2016年4月27日

キーホルダーの新作。

160427_1.jpgがま口でおなじみのネコちゃんの二次利用。
がま口やお財布では5円玉抱えてるんだけど、キーホルダーでは金魚を持たせてみた。

160427_2.jpg
お腹のスペースが小すぎて、金魚がユラユラしないのが残念なんだけど、なかなか可愛いよ。

今日は夕方から搬入。
yes、イベントブルーな午後。


辛さ控えめ、春雨入りの副菜的な麻婆豆腐。

160427_3.jpg



2016年4月25日

試作が大きすぎだった

ような気がしたので、少し小さくして作ったんだけど、

160425_1.jpg
出来上がってみると、自分で使っている試作品の方が、見た目も可愛いいような気がしてきて、もう一度確認のため、自分のとは別の生地で大きめサイズを作ってみた。

160425_2.jpg
やっぱりこっちの方が可愛い。
大きい方が可愛く見えるとは、こは如何に。

いずれにせよ今回は時間切れなので、検証、量産は次回に。

ちなみに、この蝶々柄の生地に付いてたラベルはこんな。

160425_3.jpg
ゴルフ柄はこれ。

160425_4.jpg


今週木曜日から一週間、池袋東武の7階にて、出店しております。
行楽のお乗り換え等で池袋を通る際は、ちょっと寄り道を。
よろしくお願い申し上げます。




久しぶりに回鍋肉を作った。

160425_5.jpg

これはしょっちゅう作ってるししゃもの南蛮漬け。

160425_6.jpg

車麩、ジャガイモ等の煮物。

160425_7.jpg



2016年4月22日

微妙に生地が

傾いているように見えるけど、

160422_1.jpg

これでも地の目は正しくて、これはこういう風に横のラインが傾いている柄らしい。
その証拠に、縦のラインはちゃんと地の目通り、という謎の柄。
ちょっとだけ斜め、というのが曲者で、非常に縫いにくい。

面白いといえば面白いんだけど、これを買った決め手は、そこじゃなくて、これ。

160422_2.jpg
年代が特定できる物証付き。

ほぼほぼ出来上がったんだけど、仕上がりは思ったほど面白くは無いんだよねぇ・・・



豚バラのロースト。

160422_3.jpg

2016年4月20日

来週出店予定の

池袋東武は、随分以前に一度出店したことがあったので、だいたいイメージがついていて、呉服売り場といえども、呉服とは関係なく流れる人を拾う感じかなーと思って、小物をたくさん用意していた。んだけど、今になって気がついた。ゲゲ、以前とフロアが違う。
そういえば、その後東武は改装していたし、以前やったフロアは今はユニクロになっていて、そこのユニクロには何度も行ってるはずなのに、すっかり忘れてた。
で、東武のフロア案内を見てみると、今度の場所は、なんかバリバリ呉服売り場っぽい。
それなら、その場にふさわしいのは、やっぱ浴衣地の手提げかも、と思って、これは今回はスルー、と言った舌の根も乾かぬうちに方針転換し、今朝、慌てて浴衣地の水通しをした。

160420_2.jpg
今日は天気もいいので、あっという間に乾いたようだ。

こっちはこの程度にしておこう。

160420_1.jpg



鰆の塩麹漬け。

160420_3.jpg
金沢の海の近くの醤油屋で買った塩麹。
福光屋のよりも甘みが少なくていいかも。

ただのひじき煮なんですけど。

160420_4.jpg

先日ダンナが錦糸町の乾物屋で買ってきてくれたひじき。
いんげん豆同様、これも大きくて食べ応えのあるひじきだった。






2016年4月18日

革パーツだけ

切り出してしまえば、あとはサクサクと作業が進み、

160418_2.jpg

段ボールの上で失礼しますが、

160418_1.jpg
なかなかいい感じに完成した。


先日作った自分用の手提げを、洗濯機で洗剤入れて洗ってみた。
心配した色移りは無かった。

160418_3.jpg
取っ手に縫い付けた革もヨレることもなく。

160418_4.jpg
これでゴーサインが出たわけなんだけど、いろいろな事情により、次の百貨店イベントはスルーして、夏の赤レンガで並べてみよっかな。
この柄は微妙かもしれないけど、もっと可愛い浴衣地、秘蔵してあります。



