2016年12月30日

一応形になった。

161230_1.jpg秋にデパートに出店してた時にご一緒した作家さんが、帯地のクラッチバッグみたいなのを置いていて、それが通りかかるお客さんに割とよく手に取って見られていた。
こういうパーティバッグみたいな型って、ものはたいして入らないし、

161230_3.jpg
ましてや取っ手も付いていなかったら使う機会はとても少なさそうだけど、探している人は多いのかしら、と思って試しに作ってみた。
その時のバッグは地味目の帯地だけで作ってあったので、もしかしたら着物を着た時に持つものとして作ってあって、そういうものを探している人が手にとって見ていたのかもしれないので、こんな風にキラキラになってしまったら、それはまた違う、ということかもしれないけど。

これは最初から試作のつもりで、テキトーにキラキラにしてしまったけど、一応地味目のものを作ってみようという心算はある。
この金具だって、

161230_5.jpg
ずいぶん前に半端ものの金具の詰め合わせを買った中にあったものを使ってみただけで、本番は表には見えないマグネットでいいと思ってる。

本来、革に芯を貼って硬くするのは好きじゃないんだけど、これはぱんぱんしてた方がかっこいいのかなーと思って今回は芯を貼りましたが、これはどうなのかなー。

161230_4.jpg
逆に生地部分の芯をもっと柔らかくして、革も柔らかいままの方がいいような気もしますよねー。

正面から見るとこうなんだけど、

161230_6.jpg
バランスとしてはこのくらいフタが深く被さる方がいいような気がする。

161230_7.jpg
縦横のバランスもこっちの方がいい。


161230_8.jpg
うーん、年が明けたらもう一回作ってみるか。



最近は遊びまくり。
一昨々日は午後、また池袋に映画を見に行った。今回は「レジェンド」。
帰りが夕飯ギリギリになってしまったので、刺身と、市ヶ谷のカワカミで餃子と野菜炒めを買って帰った。
一昨日は午後遅めにダンナと有楽町に買い物に行って、夕飯は神楽坂近辺で食べちゃった。
昨日の午後は、最近年末の恒例化しているんだけど、実家の姉妹と3人で買い物に行って、チョコレート屋でお茶して、ホットチョコレートとかチョコレートアイスとか「鼻血出る〜」とか言って(昔、麦チョコ食べ過ぎて鼻血出したことがある、らしい。忘れてた。)食べ過ぎてたら遅くなってしまって、ダンナに頼まれた買い物も忘れたふりをして大急ぎで帰ってご飯の支度をして適当に食べた。

ので、これは4日前の夕飯。

161230_9.jpg

そういえばこんなお皿があった。
まだ数回しか使っていないんだけど、買ったのは何年も前。
深さもあるので、

161230_10.jpg
二人の食卓にはちょっと大きすぎる。
かっこいいんだけどね。

あとは酢物と、

161230_11.jpg
豆腐やサツマイモの素揚げ。


とうとう明日は大晦日で、理由もなく焦りまくるに決まっているので、今年の日記はこれで最後です。
本年も読んでくださってありがとうございました。
どうぞよいお年を。



2016年12月26日

今年も最終週になった。

「のろのろしてるとあっという間に時間が経って、あっという間に大晦日になっちゃうよ。」ということを口癖のように一年中言ってるんだけど、いよいよ本当に大晦日になっちゃうな。

以前ほど大掃除に熱意がなくなって、どうでもいっか、みたいな気分にもなっているんだけど、今日は一応、台所の換気扇の掃除をした。


今まで作ったことのない形をやってみている。

161226_1.jpg
頭の中で作り方がクリアにならないので、少しずつ考えながら、メモとって、ちょっと縫い進んで、また考えてメモして、みたいな感じで進めているので、というか進まないので、今年中にできるかなー。
今週も遊びに行く予定あるし。


金曜日は楽しみにしていたジェイソンステイサムの映画を見に行って、興が乗ったので二本立てのもう一本のアクション映画も見て、そのあと、妹が、福井から取り寄せた焼き鯖と焼きカレイを池袋まで持ってきてくれたので、それをもらって帰ってきて、夕飯は鯖とカレイだった。大きくて全部は食べきれなかったので、残った鯖は翌日のお昼にパスタにした。

