2018年2月19日

再チャレンジ可能

な社会のはずなので(この言葉ももう古いですか。)もう一度。

180219_1.jpg
うまくできればこれ絶対いいと思うので、ここで諦めずに頑張ろう。


塊肉を買って、豪快に分厚く切って大食いを気取ってみた。

180219_2.jpg
ら、胃が痛くなっちゃった。
上に乗せた野菜は、水栽培で育てた豆苗。

塊の残りは茹で豚にしてさっぱりと食べた。

180219_4.jpg




予め甘酢でマリネした鯵を、いつものビール衣で揚げたもの。

180219_6.jpg
雑誌のレシピを見て、気軽に作ったものがすごく美味しかったりすると、嬉しいですよねぇ。

180219_7.jpg



毎日せっせと餌をあげているので、もうすっかり仲良しで、こんな距離でも逃げなくなった。

180219_9.jpg
こう見えてすっごい食べるから、1日5回くらい餌あげてんの。おばちゃん大忙し。

180219_8.jpg

どうやら他の鳥が餌場あらしに来ないように、いつもここで見張ってるみたいなんだよね。

180219_10.jpg
野生って大変ね。頑張ってね。


2018年2月15日

少し上手に

お財布を作れるようになったかなーと調子に乗っていたら、突き落とされた。
薄い色でしかもシンプルなものにすると、途端にアラが目立って、これじゃ全然ダメじゃん。

180215_1.jpg
デザインも中途半端だし。
柄ネコのステッチはもう少し目立つ色の方が良かった。
裏は、

180215_2.jpg
真ん中のネコは柄ネコにするべきだった。

この色の革が一枚あるから、うまくできたら革と同じ色のファスナーを作ってもらって、幾つか作りためておこうと思ってたんだけど、どうしよう。

割と厚みのある革だけど、こうするにはちょっと薄いらしくてパリッとしない。
あと、中まで同じ革だとピンクすぎるお財布、ということになってしまうかしら。

180215_3.jpg
どうしよっかなー。
久しぶりにストラップを作りながら考え中。

180215_4.jpg



毎年この季節になるとオレンジピールを作ってるけど、今年はもう一手間、チョコレートをかけてみた。

180215_5.jpg
チョコレートを溶かすのに失敗した。
悔しいからまた作っちゃお。
先日オレンジ一箱取り寄せちゃったから、皮はいくらでもある。


一昨日のよく分からない煮込み料理。

180215_6.jpg
タラとインゲン豆とジャガイモのカレー風煮込み。
見た目通り、味もイマイチ。


豚キムチは

180215_7.jpg
魔性の食べ物ですね。

2018年2月13日

この週末も

頭が痛くて寝て過ごしてしまった。
失敗失敗。

作業机の上は金曜日のままなので、今日もさっさとご飯の写真で週末を振り返ろう。

と言ってもろくに作ってなかったので、これは金曜日。
先日のイナダの残りで竜田揚げ。

180213_1.jpg
この時すでに体調は思わしくなかったので、あんまり味を覚えていない。っていうかあんまり食べてない。ダンナも何か言ってた覚えはないので、それほど美味しくはなかったんだと思う。

残り物野菜の炊き合わせ風。

180213_2.jpg


土、日はダンナに作ってもらって、昨日は鶏肉の中華蒸し。

180213_3.jpg

意図せずに盛りつけたんだけど、この横一文字な感じが自分的に斬新で気に入ったので、もう一枚。

180213_4.jpg



まだしばらく寒い日が続くようで、野菜も安くならないみたいだから、本気で豆苗を栽培してる。

180213_5.jpg


北陸地方は記録的な大雪で、ニュースでもよくやってるから、福井の56豪雪という言葉もすっかりお馴染みになっていると思いますが、56豪雪の時、福井のおばちゃんちに雪かきに行ったんだよね。小学生だったからほとんど遊びに行ったようなものだけど、一応屋根の雪下ろしとかもした。
また行きたい気もするけど、こんな体力じゃ小学生より役に立たないな。いいとこ「さぁさ、皆さんお茶にしてくださいな。」みたいな役かしら。それだって90歳近いおばちゃんの方がよっぽどうまくやるだろう。
ここはおとなしくしている方が世間の為かも。


