2021年9月16日

先日の青いブラウスが

うまく生まれ変わったのに気を良くして、もう一つ、以前作った試作品の解体、リメイク中。

仕立てがイマイチだったんだけど形は良かったので、いつかもう一度作るときの参考にしようと保管していたボストンバッグを解体した。


210916_1.jpg
割といい革を使っていた。
今はなき秋葉原の革屋さんで買った革だな。
あの革屋さん、良かったな。いい革が安く買えた。

ガマ口バッグは、

210916_2.jpg
サクサクとここまで出来たが、もう一つ名刺入れを作ろうと思ったら、

210916_3.jpg
もう既に革の残量不足。
細切れに継ぎ合わせてなんとか形になりそうだ。
丸いスタッズは、ボストンバッグの底の鋲です。




アンコウのバター焼き。

210916_4.jpg



豚肉の串焼き。

210916_5.jpg
こういう単純な食べ物が一番美味しい。

210916_6.jpg



鶏肉のチーズ巻き焼き、

210916_7.jpg
のはずが、チーズが全部溶け出してしまった、というよくある失敗パターン。

ブレッドサラダ。

210916_8.jpg

昔は、水分を吸い込んだパンなんて絶対食べたくない派だったんだけど、歳をとるとなんでもOKになるものですね。
子供の頃は汁のかかったご飯も嫌いで、給食の中華丼なんてデザスターだった。

210916_9.jpg


イチジクのケーキ!

210916_10.jpg


2021年9月13日

先週後半は

エプロンに没頭し、普通に使いやすそうなエプロンを何枚か作った後、オリジナルデザインのエプロンを発明!したかにみえたのだけれど、一枚作ってダンナに見せたら酷評され、まぁ、自分でもちょっとおかしいかな、とは思っていたので、その瞬間にエプロンフィーバーは終了した。

今週は小物の試作などをする予定。



コロッケ定食。

210913_2.jpg
サラダをたっぷり食べてくださいね。

210913_3.jpg


野菜の天ぷらは、

210913_6.jpg
見た目、油べっちゃり、ふにゃふにゃ系ですが、実は以外にサクッとしてて美味しかった。


冬瓜と鶏肉の煮物。

210913_5.jpg
冬瓜を美味しく煮るのって難しいですね。と、毎年書いているかもしれない。
この日も失敗。



暑くも寒くもなく、風も爽やか、いい季節になった。
チャキチャキ頑張ろーっと。









2021年9月 9日

雑巾とかエプロンとか

後回しにしていた必要なものを作っている。
エプロンについては、十何年も前に結婚した時に妹にもらったものをいまだに使っており、そりゃあもう油まみれで、洗っても洗ってもべったりしているくらいなんだけど、なんで今まで自分で作ろうと思わなかったのかが不思議なくらいだ。
もう使わないだろう生地はたくさんあるので、作り始めたら面白くなって、このまま何枚作るのかしら。
長年使わせてもらったお礼に、妹にも一枚送りつけておこう。


最近の夕飯。
いつものカレーと、赤いサラダ。

210909_1.jpg
赤い大根とか、トマトとか、イチジクとか。

210909_2.jpg
意図したわけでは無いんだけど、この日はこれが冷蔵庫の中の精一杯、だったので。



手前の黄色いのは、花オクラ。

210909_4.jpg
産直売り場で「食べてみてね。」って書いてあったから、食べてみた。
トロッとしているけど、シャキシャキ感もある、面白いものだった。特に味は無い、と思う。


ゴーヤと豚肉、卵の炒め物。

210909_5.jpg

ピーマンと豚肉の甘味噌炒め。

210909_7.jpg

ハタハタ。

210909_8.jpg

かぼちゃと車麩などの煮物。

210909_9.jpg


よし、夕飯の支度の時間だ!

