2015年8月31日

意外に良い、と思ったのが

これ。

150831_1.jpg
何度も縫い直し等をしているから、よく分からないステッチとか入ってるけど、なんとなくしっくりは来る。
(注、ネコちゃんがくしゃみをしている図、です。威嚇とか咳き込みでは無いよ。)

裏面に絵を入れたのは、なんか中途半端。

150831_2.jpg
が、横型にすると、

150831_3.jpg
収まりがいい。

そして、これも意外に良かった。

150831_4.jpg
ファスナーの取っ手の魚を狙ってるネコ。

ネコの形は要改良だけど。
これじゃイタチじゃん。


あと、今回使った革はすごく薄い革で、薄い方がかさばらなくていいと思うんだけど、このツルツル感はちょっと安っぽく見えるよね。

よし、もう少し粘ろう。


金曜日の夕飯は、カツオの刺身、焼きとうもろこし、ピーマンの焼き浸し、

150831_5.jpg
といった、夏っぽいおかずと、

150831_6.jpg
牛蒡の肉巻き。


そして昨日の夕飯は、すっかり秋仕様で、秋刀魚の塩焼き、

150831_9.jpg

焼き椎茸ときゅうり、鶏肉の辛子酢醤油和え、

150831_7.jpg
イチジクの胡麻(と、ひよこ豆)和え。

150831_8.jpg

すっかり涼しく、というか寒くなって、昨日は食卓もテーブルに戻ってきたんだけど、今年はもう一回くらい暑くなるのかしら。


2015年8月28日

やっぱり「号泣ポーズ」だった。

150828_1.jpgくしゃみをしているようには見えないよな。

でもティッシュケースの形は気に入ってる。
取り出し口はファスナーです。

150828_2.jpg

キチキチのサイズだと、取り出す時にティッシュが破ける恐れがあるけど、これはポケットティッシュが2パック入る大きさにしたので、大丈夫だと思う。
しばらく自分で使ってみようと思います。


こっちは普通の取り出し口。

150828_3.jpg
ネコちゃんがティッシュを取ろうとしてるんだけど、これも分かりにく過ぎだった。

こういう取り出し口って、カバンの中で口が開いてティッシュが飛び出しきそうで心配なので、これはダンナに使ってもらって試してみよう。

そんな感じで、絵柄も形も、まだまだ試行錯誤中。

150828_4.jpg



昨日はカマスの塩焼きだった。

150828_5.jpg

特筆すべきことはなし。



2015年8月26日

今度のネコちゃんは

ティッシュケース。
以前一度作ってみたことがあったけど、その時はちょっと作ってみて、あまりうまくいかなかったから、すぐにやめてしまった。
これがその時のティッシュケースなんだけど、

150826_4.jpg
とても未熟なものだった。

そもそも、このネコちゃんのポーズ、なんだと思う?とダンナに聞いてみたら、「落ち込んでるところ。」と、当然の不正解なので、この絵ではダメだ。

それで、只今、いろいろ考え中。

上のネコちゃんの正解は、くしゃみをしているところ、なんだけど、唾だか鼻水だかのしぶきを(汚くてすみません。)もっと飛ばしてみたら、分かり易いかも、と思って、これ。

150826_2.jpg
号泣?

少し口を開けてみた。

150826_1.jpg


アプローチを変えて、これは、ファスナーの取っ手に魚を付けて、それを狙ってる図。

150826_3.jpg


私的に一番面白いと思ったのは、いつもと同じポーズの、歩くネコちゃんが洟垂らしてる図。

150826_7.jpg
だけど、これはもちろんボツ。


雨の水曜日、心を落ち着けて、鋭意制作中。



一昨日の夕飯。

鯵と野菜の焼き浸し。

150826_5.jpg

前日食べ残したカツオのタタキも同じように焼いて、一緒に浸し地に付けておいたら、こいつに全て台無しにされましてね。タタキで食べた時から不味かったんだから、勇気を持って捨てるべきだった。


前日の白和え地の使い回し。

150826_6.jpg


2015年8月24日

あぁ、涼しい。

8月中にこんなに過ごしやすい日が来るなんて、この後どんなしっぺ返しがあるのかしら。

この一週間は自分的に夏休みな気分で、ぶらぶら過ごしていた。
自分の洋服のお直しを2着と、雑巾を4枚縫った。
歯医者に行って、お風呂の給湯器の修理をしてもらった。
あとは昼寝とか。

土曜日は、会社で働いていた頃のお友達に会った。
10年以上ぶりの再会で、今はオーストラリアで暮らしていることも知らなかったんだけど、久しぶりに帰国する際に連絡をくれて、何故か、一緒に浦和の骨董市に行ってきた。
土曜日はすごく蒸し暑い日で、汗ダラダラ流しながら、骨董市を物色して、お昼食べて、お茶して別れて、彼女はそのあとサンバを踊りに行った。
元気そうでよかった。

その日買った帯の一つ。

150824_1.jpg
染めの帯なので、どう使おうか迷うんだけど、これ、とても絵がいいと思うんですよ。
この場合、これはお獅子ということになろうかと思うんだけど、

