2018年1月31日

恐れていたほど

おかしなものにならなくてよかった。

180131_1.jpg
仕上がりが楽しみになってきたのですが、ここで万事休す。

少し前から革スキ機の調子が悪かったので、ちょっと自分で調整したつもりがますますおかしくなってしまって、もう何を漉いても革が破けてしまう。この2日間、どんだけ革を無駄にしたことか。怒りで呼吸がゼーゼーしてしまいそうだったが、諦めて機械やさんにメンテナンスに来てもらうことにした。
しばらくは何やってようかなー。



ダンナのお誕生日用のケーキがイマイチだったので、もう一度。

180129_6.jpg
けっこうカジュアルにザクザク食べてたので、見た目は汚いですけど。

180129_7.jpg
生地はふわふわしっとりで美味しかったのに、こうしてみるとキメ粗いな。おっかしいなぁ。


母親はバターケーキが好きらしいんだけど、ベーキングパウダーが入っているケーキをケーキと認めない。妹もそうで、私がたまに持っていく焼き菓子を食べると、「ベーキグパウダー入ってるでしょ。」「この匂いは重曹?」などなど、ちょっと低く見られるんですよ。なので、今回はベーキングパウダー無しの正真正銘パウンドケーキを作って持って行ってみた。

180131_2.jpg


浦和に行った時に、パルコの地下に行ったらセロリが半株198円だった。野菜が高い昨今、多少遠路でも、これは買って帰りますよねぇ。

なので、先週の土曜日からのセロリだらけの夕飯。

たらのネギとセロリ蒸し。

180129_11.jpg

セロリとホタテの稚貝の酒蒸し。

180129_13.jpg
セロリの炒め煮。

180131_8.jpg

セロリと豚肉の中華炒め、

180131_9.jpg
は、このイワシの塩焼きの後ろです。



2018年1月29日

土曜日に

久しぶりに浦和の骨董市に行ってみた。
うっかりしていたけど、先週は月曜日に雪が降って、その後も東京でも最低気温が氷点下を下るような日が続いており、神社にはまだまだたっぷり雪が残っていた。っていうか、もしかして昨日も雪降った?みたいな感じ。そんな中なので出店数はいつもよりずっと少なく、帯は買えなかったけど、代わりに素敵なものが買えた。

どうも50年くらい放置されていた金物屋かなんかの品物を丸ごと持ってきて並べてたみたいなんだけど、例えばこれ。

180129_1.jpg
箪笥の引き出しにつける鍵のセット。

180129_2.jpg

これは引き戸につける鍵。

180129_3.jpg
180129_4.jpg

鍵だけでもかばんのチャームに使えるかな、と思ってみてたんだけど、そんな使い方はもったいないくらいにすっごい素敵。

とりあえず3つずつ買ってみたんだけど、骨董市で「とりあえず」というのはあり得ない。あーなんでもっと思い切って箱ごと買ってしまわなかったんだろう。

という後悔も、骨董市の醍醐味ですかね。

こんなミニペンチは一個100円だった。

180129_5.jpg


土曜日もとても寒い日で、お昼過ぎに帰ってきた後は頭が痛くなって半日寝てしまいましたが、楽しかった。


先週の洋食は、豚ヒレのソテー。

180129_8.jpg
この日はうまく焼けて、中の色もこんなピンクで柔らかい。

180129_9.jpg
塩と胡椒とバターだけで豚肉がこんなに美味しく食べられるとは、少し前まで知らなかった。

この日はサラダも美味しかった。

180129_10.jpg



2018年1月26日

メンズっぽい小銭入れ

があってもいいんじゃないかしら、と思って、これ。

180126_1.jpg

こういうのがきっちり作れると嬉しいんだろうけど(これはきっちり作れていないので、その感じはわからない)、手間の割に出来上がったときの満足感がなかった。もう一個作ってみよっ、という意気込みもでてこない。ので、型紙だけ作ってしばらく放置されることとなりそうだ。