桃の花を飾ってみた。

180209_7.jpg



2018年2月 9日

稀に

当初の自分の予想よりいいものができることがあるけど、今回はそんな感じ。

180209_1.jpg

まさかこの革の赤と生地の赤が、こんなにうまく馴染むとは思わなかった。
角度を変えてみると全然違う赤だけど、

180209_2.jpg
それでも思ったほどおかしくはなかった。

180209_3.jpg

赤い革が足りなかったので内側は別の色。

180209_4.jpg

糸だけ赤くて、縫い目のアラが目立つんですけど。


ミシンに向かっていると横から視線を感じて、外を見ると。

180209_8.jpg

こっち向いて座っている時には必ずエサが切れてるので、一応催促しているみたいなんだけど、エサをあげてもガラス戸を閉めるか、窓際から3歩くらい下がらないと寄ってこない。

180209_9.jpg
ダンナが見たらしいけど、こいつ、スズメがエサを横取りしに来ると追い払ってるらしいよ。


鶏肉の塩焼き。

180209_5.jpg
ズッキーニは丸焼きにしてみたら、すっごい美味しかった。

ニラ、きゅうり、ハム、人参、春雨のナムルというか、中華サラダというか。

180209_6.jpg


2018年2月 7日

お財布製作に

目覚ましい進展はないので、今日はご飯ネタのみ。

最近作った「根菜こかず」。(小さいおかずのことを私は「こかず」と呼ぶんだけど、これは世の中的には通用する言葉ですか?)

揚げごぼうをバルサミコ酢等でからめたもの。

180205_7.jpg
意外にもダンナが大喜びで食べてた。


里芋のチーズがけ。

180205_9.jpg

人参サラダ。

180205_5.jpg
葉物高いからね。


一昨日の夕飯を上からご覧いただきましょう。

イワシのオイル煮。

180207_1.jpg

マカロニグラタン。

180207_2.jpg

豆のサラダ。

180207_3.jpg

グラタンの中身は、マッシュルーム、玉ねぎ、ハム、ほうれん草、マカロニ。
美味しかった。


180207_4.jpg



お、凛々しいねぇ。

180207_6.jpg



2018年2月 5日

革漉き機のメンテナンスを

土曜日にやってもらって、今日はお財布の内側の革を漉きまくってる。
で、相変わらずしばしば失敗して革を無駄にしている。
今日のところは革漉き機は絶好調なので、失敗の原因は自分だと思うと、気分がどよ〜ん。

春らしく、薄ピンク色の革。

180205_1.jpg
合う色のコバ塗料の持ち合わせがなかったので、手持ちの色を混ぜ合わせて作ってみたら、偶然ぴったりの色ができて嬉しい。

180205_2.jpg



最近の魚料理。

ちかの南蛮漬け。

180205_3.jpg
ちかは安いですね。

金曜日は浅草に革を買いに行ったので、帰りに吉池で買い物。
イナダが一尾380円!
半身を刺身で食べて、

180205_6.jpg
後は冷凍庫行き。

メバルは一尾280円。
ネギ蒸しで。

180205_8.jpg




去年来ていた鳥はつがいだったんだけど、これは独り身っぽい。

180131_3.jpg
ベランダの手すりを横っ飛びで移動する様が去年の鳥に激似なんだけど、ひょっとして奥さんと死に別れたのかしら。
だとしたら、もう少し私に懐いてくれてもいいような気がするけど。


