2020年7月29日

世の中が

またちょっと不穏になってきて、このままだと私は8月に東京に行けるのだろうか。
8月って、もう今週末は8月じゃん・・・

と言いますのは、8月12日から、いつも大変お世話になている着物リメイクのonomickさんが、原宿の積雲画廊というところでお店をやるんだけど、私のカバンも少し置かせてもらうことになっておりますの。
ちょうどお盆に絡む時期だから、帰省ついでに顔出そうかなー、と思っていたのに、その帰省すら危ぶまれる感じですよ。
ほら、地方では、東京に足を踏み入れたら即感染、くらいのイメージが出来上がっていますでしょ。迂闊に近づくと危険ですわ。

それで今は、そのonomickさんのイベントに向けたカバンを作ってる。
見栄えのする大きめのカバンをいくつか、と思っていたのに、まだ2つ・・・

これは、前回と同じ形だけど、

200729_1.jpg
残り革の関係で、マチ幅は少し小さめ。
それだけですごくコンパクトな感じになった。
ファスナー端の収め方をちょっと変えました。

全容は後日に。




豚肉料理2連チャン。

ゴーヤーチャンプルー風、だけど豆腐は入っていない。

200729_2.jpg
なにげにとても美味しかった。

後ろの魚は、ハタハタを脱水シートで干物風にして焼いたもの。これも美味しかった。

小鉢はピーマンとキノコの生姜和え。

200729_3.jpg
今の時期、ピーマンがとても甘くて美味しい。


生姜焼き定食。

200729_4.jpg


200729_5.jpg



竹橋にあった近代美術館別館の工芸館が、金沢に引っ越してくる。

200729_6.jpg
手前の白い建物がそれで、真新しくてなんだかディズニーランドみたいになってるけど、金沢にあった古い建物の再建ものみたいよ。
8月にオープンです。

その隣には県立美術館があって、そこに来る人の9割は辻口さんのケーキ屋さん目的らしいけど、そこでケーキ食べながら目に入る、裏手の道が素敵でね。

200729_7.jpg
このすぐ脇には、いきなりすっごい下り階段があって、

200729_8.jpg
いつも薄暗くて視界悪いし、うっかりすると。

200729_9.jpg

転げ落ちたわけではなく、携帯を落としたわけでもないんだけど、下り坂の写真の次に、なぜかこんな臨場感溢れる写真が撮れていたので、ちょうどいいので使ってみました。



2020年7月27日

4連休だった。

こんな時期に連休?と思ったら、本来はオリンピック休暇だったんですね。

木曜日は朝から映画を見に行って(今回は観客合計4人だった。)とんこつラーメン食べて、まだお昼だったので遠足をしたくなって、東金沢から電車で津幡というところに行ってみて、

200727_3.jpg
城跡などに行って、楽しかったんだけど暑くて疲れて、チョコレートドリンクの冷たいのをごくごく飲んだらお腹痛くなって、金沢駅からはタクシーで帰ってきた。
楽しい1日だった。
その後二日間は雨だったし、普通に家にいて、昨日はお昼を食べに外に出たくらい。

雨、止まないね。
オリンピックやってたら、大変だったよね。東京は晴れてんのかな。


そろそろ手持ちの革の選択肢も減ってきてまして、またこの白い革、

200727_2.jpg
に、一番合うのはこの帯なので、

200727_1.jpg
また同じもの作っちゃお。



ホッケの色付け、というのを、近頃スーパーの惣菜売り場などでよく見かけるので、食べてみた。

200727_9.jpg
ホッケに甘辛だれがかかっているだけだったけど、季節柄、鰻を焼くついでに一緒に焼いているのでしょうか、炭火焼きのいい香りがして、意外に美味しかった。
ここら辺の夏場の季節商品らしい。
今度は鯖の色付けも食べてみよっーと。

ハタハタの唐揚げ。

200727_8.jpg

枝豆とか、きゅうりとか、ゴーヤとか、夏らしい夕飯だった。

200727_10.jpg


舌平目のムニエル。

200727_11.jpg

せっかくの舌平目なのに、ソースもなし、付け合せもぞんざいで、ごめんなさいね。
あぁ、どうして昼にビストロなんかに行ってしまったんだろう。お腹いっぱい過ぎて、夕飯なんか全然食べたくなくてこの始末。

200727_12.jpg




2020年7月22日

今作ってるカバン、

作り進むにつれ、徐々にそんな気がしてはいたんだけど、全てを縫い合わせてみると、ゲゲ、すげー重い。
慌てて重さを測ってみたら、

200722_1.jpg
ちょうど700グラムだった。

700グラムというのは、他の同じくらいの大きさのカバンもそんなものなので、よかった、特段重いわけではないようだ。
ただ、革が少なく、布バッグと言ってもいいくらいの生地量なのにこの重さになったわけは、厚めの芯地を全体的に入れたせいだろう。
体力に自信のあるメンズに持っていただければと思う。
実は、イメージしていたよりも大きくなてしまったし。
あぁ、だったらわざわざコバを白くして、おしゃれっぽくなんかしなければよかった・・・



