2019年6月28日

ただ今義母が遊びに来ているので、

時々、観光地っぽいところに出かけたりしてる。
ここはド定番の金沢城、

190628_6.jpg
の中の、元は三の丸があったところで、今は森。

190628_7.jpg
金沢城の中って、結構面白くて最近大好き。
基本、無料だしね。



夕飯は、いつもより一品多くなったりして、ちょっとだけお客様仕様になっているけど、写真は撮ってないので、これは一週間以上前の、しかも一人ご飯の日。
ホウボウのオーブン焼き。

190628_8.jpg
レモン、ニンニクをお腹に詰めて、塩とオリーブオイルを刷り込んで焼いた。
ホウボウは美味しい魚ですね。

190628_9.jpg

ところで、ホウボウの頭の形って、龍に似ている。
最初に龍の絵を描いた人って、この魚をモデルにしたのかもよ。


こいつも一週間前に、久しぶりにやって来た。

190628_10.jpg
だいたいダンナがいない日にくるんだよね。
ダンナ、嫌われてるみたい。

かわいいから、もう少し近くでどうぞ。

190628_11.jpg



最後になりましたが、お財布の最新作。

190628_1.jpg

190628_2.jpg

190628_3.jpg

2019年6月21日

今年はカラ梅雨ですか?

空気はしっとりしているのに雨はあまり降らず、気持ちのいい日が続いている。
この時期ってこんなに日が長かったっけ、と驚いていたら、なるほど、東京よりも15分ほど日の入りが遅くて、今だと7時15分くらい。7時半くらいまではぼんやりと明るくて、冬の間は、こんなに明るく温かく素敵な日々が来るとは想像もできなかった。

明日くらいが夏至ですかね。


鯖江の伯母が入院しているので、昨日、福井まで行ってきたんだけど、福井駅周辺が楽しくて、ミニ観光してきた。

福井は恐竜で売り出しているようで、駅前にはこんなのが。

190621_4.jpg
こいつ、動いたり鳴いたりしてやがるんだよ。

これは、

190621_5.jpg
この、ちょっと永ちゃんチックなおじさんを撮りたかったんじゃなくて、市電の線路にフォーカスしたつもり。

駅前には割と広く商店街が広がっていて、デパートもあればアーケード街もあって、しかも古いごちゃごちゃした通りもまだ生きている。

190621_6.jpg

川崎駅とか千葉駅周辺に似た感じもあるけど、あれから人を99パーセントくらい減らした感じ?




それから駅のすぐ近くに城跡もあって、

190621_7.jpg
堀の内は県庁と県警になっちゃってるんだけど、城の遺構も整備されてて、散策路にもなっている。

もっといろいろ見たかったんだけど、昨日は遊びに来たわけではなかったので、早めに切り上げました。
また改めて遠足に行こう。


あ、おばちゃんは手術後の90歳とは思えないほど元気でした。



付け足しのような作業報告。
普通に美しいお財布を作ろうと思っていたのに、

190621_1.jpg

またコウモリ飛ばしてしまいました。



2019年6月18日

長らくお世話になっていた

吉祥寺のネコ屋さん、マルルゾロ さんが閉店してしまったのですよ。
年に何回かは納品がてらにお邪魔して、しばし立ち話を楽しんでいたので、残念ですね。
って、自分ももうこんなところにいるから、吉祥寺に行く事はないんだけど。
秋に移転して再開するようですが、その時にどうなるかもわからないので、これからは自分でネコちゃん売らなくちゃ。
という事で、早速、先日作ったお財布をネットショップにアップした。

190618_1.jpg

ちなみに、11月のデザインフェスタにも出展できることになったので、じっくり時間かけてご検討いただければ幸いです。



昨日の夕飯は、福井産の甘エビと、

190618_3.jpg
朝どれの鯵のタタキ、

190618_4.jpg
そして、いつものように甘エビの頭の唐揚げ。

190618_5.jpg
こんな美味しいおかずが全部で数百円とは、なんと嬉しいことだ。


これはやる気のなかった日のおかずで、イカゲソとズッキーニの炒め物。

190618_6.jpg
ゲソじゃなくて、ちゃんと皮をむいたイカで作ったら美しかったんだろうけど、この日はやる気なかったから、こんな。でも、味はそこそこ美味しかった。