2021年9月 6日

行って来ました、

石川県産業展示館。
骨董フェアやファミリーセールなどで、年に何度かは出かけているのですが、いよいよ自分の番になった。

香林坊からバスに乗って20数分。
西部緑地公園に到着してバスを降りると、こんな感じ。

210906_1.jpg
敷地内には野球場や陸上競技場、

210906_2.jpg

膨大な駐車場があり、そして産業展示館。

210906_4.jpg

以前、名古屋のポートメッセを、ノスタルジック、などとナマイキな事を言いましたが、自分の住んでいる土地の方がよっぽど「のどか」である事を忘れていた。


210906_3.jpg


展示館の中は、他地域のイベント施設と同じですが、


210906_6.jpg
多分、窓が多いせいでしょうか、館内が明るくて、写真もいつもよりクリアに撮れる。


210906_7.jpg
いつも通りのお店です。


210906_8.jpg

210906_9.jpg
お客さんの入りは思ったより多かった。

210906_5.jpg

考えてみれば、金沢に越して来て3年、初めて、買い物以外の社会経済活動に当事者として関わったわけですよ。
行き交う人々を眺め、お客さんと言葉を交わしていると、改めて、以前とは違う所にいる事を実感した。
そして、完全にaway。
自分は遠くに来てしまったなぁ、この先どこに行くんだろうか、的なぼんやりとした不安・・・

そんな、ちょっとうろたえ気味だった私の店で、お買い上げいただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様に心より御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
渡邊印を覚えて下さると嬉しいです。




イベント終了は午後5時。
外に出ると、

210906_10.jpg
あぁ、秋の夕方。




初めての会場ですもの、当然売上は良く無かったけど、そんな時こそ景気付けだ!
1日目の夜は、会場近くのフレンチで。


210906_12.jpg

ダンナが店に傘を忘れましてね、翌日の撤収後、傘を取りに行ったそのお礼に、ということで、二日目はホテル中華!

210906_13.jpg
こ馳走様でした。



2021年9月 3日

こ、これは素敵だ・・・

210903_1.jpgずいぶん前に骨董市で500円で買った着物なんですよ。
500円だった理由は、古くてあちこち穴が開いている、到底着ることはできない状態の着物だったからなんだけど、それでも綺麗な部分は風呂敷バッグを作って売ってしまった。
もう一つ作った試作的な風呂敷バッグがそのままになっていたので、それをほどいて、あとは手元に残っていたボロボロの生地の使えそうな部分を駆使。超エコな一着です。

本当は半袖にしたかったんだけど、袖を作るだけの生地は無かった。

210903_2.jpg


来年これを着るのが楽しみだ。


210903_3.jpg

明日のイベントの不安を紛らわすように、今日はこれを作っていた。



イワシのパスタ。

210903_4.jpg
エムザの地下で食べた、甘鯛と万願寺唐辛子、柚子胡椒の入ったパスタがとても美味しかったので、そのマネをして甘唐辛子とスダチの果汁と皮を入れてみた。細かく切った少量のトマトもそれのマネ。



昨日はカレイのおろし煮。

210903_5.jpg
赤い大根を使ったら、煮汁まで真っ赤になってしまって、得体のしれない食べ物になってしまった。

210903_6.jpg
どう撮ってもイマイチ。



あぁ、雨が降っている。

210903_8.jpg
明日の朝は重いゴロゴロを香林坊まで引っ張って行くんだから、雨、止んで欲しい。



ネタが無いので、カメラの中の写真をなんでも載せちゃうんだけど、
静寂の朝、コーヒーを飲んでいると、庭から怪しい音が聞こえてきた。ギシッ、ギシッ、だったか、カツ、カツ、だったかは忘れちゃったけど、塀に異変が起こっているようだ。
その異変とは、

210903_7.jpg
大きな蜂が一匹、塀の表皮を食べていた、というか削っていたというか。
白くなっている部分がヤツの仕業なんだけど。
塀、食べるの?