180131_6.jpg

去年も奥さんの方は警戒心が強かったから、もしかして奥さんの方じゃないか、というのはダンナの予想。
そうなのか・・・

180131_5.jpg

ま、そもそもオスなのかメスなのか、わかっていないんだけど。



2018年1月31日

恐れていたほど

おかしなものにならなくてよかった。

180131_1.jpg
仕上がりが楽しみになってきたのですが、ここで万事休す。

少し前から革スキ機の調子が悪かったので、ちょっと自分で調整したつもりがますますおかしくなってしまって、もう何を漉いても革が破けてしまう。この2日間、どんだけ革を無駄にしたことか。怒りで呼吸がゼーゼーしてしまいそうだったが、諦めて機械やさんにメンテナンスに来てもらうことにした。
しばらくは何やってようかなー。



ダンナのお誕生日用のケーキがイマイチだったので、もう一度。

180129_6.jpg
けっこうカジュアルにザクザク食べてたので、見た目は汚いですけど。

180129_7.jpg
生地はふわふわしっとりで美味しかったのに、こうしてみるとキメ粗いな。おっかしいなぁ。


母親はバターケーキが好きらしいんだけど、ベーキングパウダーが入っているケーキをケーキと認めない。妹もそうで、私がたまに持っていく焼き菓子を食べると、「ベーキグパウダー入ってるでしょ。」「この匂いは重曹?」などなど、ちょっと低く見られるんですよ。なので、今回はベーキングパウダー無しの正真正銘パウンドケーキを作って持って行ってみた。

180131_2.jpg


浦和に行った時に、パルコの地下に行ったらセロリが半株198円だった。野菜が高い昨今、多少遠路でも、これは買って帰りますよねぇ。

なので、先週の土曜日からのセロリだらけの夕飯。

たらのネギとセロリ蒸し。

180129_11.jpg

セロリとホタテの稚貝の酒蒸し。

180129_13.jpg
セロリの炒め煮。

180131_8.jpg

セロリと豚肉の中華炒め、

180131_9.jpg
は、このイワシの塩焼きの後ろです。



2018年1月29日

土曜日に

久しぶりに浦和の骨董市に行ってみた。
うっかりしていたけど、先週は月曜日に雪が降って、その後も東京でも最低気温が氷点下を下るような日が続いており、神社にはまだまだたっぷり雪が残っていた。っていうか、もしかして昨日も雪降った?みたいな感じ。そんな中なので出店数はいつもよりずっと少なく、帯は買えなかったけど、代わりに素敵なものが買えた。

どうも50年くらい放置されていた金物屋かなんかの品物を丸ごと持ってきて並べてたみたいなんだけど、例えばこれ。

180129_1.jpg
箪笥の引き出しにつける鍵のセット。

180129_2.jpg

これは引き戸につける鍵。

180129_3.jpg
180129_4.jpg

鍵だけでもかばんのチャームに使えるかな、と思ってみてたんだけど、そんな使い方はもったいないくらいにすっごい素敵。

とりあえず3つずつ買ってみたんだけど、骨董市で「とりあえず」というのはあり得ない。あーなんでもっと思い切って箱ごと買ってしまわなかったんだろう。

という後悔も、骨董市の醍醐味ですかね。

こんなミニペンチは一個100円だった。

180129_5.jpg


土曜日もとても寒い日で、お昼過ぎに帰ってきた後は頭が痛くなって半日寝てしまいましたが、楽しかった。


先週の洋食は、豚ヒレのソテー。

180129_8.jpg
この日はうまく焼けて、中の色もこんなピンクで柔らかい。

180129_9.jpg
塩と胡椒とバターだけで豚肉がこんなに美味しく食べられるとは、少し前まで知らなかった。

この日はサラダも美味しかった。

180129_10.jpg



2018年1月26日

メンズっぽい小銭入れ

があってもいいんじゃないかしら、と思って、これ。

180126_1.jpg

こういうのがきっちり作れると嬉しいんだろうけど(これはきっちり作れていないので、その感じはわからない)、手間の割に出来上がったときの満足感がなかった。もう一個作ってみよっ、という意気込みもでてこない。ので、型紙だけ作ってしばらく放置されることとなりそうだ。