2019年6月16日

次のお財布は

こんなのどうかしら。

190616_1.jpg
このジーンズの6センチ四方くらいの小さいポケットは、自分で作った。
古着ジーンズのリメイク、というかリサイクルを繰り返しているうちに、ジーンズのディテールにも詳しくなってきた。もっと複雑でかっこいいポケットだって作れそうな気がする。



ここ数日は食事の支度に飽き気味で、全然力が入らない。
例えば、ある日は、先日の作り置きのフクラギの昆布〆と

190616_2.jpg
豚しゃぶサラダ風なんだけど、

190616_3.jpg
翌日も、買い物に行ったにも関わらず、また豚しゃぶサラダ。

190616_4.jpg

冷奴で品数増やしたり。

190616_5.jpg



魚もうまく選べなくて、またフクラギを買って、カルパッチョ。

190616_6.jpg
この日はピザを焼いて、ちょっとレクリエーション気分の夕飯だったけど、

190616_7.jpg
今晩はまた、フクラギの昆布〆だな。


2019年6月12日

自分のパスケースを

ペイント中。

190612_1.jpg
金継ぎを習ってた時に使った、成分は何かわからないけど、かぶれないし乾きも早い、合成漆みたいなものを塗ってみた。
印伝があるくらいだから、革に漆はハゲないんだろうけど、この新漆なる合成漆はどうなのか、要観察。



フクラギとイカのお刺身。

190612_2.jpg

残ったフクラギは昆布締めにしてみたら、

190612_3.jpg
これも美味しい。



ある雨の朝、「二十日でぇこん、いらんかね。」と、おばちゃんの訪問販売来たる。
金沢に人ってこんな訛り方するっけ?と、ちょっと不審に思いながらも、こういう場合の対処の仕方もわからないので、じゃ一袋、と言ったら、2つ買うことを強力に押してくる。
いよいよ不信感が強くなり、二十日大根の見かけはいいし、値段も適正、買わない理由もなかったんけど、「うち、あんまり食べないから。」と嘘をついて、一個だけで勘弁してもらった。

上の刺身のツマとか、きゅうりの塩もみに紛れてる赤いものは、そんな二十日でぇこん。

葉っぱは油揚げと一緒に炒め煮。

190612_4.jpg
正直、美味しかったです。


昨日は餃子。

190612_5.jpg









2019年6月10日

長財布は

未だ決定版ができておらず、今回もまたちょっと仕様を変えてみた。
前回この長財布を作った時は、

190610_1.jpg
傷みがちな見開きの中央部分に使っていた帯地をやめて、革張りにしたんだけど、やっぱり、どうしても内側にも帯地を使いたいんですよ。
かと言って内側にまでネコを走らせると、それはtoo muchだし、仕方ないので見えない部分でいいや、ということで、ここ。

190610_2.jpg
たぶん、お札はマチの大きい方に入れることになると思うので、

190610_3.jpg
この部分はあまり使わないと想定している。なので、生地も痛みにくいかと思われる。

今回作った2つは色目もキレイですので、ぜひ使ってみてくださいませ。




石川県産の能登牛が美味しいらしいけど、自分に牛肉を食べる習慣がないので、まだ食べていなかった。と思う。一回くらい買ったっけ。
ま、そんな感じなんだけど、先日切り落とし肉が安かったので、350グラム購入。
一度にたくさん食べるとお腹を壊す恐れがあるので(過去何回かそういうことがあった)、まずはすき焼き風の小煮物。

190610_4.jpg
おいしかった。
でも、比較できるほど牛肉に詳しくないので、どれくらい美味しいかはわからない。
能登豚を食べた時の方が、味の違いがわかるだけに衝撃が大きかった。

翌日は牛丼!

