2018年12月 3日

蝶々が一匹

韃靼海峡を渡って行った。

181203_1.jpg

引っ越しの時に、この蝶の型紙(と言うほどのものではないけど)を捨てたことはありありと覚えていて、これをリクエストいただいた時にはやべぇ、と思ったんだけど、一応以前作ったのと同じようなものができそうで良かった。



鱈と白子のグリル。

181203_2.jpg
先日、片町のビストロで食べた鱈のポワレが美味しかったので、ソースを真似しました。

こちらでは鱈をナマ食することが普通みたいで、この鱈も、普通に切り身だったけど、昆布締めにしても美味しいよ〜って言われて、なんか東京出身者には驚きでしたわ。
ちなみに白子も生食用だったし。


あと気がついたのが、ここら辺では白インゲン豆があまり売っていない。
スーパーはもちろん、乾物屋にもなかったな。
ある日、たまたま見つけて、すかさず買った。

181203_3.jpg

デザートは焼きたてのリンゴのタルト。

181203_4.jpg





治部煮風の煮物。

181203_7.jpg

前日のマッシュポテトが余っていたので、椎茸に詰めて焼いてみたけど、

181203_6.jpg
これは失敗。
せっかくの大きな椎茸の味を堪能できなかった。


11月のある日の北國新聞の夕刊トップ記事が、「来た!ブリ1200本!」だった。
調子よく水揚げされているようだけど、そんなに安くはなかったな。

これからかしら。