2011年1月31日

次のカバンに入る前に、

ちょっと休憩で小物を作ることにした。
年末に作って自分で使ってるコウモリのストラップが、一ヶ月以上経ったが別段汚くなる事も無く、いい状態を保っていおり、これはいけそうだ、ということで。

110131_1.jpg他にもパスケースとかカードケースとか、週末はそんなモノを作って過ごした。


土曜日は午後ちょっとだけ上野、御徒町あたりを散策した。
引き続き喫茶店のバタートーストを研究中なので、上野の「古城」でバタートースト。
古城は店もいいけどバタートーストも大変良かった。たっぷり塗られたバターの重さで中心のあたりはパンが沈んで半分くらいの厚さになっちゃって、ジューシーなの。オイリーなの。(で高カロリーなの。)
それですっかり機嫌が良くなり、のんびりアメ横を歩いた。
アメ横は楽しいよねぇ。私なんかすっかり「初天神」の子供みたいになっちゃって、さすがに「あれ買っつくれー、これ買っつくれー。」とは言わないけど、あっちフラフラこっちフラフラ、しちゃうねぇ。
最近台東区が大好きで、台東区に住みたいとすら思ってる。

2011年1月28日

もう出来た。

が、生地のクセを読み間違えたかも。

110128_1.jpg通常上から見ると生地が白くきれいに見えるんだけど、組み立て終わってから気がついた。これは逆目の方が白く見えてたんだ、そういえば。
なので、こうやって上からのアングルも卵色で、ちょっとくすんで見える。

110128_2.jpgちなみに下からのアングルで撮ってみたけど、暗くてわからない。意味なし。

110128_3.jpg
帯地は2,3年前に買ったもので、すでにほどかれて生地の状態だった。洗濯済みのようで、「〜様、なんとかかんとか」っていう茶色くなった紙がぶら下がってた。洗濯済みの割にはシミや折り目の汚れは取れてなくて、全体的にはかなりくすんでいます。それが角度によっては真っ白に光って全く汚れが見えなくなるんだけど、この使い方は違ったなー。生地を横に使うと良かったかもしれないけど、それじゃ柄が生きないしな。仕方ない。

作りはうまく出来たと思います。



一昨日人参のケーキを焼いた。
その前の日にデパートで美味しいらしい華やかなケーキを買って食べたんだけど、いま一つ満足出来なくて、それはダンナも同じだったようで、早速翌日この地味なケーキを焼いた。

110128_4.jpgそういえばダンナはこの頃あんまり「ケーキ買って来て〜」って言わないな。言わないどころか「手作りクッキーが食べたい。」と言うことさえある。これは教育の成果だ。せっせと稚拙で素朴な手作り菓子を食べさせ続けた努力の結果だ。そして時間と手間の勝利だ。



2011年1月26日

お待ちかねの(自分が)

金のカバンの組み立てに入った。

110126_1.jpg金色がきれいなので作っていてなんだか嬉しい、楽しい。

シザーバッグとキーッ!となってたショルダーバッグは無事終了し、今日は気持ちも静まった。

では、シザーバッグの新柄を2点見て下さい。

110126_2.jpg何度も言うけど、いい色だなー。
もう少し大きく柄を使いたい気もするけど、この大きさでいい感じにはまった。

110126_3.jpgステッチは生成りと薄茶。


次もかなり気に入ってるシザー。
外側がこうでしょ。

110126_4.jpg「続きスプレー」(知ってる?)プリーズ!

で、内側がこう。

110126_5.jpgステッチは生成りと赤。

これは革も柔らかくていい感じです。


2011年1月24日

予想外に手間取った。

110124_2.jpgサクサクと快調に進むはずだったのに。
全ては型紙を直しておかなかった事に起因しているんだけど、型紙はまだ直してません。
今晩こそ。
それとは関係なく、途中で糸の色を変えることにしたものもあって、縫ったのをほどいて、革に開いてしまった針穴通りにもう一度縫ったり、きれいに縫い直せなくて新しく革を切り出して部品を作り直したりもして、この2,3日はずっと「キーッ!!」だった。というか今も「キーッ!!」は続いているので、これで失礼。


2011年1月20日

ショルダーバッグを組み立て中。

110120_1.jpgショルダーは今回目新しい生地は無くて、自分でも作っていてなんかつまらない。
苦心しているのは、鳳凰柄に合わせた茶色の型押しの革が、茶色のくせに派手で強過ぎるので、どうにかシックに納まらないか、というところ。


先月、にわかに喫茶店のバタートースト研究に入ったのですよ。
外出するたびに、朝でも昼でもおやつでも、いつでも入るのは喫茶店で、食べるのはバタートースト。
年末年始は外出が多かったので随分食べたな。
今のところは私のベストは日比谷の紅鹿舎のそれなんだけど、なんでそんな話をしているかというと、昨日いくつか用事があって、御徒町から浅草橋までの間を自転車で回っていまして、途中、浅草橋の「喫茶有楽」でお昼を食べた。すでにモーニング以外でバタートーストとコーヒーを頼むと意外に高くつく事を習得済みなので、昨日は素直にランチのドッグものを食べた。美味しかった。いい店だった。

