2011年5月30日

晴れて来た。

良かった。もう一回洗濯出来るな。

次のイベントは7月の赤レンガで、ちょっと時間があるのでのんびりしてはいますけど、一応それように作業をスタートした。
いつもの通り帯地選びから。

110530_1.jpg使えるかどうかわかんないけどとりあえず解いてみたり、裏の様子をうかがってみたり、柄を鑑賞したりしているうちに、あっという間に午前中は終わり、午後も同じ事を続けて今日も一日終わってしまうのだろうなぁ。

110530_2.jpg本当の予定は今日明日で使う帯地の芯張りまでして、水曜に革を買いに行くはずなんだけど、絶対無理。

梅雨に入ったじゃないですか。
先週の土曜日は浦和の骨董市にいくつもりだったのに、当然雨が降りました。
この時期は骨董市巡りが滞りがちでつまんない。

そのかわり、というわけでもないけど、土曜日は目白でアンティークフェアみたいなのをやっていたので、それに行って来た。いつもの京都の骨董屋さんも出ていたので。

その京都の骨董屋さんで買った「げんこつ茶碗」、というらしいです、江戸中後期の瀬戸。

110530_3.jpg
別のお店で買った粉引。

110530_4.jpg
さぁ毎日ガンガン使おうじゃあないか。


2011年5月25日

カバンの写真を撮りました。

110525_1.jpg出来れば今週中にショップにアップしたい考えです。

まだ次のカバン作りに入っていないので、特に書く事が無く、こういう時はいつものように。

110525_2.jpg昨日作ったジャガイモと茗荷の酢の物。
ジャガイモの味があまり感じられなかったのは、お酢が強過ぎだったのか、火を通し過ぎたかのどちらかでしょう。もしくは両方。

サバの南蛮漬け。

110525_3.jpgこのお皿には盛りが多過ぎた。
ちょっと前に買った輪切唐辛子、使える〜。

2011年5月22日

ご無沙汰してしまいました。

まずは、丸善新宿京王のイベントは18日に無事終わりました。
疲れだけはいまだに引きずってるんですけど、なんかちょっと時間が空いてしまったので、すでにいろんな感想、感慨を忘れつつある。
一言で言うと、長く孤独な戦いであった。
今まで百貨店等の出店のときはいつも2社以上の体制だったんだけど、今回は私一人だったので、とにかく無口な10時間×7日間だった。
もちろん家にいるときもそれは同じなんだけど、やっぱり環境が変わるといろいろ口に出したくなりますよねぇ、やっぱり。「お昼何食べた?」とか、「社食、結構美味しいよねぇ。」とか、「眠くて死にそうなんですけど。」とか、「売れないんですけど。」とか、そんな程度の事を気軽に話かける相手がいなくてさ、それでとっても疲れたんだと思うんですよ。
なので、時々、顔見知りのお客様が来て下さったり、知り合いが顔を出してくれたりしたのは本当に有り難かった。きっといつもより口数が多くなっていたと思う。ありがとうございました。

カバンはぼちぼち、出た。
意外だったのは、小物では一番出るはずのストラップよりカードケースや両面パスケースが多く売れた事。っていうかストラップが売れなさすぎた。

お買い上げいただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様、本当にありがとうございました。
またお会い出来るよう、これからも頑張ります。
それと、丸善の店員さんにも大変良くしていただきまして、ありがとうございました。


今日、戻ってきた荷物をようやく片付けて、やっと一段落した気持ちになった。



カメラの中にあった画像をいくつか。

110522_1.jpgもう随分前のことになってしまったような感じがするけど、OZONEで買った針山。
妹が買ってるのを見たら欲しくなっちゃった。

これもOZONEがらみ。

110522_2.jpgイベント前、最後に出来上がったポーチ。フラッシュ撮影したので色が変だけど、実物は結構いい感じだった。


プランターに生えてる変な植物。

110522_4.jpgストックとハボタンが植わってるプランターに、何年か前に勝手に生えて来たの。葉っぱはストックに似てるんだけど縦に伸びずにペタ〜ッと地面に這うように生えてて、それが何年も葉っぱだけの状態だったんだけど、この春遂に5.6本の茎が縦に伸び始めて蕾らしき物がついた。でもいつまでも蕾のままで花が咲く気配は無い。
これは何。


2011年5月20日

池袋5月中席夜の部

110520_1.jpg雲助さんは前は特に注目していなかったんだけど、お弟子さんがみんな巧いので見直した。
奥さんがきれいだと、あのダンナは何かあるのかしら、って思うのと同じ?
子供が大成すると親御さんを誉めるのと同じ。こっちか。

白酒さんは待望の「真田小僧」。
雲助さんは初めて聴いた「夜泣きそば」(?)
うちもあと15年もするとこんな会話をしちゃうのかなぁ、とちょっと身につまされる噺だった。
ダンナは、こんな陳腐な噺に泣けてしまいそうになる自分を知り、精神的ダメージを受けたようだった。どうせなら子別れで泣ける人生のほうが良かったな、って。

