg

人参とキヌアのサラダ。

210215_7.jpg
近所にライバル登場、新しくパン屋さんができた。
このパンはそこのバゲット。
勝負!
水分少なめの生地だったけど、美味しいパンだった。さすがプロだ。悔しい。


で、またパンを焼いたんだけど、今回は、バターや牛乳の入った柔らかいパン。

210215_8.jpg
相変わらず自家製酵母で焼いたので、それほどフワフワでもないけど、時間が経ってもそこそこ柔らかかった。

210215_9.jpg
台所寒いから、湯気がすごいのよね。

210215_10.jpg
案の定、ダンナは柔か系の方が嬉しいらしく、すっごい勢いで食べてくれた。


春が近づくと魚屋に"ぎばさ"が並ぶらしい。
去年寿司屋で食べたみたいな綺麗な色にならなかったし、ネバネバ具合も少なかったけど、
納豆や

210215_11.jpg
大和芋

210215_12.jpg
などのネバネバ系と一緒に食べたり、味噌汁に入れたりして食べてます。




2021年2月11日

作ろうと思っていたネコ長財布、

こんな感じかなぁ、と思ったんだけど、

210211_1.jpg
どうもピンと来ない、というか、どうしても気に入らない。
これでも相当粘って作り込んで、でもこの程度にしかならない。
ところが、素材を変えて作ってみたらスルスルと作れて、しかも素敵。

210211_2.jpg

ダンナが部屋に入ってきて、「ネコが付いていなかったら高く売れそうだね。」
・・・そのとおり。かもね。
とても柔らかくていい革です。色もおしゃれ。

210211_3.jpg

そんなわけなので、先のデニム合わせの仕掛かりは、この時点で消えてもらうことにした。さよなら。



先日、時々行く器屋で、ダンナが「このお椀、どう?」
うん、それ、毎日あんたがお味噌汁飲んでるお椀だけど。

では、蓋つきでどうぞ。
さっきお店で見たものと同じでしょ?

210211_4.jpg

今日はお味噌汁ではなくて、しんじょう椀。

210211_5.jpg

タラのすり身と、なぜか大和芋と卵白まで加えてしまって、これじゃさつま揚げのレシピじゃん。蒸したらボソボソした食感になってしまって失敗。

でも、この失敗しんじょうを入れたパスタは、

210211_6.jpg
とても美味しかった。


その器屋で今回買ったのは、

210211_7.jpg
湯呑みに見えますが、向付け椀。
中は蓮蒸しです。

210211_8.jpg



微妙に暖かくなってきましたかね。
雪が降っても積もらないし、朝、下に降りてきた時の寒さが、少し和らいだ。

210211_9.jpg



2021年2月 8日

今日もまた雪。

今年はよく降りますね。

兼六園はしばしばライトアップ企画を行っているんだけど、冬のライトアップを見たのは初めてだった。
これはいい。

210208_6.jpg

水面に映る唐崎の松。

210208_7.jpg

今は人が少ないので、それも逆に風情があってよかった。

210208_5.jpg

この日は久しぶりに一日中晴れていて、ほら、オリオン座も見える。

210208_8.jpg
なんだか夜の遊園地みたいで、素敵だった。


パン修行。

210208_1.jpg
最近、酵母の状態がいいのか、気温がパンに適しているのかわからないけど、かなり美味しくできるようになってきた。

210208_2.jpg
以前住んでた家の最寄りのパン屋がメゾンカイザーだったせいもあり、私が一番好きなパンはメゾンカイザーのバゲットだったんだけど、あれに近い味になってきたような気がする、のは、私だけでしょうけど。

210208_4.jpg
210208_3.jpg



肉ものの夕飯が続いた。

鶏肉にパン粉を乗せてオーブンで焼いた料理。

210208_9.jpg

人参のサラダ。

210208_10.jpg
ジャガイモのロースト。

210208_11.jpg


久しぶりに作った回鍋肉が美味しくて、

210208_12.jpg
今見てもまた食べたくなる。

210208_13.jpg



2021年2月 4日

完成〜。

ネットショップを変えてから、トップの一覧に載せる写真を、ちょっと工夫するように心がけているんですが、全然うまく出来ない。
こんな、すっごいわざとらしい写真を撮ってみたりするんですけど。

210203_2.jpg
背景が変わると良いかも、と思って窓際で撮ってみたけど、

210203_9.jpg
窓の汚さが丸見えで、これはボツ。
というか、これ、外、雪降ってたんだよね。

ちょっと小道具を変えてみてメガネをアレンジ。

210203_3.jpg
サングラスだったらまだマシだったかもしれないけど、老眼鏡ではいかにもマヌケでボツ。

採用した写真もイマイチ続きで、ネットショップのトップページがなんだか汚くなってきましたが、新作アップしてありますので、よかったらご覧くださいませ。





タラのスープが取ってあったので、フィッシュカレーに挑戦。


210203_6.jpg
中身は、タラ、イカ、甘エビ、パプリカ、トマト、ひよこ豆など。
スパイスはいつもとチキンカレーと同じ。
美味しかったけど、ビジュアル的にはもう少し頑張りたい。


蒸し鶏。

210203_7.jpg
意図せずギリギリの火入れになって、

210203_8.jpg
なんだかすっごく柔らかかった。





雨や雪が降ったり止んだりの薄暗い日々が続いて、そろそろムカつき始めているのですが、時々一瞬太陽が出ることもあって、庭の灯篭の仏様に陽が当たった。

210203_5.jpg

2021年2月 1日

この、少し枯れた色調が

ヨーロピアンな雰囲気なので、こんな古い鍵とか付けちゃったら、どうかしら。

210201_1.jpg

ロンドンのアンティークマーケットで買ったのよねぇ。
17ポンドってシール貼ってあるけど、これはこんな古い鍵が15個くらい束ねてあって17ポンドだったので、今のレートなら一個165円くらいですかね。
でも、店のおじさんが勝手にまけてくれて、もっと安かったんだよねぇ。
ほとんど英語も喋れない日本人なのに、なんでまけてくれたんだろう。
かわいそうになったからかしら。
おかげで結局3束も買っちゃったけど。
楽しかったなぁ。
思い出すだけでうっとりするわぁ。


そんなイギリスに敬意を評したフィッシュ&チップス。

210201_2.jpg
鱈を一尾買いしたなら、ケチケチしないでイギリスサイズでやっちゃって!というダンナのリクエストに応えたら、鍋に入らなくて丸くなってしまった。

210201_3.jpg

ものすごい量の油を摂取したような気がします。
しばらくは油抜きの夕飯を心がけます。
が、魚介祭りは続く。

翌日は肉じゃがと、

210201_4.jpg
なまこ酢。

210201_5.jpg
久しぶりに作ったイカの塩辛が美味しくて美味しくて、

210201_6.jpg
血圧上がりそう。


その次の日は甘エビ、

210201_7.jpg
前日の肉じゃがも残ってて、一品多い豪華な夕飯になってしまった。

210201_8.jpg