2014年10月31日

いまのところ順調。

141031_1.jpgここからですワ、成否の分かれ目は。

141031_2.jpg
久しぶりに部品を一個一個、寸法計りながら切り出したり縫い合わせたりしてるんですが、
こういうのは楽しい。


しゅうまい。

141031_3.jpg
我が家にしては派手目な肉料理だった。
時間が無くて包み方がテキトーですけど。

141031_4.jpg


昨日、買物に出たついでにダンナの事務所に珈琲飲みに行った時(ダンナの仕事場をサテン代わりに使うヤツ)、すぐ近くに新しい喫茶店が出来てたのを見つけた。あまり興味は持てなかったんだけど、さっきダンナから、それは日本橋にあった我々も知ってる喫茶店が移転して来たものらしい、というたれ込みがあったので、あとで行ってみよっかな。偵察の経費は出す、と言ってくれたし。ブルーマウンテン飲んでもいい?

2014年10月29日

ちょっとノッてきた。

141029_1.jpg今度は成功することを希望します。



里芋の煮物。

141029_2.jpg
がっつり濃い味。
先日の健康診断で夫婦揃って低血圧だったのに安心して、躊躇なく醤油IN。

味噌田楽。

141029_3.jpg
ふろふき大根の翌日に、その煮汁を使ってこんにゃくを煮込むのが、いつものパターン。

あとはワラビ(塩蔵)と、鰤の塩焼き。

141029_4.jpg


天気がいいから買物に行こっと。
今日は暖かいのかしら。
この家は陽が当たらないから家の中が寒くて、この前の土曜日、寒いからトックリセーター着て外に出たら、世間の人はシャツ一枚で歩いていた。

2014年10月27日

引越により

どこにどの帯が入っているのか分らなくなってしまったので、すぐに出て来たこの帯をまた使うことにした。

141027_1.jpg
ちょっと革が厚過ぎるかも知れないけど、いいや、やってみよう。


マフィン研究中なので、またマフィン。
今日は自然光を求めて寝室の窓際に持って行って撮りました。

141027_3.jpg

今回のレシピは溶かしバターを使うタイプ。
この前のよりはもっちりはしているけど、やっぱりまだ軽い。
もっと、バターケーキみたいなどっしり感にしたいんだよね、と書いて気がついたが、じゃ、バターケーキのタネをカップに入れて焼けばいいじゃん。

今回はリンゴ、レーズン、ナッツ入り。

141027_4.jpg

まだまだ研究は続く。・・・かな?


フィッシュ&チップス、

141027_6.jpg
と,後ろの怪しい豆料理は、

141027_7.jpg
チリコンカルネもどき。
トマトが無かったけどケチャップを入れればいいや、と思ったらケチャップも無くてこんな色になりました。その内ちゃんと作ってみる。


豆腐のきのこあんかけ。

141027_2.jpg
今日のお昼に残り物を食べましたが、これもやはり、翌日のお昼に最も旨味の増す料理の類であった。

2014年10月24日

トライ&エラー

を繰り返しておりますよ。

昨日まで作っていたのはコレなんだけど。

141024_1.jpg

いつも作ってるこのシザーバッグ

141024_2.jpg
のデザインはウケがいいような気がしてるんだけど、いちいちフタをあけるのは面倒ではないですか。
それで同じような大きさ、デザインでフタ無し、というのはどうだろうか、と思って作ったのが今回のもの。

141024_3.jpg

理由も無くフックが付いてるのは、元のデザインの名残。

141024_4.jpg

後ろは、一応ファスナーポケットを付けてみたけど、ちょっと間口が狭過ぎて使いにくそう。

141024_5.jpg
そこはかとなくイマイチ感が漂っているのは、この生地と革のせいであって、別の生地で作ったらすっごく良くなるかも、と思ったりもしたけど、出来上がって中にモノを入れてみて、これは形自体がボツだと思った。
何を入れてもぱんぱんになるのは必至なので、見た目がゴツゴツしてしまって全然美しくないの。
だから、この形はボツになりました。
一応きちんと作ったつもりなので、次のイベントでは試作価格で並べてみよっかなー。


それから9月頃に作ってた二つ折りのお財布も。

141024_6.jpg
あれからずっと自分で使ってるんだけど、革が良かったようで、状態は今もとても良い。
何処も壊れてもいないし、生地の部分も摩耗すること無く使えてる。

この

141024_7.jpg
小銭入れの部分の「留め」の位置が悪くて、変な膨らみかたをしてしまうのは、改善のしようはあるだろう。

でも、二つ折り財布って、どうしても中身が丸見え、では無いけど、半見えになってしまうのは避けられませんよねぇ。

141024_8.jpg
これもやはり美しくないない、という理由でとりあえず今のところはボツ。


懲りずに、続けてまた新しい形を作ろうと思います。

今日はこの後、その新しい形の型紙を作るか、ジョギングに行くか、マフィンを作るか、迷うなー。
あーあ、もう3時半じゃん・・・

2014年10月23日

昨日も

遊びに行ってしまったから、仕掛かり中のモノはまだ出来ていない。
今日は内袋を作って、今日こそ完成する予定。

表にポケットが無い分、内部構造に凝ってみようと思って、ワイドなポケットを沢山作った。

141023_1.jpg
ポケットが深過ぎると使い辛いので、上の段のポケットは浅め。

この後、軽く仕立ててみると、ポケット口が広過ぎて、全部パカパカに開いてしまうことが判明し、もう一度解いて、ポケットを半分に仕分けたり、マグネットホックを付けたり、カシメで留めたりしてみて、さぁ、午後はいよいよ完成させよう。