161226_2.jpg
これは美味しかったわー。

残ったカレイは昨日の夜、トマト缶や豆などと一緒に煮てみた。

161226_3.jpg
一応参考にしたレシピはあって、それなりに美味しいけど、これが他所で出たら見た目的に警戒してしまって食べないかもな。

一昨日の夕飯はローストポーク。

161226_4.jpg

この時はグレービーソースは作らなかったけど、翌日は残り汁をちょっと煮詰めてソース風にしたらとても美味しかった。

161226_5.jpg

このほうれん草は、

161226_6.jpg
浅草橋のコーヒー屋で食べたほうれん草のサンドイッチが美味しかったので、その具を真似してみた。そこのはもっとほうれん草だらけだったけど。

茹でたほうれん草とハム、きのこを軽く炒めて、バジルペーストで和えたもの。
そのサンドイッチに原材料は書いてなかったのでわからないけど、これでだいたいあってると思う。
美味しいよ。


先週の休肝日は生姜焼き。

161226_8.jpg


あと、アメリカンなクッキーを焼いた。

161226_7.jpg
こんなクソ甘いクッキー、そんなに食べられないし食べたら危険、と思ったけど、日を追うごとに甘さに慣れて美味しく感じるようになって、そろそろまた作って置こうと思い始めた。

161226_9.jpg
カントリーマームみたいだけど、あれよりサクサクで軽い。ただし、あれより甘い。






2016年12月22日

こんなもの

161222_1.jpg1日、2日でちゃかちゃか作ってしまう予定だったのに、要所要所でいちいち失敗したり間違えたりして、なんだか時間がかかってしまった。
そんで出来上がったものは失敗作だった。
カードケースのつもりなんだけど、中の構造がこれじゃあ、

161222_2.jpg
あまり多くのカードは収納できない。たくさん入れるとアコーディオン状態のマチが外に張り出しちゃって、ファスナーに引っかかるんだよね。

まぁいいや。ちょっと思いつきで作ってみただけだ。深追いしないで次のものに取り掛かろう。


この前のレッドチリを使ったチリビーンズ。

161222_3.jpg


火曜日は浅草橋に行って、いつも通り帰りは御徒町の吉池に寄ったんだけど、この日は目ぼしい魚がなかった。というか、お買い得感のある魚がなかった。で、そういう時はだいたいマグロのカマを買って帰って来る。

161222_4.jpg
こっちから見るとあんまり食べるとこなさそうに見えるけど、こっちなら、

161222_5.jpg
500円でお腹一杯になれた。

あとは里芋と車麩の煮物とか。

161222_6.jpg

翌日もアラ料理でごめんなさいね。
鯛の背骨周りのアラも買ってきたので、鯛の炊き込みごはん。

161222_7.jpg
(カメラもう少し引いてね。)

この蕪蒸しの中にもアラから取った鯛の白身。

161222_8.jpg


昨日は冬至でもあったので、かぼちゃのサラダも作って、ふろふき大根は柚味噌。

161222_9.jpg

161222_10.jpg

最近とても暖かくて冬至っぽくないんだけど、今日から日が長くなるのは嬉しい。


2016年12月19日

おカネが貯まりそうなお財布。

161219_1.jpg角度によって生地の見え方も違う。

161219_2.jpg
中もピカピカ。

161219_3.jpg
ここにバンバン万札入れてください。

半端に生地が残ったので、今日は同じ組み合わせで名刺入れを作っている。
んだけど、前回の生地と同様、糸が柔らかくて傷みやすいのが難点で、やはり日常使いの物にはならなさそうで、こんなの作ってどうすんのかなー。

いつも使っているような昔の帯地のほうが糸がしっかりしてるというか、傷みにくいような気がする。この生地だって京都のちゃんとした帯メーカーさんからもらったハギレなので高級品なはずなんだけどね。

161219_4.jpg



土曜日は、池袋の文芸座に映画見に行った。
今年の映画のアンコール上映みたいなので、ちょうど見たかったのに見逃していた映画だったので楽しみにして行ったのにさ、入り口に「機材の不具合により上映停止中。ただ今のところ復旧のメドは立っていない。」みたいなことが書かれていて、なんだか運が悪い。
せっかく出てきたから寄席でも見ていくか、と思ったらその日は芸協だった。つくづくツイていなかった。
今週末はジェイソンステイサムの映画見にいくつもりなんだけど、よろしくね。
(我が家はけっこうジェイソンステイサム好きで、ダンナなんか、何故か次のジェームスボンドにジェイソンステイサムを推している。)


先々週だっけ、実家にカニをもらいに行った時に、近所の人にもらったとかで、こんな唐辛子がたくさんあった。

161219_5.jpg
「使う使う!」と大喜びでもらってきた割にしばらく使わずに放っておいたら、青い唐辛子も全部赤くなってしまって、最後一個だけ残った青唐辛子で柚子胡椒を作ってみた。