180126_2.jpg

今日はまたカラフルなもの。
この帯地がまだ少し残っていた。

180126_3.jpg



正月に田作りを作ったごまめがまだ残っていたので、甘めの、メープルシロップも使ってナッツ入りで作ってみた。

180126_5.jpg
ほとんどおやつみたいな甘さだけど美味しかった。
ちなみにお正月の田作りは美味しくなかった。


麻婆豆腐。

180126_4.jpg


冴えた食材が少なかった昨日の夕飯は、
大根とこんにゃくの田楽と、

180126_7.jpg
ネギと生姜を巻いた豚肉、

180126_6.jpg
菜の花の辛子和え、

180126_8.jpg
など。


2018年1月24日

一昨日の雪は

そのまま夜まで降り続いた。

180124_1.jpg

寒い。翌日からはきれいに晴れてるけど、すごく寒い。


こんなお財布。

180124_2.jpg
チェーンは本当はカンと同じ真鍮がいいんだけど、今はないのでこれは「仮」。チェーンが繋がっていてもファスナーはちゃんと開きます。

180124_3.jpg

前回同様ポケットの中に帯地を使って、

180124_4.jpg
内側の角もちゃんとできた。

180124_6.jpg

ファスナーを開けるとかなり大きくばっくり開くので、開きすぎを防ぐつもりで、ここにファスナー止めをつけてみた。

180124_5.jpg
その効果はあまり感じられないんだけど、その代わりに端っこのアラを隠せたのでそれはそれでいいのかも。
あるお店でお高めのお財布を詳細に観察してたとき、同じようにファスナー止めが付いていて、これって必要あるのかしら、と不思議に思ったんだけど、なるほど、こういうことだったのか。

こんなお財布、いかがでしょうか。

180124_7.jpg
同じものを持ってる人は絶対いないよ。



明らかに去年の鳥とは個体が違うようだけど、ま、いっか。

180124_11.jpg


2018年1月22日

今日は外がこんなで、

180122_8.jpg
この後もっと降るらしい。不要不急の外出を控えるようお達しが出ているようなので、家でおとなしくしていよう。と思ったら、ついでに家の中でも不要不急の活動を控えて昼寝でもしたくなってきた。


ダンナの誕生日に焼いたケーキ。

180122_5.jpg
いつもながら下手な、そして貧乏くさいデコレーションでごめんなさいね。
源氏パイも飾ってみたのよ。


でも下手なのはデコレーションだけじゃなくて、ケーキもイマイチだった。
少しだけ余っていた卵も一緒に使ってしまったら、これが半個以上の量があったみたいで、いつもより大きくなってしまった。

180122_6.jpg
その割には、粉の混ぜ方に失敗したのか、固めの食感だった。
こうやって写真で改めて見てみると、いかにも堅そうな生地だったんだな。

180122_7.jpg
悔しいので近々また作ろう。


この日は、
マカロニグラタンとか、

180122_2.jpg
フライドポテトとか、

180122_3.jpg
子供のお誕生日パーティみたいな夕飯。

先日のニシンの甘酢漬けが3日経って大変美味しくなっていた。

180122_4.jpg




2018年1月18日

ダンナ用のお財布で

練習が終わったので、黒いお財布2つ目。

見えないけど、ポケットの中は龍柄の帯。

180118_6.jpg
縁起のいい柄かな、と思って。
お金貯まりますように。

ファスナーの取っ手をこれにするんだけど、

180118_5.jpg
一応取り外し可能にしておこうと思う。
みんなに笑われたら外して使ってください。
あと、結構重いので邪魔に感じるかもしれないから。

寸法を調整したり、仕立て方を少し変えら、内側の角もステッチが落ちないようになった。

180118_7.jpg
当たり前のことが今頃出来てすみません。
ちなみに、今までのステッチが落ちていているものでも、構造上は問題無いので壊れたりはしませんので、どうぞお許しくださいませ。


