2017年6月29日

どどどど、どう思う?

このカバン。

170629_1.jpg
何かが、というか、何もかもがちょっとババくさいような気がするんだけど。
この、グレーというより明らかな鼠色の革がそう思わせるのか、それともこの中途ハンパな縦横マチのバランスのせいなのか。
この見た目にあまりしっくりこないバランスは逆にちょっと可愛いと思ってもいるんだけど、悲しいかなこのドブネズミ色がその可愛さを帳消しにしてしまっている。

こんなにけなして、私、売る時どうするんだろう・・・

このスエード革の毛羽立った肌を見てると、そうだ、これってあのタオル地のバッグに似てるんだ!と思ったけど、別にあのタオル屋さんがババくさいと言ってるわけではありませんので悪しからず。

裏面はこんなポケットが付いていて、

170629_2.jpg
パスケースが縦にすっぽり入ります。パスケースの大きさによるけど、多分。

おそらく一番初めにこの革と帯を合わせてみた時、こんな光の加減で、こんな色に見えたんだと思う。

170629_3.jpg
それでこれはGOOD!と思ったんだよね。
使ってる時、ふとした瞬間にこんな綺麗な色に見えることもあると思うので、興味のある方は使ってみてください。
柔らかいので使いやすいと思います。



見た目も味もイマイチだったある日の夕飯。

170629_4.jpg
先週山形産直市で買った二十日大根をピクルスにしたんだけど、それが美味しくできた。


一昨日は用事で朝から出かけてて、途中で妹と合流して一緒に新宿でお昼食べてオカダ屋に買いものに行って、伊勢丹のファッションフロアを冷やかしまくってすっかり遊んで帰ってきたら、頭が痛くなってお腹を下した上に吐く、といういつもの疲れ過ぎの症状を発症してしまったんだけど、考えてみたら妹と別れて小田急ハルクの地下で夕食の買い物をしている時にはすでに正気を失くしていたんだと思う。100g350円くらいする豚しゃぶ肉を買っていた。

170629_5.jpg
でもちゃんといつもより美味しかった。ダンナも喜んでた。

豆腐の素揚げ。

170629_6.jpg


ダンナに赤インゲン豆を買ってきて、と頼んだら花豆を買ってきた。
お店の人にこれは赤インゲン豆ですか、と聞いたら「そうだ」と言って、でも今年は北海道産が全然ダメでこれは他の土地のものでしかも大きさも不揃いだから水で戻す時も茹でる時も落し蓋をするように、と教えられた、というのでその通りにして、珍しく甘く煮てみた。超美味しい。

170629_7.jpg
でも欲しかったのは赤インゲン豆。金時豆って言えば通じたのかしら。
この花豆の袋にもちゃんと「花豆」って書いてあるんだけどね。



2017年6月26日

お伺いします、

これのどこが夏らしいカバンなのですか。

170626_1.jpg

夏らしいカバンを作るつもりだったのに、こんな暖かそうに起毛されたスエード革なんか使って、

170626_2.jpg
いつの間にか全然意図するものと違うものになっていった。

ダンナに、何を考えてこういうものを作ろうと思うのか、と聞かれて、そのインスピレーションソースとなった広告の切り抜き写真を見せたのですよ。(一応今回はそういうものがあった。)そこには今作っているカバンとは形も素材もディテールも、何一つ一致するところのない爽やかで涼しげなバッグ。ダンナはあきれたように「君が将来大成することを祈る。」と告げて部屋を出て行きました。

それでもここまで作ったからには完成させなければなりません。出来上がったらいきなり夏らしい素敵なバッグになっているかも知れないじゃん。



この龍の大皿は中華炒めなどを盛る際に大変重宝し気に入っていたのだけれど、

170626_3.jpg
半年くらい前だったか、もともと欠けを継いであった部分が取れてしまって困っていた。
それ以外にも欠けたり、バラバラに割ってしまったりした器を、そのうち金継ぎにでも出そうかと全部取ってあったんだけど、なかなかそういうことってしないじゃないですか。
ある日、時々行く器屋さんで、お店の二階で金次教室をやっていることを知って、いい機会だったので習ってみることにした。
そんで、これは自分で直した。

170626_4.jpg
これ以外にも2,3個直したものがあるけど、普通に食卓に出せる出来のものはこれくらいかな。

なので、最近よくこのお皿を使ってる。

170626_5.jpg


ちなみに土曜日も教室に行って、下の店で購入したガラス器。

170626_6.jpg

この日は夏らしく、鯵のたたきと、

170626_7.jpg
いつも通りあまりカラッとしていない野菜天。

170626_8.jpg


そうそう、おかひじきはこんな風に食べると美味しかった。

170626_9.jpg
細かく刻んで、細ネギやショウガ、鰹節と一緒に冷奴。


2017年6月23日

本当にサクサクできた。

170623_1.jpg少々小さめですけど、それこそ着物を着てお出かけ、みたいな時にはこんな大きさでいいのではないか、と思う私は着物でお出かけしないので実は何もわかっていない。