不本意ながらお食事系マフィンを作ってしまったので、今度はちゃんと甘いマフィンを焼いてみたんだけど、

141023_2.jpg
思ってるのとなんか違う。
っていうか、マフィンて進んで買って食べることも無いし、よく知らないことに気がついて、早速、お友達とお茶したイタリアントマトのレジ脇にあったマフィンを1個買って食べみたら、やっぱポイントは「しっとり感」かしらね。
期せずしてマフィン研究に入ってしまいましたが、食べ過ぎないように気をつけよ〜。


無花果の胡麻和え。

141023_3.jpg
この無花果は、たぶん西洋無花果なんだと思うんだけど、イギリスで食べたような形の果汁の少ない品種。
実家の近所の家で穫れたのをもらったものを、妹が沢山持って来てくれた。
これこそお菓子に使うべきだった。


最近は同じようなものばっかり食べてますが、ほんのちょっとだけ、アレンジを変えたものといえば、チンゲンサイと油揚げの煮浸しに七味唐辛子をかけてみたこと。


141023_5.jpg
作りながら「うどん」が頭をよぎったので、これは七味だ!と思って、普通に美味しかったけど、ま、定番化はしないだろう。




2014年10月20日

いつも通りの

ショルダーバッグ、もしくはシザーバッグを作っているようにしか見えないと思うけど、

141020_1.jpg
一応、新しい形を模索してるところなの。
最近サボりがちで、なかなか進まないんだけど、2,3日中に仕上げたい。

逆光で色もよくわからないような写真になってしまいましたが、今日の所はイメージ写真、ということで。

かぼちゃとローズマリーのマフィン、という魅力的なレシピを見つけたので、早速作ってみた。
ろくに確認もせずにレシピ通りに順々に進めて行って、砂糖はどこで入れるんだろう、ここら辺で入れるのではないか、といぶかしがりながら進めて行っても、なかなか砂糖が出て来ない。という所まで行って気がついたんだけど、これは砂糖の入らないお食事系のマフィンだった。がっかり。

141020_2.jpg
なので、朝食用にしました。

141020_3.jpg
かぼちゃがけっこう甘かったこともあり、これはこれでなかなか美味しい。

中身はこんな感じ。

141020_4.jpg


鰯の立田揚げ。

141020_5.jpg
立田揚げは翌日のお昼に旨味が最高潮になるタイプのおかずだと思うんですが、いかがでしょうか。

鰤の塩焼き。

141020_6.jpg

刺身用の鰤を柵で買ったものなので、こんな形になった。

2014年10月16日

か、革を広げる

スペースがありません・・・

141016_1.jpg

いや、繰り返しになりますが、愚痴を言うのは止めるんだった。

元の部屋は鋭意リフォーム中なのですが、ある日、すっかり顔見知りになった工事の人が分厚いカタログを持ってやって来た。
「和室の引き戸はどれがいいですか?」
そんな、賃貸暮らしで、いつ出て行くか分らない我々の好みで決めていいのかしら、と疑問に思うが聞いてくれたから「これ」ってリクエストさせてもらった。
また別の日、部屋の仕切りの位置を変える相談や、ドアのオープンの仕方をどうするか、いちいち私の意見なんか聞く必要も無いと思うけど、聞いてくれるのでいちいち答えてる。
そろそろこの土地も潮時かなぁ、と思っていた頃なのに、引っ越しにくくなるじゃん。


鱈の塩麹焼き。

141014_9.jpg
鱈は焼いて良し、蒸して良し、揚げて良し、近年大好きな魚になっている。

豆腐の素揚げ。

141014_10.jpg

ズッキーニとキノコ、パルミジャーノのパスタ。

141016_2.jpg
二人分でズッキーニ1本使って丁度いい量だった。


2014年10月14日

今日は外が明るくて

ちょっと気分がいい。
昨日は朝から雨がちで、この部屋のリビングは穴蔵のようだった。
というような愚痴を言うのは止めることにしたんだった。

この部屋に来て初めて出来たのは、このブックカバー。

141014_1.jpg

金曜日にこれを仕上げて、土曜日は気分よく午前中から遊びに行った。

夏前から働き詰めだったダンナにとって100日ぶりぐらいの休日となり、喜び勇んで向ったのはアメ横。何故。
先に神保町で本を買って、「何処でお茶する?」「ラバウル。」「南方かよ。」
もちろん「さぼうる」のことらしいが、この日はラドリオだった。
御徒町に移動して、服を買ったり、お茶したりして、夕飯はパブに行きたかったがハブしか無いので、まぁそれでいいや。