さぁ、次は容赦なくおかしなものを作ろう。

180118_9.jpg





大和芋の揚げ出し。

180118_1.jpg
ここのところよく揚げ出しを作った。豆腐とか、八つ頭とか。

ちなみに後ろはなんの芸もないイワシの唐揚げ。


鯵のお造り。

180118_3.jpg

たいていの場合、鯵は自分でおろす。
いざという時に鯵くらい下ろせたほうがいいだろう、くらいの気持ちでそうしているんだと思うんだけど、だいたいいざという時ってどんな時なのか。まさか「お客様の中に鯵をさばける方はいらっしゃいませんか?」とか? 
楽になろう、と思ってこの日は魚屋さんに下ろしてもらった。そしたら食事の支度がとても楽だった。生きるのが少し楽になった気すらする。


一緒にニシンもおろしてもらって、甘酢漬けを作った。

180118_10.jpg
これは絶品!


メインのコロッケと

180118_12.jpg

真鱈の子の煮付け。

180118_11.jpg

昨日は全部美味しかった。

2018年1月15日

先週は日常を取り戻して

いい感じに過ごしていたはずなのに、土曜日の朝起きたら頭が痛くて、土日は完璧に寝て過ごしてしまった。不調はいつ訪れるかわからない。恐ろしいことだ。

でも、おかげで今朝は爽やかに目覚めた。
よーし、素敵な一週間を過ごそう。

180115_1.jpg


先週の夕飯。
豚肉の味噌焼き。

180115_2.jpg
副菜は野菜の炊き合わせ風と、

180115_3.jpg
青菜のナムル、かぼちゃのサラダ。


ぶり大根。

180115_4.jpg
ぶり大根はどうしても見た目汚っぽくなってしまうんだけど、味的には今回は美味しかった。
甘めにするのが秘訣なのかね。


カスレ、風?

180115_5.jpg

蟹缶でサラダ。

180115_6.jpg


精力的に食べてたら胃が疲れたようで、実は土曜日は頭痛だけじゃなくて胃も気持ち悪かった。

で、貴重な休日の1日を、いや2日を寝て過ごしているうちに、ヤツが来た!

180115_7.jpg
一年は早いものですね。
今朝も来てたから大喜びで押し麦なんかをあげてみたんだけど、なんだか反応が悪い、というか、「おばちゃん、来たよー!」みたいな感じがなくて、こいつは去年のと違う鳥なんじゃないかと疑っている。
去年はあんなになついていた(と感じられた)のに・・・




2018年1月10日

なんの面白みもない

黒いお財布。
それがダンナの希望なんだからしょうがない。

180110_1.jpg

スイカをお財布に入れる派なので、それ用のポケットを外側につけてあげたら、毎度改札の機械にファスナーの金具を打ち付けることになるのはいかがなものか、みたいなことを言われた。ので一度自分で実践してみたが、私レベルの雑な人間でも音すらしなかったような気がする。普通の人はそれほど強くたたき付けたりしないはず。