縦22センチ、横24センチ、奥行き10センチ。

170623_2.jpg
ちょっと革がシワっぽく見えますけど、それほどでもないです。

前回のこれは横が30センチあったので、

170623_3.jpg
これに比べるとけっこう小さく感じる。プロポーションも変わってしまった。

裏面はこんな感じ。

170623_4.jpg
この花に見覚えはありませんか。
この花がピンクで織られている部分と、青というか紫というか、そんな色で織られている部分は全てショルダーバッグで使ってしまって、この灰色っぽい色の花だけが残っていた。これはどうなんだろうと思ってまだ使ってなかったんだけど、こうしてみるとやっぱり普通に良い。
次はショルダーに使ってみよう。



金目鯛の開き。

170623_5.jpg
パリパリに焼けた皮をそれだけで食べてみたら、なんと海老の味がした。
やっぱり同じ赤い色だから? あれがアスタキなんとかっていう成分の味なのかしら。


インゲンとかパプリカのきんぴら。

170623_6.jpg

おかひじきのおかか和え。

170623_8.jpg
その美味しさがよくわからなかった。
でも茹でたものが残っているので、今日のお昼に細かく刻んでいろんな薬味と一緒にそうめんのつゆに入れてみたら、歯触りがよくて美味しくいただけました。


2017年6月21日

早速オレンジ色のお財布

を作るのかと思いきや、こっちが先。

170621_1.jpg

前回作ったこのカバンは有難いことに先日売れてくれたので、もう一つ同じのを。
今回は少し小さめにするため(革の残りが少ないので)型紙を作り直したけど、それ以外は糸の色も仕様も決まってるので、何も考えずにサクサク進めると思う。

なので、頭の中では次のカバンの構想を練っている。

次はこの帯を使って夏らしい色のカバンを作りたいんだよね。

170621_2.jpg
夏らしいカバンなんて私に作れんの?




先週は洋食続きだったし、金土は二日続けて外食だったので、今週はおとなしく和食。
イワシの茗荷巻き焼き。

170621_3.jpg

先週チリビーンズを作った時、大豆をフードプロセッサーでミンチにしたんだけど、少し残しておいたのを使って、白和え。

170621_5.jpg
具材をあらかじめ濃いめの味で煮ておいたのが良かったみたい。美味しかった。この場合、甘めの味付けが美味しい。

きゅうりとトマトの胡麻酢和え。

170621_6.jpg



レタスの酢の物は、

170621_8.jpg
何日か前に、新聞の折り込みのシニア向け情報誌で見掛けたもの、だったと思う。もしかして新聞本紙かも。写真もなく文字だけだったような気がするけど、その材料全部冷蔵庫の中にあったので、採用。

メインは銀鮭の塩麹焼きで、副菜は肉豆腐。

170621_7.jpg



2017年6月19日

今、オレンジ色の革が

手元にあるんだけど、ちょっと厚くて固いので、使い勝手を確かめるべく、一個だけパスケースを作ってみた。

170619_1.jpg
そしたら意外に扱いやすくて、これならバッグにしても大丈夫かな、と思って合わせる帯地を探したけどベストなものはなかった。じゃ、このパスケースに使った帯地を使ってお財布にするか。でもその場合、コバの色はこのパスケースで使った色よりアイボリーの方が良さそうだ。
などなど、今後1ヶ月に作るべきものの構想を立てながら先週が終わり、それもほぼ固まったので、今週は頑張ろう。



昨日はベジチリビーンズ。

170619_2.jpg

鶏挽肉が入ってるように見えるけど、

170619_3.jpg
これは大豆のミンチ。
ベーコンがちょっと入ってるけど、ほぼ野菜なのであっさり食べられた。物足りないと言えばそうだった。チキンスープを入れると良かったかも。

ジャガイモはオーブン焼き。

170619_4.jpg
野菜も食べなさい。

170619_5.jpg


ある日のお昼、押し麦とレンズ豆等の野菜スープ。

170619_6.jpg
いつも同じ味でつまらないので、この日はクミンとターメリックを入れてカレー風にした。


2017年6月16日

2日経ってしまいましたが

相模大野のイベントが終了しました。
ご来店いただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

相模大野は通勤がちょっときつい。
新宿から(もしくは帰りの相模大野から)小田急線の一番早い電車で必ず座りたい(30分から40分かかるので許して)と思うと、時間に余裕を持たなくてはならないので、思ってる以上に通勤時間がかかる。
相模大野はこれで5回目くらいだけど、今回は結構きつかったな。
最終日の帰宅後は、倒れるように寝てしまった。

デパートの閉店時間が7時だったのは救いだった。
この時期の午後7時といえば、まだ外は薄明るい。
「7時サイコーだよね。」「7時サイコー。」とか言いながら同僚出店者と店を出るとき、いっぱしの勤め人みたいな気分で楽しかった。