トップページにお知らせを書きましたが、4/28から池袋の東武百貨店の呉服売り場で、一週間出店いたします。




ある平日の午後、ダンナから電話がかかってきて、「今、錦糸町の乾物屋にいるんだけど、何か欲しいものある?」
特に期待もせずに買ってきてもらった白いんげん豆が、とても大きくて美味しかった。

160418_5.jpg
白いんげん豆は錦糸町の乾物屋で買うことをお勧めします。

魚料理二品。
真鯛のポアレ。

160418_6.jpg
白身魚とマッシュポテトは黄金の組み合わせだと思う。

ぶりの照り焼き。

160418_7.jpg
いつもお世話になります吉池で、大きなぶりが一切れ150円。ほんと、ありがとう。

春野菜二品。
コゴミのおひたし。

160418_9.jpg

たけのこの入った治部煮。

160418_10.jpg

なんかキレイに撮れていたので、先日も載せたような気もするけど、サツマイモのサラダ。

160418_8.jpg



九州で大地震があった。
東京はいつだろう。


2016年4月13日

自分の作るカバンの中で

たぶん、一番パーツが多くて作るのがめんどくさいカバンがコレ。

160413_1.jpg
久しぶりに作ってるから自分でもよくわからなくなってる。
たまには複雑なカバンも作らないと、そのうち全部忘れてしまいそうで怖い。


昨日は、小さすぎる豆アジの唐揚げ。

160413_2.jpg
体長5センチくらいしかなかった。


豆腐の素揚げ。

160413_3.jpg
これが大好きで、一人一丁でも食べられそうな気がする。



そういえば、最近鳥が来なくなった。
夜明けはどんどん早くなるのに私は今まで通りねぼすけだから、活動時間が合わなくなったのかしら。それとも「あのおばちゃんとこのエサ、最近美味しくないんだよな。」みたいな感じ?


2016年4月11日

なんということのない、

とても普通の手提げ袋ができました。

160411_1.jpg
取っ手のところだけ革を重ねてみた。

160411_2.jpg
試し使い用、というか、試し洗い用だから、気楽にザクザク作るつもりだったのが、思ったよりは時間をかけてしまって、でも、そのおかげでけっこう気に入っちゃった。


土曜日の夕方の靖国神社。

160411_7.jpg
ほとんど散ってたけど、まだまだお花見シーズンは終わっていないみたいで、人もいっぱいいた。


160411_8.jpg
我々はこの後、神保町へ。


最近食べて美味しかったのは、
ウドのフリッター。

160411_3.jpg

衣はいつもフィッシュアンドチップスを作るときの、ビールを使った衣。
昔、ロンドンのホテルで、部屋が用意できるまでロビーで待たされたことがあって、そのときに「つまんで待ってて。」みたいな感じでズッキーニのフライがおいてあって、すごく美味しかった記憶があるんだけど、たぶん、あれってコレだったんじゃないかと思う。
今度ズッキーニでもやってみよう。


それほど美味しくはなかったけど、久しぶりに作った鯖の照り焼き。

160411_4.jpg

今年二度目のたけのこ。

160411_5.jpg

土曜日のお昼は、野菜とひよこ豆、押し麦のスープ。

160411_6.jpg


2016年4月 8日

少し前に

日暮里のエドウィンで2枚目のデニム地を買った時、「これはジーンズの元反ですので、色が出ますからご注意ください。」みたいなことをわざわざ言われて心配していたので、一度自分でも水につけて確認してはいたんだけど、もう一度、端切れを洗剤を入れて揉み洗いしてみたら、けっこうちゃんと色が出た。
どのくらい色移りするか試してみたら、こんな感じ。

160408_1.jpg
白い生地も、コーヒー麻袋も色移りはほとんどわからない。
気にしなくても良さそうな気もするけど、でもな、もっとデニムの量が多くなるとどうなるかわからないしな。

慌ててこんな実験をしたのは、先日の浴衣地にデニム地を合わせたかったから。
洗濯して真っ青になっちゃったら困るから。
とりあえずは普通にミニ風呂敷バッグを作り始めたんだけど、やっぱりちょっと間抜けな感じで、ちょっとね。