内側のオーストリッチ柄により、なんだか「堅気じゃない感」が漂ってしまった。

180110_2.jpg

本当はこんな飾りをつけたいところだけど、

180110_3.jpg
ご理解無い人につけるのはこの寛永通宝が勿体無いので、ダンナ用には普通の革の取っ手をつけましたけど。


急に寛永通宝の使い道が開けて、この前銀座に行ったらちょうど大江戸骨董市が開催されていたので、また買い足してきた。
中に一つ「乾隆通宝」というのがあって、

180110_4.jpg
お店の人に聞いたら、中国は清朝の乾隆帝時代のものだということ。おぉ、これは大事に使おう。



お正月明けの食事はこんな風になってしまいがちですね。

180108_9.jpg


で、こんな時期も終わると、味の濃いものを食べ続けたせいか、簡単なものが食べたい。

180110_5.jpg





2018年1月 8日

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


正月を長めに過ごしてし、遊び歩いて、まだ日常に戻れないでいる。
明日から心を入れ替えて真っ当に日常生活を営もう。


今年はおせちは控えめに、と思っていたのに、作り始めたらやっぱりあれもこれもとなって、結局大晦日中には作り終わらなくて、元旦の昼はこんな程度にして、

180108_1.jpg

夜に完成した。

180108_2.jpg
やっぱりエビは効くね。

180108_6.jpg

今年、昆布巻きは大失敗で、しょっぱすぎて食べられず、いっそのこと佃煮にしてしまえ、と思って砂糖を足して煮直したけど、やっぱりまずい。食が進まず、まだ冷蔵庫に残ってる。

2段目は地味な煮物。

180108_3.jpg


年々おせちを作るのが面倒になるんだけど、作ってよかった。おせちは美味しい。
ヤツガシラ美味しい、くわい美味しい。

180108_4.jpg



この何年か、近所の老夫婦のやってるお花屋さんでお正月のお花を買っている。

180108_5.jpg
年末にお花を買いに行くたびに、普段から花くらい飾るような生活をしたいものだなぁ、と思い、また一年間花瓶をからにしたまま過ごし、そしてまた大晦日になり、その花屋で正月の花を買い、来年こそは花を飾る生活を、と思った時には時すでに遅し。その花屋はその日で店を閉めてしまった。
別の店でもいいから今年はたまに花を買おう。

百合がガンガン咲いている。

180108_8.jpg
部屋の中がいい匂いで嬉しい。





2017年12月30日

ダンナがさぁ、

なんの飾りもない黒い革のお財布をいつも探してて、そんなのどこにでもあるのになかなか買わない。あいにく渡邊印ではそんな素敵なお財布は作っていないんだけど、まぁ、夫婦のよしみで作ってあげようかな、と思いました。

171230_1.jpg

私だったら、中がオーストリッチ柄だったりしたらそれでもうノックアウトされてしまうんだけど、多分ダンナは全く望んでいない。でも、こちらの都合もございましてね。

で、これ見てビビってるかもしれないけど、

171230_2.jpg

ダンナので巧くいったら、次はこんなの作ろうかと思ってるだけ。



この前の車海老の続き。
頭の唐揚げ。

171230_3.jpg
白い団子は、白子のフリッター。(白子も貰い物)

海老の身部分は、唐揚げ後、にんにくとネギと一緒にごま油炒めに。

171230_4.jpg

猫に小判といいますか、高級食材がうまく使いこなせない。


これは一週間くらい前の夕飯だったと思うけど、鶏肉でブルーチーズを巻いてオーブンで焼いたもの。

171226_3.jpg

美味しかった。



いよいよおせち準備に入った。
今黒豆煮てるんだけど、さっき見たら吹きこぼれてましたがな。




2017年12月26日

久しぶりにネットショプを

更新しました。

171226_2.jpg

数日中にもう2,3点をアップする予定です。
お暇がありましたら是非ご覧ください。

まぁ、こんな年末にお暇な方なんて、なかなかいないとは思いますが、私は結構お暇。
以前のような、今年中に家中をきれいにして新年を迎えたい!みたいな殊勝な心がけも無くなって、おせち料理に全力投球する意欲も、それほどは無くなった。まだ黒豆買ってないしな。
そしたら年末はけっこう暇で、昨日あたりから冬休みみたいな気分になてしまって、今日も起きたのは8時半だった。


昨日、実家にカニをもらいに行ったら、午前中に届くはずのカニが5時頃まで届かなくって、帰りが遅くなった。
しかも昨日は他にも活き車海老の頂き物もあって、

171226_4.jpg
その処理に時間がかかり(主に騒いでいた時間。おがくずの中でピシピシ跳ねて台所の床にまでダイブする海老にキャーキャー言いながら(ダンナが)、頭を取ったり背わたを抜いたりして18尾の車海老を処理し終わったら(私が)、もうクタクタ)、せっかくゴージャスな食材が揃っていたのに夕飯はこんなのでゴメン。