朝は6時半に起きると、当然もう明るい。私には馴染み薄い早朝の光が気持ち良い。
毎日こんな時間に起きれば良いのに、自分。とか思いながら、紫陽花の最後のきれいな写真を撮っておいた。

170616_1.jpg
170616_2.jpg

あ、売り場の写真はありません。

次は11月に行きそう。
次も体力持つかしら。



イベントが終わった翌日は倒れていたのですが、夕飯は作った。

鶏胸肉とパプリカなどのグリル。

170616_3.jpg

少し前に、香川県産のニンニクが12個で1000円、というのに遭遇して、迷わず買ってきた。
今は惜しげもなく使えるので、この日は憧れのこんなカットで。

170616_5.jpg
とろとろで美味しかった。


イワシのカルパッチョ風。

170616_4.jpg


翌日は見慣れた、チープな、鯵の開きの夕食です。

170616_6.jpg

ニラと豚バラの炒め物、は失敗。

170616_7.jpg


今日のお昼はトマトパスタ。

170616_8.jpg
生トマトで作るトマトソースが美味しくて、我が家で今流行ってるの。




2017年6月 6日

毎回のことながら

搬入日ブルー、ですよ。
一週間の体調とか、売れ行きとか、私のいない間にダンナに台所を油まみれにされるんじゃないか、とか、いろんなことで頭がいっぱいになって、ブルー。
折しも梅雨が始まりそうで、外もどんよりしている。
あぁ、ブルー。

170606_2.jpg

紫陽花もいよいよ大詰め。

170606_1.jpg



鯛の椀もの。

170606_3.jpg
鯛のだしを取るのはあまり上手ではないんだけど、この日はうまくできた方だと思う。


今日のアスパラの豚巻きは、甘辛醤油。

170606_4.jpg

焼きピーマンの生姜醤油和え。

170606_5.jpg
地味だけど、強烈美味しい。


鯵の開きの夕食。

170606_8.jpg
新生姜のご飯。

170606_6.jpg

キャベツの辛子醤油和え。

170606_7.jpg



そんで、首のしこりの話。
三日後からデパートに出店する予定だったし、その間に痛くなったり大きくなったりすると困るので、その日にうちに近くの医者に行ったら、「リンパ節が腫れている」ということだった。そして、しばらく様子見、ということになった。
一週間のイベントが終わりゴールデンウィークが明けてもまだ腫れていたので、大きな病院で検査することになった。
血液検査を2回やって、肺のレントゲンを撮って(結核が疑われてるようだった)、胸から上のCTスキャンをして、鼻から内視鏡突っ込まれて喉まで見て、首回りのエコー検査して、というのを一ヶ月かかってやっても何も悪いところもウイルスも発見されなくて、そのエコーの日辺りには、腫れも引いてきてて、結局、なんでもありませんでした。という結果だった。
オチのない話ですみません。
でも一時期は、ガンか結核か、と、ちょっと心配したんだよね。
ちょうどその頃、毎日マスケッティアーズ見てて、結核におかされたルイが「My last summer」とか言ってたし。



2017年6月 3日

こんなの、

170603_1.jpgダンナに作ってもらった。
相模大野近隣の皆様へ5枚だけ出しました。
郵便料金が一昨日から値上げになったし、今回はこれくらいで。(すっごいケチ)
お店に置いておくのでご来店の際はお持ちくださいね。次回の出展のお知らせも載っています。

今回の売場はいつもより小さい、ということに、今さっき気がついた。
何を並べるべきか、考え直そう。



紫陽花日記。

170603_9.jpg
すっかりキレイな色になった。
こんなのが今年は5つも咲いてるって、我が家としてはすごいことだ。

170603_10.jpg

ムクドリが来なくなり、愛情の傾け先が無くなって今度は紫陽花に注力している、という感じですかね。



失敗ファラフェル。

170603_2.jpg
前回生のひよこ豆を使ったら(それが正式らしい)なんか消化に悪そうな気がしたので、今回は茹でた豆を使ったら、油の中で全部流れ出した。なので、これは急遽パン粉をつけてコロッケ状にして揚げたもの。
次回は再び生の豆で、ニンニクを入れずに作ってみるべし。



こう見えて自分的に達成感のあった夕飯。

170603_4.jpg
これで冷蔵庫の中のものをほとんど使い果たした。
有り合わせの割に美味しかった。

肉豆腐。

170603_5.jpg


ししゃも、ですけどきれいに撮れてたので載せます。

170603_6.jpg
彩りの野菜もなかったので、紅葉。


で、翌日生協の荷物が来たので、今日は材料いろいろあるよ、な夕食。
鯛の塩焼き、

170603_7.jpg
今年も新生姜の甘酢漬けを作った。


アスパラの豚バラ巻き。

170603_8.jpg


忘れもしない去る4月24日、朝起きると首の右脇に怪しいしこりができていた。
という話を、自分の記録のために書いておこうと思ったけど、今日はもう疲れちゃったのでまた今度に。