2020年9月17日

お財布を開けた時、

中が全て同じ色で埋め尽くされていると、なんとなく重たい印象だし、面白くない。ということが気になっていた。
もちろん使い始めてしまえば、財布の中の色なんて全く関係なくなるんだけど、まずは売り場で、お客さんが財布を開けたときに、なんか素敵、と思われたいのですよ。
なので、中身を2色使いにしてみた。

200917_1.jpg


200917_2.jpg
ちなみに、緑系の帯地に、紫色っぽい濃茶とアイボリーを合わせるのは、随分前からの私の定番で、この、抹茶あずきクリームな色合わせは、なかなか好評なのだと勘違いしている。

この2つは完成しましたが、

200917_3.jpg
写真はまた晴れた日に撮りましょう。




レンコンおろし料理2品。
レンコンと豚肉のハンバーグ。

200917_4.jpg
中にレンコンおろしが結構入っている。

定番、鮭の蓮蒸し。

200917_5.jpg



イカリング!

200917_7.jpg
いつもながら、揚げ物サイコー。


酢の物と、後ろはナスの田楽。

200917_8.jpg
酢の物に焼きキノコを入れるととても美味しいですね。


昨日はいつものカレー。

200917_9.jpg







あまり口にしたくない、ゴキブリの件、なんですけど。
去年は引っ越してきて初めての夏、実は割とゴキブリに悩まされた。
一夏に10回くらいは遭遇したと思う。
思い出すと、夏の間、常に緊張感を強いられて、いつもキョロキョロしていて、落ち着かなかった。
なので、今年は、もう2月ごろから、俗にいうゴキブリ団子を仕掛け、暑くなってくると、生ゴミの処理に細心の注意を払うのはもちろんのこと、ガス台周りの油汚れを許さず、毎日台所の片付けの最後には、そこら中に「虫さんバイバイ」を吹きかけ、と、地道な努力を重ねまして、結果、今年は、夏の初めに取るに足らない大きさのゴキブリが一度出ただけで、今日に至っているのですよ。
これが以前住んでた新宿区のマンションなら別に驚くに当たらない。あそこはそこまでしなくても、普通にそんな感じだった。
でも、ここは築80年くらいの、隙間だらけの家であり、例えば、壁のほんの2ミリくらいの隙間から、大量のアリが入り込んで、台所を行進していたことは、今年もあった。
でもそんなことはdoesn't matterであって、ゴキブリさえ出なければ、私にとっては勝利なのですよ。
ぽやんと古い家の暮らしを楽しんでいるダンナにはわからないだろうが、こういう暮らしって、結構大変なのよ。