190610_5.jpg
これもおいしかったけど、ダンナ的には、牛丼はもっと下品な味でなければいけないようで、上品な能登牛丼はお口に合わなかったようだ。

それでもまだ少し残っている。
お腹壊さないように、少しずつ食べてんの。


昨日は、鳥の塩焼きと、鯛のから蒸し。

190610_6.jpg




梅雨に入った。
ベランダに置いてあった紫陽花の鉢はこっちにも持ってきて、うまく蕾をつけていたのに、油断して水遣りを怠っていたら咲かなかった。
が、この家には、庭の奥や玄関先に大きな紫陽花の木があり、

190610_7.jpg
また、隣のジャングルにも何本かの紫陽花がワイルドに咲いている。

190610_8.jpg
さながら紫陽花祭りの状況です。

190610_9.jpg


2019年6月 6日

年をとると

紫色に目がいくようになる、というようなことを聞いたことがあるけど、確かに若い頃より紫色が好きになった。

190606_1.jpg

でも、こんなオレンジ色っぽいネコちゃんの内側が紫って、どんな感じ?

190606_2.jpg

順調に進んでいたが、この後大失敗が発覚して、今、泣く泣く糸をほどいているところ。




おばんざい屋のような夕飯。

190606_4.jpg

この時期、能登産のところてんが美味しいらしいので買ってみたが、(真ん中のガラスの器)
そもそもところてんを食べる習慣がないので、美味しいのかどうかわからなかった。

米ナスを焼いたのとか、

190606_6.jpg
車麩の小煮物とか。

190606_5.jpg





トイレに1センチくらいの小さな蛾が大量発生している。
この3,4日、トイレに入るたびに、1匹、2匹、時には5匹くらいの蛾が壁に張り付いていて、その度に殺虫剤を撒き、次回トイレに入った時に、床に死んでいる蛾をトイレに流し、また壁に1匹見つけ、再び殺虫剤を、ということを繰り返しており、そろそろトイレに行くのが憂鬱になってきた。
殺虫剤、買い足しとこ。






2019年6月 4日

スカートも作ったし、

ようやく製作に戻った。

190604_1.jpg
この革、前回作った時はすごく固く感じたけど、今日はやや扱いやすく感じる。
あの時は冬場ですっごく寒かったからかしら。
今日は汗を掻く程暑いです。


あんこうのホイル焼き。

190604_2.jpg
やっぱりお店の人が言ってた通り、アンコウはバター焼きにするのが一番なようだ。この前の方が美味しかった。

アジのマリネ。

190604_3.jpg


お祭りの日に天ぷら屋に行ったら、余っているからと言ってエノキを3袋もくれたので、まずはエノキの肉巻き。

190604_4.jpg

副菜の方が贅沢な感じになってしまいましたが、
ガス海老、

190604_5.jpg
と、その頭の唐揚げ、

190604_6.jpg
は、全然お高くはないのよ。


翌日はエノキのナムル。

190604_7.jpg
ちょっと茶色いのは、ナメコみたいな色の原種のエノキだったから。

いつものチキンカレー。

190604_8.jpg


2019年6月 2日

一昨日はお祭り、

でしてね。
我が家のあるあたりの旧町名は鷹匠町といって、百万石行列で前田利家の後ろを歩く鷹匠役はこの町内会の人がやることになっているらしい。今年は斜め前の家の奥さんがやるというので、それは見に行かなくちゃ。

音楽隊やミス百万石とか、獅子舞、

190601_8.jpg
加賀鳶、

190601_2.jpg
190601_3.jpg

その他諸々の行列に続いて、いよいよお松の方が登場。

190601_4.jpg
ミキティです。

190601_5.jpg

そして最後に前田利家。

190601_6.jpg
加藤晴彦です。

190601_7.jpg
久しぶりに見ましたが、若い頃そのまんまでおじさんになった感じですね。

2代藩主役は金沢出身の自衛隊員。

190601_9.jpg
この人の方がそれっぽい。

190601_13.jpg男前だし。


金沢駅から城まで炎天下を歩いて来た軍勢はヘロヘロで、負け戦から帰って来たかのような雰囲気の中、

190601_10.jpg


190601_12.jpg

ひときわ姿勢のいい、まだまだ余ってる感のあるこの一団は、

190601_11.jpg
小松の自衛隊員チームかな。

お城に到着して、この後ステージでなんかしらの小芝居でもあるのでしょうか、いよいよクライマックス!らしいけど、

190601_14.jpg
遠くて見えないし、ここで帰って来た。

全体的に面白かった。
大勢の市民を巻き込んでいる感じがよかった。

その後も香林坊のあたりは盆踊り行列などで盛り上がっていて、金沢にこんなに人がいるのを見たのは初めてかも。
来年も見に行こう。