とか、どうでもいい事を書いていますが、明日はイベント。
少しはそれに向けた何かをした方が、精神衛生的にいいのではないかと思うけど、もう夕飯の支度の時間だしな。



どうでもいいついでに、近所のカラス。

210903_9.jpg
さっきダンナが撮っていたので載せとくね。



2021年9月 1日

歳をとると

こういうこともあるのでしょう。健康診断の疲れが1週間以上続いていた。
バリウムと下剤の余波で、その後1週間ほど胃が痛くて食欲がなかった。胃腸の調子が悪いと疲れるじゃないですか。もう起きているだけで疲れちゃって疲れちゃって、コロナの後遺症かと思ってしまうのです、コロナにかかった覚えもないけど。
というのが昨日あたりまで続いていたが、気温も下がったせいですかねぇ、今日はかなり回復して、そろそろジョギングでもしよっかなー、と思ったら雨が降っている。ちぇっ。


今週はもうカバン作りをするのはやめにしたので、また自分の服作り。
この夏はもうこんなスケスケのブラウスを着る機会はないと思うけど。

210901_1.jpg



酵母で膨らませるスコーンを練習中。

210901_2.jpg
パン屋で売ってるスコーンは酵母で膨らませているんですかね?
だとすると、これはその味には程遠い、稚拙なものですが、なんか素朴で美味しい。

210901_3.jpg



食欲はないくせに、猛烈にフライドポテトが食べたかった夜。

210901_4.jpg
突き出しにピザトースト、

210901_5.jpg
というふざけた夕飯。

冷蔵庫に野菜がほとんどなかったので、サラダは玉ねぎとぬか漬けきゅうりだし。




昨日は少し元気になって魚を買いに行ったので、鯛のお刺身。

210901_7.jpg

210901_8.jpg

これは先週のある日の、夏の定番副菜。
ピーマンのおかか炒め、

210901_10.jpg
ナスと厚揚げの煮物。

210901_11.jpg





2021年8月27日

今週は蒸し暑かったが、

今日はなんだか爽やかで涼しい風が吹いている。気分がいい。
それで、昨日出来上がったネコガマを、2階の赤い壁の前で撮ってみようと思った。

210827_10.jpg

前回から少しデザインが変わって、裏はこんな感じ。

210827_2.jpg

何が変わったかというと、白い部分が多くなった。

内部構造はいつもと同じ。

210827_3.jpg

いよいよ1週間後の金沢のイベントに向けた仕込みは、だいたいこんなところかな。
残り1週間はパスケースの補充をする予定だったんだけど、考えてみたら石川県は車社会なので、学生さん以外はパスケースなんて使わないわけよ。まぁ、バスのカードくらいは皆さん持ってるのかもしれないけど、バスも、お年寄りか子供か私くらいしか乗ってないしね。
そんなわけで、パスケースはもういいや。
来週はのんびり遊んで暮らそう。

210827_1.jpg



2階の寝室が暑いから、最近は階下で寝ていたんだけど、来週は2階へ戻れるかな。




ナスのペースト。

210827_5.jpg
もう少し研究すべき味だった。

210827_6.jpg
先日外で食べたナスのペーストには、ケーパーが入っていてパンチが効いており、しかもスモーキーな香りもして美味しかったな。

キヌアサラダ。

210827_7.jpg
メインはまたソーセージだったので、写真は省略。



夏も終わりなんだなぁ、と思った、お腹に子がたっぷり入った鮎の塩焼き。

210827_8.jpg


朝獲れのサザエがあったのよ。
刺身かつぼ焼きかなぁ、と思ってお店の人に聞こうと思ったのに、聞きたいことを上手く質問することができずに、なぜかその場で中身を抜いてもらって帰ってきて、予想外に煮付けになってしまった。

210827_9.jpg



2021年8月23日

土曜日は健康診断

に行って、バリウムで体力消耗して午後は何もせずにダラダラ寝っ転がってて、日曜日は県立美術館の企画展を見て、お昼を食べて帰ってきたら、また暑さがぶり返していることもあり、グダグダに疲れて、また寝っ転がってて、という、とても休日的な過ごし方ができてよかった。

さ、今日から新しいものに着手しよう。

210823_1.jpg



カスレ風の煮込み。

210823_2.jpg
鶏モモ肉とハツ、ソーセージ、インゲン豆、などをオーブンで煮込んだもの。
これがなかなか上手くできた。

コゾクラとホタテのカルパッチョ。

210823_3.jpg

210823_4.jpg




お刺身は、鯛とマグロ。

210823_5.jpg
この本マグロの赤身は美味しかった。
切り落としみたいなパックでそんなに高いものではなかったけど、相変わらず近江町は人が少ないみたいだから、やっぱいい物が安く出るようだ。
ワサビも今日はホンモノ。
八百屋で安く出ていた。


