2011年7月12日

東寺で500円で買った着物、

解いて洗濯機の弱洗いで回してみたら、弱くなっていたり虫食いだったりしたところは更にボロボロになり、結局使える部分はかなり少なかった。その少ないきれいな部分を選んで、作ってみた。

110712_1.jpg夏らしくていいかなーと思う。
透けてるのわかります?

110712_2.jpgでも生地はかなり弱っているので、念のため出来上がった後、もう一度、今度は手洗いで洗ってみた。今干してる。
更に破ける事は無かったけど、きれいに形が整うかどうかも心配。
赤レンガで飾ってなかったら、洗濯に失敗したものと思って下さい。

解いたり洗濯したり縫い合わせたり、いろいろ作業量は増えるけど、着物地を使うのはアリだと思った。
また骨董市で着物を見るのが楽しくなるな。

後は普通の綿の生地で。

110712_3.jpgこれは去年も作った生地の残り。



梅雨が明けたので梅干しの土用干しを始めた。

110712_4.jpgいつも思うんだけど、ここって新宿区じゃん。空気汚いじゃん。家の前の道路は狭い道だけど、大日本のトラッックとか、タクシーとか、かなり交通量多いじゃん。こんなとこに食品干してて大丈夫なのかしら。
私から「自家製梅干しあげるね。」と言われたら断った方がいいよ。