150824_2.jpg
いまいち何なのかわからないながらも、すごく上手い絵だと思いませんか。

あと、また銘仙の着物も買ってしまった。

150824_3.jpg
実は着物リメイクの洋服に対しては、あまり理解がなかったんだけど、最近好きになった。
とにかく肌触りがいい。
これも、何年か後に自分のスカートになっていると思う。


暇になってやることといえば、これ。

150824_4.jpg

今回の研究課題はズッキーニマフィン。

このために、写真後方にぼんやり写ってる、チーズグレーターも買ったんだ。(於、相模原伊勢丹)

普通に美味しかったけど、ズッキーニの味はしなくて、なんのために入っているのかわからない。

150824_5.jpg


150824_6.jpg
砂糖や香辛料を減らして、もう一度作ってみようと思いますが、とりあえず、どこかで試食してみたい。
食べたことないから、何が正解かわからずに作っている状態なんだよね。



そして、最近の食卓。

当店のオリジナルメニューです。

150824_7.jpg

手羽先は骨ばっかりで食べるところがない、とダンナからクレームがきたので、手羽先の骨を抜いて、その中にクスクスを詰めてグリルで焼いてみた。

150824_8.jpg
鶏肉をカレー風味に下味をつけたところは失敗だったけど、全体的には美味しかった。
お腹もいっぱいになる。
これは近々、再登場すると思います。

同じ日、人参ムースにしようと思ったら、ゼラチンが少なすぎてただの冷製ポタージュになってしまったもの。

150824_9.jpg



昨日は鯵のたたき。

150824_10.jpg
今年は鯵が高いですね。
久しぶりだったのに、ちょっと水っぽくなってしまってイマイチだった。

イチジクの白和えも、豆腐の水切りがイマイチ。

150824_11.jpg



これは、いつの夕飯か忘れた。

150824_12.jpg
豆腐と野菜の揚げ物を、たしか、酢醤油かなんかに浸したんだと思う。


2015年8月18日

相模原伊勢丹、終わりました。

ご来店いただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

今回のお店はこんな感じ。

150818_1.jpg
この"竹ざお"にご注目いただきたい。

150818_2.jpg
この写真ではよく見えませんね。風呂敷バッグをぶら下げてる竿がそれ。
ベランダの植木鉢の中で、枯れたまま生え続けていた竹を切ったものなんだけど、これがなかなか効いていると思うんですよ。
このコーナーが一番のお気に入りだった。
そもそも今回は風呂敷バッグを売りたいと思って沢山作ってはあったんだけど、この竹ざおのおかげもあったんじゃないかと思う、風呂敷バッグがよく売れました。

一番竹竿にマッチしていた絣や浴衣地のバッグは売れた後の写真なのが残念ですが。

あとは、いつもの通り、猫ちゃんもいっぱい用意したけど、

150818_3.jpg
今回、猫ちゃんはそれほど売れなかったな。


お盆休み真ただ中、ということで、人出を心配したのですが、デパート自体はそこそこ賑わっていました。
お昼には、隣の催事場で行われていた沖縄物産展で、蒸しパンとか(最後まで名前を覚えられなかったんだけど、黒糖の蒸しパンみたいなもの)ラフテーおにぎりとかを食べたりして楽しかった。
以前、赤レンガに出店していたアクセサリー屋さんが、貴金属売り場で働いていて、偶然再会したりもした。

やはりちょっと遠かったので、最終日には疲れがたまり、いつもの頭痛に見舞われましたが、まぁまぁ機嫌よく過ごした6日間だった。
お買い上げいただいた皆様、周辺のお店の皆様に感謝いたします。


今日はすっかり、でもないけど、夏が終りそうな感じの涼しさですね。
午後は、少し片付けをしたら、夕飯の買い物がてら散歩にでも行こっかな。


2015年8月10日

土曜日の朝、

目覚めると涼しかった。
もうそんな時期か、と思ったら、案の定、土曜日は立秋だった。
24節気というのは、本当に素晴らしいと思う。

相変わらず暑いけど、金曜日までとはちょっと違うんだよね。

そして、世間はそろそろお盆休みのようですが、私は明後日から相模大野の伊勢丹です。
お盆真っ只中のデパートは、おそらく閑散としているのでしょう。


お盆休み中にとは申しません、休み明け、来週の月曜あたりに、お立ち寄りいただけるとありがたい。



150810_1.jpg




オレンジジュースじゃないよ。

150810_2.jpg
カボチャ、ジャガイモ、玉ねぎの入った野菜のすり流し。
上に乗せた生姜が、味のアクセントになってよかった。

冷やむぎはダンナ作。


2015年8月 7日

前回の相模原では、

小さいスペースに商品を盛り盛りにし過ぎて、非常に見にくい売り場になってしまった反省から、来週のイベントでは、商品を、風呂敷バッグ、シザー、ショルダー、ネコちゃん小物、の4種類に絞ろうと思っています。
厳しい戦いになろうかとは思うけど、まぁ、それはいつも同じことなので、いいや、やってみよっと。