あとは軽く、厚揚げの煮物。

210823_6.jpg




2021年8月20日

昨日と今日は

日が射す時間もあったので、写真を撮っていた。


210820_2.jpg
イメージ写真っぽ過ぎてよくわからないと思うけど、今回から、ほんの少しプロポーションが変わったのよ。

ただいまこのバッグの中には

210820_4.jpg
こんなものが入っています。

210820_3.jpg
ハンカチ、ティッシュ、財布、携帯、鍵。
これだけ入れてもういっぱい。
だいたいそんな感じの大きさです。


210820_1.jpg




豚肉の味噌漬け。

210820_5.jpg
味噌漬けはいつも適当に作るので、味が濃過ぎたり薄過ぎたりで、あまり上手にできないのですが、この日はいい塩梅に仕上がった。


メカジキのおろし煮。

210820_6.jpg

ナスと平茸の田楽。

210820_7.jpg




毎年恒例、網戸に止まるセミ。

210820_8.jpg
網にピントがあってしまうほど近付いても逃げないので、

210820_9.jpg
お前はもう死んでいるのか?と思ったが、網戸に手をかけた瞬間に飛び立っていった。

網戸がホコリだらけであることが露呈したので、あぁ、掃除しなきゃ。


2021年8月18日

ずいぶん長い間

この形のシザーバッグを作っていますが、

210818_1.jpgしばしばマイナーチェンジはしている。

もともと本体部分の型紙は真っ平らだったのを、ある時からマチ、と言うかダーツを取って容量を大きくしていたんだけど、時代は変わり、今時はスマホさえ入ればいい、くらいの感じなのかなぁ、と思って、今回は初心に帰りマチ無しのタイプにしてみた。
以前からこっちの方がスッキリしててバランスが良いと思っていたし。
ついでにポケットの段々の間隔も少し修正して、さらにスッキリしたと思う。

210818_2.jpg
よし、良い感じ、良い感じ。


これがさぁ、

210818_3.jpg
おとなしくなり過ぎて、意外に面白みが無くなってしまった。
のですが、ここでも新しい試みをしてみて、ストラップをいつもの革ベルトではなく、アクリルテープにしてみた。

210818_4.jpg
これも、イマドキ風なのはこっちなのかなー、と思って。
しかも、こっちの方が簡単に都合よくシザー使いができることに今頃気が付いて、これは、今後は全てこれにしようかと思います。

かように、来月のイベントに向けてせっせと作っているのですが、またしてもコロナの暗雲が垂れ込めて来て 蔓延防止なんちゃらが来月12日まで延長になってしまった。
大丈夫なのか?
ちょっとやる気が失せて、今日は自分の洋服を作っていた。


2021年8月16日

ブックバンド、

って言うんでしたっけ。ノートや教科書を十字に結んで持つベルトみたいなやつ。
いつもバックルじゃつまらないから、あれの留め方にしてみたんだけど、

210816_2.jpg
初めてやることは必ず失敗するもので、金具がちょうど中央にこなかったし、ベルトの裏側が見えるから、ステッチは下糸も同じ色にするべきだった。

210816_1.jpg

ということで、このベルト部分はあとで作り直さなくてはいけません。


来月は、引っ越して来て約3年、いよいよ初めて金沢でイベント出展をします。
ドキドキするなー。
産業展示館でのイベントなので、ミニミニデザインフェスタみたいな感じなんだと思うけど、石川県、人少ないじゃないですか、ガラガラなのかなぁ。
地方は人脈命、みたいな感じなので、私みたいな知り合いのいない初出展の店なんか、ガン無視されるであろうことを覚悟している。

あとさー、産業展示館へのバスがめちゃくちゃ少なくてさ、午前中に3本とか。
搬入はタクシーかなー。
もちろん石川県内で車持っていない家庭はウチくらいでしょうから、皆さんは当然自家用車で行くんでしょうけどね。



マカジキのフライ。

210816_3.jpg
ハントンライスに乗ってるフライはこれかな。
美味しかった。


ナスとかピーマンとかの炒め物と

210816_5.jpg
ししゃもの南蛮漬け。

210816_6.jpg
右上のバイ貝の煮付けは、魚屋さん自家製の煮付けを買って来たものだけど、美味しかったな。お料理屋さんで食べるような味だった。すごく安かったけど。


この夏、鰻を食べるのはこれで3回目。

210816_7.jpg
「活〆!」「今朝焼き!」

210816_8.jpg


これはお昼。
いつもの食パンのタネをコッペパン型に焼いて、ホットドック!