161219_6.jpg
この日は鍋だったのに、他のおかずも作ってしまって

161219_7.jpg
食べ過ぎた。

今日はいよいよこの赤いチリを使ってチリビーンズを作る予定。



サーモンソテーの日。

161219_8.jpg

八宝菜の日。

161219_10.jpg
こんにゃくの美味しい季節になりました。

161219_11.jpg



2016年12月15日

今度は金色。

161215_1.jpg眩しすぎて裸眼では近づけないほどギラギラなお財布にしちゃうの。
これだけ光ってくれると、12月の薄暗い午後でも細部までよく見えて縫いやすい。


何故か今年はリンゴケーキを追求することになってしまって、これで3回目。

161215_8.jpg
家で食べるお菓子は簡単で粗い味でいいのではないか、と思って、最近こういうケーキを焼く時には、卵は泡立てず、ただただ材料をよくかき混ぜるだけで、あとは重曹やベーキングパウダーで膨らませる、というアメリカンな方式を採っているんだけど、過去2回この方法で作ったリンゴケーキがイマイチだったので、今回はちゃんと卵を泡立てて混ぜ込んだら、やはり結果は付いてきた。柔らかいしっとり生地になった。

161215_7.jpg
リンゴの皮が噛み切れない、との苦情が出たので、次は皮むいて作ります。


麻婆豆腐。

161215_2.jpg

大根のチーズ蒸し。

161215_3.jpg
見掛け倒しの駄作だった。
ホタテのスープで大根を煮ているんだけど、その味が薄かったのが敗因。

見た目は良かったんだけどねぇ。

161215_4.jpg
今度乾物屋行ったら乾燥ホタテ買って来なくっちゃ。(今回はベビーホタテ使った。)


ぶりの塩焼き。

161215_5.jpg
今年はなかなか鰤に脂が乗らないようで、これもパサパサだった。

蕪の葉の炒め煮。

161215_6.jpg

2016年12月13日

エレガントなお財布。

161213_1.jpg私らしくないキラキラ生地だし絵柄も典型的な帯柄なので、着物を着るご婦人に使ってもらえるかも、と目論んで、金具も小さめにした。

161213_3.jpg
ちょっとババくさい感じは故意に狙ったつもり。

いつも付けてる裏側のファスナーポケットも無しにして、

161213_2.jpg
ファスナーの取っ手もご婦人チックに。

161213_4.jpg

中もとても綺麗にできたんだけど、

161213_5.jpg
一つ問題は、生地がデリケートすぎて普段使いはあまりお勧めできない、ということ。
「着物を着た時だけ使うわ。」っていうお金持ちの奥様が偶然見つけてくれることを望んでいます。

売れる確率は著しく低そうだけど、もう一つ作っちゃおっと。



一昨日の当たり前すぎる夕飯。
ほうれん草の大豆和え。

161213_6.jpg

母親が時々、大豆をすり鉢で擦って甘く味付けしたものに「とんぶり」を入れたものを作ってたんだけど、あれは福井の郷土料理だったらしい。「とんぶり」は母親のオリジナルだったかもしれないけど。今年の始め、福井の親戚の家に行った時に近所の魚屋で食べたお料理にも、大豆を擦ったもので作ったおから煮みたいなものがあって、あれ、美味しかったな。
うー、また寒い田舎町に行きたい。

肉じゃが。

161213_7.jpg

あとは鯵の干物、という地味な夕飯だった。



2016年12月11日

昨日も一昨日も

外に出ていたのであんまり進んでいない。

161211_1.jpg
お財布の中までこんなに真っ赤っかじゃ、お金貯まらなさそー、と思って思い出した。
前回この革を使って作った時も同じことを思って、そして日記にそう書いた。
写真もアップしているはず。
あれは自分が思っているよりずっと以前なのかも。
もう面倒なので探さないけど、月日が経つのは早すぎる。


手羽元と大根の煮物。

161211_3.jpg


餃子。

161211_2.jpg

それほどの出来ではなかったけど、翌日に食べたデパートで買ってきた餃子よりは美味しかった。ホントに。

FLYという靴のブランドはご存知?
かかとあたりに小さなハエのマークが型押ししてある素敵な靴なのですよ。
昨日、御徒町に行ったら、FLYの靴が破格に安くなっていた。在庫処分したら今後は取り扱わなくなるんだって。
それで予定外にブーツを買うハメになってしまいました。