外で一人で茶を飲むときはドトールやベローチェで我慢する事にしてたんだけど、私だってもういい大人だし、というか中年だし、これからは一人の時にも一杯500円しようが700円しようが個人経営の喫茶店に入ることに決めたんだ。

2011年1月17日

次は裏地を切る。


110117_1.jpg
そしてようやくシザーバッグの組み立てに入った。

110117_2.jpgこれ、12月に世田谷ボロ市で買った帯地。
見れば見るほどいい色なんだけど、この角度じゃわからないなー。

110117_3.jpgこれは随分前にネットオークションで買った帯。
以前何回かネットオークションで買ってみた事があった。良い物を買える事もあるけど、古布の場合やっぱり実物を見ないと状態がわからないので、もうやめた。
そんな中でもこれはなかなかいい帯だった。

2011年1月15日

同じく、今日も革切り。

110114_1.jpg同じことばっかりやってると飽きるので、ときどき革を縫ったりコバを塗ったりもしながら、

110114_2.jpgでも基本的には一週間ずっと革を切ってました。

だんだん集中力も無くなって、昨日くらいから寸法間違えを繰り返した。
革を切り間違えるととても悔しい。
前回寸法を直した時にきちんと型紙を直しておかなかったせいによる大間違いもあった。
これはもっと悔しい。
なのに今現在まだ型紙を直していないんだ。
いいか、忘れないうちに必ず直せ。

こんなに革切りをして、さぞかし沢山のカバンができるのでしょう、と思いきや、それがそうでもないんだよねぇ。
再来週頃、続々完成予定。(って、中国語じゃないよ。再見。)

2011年1月12日

今日も革切り。

110112_1.jpg昨日も革切り。

ただひたすら革を切るだけの日々であり、特に書き留めるべき変わった事は無かった。

2011年1月10日

金曜日に革を買いに行って、

土曜日は骨董ジャンボリーを見に行って、日曜日は所用で外出。
今日はようやく腰を据えて革切り。

110110_1.jpgついに金色の革に手を出した。
去年の夏にデパートで見かけた御婦人が、金色の革の大きなメッシュのバッグを持っていたのがとてもおしゃれで、そのコーディネートに見とれたのですよ。オレンジのトップスに白いスカート、素足につま先がオープンなパンプスを履いていた思う。年の頃は、そうさなぁ、50代後半、といったところかねぇ。
それを見た時から、「金色の革はアリ」になったわけなんだけど、私が作るものはそんなにおしゃれにはならない自信がある。

土曜日、ビッグサイトの帰りにちょっと有楽町に寄って洋服とか見てたんだけど、店を出るとダンナが「後から入って来たのキング・カズだって知ってた?」と。
知らなかった。
匂いがわかるくらい近くにいたんだけどなぁ。



2011年1月 5日

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

すっかり休んでしまいました。日記もカバン作りも。
しかし昨年末予言した通り、年が明けて一日もしないうちに既に焦り始めたので、今日はもうカバンを作ってるよ。
今年の目標は、というか今後の人生の目標は、「一日たりとも無駄にしない。」

毎年恒例なので、おせち料理のご紹介を。

110105_1.jpg今年は初めてニシンの昆布巻きを作ってみた。これは美味しかったな。
あと美味しかったのは黒豆。奮発して丹波の黒豆(200g1000円くらいした。)を買って煮てみたら、これが美味しいこと。
大量に作りすぎて消費しきれるか心配してるんだけど、とりあえず今日のお昼もいっぱい食べといた。

110105_2.jpg(今年はお重を買いました。もちろん古道具)

栗きんとんは2年くらい前から恒例になり始めた自家製の栗の甘露煮を使って作った。栗は美味しかったけどきんとんが甘すぎて、で、練りすぎて堅くなっちゃって、もうこれは芋ようかんだと思って食べる事にして、これも今日お昼にも沢山食べた。
自分で作るとどんだけ砂糖が入ってるか知ってるじゃん。怖いんだよねー。

110105_3.jpgそういえば、この写真では葉っぱに隠れて見えないけど、なますの入ってるお猪口、我が家のお気に入りの見附さんて人の絵付けなんだけど、見附さんはサッカー中田の伝統工芸プロジェクトに参加してたらしい。年賀状に書いてあった。見附さんは1,2度買ったことがあるだけの客にも丁寧に直筆で年賀状をくれる、本当に素晴らしい人です。



先にも書いた通り、カバンを作り始めてます。

110105_4.jpg
今年も頑張ります。

110105_6.jpg

2011年1月 1日

鈴本初席

1/1 上野鈴本演芸場

110101_1.jpgもう毎年の恒例ですが、小三治さんがトリをとる初席へ。
他もだいたい知った顔ばかりなので、特に新鮮な驚きは無かったけど、それはそれでのんびりと出来て良かった。
あ、獅子舞の演出が変わってた。お獅子の耳が動いてた。
三三のネタは何年か前にマクラで話してた奥さんの実家の話。サゲも付けて一つの噺になってた。
鈴本の喫煙所が狭くなった、とダンナが騒いでた。