210816_9.jpg


あの灼熱地獄はあっという間に終わりを告げ、すっかり秋のような空気になっている。
セミの鳴き声も電池の切れかかったオモチャのようになり、夜にはカネタタキが鳴き始めた。
すでに裸足でいるのが寒い日もある。マジで。


2021年8月12日

次はシザー。

210812_1.jpgこのスズメの帯は、去年浦和の骨董市で買ったもので、こんな、スズメと稲穂の柄。

210812_2.jpg
裏も綺麗で、今回は稲穂柄の部分は裏を使うことにした。

210812_3.jpg

こういう、ちょっと古くて、ちょっと変わった柄で、状態のいいものって、近年なかなか出会えなくて、これは結構掘り出し物だと思っている。
以前のように頻繁に骨董市に出向いていないせいもあるけど、この頃はいい帯や着物も少なくなった、というのは、皆さん言いますもんね。

あーあ、久しぶりに京都の弘法さんとか行きたいなぁ。



蒸し鶏。

210812_5.jpg
青梗菜ときのこの炒め物がいつもより美味しかったのは、鶏肉を蒸したときに出たスープを使ったから。

210812_6.jpg


ししゃも、酢の物、肉じゃが、の、当たり前過ぎる夕飯。

210812_7.jpg


昨日はバンガーズ&マッシュ。

210812_8.jpg
私が次に挑戦すべきことは、手作りソーセージなのかも。
歯ごたえのある、肉々しいワイルドなソーセージが食べたいのですよ。


タコのマリネサラダ。

210812_9.jpg

イチジクとチーズ。

210812_10.jpg

2021年8月 9日

お財布完成。

210809_1.jpg先にフェイスブックに写真をアップして、ネットショップも更新して、次回のイベントの公式サイトにもアップして、いい加減自分でも見飽きてきた。ので、これ以上の写真は、ここでは省略。

詳しくはネットショップをご覧いただけるとありがたいです。


210809_2.jpg



牛乳がたくさん余っているので、ブレッドプディングを作った。

210809_6.jpg
こう見えて、生の桃も入ってるし、パンも自家製、結構美味しいよ。


スリーコースディナー。
サラダ。

210809_8.jpg
ローストポーク。

210809_7.jpg

ブレッドプディング。

210809_9.jpg
お肉でお腹いっぱいになっちゃって、デザートまでは食べられなかったけど。

サラダは野菜から出た水分が多すぎてまとまりが悪く、写真の見栄え通りのイマイチな出来だった。
翌日、キヌアを投入して汁を吸わせて復活。

210809_10.jpg


おかずあれこれ。
野菜の冷たい煮物。

210809_11.jpg

人参とピーマンのジャコ炒め。

210809_13.jpg

夏のおかずで一番好きかも、な、オクラとめかぶのせ冷奴。

210809_14.jpg



義母がいた時、突然「梅干しある?」
「新宿の汚れた空気の中で干した、しかも10年くらい前の梅干しなら・・・」
「梅干しなんか50年だってもつんだから大丈夫よ。」
という義母の言葉に励まされて、久々に昔漬けた梅干しを出して食べてみたら、うん、普通。むしろまろやかになって美味しくなってた。
それ以来、この機会に食べきってしまおうと、時々おにぎりを作っている。