土用の丑の日に鰻を食べる習慣と財力は、我が家にはなかったはずなのに、住む場所が変わったせいか、そんなこともしてしまった。

200722_2.jpg
大奮発!な量で、私は半尾で(写真後ろ)お腹いっぱいだった。

ここら辺の人って鰻をよく食べるみたいで、結構一年中うなぎ売ってるんだけど、この丑の日は、近江町なんかはすごかったみたいよ。
うちは近所の魚屋に、前日に予約しておいた。
予約で完売してしまったらしい。

2020年7月20日

デニムリメイクは、

すでに作り込まれ、しかもいい味の出ているポケットやステッチを、そのまま使えばカッコよくできる、手抜き戦法のつもりだったのに、今回は自分で手をかけすぎてしまった。

200720_1.jpg
どこが?かもしれないけど、ま、色々とね。

200720_2.jpg



ズッキーニが余り気味だったので、ズッキーニブレッドを作った。

200720_8.jpg
ブレッドって言ったって、これってケーキじゃん、と、ずっと思っていたのに、今回はなぜかブレッドっぽいものになってしまったのはどうしてだろう。いつもと同じレシピで作ったのに。混ぜる順番が違ったからかしら。
なので、あまりお菓子感覚で食べたい気にはなれず、朝ごはんになっている。


前菜は、野菜、豆、ソーセージのスープ、前日の残り仕立て、をお願いします。

200720_4.jpg
メインは、サーモンソテーで。

200720_3.jpg
って、順番に出てくるとよかったんだけど、もちろん同時にドン!

200720_5.jpg
両方とも、冷めないうちに急いで食べろ! 



鮎、美味しいですね。

200720_6.jpg
東京にいた頃、このくらいの鮎が2尾で、半額になって300円くらいになって、鮮度を疑いながらもようやく買った記憶があるんだけど、これは2尾で180円だった。

空心菜のナムル。

200720_7.jpg



あ、蕁麻疹は治りました。


2020年7月16日

先日買った

この帯でカバンを作成中。

200716_1.jpg
スルスルっと完成イメージが頭の中に浮かんだので、それを形にすればいいだけなんだけど、
ジーンズ部分で意外と手間取ってしまった。


あとは、こんながま口バッグを

200716_2.jpg
少しづつ進めている。



先週の胃痛以来、魚介類やマナモノを避けて、おとなしく肉じゃがとか、

200716_4.jpg

野菜の揚げ浸しなどを食べていたんだけど、

200716_3.jpg
4日くらい前に、今度は強烈な蕁麻疹に襲われた。

何が作用したか分からないので、まぁいいや、と思って、鰻。

200716_5.jpg

考えてみたら、我が家の食卓に鰻が登場するのは初めてかも。結構好きなんだけど、高いからね。
盛り付け方がわからずに、せっかくの鰻なのに、全然見栄えしなかった。

で、食後は蕁麻疹。

じゃ、餃子はどうかしら。

200716_8.jpg
豆腐や、

200716_6.jpg
焼きナスなど、

200716_7.jpg
副菜はおとなしめに。

蕁麻疹は出た。
「トウモロコシ、いけないらしいよ。」と、ダンナ。
後ろにぼんやり写ってるヤツか。



毎日雨だし、家の中は涼しくて今だに長袖を着てたりするので、そんな季節だとは忘れていたけど、昨日は向かいの保育園の小さな夏祭りで、太鼓や花火の音が響いてた。

200717_1.jpg
子供はいつも楽しそうでいいね。


2020年7月13日

先週の胃痛のせいで

イマイチやる気が出ないので、週末はネットショップを更新した。
表参道では、惜しいところで売れ残ってしまったこのトートとか、

200713_1.jpg

200713_2.jpg
お財布とかをアップしましたので、

200713_3.jpg
よかったらご覧くださいませ。


今更ながらのお知らせですが、渡邊印のネットショップ、いかにもカードが使えそうなナリをしているのに、使えないんですよ。
使えるようにするべきだと思うんですけど、どうも、今のままで決済にカードを加えるのは、仕組み的にできないらしくて、そうすると一から作り直さなくてはいけなくて、それは大変すぎて(ダンナが)、また放置。

