2020年6月 8日

ガマ口、

楽しくなって来た。
これは、なんだか端正な形に整ってしまって、私らしくないような気がするけど、

200608_4.jpg
柄は龍だから、ま、いっか。
お札は二つ折りにして入る深さです。

200608_5.jpg
着物の時に持つと合いそうな形ですね。

200608_6.jpg

次。
18センチの口金も残っていたので、お札がそのまま入る大きさのがま口に挑戦。
ダンナのカバンを作った革が残っていたので、とりあえず革だけでシンプルなデザインにして、内側の作りの研究をしよう、と思ってたのに、作り始めたら止まらなくなって、またやり過ぎてしまっている。

200608_1.jpg
ここまでで時間と労力を使い過ぎて、内側作りに注ぐ力が半減してしまって、停滞中。



先日の太きゅうりネタの続きを1つ。
茶碗蒸しの彩りの緑が太きゅうり。

200608_8.jpg
蒸しあがる5分前くらいに投入して少し火を通した。
なんか夏っぽい茶碗蒸しになっていいかも、と思いました。

たこ二品。
当たり前に酢の物と、

200608_3.jpg
煮物。

200608_2.jpg
里芋が合うんだろうけど、なかったからサツマイモと、葉っぱは豆苗。

メインには、途中で油がはねて大量に顔に浴びてやけどをし、いきなりシミだらけの顔に変えられた、というムカつく炒め物があったんだけど、美味しくなかったし、恨みもあるので写真は無し。