210809_12.jpg
あの頃毎年漬けてたから、結構残ってるんだよね。

2021年8月 4日

思ったより

時間がかかってしまっているが、そろそろお財布が完成するので、その前に中身だけを見ていただこう。
縫い合わせてしまうと中身の構造がよく見えなくなるからね。

210804_1.jpg

ところどころ白い革を使っているのは、外側の色味と合わせたいから、だけで無く、黒い革が足りなかったからでもある。
こちらも同じく。

210804_2.jpg

これは、

210804_3.jpg
ヘビ柄の革も茶色の革も、どちらももう一個作れるだけ残しておきたかった事情で半分ずつ使うことにした。

次回は完成形をご紹介できると思う。



毎日かんかん照りでめちゃくちゃ暑くて、買い物に行く勇気がないので、生協から配達された野菜や肉で簡単な夕飯が多い。もしくは近所に食べに出るとか。

ゴーヤと茗荷のお浸し。

210804_6.jpg
後ろは回鍋肉風の炒め物。

210804_7.jpg

お昼ご飯のナポリタン。

210804_4.jpg
冷やし中華。

210804_5.jpg



久しぶりに、粉、塩、水、だけのパン。あ、胡桃も入ってる。

210804_8.jpg
焼くときに無水鍋みたいな分厚い鍋を被せるといい感じに膨らむ、というのを読んだので、ル・クルーゼでやってみたら、なるほど、いつもよりキレイに膨らんだ。


再び蔓延防止なんとか、になった。
今月中は兼六園や県立美術館などはお休み、周遊バスなども運休になって、飲食店も1ヶ月休んでしまうところも多く、世間はもうすっかり夏休みだな。

210804_9.jpg




2021年8月 1日

お財布の中身を

210801_1.jpg鋭意製作中。



プラムの季節も終わりかけのこの頃、JAの直売所で小さなプラムが安く売られていたので、
今年も一度くらい作っておこう。

210801_2.jpg

アーモンドプードルが無かったから、皮付きアーモンドをミルサーにかけて使ったので、中身はかなり茶色っぽくなってしまったが、

210801_4.jpg
生地は香ばしく、プラムはキンキンに酸っぱくて、とても美味しい。

210801_3.jpg



土用の丑の日には、我が家も鰻を食べる習慣になった。

210801_6.jpg
我が家にとっては、正月に次ぐ奮発の日。

210801_5.jpg

お吸い物は、ひらたけしめじと青梗菜とおぼろ昆布とスダチ。
土瓶蒸しっぽい味で美味しかった。


夏といえば鰹のタタキ。

210801_7.jpg

ナスのシギ焼きと、

210801_8.jpg
ビールの後ろはオクラ乗せ冷奴。



ゴミ当番代わったお礼にもらったキュウリで、お漬物。

210801_9.jpg




庭の生き物図鑑、今日はトンボです。

210801_11.jpg

2021年7月28日

これで3つ目。

210728_1.jpg生地の柄が分かりにくいですか?
こんな龍柄です。

210728_2.jpg

大きすぎるキラキラバックルも面白くて気に入っている。
他の2つもこうだったり、

210728_4.jpg
こうだったりで、

210728_3.jpg
今回のテーマは、「ゴテゴテ」。

そして、これからお財布の中身製作に入る。
今週は巻きで頑張ろう。



義母が帰って、また二人の食卓に戻った。
とりあえず、手軽に鳥の唐揚げ。

210728_7.jpg

よし、今日は鰻の日だね!



お、トカゲ。

210728_8.jpg

2021年7月26日

お財布の表紙、

2個目が完成。

210726_1.jpg
1個目のお花柄を結構作り込んでしまったので、これもなんかやらないと申し訳ないような気がして、スタッズをつけました。

そして次はこれ。

210726_2.jpg




オリンピックが始まった。
いつも新聞やネットのニュースで結果を知るだけだったオリンピックだが、実は今回、我が家にもテレビがあるの。
義母にテレビのない生活を強いるのもどうかと思って買いました。
我が家にテレビがあるのは、実に15年ぶりぐらいだろうか。
その間の、NHK受信契約を巡る攻防は腹の立つ思い出なので、ここは先を越される前にこちらから申し込みをしなくては、と思っている矢先に、義母は突然、東京に帰った、というか、出かけただけかも知れない。
知人が入院したらしい。
身の回り品の多くを残して行ったので、そのうち戻ってくるだろう。