それで、特に風呂敷バッグを売りたいから、セールスプロモーション用に写真を撮った。


ご近所でのお買い物用に最適。

150807_1.jpg

150807_2.jpg


エコバッグのように、小さくたたんで持ち歩くことはできませんが、逆に、ハンドバッグごと風呂敷バッグに入れて出かけ、お出かけ先で荷物が増えたら、ハンドバッグを取り出す、という使い方がオススメ。

150807_3.jpg

150807_4.jpg
どんな形のバッグにも対応できますよ。




最近、塩麹を常備していないので、代わりに塩と酒に1日漬けて焼いてみた銀鮭。

150807_6.jpg
これはお酒の質がが仕上がりの味を左右しますな。


そうめんカボチャを普通に煮てみた。

150807_5.jpg



ブラウンマッシュルームのサラダ。

150807_7.jpg
笠の開ききったマッシュルームを、しかも炒めたので、真っ黒になってしまい、非常にシブ色のサラダ。
が、こうして盛りあわせると、

150807_9.jpg
ちょっと素敵だった。



2015年8月 5日

この前完成したお財布

なんだけど、ファスナーの部分があまりきれいに縫えてなくて、日を追うごとに
自信がなくなってきたので、やり直すことにした。
一度縫ってしまうと革に穴が開いてしまうんだけど、そもそも縫いにくい部分なのに、全く同じ穴に針を落とすのは無理なので、新しい革にトリミングを作って、前の縫い穴を隠して縫い直し中。

150805_1.jpg

今度はうまくいきますように。



夏の定番、ナスの揚げ浸し。

150805_2.jpg


ナスの田楽。

150805_4.jpg
毎夏一度は作る、丸ナスをくりぬいて、豆腐とナスの中身とキノコを炒めたものをナスに詰めてオーブンで焼く、というのを作るつもりだったんだけど、時間がなかったし、暑くて手間暇かける気になれなかったので、これは、焼いたナスに焼いた豆腐を乗せてグリルで表面を焼いただけ。


そうめんカボチャの冷やし中華風。

150805_3.jpg
これだけで済ませれば、すっごいダイエットになるんだけど。


この日のメインは鳥の塩焼き。

150805_5.jpg


今晩は、洋風の辛いもの、というリクエストなんだけど、思いつかないなー。

2015年8月 3日

今回のシザーバッグの

新しい試みは、ここ。

150803_2.jpg
使っているうちに最も磨耗する部分が、この、カバーの一番山になっている部分であることに気がつき、最近では、古くて弱っている帯地を使う時には、この部分を革にするようにしているんだけど、全部革にしなくても、こんな程度でも効果はあるのではないかと思ったのですよ。
これはいい!と思って、この思いつきを大喜びで実践してみたけど、今回はジーンズも使ったし、ちょっと要素が多くなりすぎで、ごちゃごちゃしてしまったかも。

150803_1.jpg
でも、この手は使える。

全体的に白の勝った生地ですけど、光の当たり具合によって、白の濃淡もはっきり浮き出て、綺麗です。

150803_3.jpg

先日も書いたけど、今回のイベントは売り場が狭いので、それほど多くは並べられない。
カバン作るのは、もうこのくらいでいっか。



夏は瓜の季節ですね。
先週、そうめんカボチャとバターナッツスクウォッシュを買った。

そうめんカボチャで中華サラダ。

150803_4.jpg
他は、ひじきや塩鮭や、納豆、といったシケ目の夕飯。



鶏肉のオーブン煮込み。

150803_6.jpg
後ろの人参サラダもそうめんカボチャ入り。

バターナッツスクウォッシュのポタージュ。(と、ビール)

150803_7.jpg
普通のカボチャよりも水分が多いのか、ホクホク感は少ない分、とてもなめらかなポタージュで美味しかった。甘みも濃い。

そうめんカボチャもバターナッツもまだ半分残っているんだけど、その他にも、キュウリ、スイカ、メロン、坊ちゃんカボチャ、と、今、冷蔵庫の中は瓜だらけ。



ダンナの古い知り合いで、25年間交流のなかった、今はドバイに住むアメリカ人一家と、先週の日曜日に一緒に食事をした。
初対面の米国人と食事なんて無理目な状況を、その時は一種のトランス状態に入っていたようで、片言の英語で、なんとなく会話も弾んでいたように思えたし、なんとか乗り切った。
が、それでもう疲れ切ってしまったのでしょう。先週金曜日、帰国前にもう一度一緒にお昼を食べたんだけど、その時にはもう何も頭が働かず、ダンナ曰く「日曜日の魔法が解けてしまったように」何も話せない、話す気力もない。ダンナの隣でただニヤニヤしているだけの使えない妻になっていた。と思ったら、so was my husband. 二人してただニヤニヤしながら食事をし、ニヤニヤしながら別れて帰ってきた。
そして敗北感にうちひしがれた週末を送ったのでした。

と、前置きが長くなりましたが、本題は、ドバイのお土産でもらったデーツ。
朝食時に、コーンフレークと一緒に食べてます。

150803_8.jpg
ドバイの産品は、デーツとラクダと石油だけ、って言ってたよ。