180126_2.jpg

今日はまたカラフルなもの。
この帯地がまだ少し残っていた。

180126_3.jpg



正月に田作りを作ったごまめがまだ残っていたので、甘めの、メープルシロップも使ってナッツ入りで作ってみた。

180126_5.jpg
ほとんどおやつみたいな甘さだけど美味しかった。
ちなみにお正月の田作りは美味しくなかった。


麻婆豆腐。

180126_4.jpg


冴えた食材が少なかった昨日の夕飯は、
大根とこんにゃくの田楽と、

180126_7.jpg
ネギと生姜を巻いた豚肉、

180126_6.jpg
菜の花の辛子和え、

180126_8.jpg
など。


2018年1月24日

一昨日の雪は

そのまま夜まで降り続いた。

180124_1.jpg

寒い。翌日からはきれいに晴れてるけど、すごく寒い。


こんなお財布。

180124_2.jpg
チェーンは本当はカンと同じ真鍮がいいんだけど、今はないのでこれは「仮」。チェーンが繋がっていてもファスナーはちゃんと開きます。

180124_3.jpg

前回同様ポケットの中に帯地を使って、

180124_4.jpg
内側の角もちゃんとできた。

180124_6.jpg

ファスナーを開けるとかなり大きくばっくり開くので、開きすぎを防ぐつもりで、ここにファスナー止めをつけてみた。

180124_5.jpg
その効果はあまり感じられないんだけど、その代わりに端っこのアラを隠せたのでそれはそれでいいのかも。
あるお店でお高めのお財布を詳細に観察してたとき、同じようにファスナー止めが付いていて、これって必要あるのかしら、と不思議に思ったんだけど、なるほど、こういうことだったのか。

こんなお財布、いかがでしょうか。

180124_7.jpg
同じものを持ってる人は絶対いないよ。



明らかに去年の鳥とは個体が違うようだけど、ま、いっか。

180124_11.jpg


2018年1月22日

今日は外がこんなで、

180122_8.jpg
この後もっと降るらしい。不要不急の外出を控えるようお達しが出ているようなので、家でおとなしくしていよう。と思ったら、ついでに家の中でも不要不急の活動を控えて昼寝でもしたくなってきた。


ダンナの誕生日に焼いたケーキ。

180122_5.jpg
いつもながら下手な、そして貧乏くさいデコレーションでごめんなさいね。
源氏パイも飾ってみたのよ。


でも下手なのはデコレーションだけじゃなくて、ケーキもイマイチだった。
少しだけ余っていた卵も一緒に使ってしまったら、これが半個以上の量があったみたいで、いつもより大きくなってしまった。

180122_6.jpg
その割には、粉の混ぜ方に失敗したのか、固めの食感だった。
こうやって写真で改めて見てみると、いかにも堅そうな生地だったんだな。

180122_7.jpg
悔しいので近々また作ろう。


この日は、
マカロニグラタンとか、

180122_2.jpg
フライドポテトとか、

180122_3.jpg
子供のお誕生日パーティみたいな夕飯。

先日のニシンの甘酢漬けが3日経って大変美味しくなっていた。

180122_4.jpg




2018年1月18日

ダンナ用のお財布で

練習が終わったので、黒いお財布2つ目。

見えないけど、ポケットの中は龍柄の帯。

180118_6.jpg
縁起のいい柄かな、と思って。
お金貯まりますように。

ファスナーの取っ手をこれにするんだけど、

180118_5.jpg
一応取り外し可能にしておこうと思う。
みんなに笑われたら外して使ってください。
あと、結構重いので邪魔に感じるかもしれないから。

寸法を調整したり、仕立て方を少し変えら、内側の角もステッチが落ちないようになった。

180118_7.jpg
当たり前のことが今頃出来てすみません。
ちなみに、今までのステッチが落ちていているものでも、構造上は問題無いので壊れたりはしませんので、どうぞお許しくださいませ。


さぁ、次は容赦なくおかしなものを作ろう。

180118_9.jpg





大和芋の揚げ出し。

180118_1.jpg
ここのところよく揚げ出しを作った。豆腐とか、八つ頭とか。

ちなみに後ろはなんの芸もないイワシの唐揚げ。


鯵のお造り。

180118_3.jpg

たいていの場合、鯵は自分でおろす。
いざという時に鯵くらい下ろせたほうがいいだろう、くらいの気持ちでそうしているんだと思うんだけど、だいたいいざという時ってどんな時なのか。まさか「お客様の中に鯵をさばける方はいらっしゃいませんか?」とか? 
楽になろう、と思ってこの日は魚屋さんに下ろしてもらった。そしたら食事の支度がとても楽だった。生きるのが少し楽になった気すらする。


一緒にニシンもおろしてもらって、甘酢漬けを作った。

180118_10.jpg
これは絶品!