どうしよう、NHKの契約。


パンのタネも仕込んであったので、とりあえず焼いたけど、

210726_4.jpg
次に義母が来るまで冷凍しておくか。

これまであまり食パンを食べる習慣がなかったのだけれど、義母が来たのをきっかけに、朝食にパンを食べるようになった。

210726_3.jpg
トースターが無いので、魚焼きグリルで焼いている。

2021年7月22日

お財布の外側

一個完成。

210722_1.jpg
ペースは遅かったが、思った通りに出来上がったので、まぁ良しとしよう。

次はこれを、

210722_2.jpg
これもノロノロと、でも一生懸命作ります。



もう二週間ほど、少量の自家製酵母を混ぜ込んだパンを食べてもらっているので、そろそろ義母にも免疫ができただろう。いよいよ自家製酵母のみで作ったパンを食べていただこうではないか。

焼く前の膨らみすぎの状態。

210722_3.jpg
砂糖とバターが入ると焦げやすくなることに気がつかず、今回もちょっと焦げ気味ですが、
出来上がりはこんな感じ。

210722_4.jpg

210722_5.jpg
色々やっているうちにコツが分かってきて、柔らかく、大きく膨らんだ食パンを作れるようになった。

210722_6.jpg


なんだかパンブログみたいになってきたので、覚書がてら分量も書いてしまおう。

強力粉320g
元種80g
砂糖20g
塩7g
バター23g
水200ml
牛乳77ml



コーヒーの用意をしても義母が起きてこない日は、勝手口の脇のカウンターで、ゴミ箱に囲まれながら一人で朝食を取るのが、ちょっとステキだと思ってしまってるヤツ。

210722_7.jpg





2021年7月19日

お財布を作り始めた。

210719_1.jpgこれと同じ生地のお財布を、現在自分でも使っている。
古い生地なのでお財布にはちょっと弱いかも、と弱気になってしばらくお蔵入りさせていたものを、数ヶ月前くらいから使い始めたんだけど、意外に傷みも少なく、あまり心配しなくて良さそうだ。
ここで、今使ってるお財布の写真を載せればよかったんだけど、写真取るのを忘れたので、また次回に。



もうこうなったら下らないこだわりを捨て、世の中で一番イメージされる食パンの味、を追求してみようじゃないか。

210719_2.jpg
粉と塩、酵母とイーストの他に、バター、砂糖と牛乳もin.

210719_3.jpg

よーし、いい感じになってきた。
明日もう一回焼いてみよっと。



先日、夜の10時過ぎごろだったですかねぇ。
家のまえの駐車場にアナグマがいたのですよ。
アナグマに遭遇したのは2回目なので、すぐにそれとわかったのですが、なるほどね、庭に落ちてたフンはあんたのだったのか。
暗闇で目を光らせてこちらをみているアナグマは、野生動物感たっぷりで、ちょっと怖かった。

そんなものを見たばっかりだったから、昨日、買い物の途中で遠くに白い動物みたいなものを発見した時は、恐る恐る近づいたわけなのですが、正体はこんなのでした。

210719_4.jpg

2021年7月15日

近況報告。

6月末から再び義母が滞在しております。


私の得体の知れない自家製酵母のパンを食べて、義母が体調を崩すようなことになったら困るので、普通にイーストを使ってパンを焼いてみた。

210715_1.jpg
風味付けの為に少々自家製酵母も入れてしまいましたが、まぁまぁ柔らかめの食パンになって、一応義母にも食べてもらえてる。よかった。

来客用の掛け布団にカバーをかけていないのですよ。
来客用といっても来客など無いので、ずっとほったらかしてあったんだけど、この機会にカバー作ろっかな、と思って、家に余ってる生地を掘り出して製作中。
なんか貧乏くさい布団カバーが出来つつある。

210715_3.jpg

この浴衣生地を使ったんだけど

210715_2.jpg
これが強烈に埃くささ、というかカビ臭さ、というか、とにかくなんか古臭い匂いを発していて、これは完成後に一度洗濯しないと、こんなので寝たら義母が悪夢を見ること必至。



梅雨が明け、日差しが強く、毎日蒸し暑い。
あっという間に夏になってしまったなぁ。




210715_5.jpg