2011年5月11日

雨ですね。

これからゴロゴロ引っ張って搬入に行くのに。

その後結構頑張ってここら辺の小物を仕上げた。

110511_1.jpg

そしてなお悪あがきをして、朝こんな状態だったものも、あとコバ塗りと金具を付けるだけの形になった。

110511_2.jpg売り場で仕上げよっと。

これは会期中、売れ行きを見ながら、足りなくなったら家に帰って続きをやる。

110511_3.jpg大丈夫大丈夫、そんなに売れないから。
って、内なる私が言ってるんですけど・・・。


風呂敷バッグには手が回らなかった。


2011年5月 9日

小物を山ほど作る

はずだったのに、今日までで出来たのはブックカバーが3つだけ。
おっかしいなぁ。

110509_1.jpg鶴の柄はあまりに和装的すぎるのであんまり使わないし買わないんだけど、この帯は随分前に、手持ちの帯が少ないのに焦りを感じてついつい買ってしまったもの。
でも意外にいい帯で、まずツルの顔がとても可愛い。あと金糸がたっぷり使われているせいか生地がしっかりしていて重い。この重さに合わせて分厚い革を使ったので、このブックカバーは重いです。



昨日の午前中さぁ、仕事に行かなくちゃいけないのに行きたくないダンナが、「いいお天気だよねぇ。」「散歩とか行きたいねぇ。」とか言いながらいつまでもグズグズしていたので、仕方なく一緒に靖国神社の骨董市を冷やかしに行った。
さらっと骨董市を見て回り、茶店でお茶を飲んで、飯田橋のバーガーキングでお昼、というのを1時間半で済ますつもりだったのに、結局遊んでしまったのは私で、またこんな物を買って来た。

110509_4.jpgちなみに、手ぬぐいは半分の大きさに切って台所用の布巾で使ってる。
可愛いよ。

110509_5.jpg向かいの家の緑が眩しいなぁ。

110509_6.jpgうちのもみじも新緑が輝いていたのに、先週OZONEに行ってる間に水をあげ忘れて、ほとんどの葉っぱを枯らしてしまったんですよねぇ・・・


今日はこの後パスケースなどを作り、明日にはもう荷物を発送。午後ちょっと浅草橋に金具を買いに行って、明後日は夕方から搬入に行くから、もうほとんど作ってる時間なんかないじゃん。こんな独り言の垂れ流しなんかしてる場合じゃなかった。

110509_2.jpg


2011年5月 6日

OZONEの店はこんな。

110506_1.jpg発送に使ったmacの箱2つとミネラルをーターの箱5つ、と、当日にゴロゴロに乗っけて引っぱってった紙の組み立て式の棚、で出来上がりました。
出来上がった時には、我ながら良く出来たなー、段ボールだけで出来てるとは思えん、と自讃したものですが、こうやってみて見ると、えぇ本当に貧乏臭い店ですよ。なんか可哀想な感じすらしてしまうのだけれども、なんか本人は喜んでやってるようだからいいんじゃないのか、って感じですかね。

もし次回があるとすれば、改善点は、カバンをもっと前へ。
ちょっと引っ込みすぎてて、そのせいかカバンを手に取って見て下さる方がいつもより少なかった。


110506_3.jpg代わりにねこちゃんは良く売れたな。
珍しく、コウモリやウサギの小物もねこちゃんと同じくらい頑張った。

そうそう、いただいた写真、インテリアとして飾らしていただきましたよ。ありがとうございました。

110506_2.jpg

いつも赤れんがでお会いする方とか、以前デパートで出展していた時にお買い上げいただいた方とか、ネットで見て下さった方とか、沢山のお客様にお立ち寄り、お買い上げいただきました。
誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
いつもだいたい同じようなものを作っているので、あんまり変化はありませんが、小さくあれこれ試しておりますので、おぉ? というものがあった時には、また是非足を運んでいただきたく、お願い申し上げます。


今回(も?)かばんの方の売れ行きはいま一つだったのですが、実は来週12日からまた出店があるので、同じラインナップで並べます。新宿京王百貨店の7階の文具売り場の一角です。
もう一度明るい店内で見てみてもいいかなー、と思われる方がいらっしゃいましたら、是非お立ち寄り下さいませ。お待ちしております。


よーし、小物作ろー。





2011年5月 1日

その後も試行錯誤が続き、

結局今回はこんなカタチになった。

110501_1.jpg写真でわかります? 生地の上にビニールをかぶせてあるのが。
私は、帯地、特に古いものは生地の上質さが「売り」でもあると思っていて、それは触ってみないとよくわからないから、こういう使い方は邪道としていたんだけど、、ポーチみたいにヘビーユースするものにはこれがいいのかも、と思い、試しにやってみた。
とりあえずお客さんの反応を見る為に、一つ2つ作っとくか、くらいの軽い気持ちで作るはずが、意外に形に苦労して、結局一週間かかってしまったではないか。

110501_2.jpg
今日は余った革で小物を2,3作り、もう一つ違う柄でポーチを作って、あとは明日の為に早く寝よっと。