メインのコロッケと

180118_12.jpg

真鱈の子の煮付け。

180118_11.jpg

昨日は全部美味しかった。

2018年1月15日

先週は日常を取り戻して

いい感じに過ごしていたはずなのに、土曜日の朝起きたら頭が痛くて、土日は完璧に寝て過ごしてしまった。不調はいつ訪れるかわからない。恐ろしいことだ。

でも、おかげで今朝は爽やかに目覚めた。
よーし、素敵な一週間を過ごそう。

180115_1.jpg


先週の夕飯。
豚肉の味噌焼き。

180115_2.jpg
副菜は野菜の炊き合わせ風と、

180115_3.jpg
青菜のナムル、かぼちゃのサラダ。


ぶり大根。

180115_4.jpg
ぶり大根はどうしても見た目汚っぽくなってしまうんだけど、味的には今回は美味しかった。
甘めにするのが秘訣なのかね。


カスレ、風?

180115_5.jpg

蟹缶でサラダ。

180115_6.jpg


精力的に食べてたら胃が疲れたようで、実は土曜日は頭痛だけじゃなくて胃も気持ち悪かった。

で、貴重な休日の1日を、いや2日を寝て過ごしているうちに、ヤツが来た!

180115_7.jpg
一年は早いものですね。
今朝も来てたから大喜びで押し麦なんかをあげてみたんだけど、なんだか反応が悪い、というか、「おばちゃん、来たよー!」みたいな感じがなくて、こいつは去年のと違う鳥なんじゃないかと疑っている。
去年はあんなになついていた(と感じられた)のに・・・




2018年1月10日

なんの面白みもない

黒いお財布。
それがダンナの希望なんだからしょうがない。

180110_1.jpg

スイカをお財布に入れる派なので、それ用のポケットを外側につけてあげたら、毎度改札の機械にファスナーの金具を打ち付けることになるのはいかがなものか、みたいなことを言われた。ので一度自分で実践してみたが、私レベルの雑な人間でも音すらしなかったような気がする。普通の人はそれほど強くたたき付けたりしないはず。

内側のオーストリッチ柄により、なんだか「堅気じゃない感」が漂ってしまった。

180110_2.jpg

本当はこんな飾りをつけたいところだけど、

180110_3.jpg
ご理解無い人につけるのはこの寛永通宝が勿体無いので、ダンナ用には普通の革の取っ手をつけましたけど。


急に寛永通宝の使い道が開けて、この前銀座に行ったらちょうど大江戸骨董市が開催されていたので、また買い足してきた。
中に一つ「乾隆通宝」というのがあって、

180110_4.jpg
お店の人に聞いたら、中国は清朝の乾隆帝時代のものだということ。おぉ、これは大事に使おう。



お正月明けの食事はこんな風になってしまいがちですね。

180108_9.jpg


で、こんな時期も終わると、味の濃いものを食べ続けたせいか、簡単なものが食べたい。

180110_5.jpg





2018年1月 8日

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


正月を長めに過ごしてし、遊び歩いて、まだ日常に戻れないでいる。
明日から心を入れ替えて真っ当に日常生活を営もう。


今年はおせちは控えめに、と思っていたのに、作り始めたらやっぱりあれもこれもとなって、結局大晦日中には作り終わらなくて、元旦の昼はこんな程度にして、

180108_1.jpg

夜に完成した。

180108_2.jpg
やっぱりエビは効くね。

180108_6.jpg

今年、昆布巻きは大失敗で、しょっぱすぎて食べられず、いっそのこと佃煮にしてしまえ、と思って砂糖を足して煮直したけど、やっぱりまずい。食が進まず、まだ冷蔵庫に残ってる。

2段目は地味な煮物。

180108_3.jpg


年々おせちを作るのが面倒になるんだけど、作ってよかった。おせちは美味しい。
ヤツガシラ美味しい、くわい美味しい。

180108_4.jpg



この何年か、近所の老夫婦のやってるお花屋さんでお正月のお花を買っている。

180108_5.jpg
年末にお花を買いに行くたびに、普段から花くらい飾るような生活をしたいものだなぁ、と思い、また一年間花瓶をからにしたまま過ごし、そしてまた大晦日になり、その花屋で正月の花を買い、来年こそは花を飾る生活を、と思った時には時すでに遅し。その花屋はその日で店を閉めてしまった。
別の店でもいいから今年はたまに花を買おう。

百合がガンガン咲いている。

180108_8.jpg
部屋の中がいい匂いで嬉しい。