160408_2.jpg

やっぱ、自分用にデニムと合わせたエコバッグでも作って、使って、洗って試してみたほうが良さそうだ。

ところで、この生地って、私が子供のころ、母親が着てた寝巻の浴衣を思い出すんだよね。
柄も、手触りも匂いも、何も覚えるわけじゃないけど。
昭和30年代から40年代の生地だと思うから、まさしくそんなものなのかも。
この手縫のチクチクが、また寝巻きっぽさを助長する。

160408_3.jpg


車麩の煮物。

160408_4.jpg

肉じゃがの煮汁がたくさん残ってしまったので、そこに投入してみた。
車麩、美味しい〜。


いつものアジフライだけど、

160408_5.jpg
この日は卵がなかったから、精進料理風に長イモのすりおろしを卵代わりにパン粉のつなぎにした。
卵より硬めの食感だった。
あと、魚の身と山芋系の組み合わせってこうなるんだ、と納得したんだけど、なーんか練り物っぽい味がした。


2016年4月 6日

これも浴衣地なんだけど、

160406_1.jpg白地の生地は使い方が難しい。
間の抜けた感じになりそうで敬遠してるんだけど、そろそろ使ってみたいなーと思って、水通ししてアイロンかけて、目に見えるところに置いておけば何か思いつくかも、と思いながら、今日はこの手縫い作業。

160406_2.jpg



先日の和定食は、
アップ過ぎて何が何だかわからない、子持ちニシンの塩焼き。

160406_3.jpg
お腹にたっぷり入った数の子を撮ったつもり。

新ジャガの肉じゃがと

160406_4.jpg

もやしのナムル。

160406_5.jpg


昨日は洋食。
鳥の味噌焼きじゃないよ。

160406_6.jpg
こう見えて、ハニーマスタードチキン。
オーブンの使い方を間違えて、うまく焼き色がつかなかったんだけど、見た目よりは美味しかった。
レシピではマスタードと蜂蜜が同量だったけど、蜂蜜はずっと少なくていいかも。
あと、パプリカパウダーも少々入っている。

人参サラダ。キヌアとくるみ入り。

160406_7.jpg

炭水化物はオレキエッテのグラタン風。

160406_8.jpg




2016年4月 4日

毎年同じ時期に

桜が咲くことについては、もう大人だから驚かないんだけど、だいたい毎年、一通り咲いたあとに雨が降って終幕となるのは、どんな作用なんだろうねぇ。

今年はあんまり気分が乗らなくて、満開の桜を見に行かなかったんだけど、雨も上がったようだし、あとでジョギングがてら靖国神社見てこようかな。


お財布が出来上がった。

160404_1.jpg
今回使った革は、厚みがあって柔らかい。
柔らかいのであまり薄く漉かないほうがいいのかな、と思ってそうしたんだけど、この厚みがそのまま重さとなりまして、ずっしりと重いお財布になってしまった。

160404_2.jpg

次のイベントは5月なので、そろそろ浴衣生地もOKかな、と思っ、これ。

160404_3.jpg
お気に入りの浴衣生地だったんだけど、これで最後です。



もうそんな季節か、と驚きますが、たけのこ。

160404_5.jpg
たけのこ、ふき、油揚げの炊き合わせ、とか、
ある日はもちろんたけのこご飯。

160404_9.jpg

上の写真の焦点をもう少し後ろに合わせますと、

160404_8.jpg
カツオのニンニクおろし和え。
先日、外で、カツオの行者ニンニク和え、というのを食べたので、その真似。
自分バージョンは、大根おろしとニンニクのすりおろしと、アサツキと、醤油、レモン汁。
大根が多すぎてニンニクの香りがあまりしなかった。
うまくできれば日本酒に合う味。


青菜2種。
カブの葉のおひたし。

160404_7.jpg

フェンネルと油揚げのおかか炒め。

160404_4.jpg
フェンネルの消費に困って、フェンネルは人参と同じセリ科→人参の葉のおかか炒めは美味しい→これも美味しいハズ、と思って作ってみたんだけど、まぁ、美味しいような気もするけど、こんな量は食べられない。


昨日のお昼はサンドウィッチと、人参のポタージュ。

160404_6.jpg
雨で薄暗かったから、あんまり美味しそうな色に撮れなかった。