買い物を進めて、最後に支払い方法を選ぶ場面で、え、カード無いのかよ、ということになると不愉快だと思うので、予めお知らせしておきます。




遠い親戚が、いらなくなった着物や帯を一箱送ってくれた。
骨董市ではよく見かける、私の得意なこの帯、

200713_4.jpg
本当に使っている人がいたんだな。



しばらくの間、食欲がなく、煮込みうどんとか親子丼とか豚丼とか、簡単な一品料理で過ごしていたので、食事の写真は無いんだけど、その間、食べたくもないのにパンを焼いた。
パンの種を仕込んでいる間に派生する不要な種も捨てるのが勿体無いので、それを使うためにパンを焼いたんだけど、

200713_5.jpg
相変わらず、それほど美味しくはなかった。

その後に作ったイーストドーナツは、なかなか美味しかった。
が、ドーナツなんて、最も家庭で作ってはいけない、危険なお菓子ですよ。

で、肝心のパン種の完成品は、多分失敗していて、まだ使ってないけど、もう時間切れで、今回は結局捨てる羽目になりそうだ。あーあ。



2020年7月 9日

毎日雨ですね。

東京から持ってきた鉢植えの紫陽花は、今年は一輪しか咲かなかったけど、この雨のおかげで、花が大きく色もいい。

200709_1.jpg
しかもすっごい長持ちしてる。

今日は午後から少し天気が回復し、外も明るくなって、気分が良くなり、ようやく次に作るカバンの型紙を作り始めた。


午後7時半ごろの夕焼け。

200709_2.jpg
去年も書いたけど、東京より15分ほど日が沈むのが遅いので、夕方がやけに長く感じる。
夏至の頃は8時近くまで空が明るかった。



塩味で煮たスペアリブ。

200709_3.jpg

茄子とインゲンの揚げ煮。

200709_4.jpg


シメサバと、甘鯛のお吸い物。

200709_5.jpg
この食事の後ですよ。
ダンナ共々体調を崩し、その晩から翌日は1日中、胃痛で寝ていた。
シメサバがいけなかったのかもしれないし、このお椀も、こうして見るとちょっとヤバそうな雰囲気もある。はたまた、お昼に食べたテイクアウトのお好み焼きかもしれないけど、お互い疲れが溜まっていたところをやられたようだ。
今日は普通に過ごせましたが、しばらくは胃に負担をかけないように、食事を軽くしようと思う。
あぁ、この写真を見るだけで胃が痛くなりそう。


2020年7月 6日

緩やかな自己隔離中。

石川県ではここ2週間感染者が出ていない。
2週間前に一人発覚した感染者は東京帰りだった。
隣の富山県で久しぶりに出た感染者も東京だか関西だかから帰ってきた人だった。
そんなわけで、ここで東京帰りの感染者、もしくはスプレッダーには絶対になりたくないのですよ。
東京から帰ってきた日に乗ったタクシーで運ちゃんが、「田舎では犯人探しみたいになっちゃうんだよねぇ。」とか言ってるのを聞いて、しばらくおとなしくしていようと思った。

ONOMICKさんの素敵な服を見ていたら、自分でも着物リメイクをしたくなって、全然素敵じゃないただの黒いノースリーブシャツを作り始めて難航しており、ONOMICKさんの奥さんとパン作りの話をしていたら、今度こそ美味しいパンを作りたい、と思い、発酵種の1週間がかりの仕込みに、これも苦戦中。

今週中にはカバン作りに戻りたい。


青魚ばかり食べてる最近なので、そろそろ血液もサラサラかも。

鯖の南蛮漬け。

200706_1.jpg

イワシの塩焼き。

200706_3.jpg


焼き鯵入りの酢の物。

200706_4.jpg


2020年7月 3日

一昨日帰ってきた。

今回のお店は4日間だったけど、前日搬入、終了翌日搬出、日暮里や蔵前に買い物にも行きたかったし、で、合計八日間も家を空けていた。
帰ってきたら7月になっていた。
まずはダンナに感謝申し上げて、それから、今回もご来店下さった皆様に心よりの御礼を申し上げます。
東京はこんな時節でもマジ人多くて、金沢との人出の違いにちょっとビビったのですが、あんな人混みの中、足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。

今回の素敵なお店はこんな感じ。

200703_1.jpg

200703_2.jpg

onomickさんの洋服も素敵。
私が着るとしたらこれかなぁ、

200703_3.jpg
と思っていたワンピースも当然売れてしまいましたけども。

また一緒に楽しい素敵ショップをやりたいと思います。



土曜日は、8時前に家を出て、懐かしの浦和の骨董市へ行ってからお店へ。

200703_4.jpg

早速使えそうなこんな帯が買えて嬉しい。

200703_5.jpg

帰りは連日、池袋のデパートのセールで閉店間際の買い物をし、搬出日の午後は蔵前で材料の買い出し。
私は本来こんなに活動的ではないんだけど、たまに田舎から東京に出てくると、こういうことになってしまいますよねぇ。

あぁ、楽しかった。

また楽しい上京ができるように、頑張って作らなくては、と思いました。

onomickさん、ホントにいろいろありがとね。