141014_3.jpg

という土曜日だった。

今週からは週一は休めるらしい。良かったね。


ライトの加減を習得して、夕食の写真を巧く撮れるようになった。

サーモンムニエル。

141014_4.jpg
添えてある豆はインド食材屋で買ったムング豆。
この頃は、鮭、鱈、秋刀魚をローテーションで食べてる感じ。

マカロニチーズ。

141014_5.jpg

野菜をたっぷり入れたので、割とあっさり食べられた。

141014_6.jpg


生姜焼き。

141014_7.jpg
お皿も半分くらいは倉庫に入れちゃったから、丁度いいのが無くて、今日は洋食器。

今年初めてのふろふき大根。

141014_8.jpg


ところで、今年は咲かないと思っていたキンモクセイがちゃんと咲いた。

141014_12.jpg
よかった。




2014年10月10日

文句ばかり言ってると

口が曲がっちゃうよ、と子供の頃に親に散々言われたとおり、まんまとへの字口になってしまったわけなので、改心して、今日はこの避難所の長所をご紹介しようと思う。

◎ 作業机の前が窓なので、明るい。

141010_1.jpg

◎ 通りに面していないので、向かいの土地の新築工事の音も以前ほど気にならない。

◎ 寝室に窓が付いているので(前の部屋は女中部屋だった)、日中空気の入れ替えができるし、窓からは裏の公園の木がとても近くに見える。

◎ ガス台に魚焼きグリルが付いている。
ってのは当たり前かも知れないけど、今までの我が家のガス台には当然そんなものは無かったので、これはけっこう嬉しい。
10数年ぶりに使うグリルを楽しんでいる。

以前は内蔵と頭を取って焼いていた秋刀魚も(内蔵がコンロに落ちるのがいやで)、これからはそのまんま焼く。

141010_2.jpg
内蔵の苦みも調味料みたいになって美味しい。
盛りつけはあまりかっこ良くならないけど。

この日はあとは、ジャガイモと茗荷の酢の物とか、

141010_3.jpg

こんにゃくの田楽。

141010_4.jpg

2014年10月 8日

日曜日に引っ越した。

といっても、同じマンションの同じフロアの向かいの部屋へ。

6月に水漏れ騒ぎがあったじゃん。
最初は、あの水漏れでガス台回りがダメになったので、台所だけリフォームすることになってたんだけど、結局、この部屋の下の配管も老朽化していて、いつ漏れ出すか分らないので、この際に配管工事も含めて部屋全体をリフォームする、ということになった。

避難先のこの部屋は、前の部屋よりかなり小さいので、家財道具の半分以上は倉庫に保管することになった。他人に用意された部屋にいるみたいで、気分はセーフハウス。

一ヶ月半くらい、とても不便な生活になりそうですが、一応自分の作業部屋は作らせてもらった。

141008_1.jpg

昨日ネットもつながったし、荷物もだいたい納まって、今日から普通の生活に戻った。
あとは自分が落ち着くだけだ。

とか言いながら、引越の翌日の夜は、ナショナルシアターライブのハムレットを見に行ってんの。



カメラに残っていた料理の写真。

141008_2.jpg
リフォーム後は備え付けのガス台になるので、これが、10数年使い続けた業務用ガス台で作った最後の料理。

このガス台、古く汚く油ギトギトなんだけど、水漏れの対策に来た山本太郎激似の工事の人は、「この五徳、かっこいいですよね。」と誉めてくれたし、引越の見積もりに来た人も「これって業務用ですよね。本格的なヤツですよねぇ。」と、感心してくれた、ちょっとインパクトのあるモノだった。が、マンションのオーナー会社の部長にはひびかなかったらしく、以前虎屋の羊羹持って来たとき言ったのは、「台所は全てリフォームできれいにしましょう!このガス台もこんなに・・・こんなに古くなってますしね!」って、もう少し気の利いたこと言えよ。
そのせいでは無いと思うけ、この人がちょっと苦手。


避難先で初めて作った料理は引越翌日のお昼ご飯、冷蔵庫に残っていたものでパスタ。

141008_3.jpg
この部屋は電気の色も寒々しい。





2014年10月 2日

今週は完全に

作業をお休みにしているので、おかずの写真しかないんだけど、そうじゃなくてもほぼ料理ブログ化してるから、いっか。


冷蔵庫の整理の為の一品。

141002_2.jpg

使い切ってしまいたかった、ムール貝の出汁と生クリームを使ったジャガイモのグラタン風。
玉ねぎすら無かったんだけど、ムール貝の濃厚な出汁とエメンタールチーズのお陰で、けっこう美味しかった。
グラタンと言うよりスープっぽくなっちゃったけど。


豆腐の素揚げ。

141002_1.jpg
緑のものがシシトウしか無かったが、これはこれで絵になった。


2,3日頭痛が続き、寝たり起きたり唸ったりしているうちに、しれっと10月になっていた。

今年は涼しくなるのが早かったので、9月中からキンモクセイが咲き始めている。
が、とうとう今年は我が家のキンモクセイは花が付かなかったんだ。とてもショック。