2016年12月 8日

ずいぶん前に

帯屋さんにもらった帯の織り見本みたいなのが沢山残ってて、

161208_1.jpg
そろそろ何かに使おうかと思った。
まずはお財布でも。

161208_2.jpg
この赤いエナメルの革は、以前、やはりお財布を作るのに使った。
そのお財布を参考にしたくて自分の日記を遡って写真を探したんだけど、どうしても見つからないんだよね。
作っている間に一度も写真を撮らなかったのかなぁ。
割と早めに売れたのでイベントの売り場の写真にも載っていなかった。っていうか、いつのイベントだったかも記憶がおぼろげなんだけど。

年取るといろいろ記憶が曖昧になるじゃん。
いちいち写真を撮るのを忘れないようにしようと思った。

で、まぁそれならそれで仕方がない。
初めて作る時のように、迷いながら作ろう。



昨日は今年初めての牡蠣フライだった。

161208_7.jpg
こんなにたくさん作ったのに、実はこの牡蠣、消毒薬臭くてまずかった。
もし飲食店でこれが出たら、私は食べない。っていうくらい消毒薬くさかった。
ちくしょー。

副菜はふろふき大根。

161208_8.jpg


鯖の干物の日。

161208_5.jpg
一人鍋も今年初。

161208_6.jpg


ひよこ豆とアボカドのサラダ。

161208_3.jpg
この組み合わせはとても美味しかった。

この日のメインは鶏肉の煮込みだったけど、

161208_4.jpg
見た目的にはイマイチでした。味は普通。

2016年12月 5日

これは特注品。

161205_1.jpg二つ折りのパスケースなんだけど金具付き。
そういえば売り場でも時々、こういうリクエストはあった。
そういう時はその場で穴開けて加工しちゃうんだけど、今回は内側のポケットを5ミリ浅くしてハトメ穴の位置を確保した、それ用の仕様。
もう少し穴を下にしても大丈夫だったな。

161205_2.jpg


ベランダの紅葉が赤くなった。

161205_3.jpg
4鉢ある紅葉のうち、きちんと紅葉したのは一つだけだった。
何がいけなかったのかなー。

せっかく赤くなった紅葉なので、食卓にも飾ってみた。

161205_5.jpg
野菜の素揚げ。

161205_4.jpg

こんな秋をエンジョイしていたら、母親から「明日カニが来るから取りに来なさい。」との短い電話。
翌日の食卓は一気に冬仕様になった。

161205_6.jpg

こう見えて、蟹味噌たっぷり入っていて、横から見るとこんなに山盛りの一杯。

161205_7.jpg
うぅ、美味しい。

本当はこの日は、二日ほど下味をつけてあった豚肉を焼いてしまわなくてはならなかったので、もう何屋だかもわからない居酒屋みたいに、こんな肉料理も。

161205_8.jpg
りんごとさつまいも、カリフラワーと一緒にオーブンで焼いたもの。

豆やカリフラワーもこの日のために茹でてあったので、野菜も洋風。

161205_9.jpg

オーブン焼きの残りは、翌日のお昼にホットサンドにしてみたら、これもまた美味だった。

161205_10.jpg
もう一つの中身はキャベツとチーズ。


2016年12月 1日

絶対自分では選ばない

こんなプリティな生地なんだけどさ、

161201_1.jpg
作ってみると意外に良いと思ってしまいました。
いつもの、「どよ〜んと重い感」がない。
どっかの雑貨屋で売っていてもおかしくないと思わない?それは無い?
反対側の面もこんなだし。

161201_3.jpg

ちなみに笑う犬の裏側は馴染みのある和柄。

161201_2.jpg

さ、今日は天気がいい。
この後これを発送しに行って、その後ジョギングに行きたいし、お菓子も作りたいし、本も読みたいし、って、夕飯の支度までにできることはこのうち1個だろうけど。


先週、吉池でコリアンダーを安く売っていたので、これを使ってもう一度、チキン ティッカ マサラ。レンズ豆入り。

161201_4.jpg
な、なんと・・・! 
これは美味しい・・・

レシピ通り、鶏肉の下味にも生のコリアンダーを使い、そしてトッピングにもこれは欠かせなかった。
あぁ、またすぐ作りたい。
ピンク色のものは福神漬けではなくて、赤カブの甘酢漬け。

せっかくヘルシーカレーだったのに、副菜にジャガイモのチーズ焼き。

161201_5.jpg


昨日は鮭の粕漬け。

161201_6.jpg
鮭が小さすぎたので、にら肉じゃがも。

161201_7.jpg
またジャガイモじゃん。