171226_6.jpg
ホントに海老と、さばいてもいないカニだけ。

海老はとりあえずお造りで食べたけど

171226_5.jpg
なんといいますか、ゴリゴリとした野性味溢れる味で、ダンナは珍しく1尾しか食べなかった。
殺生のショックから食べられなかったのかも。都会っ子ですから。

今日は残った食材をちゃんと料理して美味しく食べようと思う。

171226_7.jpg


夕飯が軽かった分、食後はおまんじゅうやらポテトチップスやらアイスやらをむさぼり食べて、これじゃ本当に冬休みの子供だ。





2017年12月22日

今年中に

ネットショップの更新をしようと思っていたのに、気が付いたらあと1週間強で大晦日ではないですか。
毛の付いたものだけでも、と思って先日のシザーバッグとこれの写真を撮ったんだけど、

171222_3.jpg

我が家が一番明るい午前中は曇り空だったので、上手く撮れた写真はこれくらいで、また明日撮り直しだ。あーあ。


真鱈の子の煮物。

171222_2.jpg
お椀の中が全然見えないけど・・・
長芋を一緒に煮た。


鶏肉の塩焼き。

171222_1.jpg
全然使ってないお皿を出してきたら大き過ぎた。隙間を埋める野菜も無かったので見頃を過ぎたベランダの紅葉を散らしたら、逆にみすぼらしくなってるじゃん。


2017年12月20日

昨日に引き続き

夕飯の写真、のみ。


そろそろ美味しくなったのかなー、と思って、ぶりの刺身。

171219_8.jpg

冬の魚を食べると金沢に行きたくなる。
あの海の近くの市場に、また行きたい。

大和芋などの煮物。

171219_9.jpg

昨日はローストポーク。

171220_2.jpg

なかなかいい具合に焼けたんだけど(200度で45分くらい)、この頃、肩ロースだとちょっと脂がきつく感じる。次はロース肉で作ろう。
一緒に焼いたリンゴを濾してアップルソースも作ったんだけど、肉から出た脂も一緒に煮詰めたので、これまた脂っこくて。

171220_1.jpg

これに備えて、というわけではないけど、昨日は夕方ジョギングに行ったら、武道館は永ちゃんの最終日だった。
あぁもうそんな季節か、って同じことを何年か前にも書いたな。

まだ午後4時半ごろだったけど、仕事を半休したであろう少なからぬ人数のおじさんたち(&おばさんたち)が白いスーツを着て集まっていた。
近くの飲食店からはすでに永ちゃんの曲が流れていた。
素敵な夜をお過ごし下さい。

2017年12月19日

もう呑気に

自分のスカートなぞを作っているので、日記のネタがない。

その前は年末恒例の汚くなったタオルでの雑巾作り、あとはベッドのボックスシーツを作った。できあがったシーツをベッドにかけたら、それがあまりに気持ちよさそうだったので、そのままベッドに横になって3時間以上昼寝してしまった。

だらけているので朝も起きるのが遅い。
先日は朝8時に間違い電話に起こされた。
相手のおじいちゃんが話すのが遅いので、自然とこっちもゆっくり答えて電話を切ると、「間違い電話っていいものですね。」と言いながらダンナが起きてきた。

なんともお気楽な年末ですよ。


先週日本橋高島屋の地下でローストポークサンドと一緒に買ったソーセージで、バンガーズアンドマッシュ。

171219_1.jpg

ちょっとケミカルな臭いが気になったけど、ちゃんと肉っぽいソーセージだった。
付け合せもマッシュルームだったけど、これも。

171219_2.jpg
マッシュルームのスープ。

全体的にブラウンな食卓だった。


イカの日。

171219_5.jpg
刺身ももちろん美味しくて、これでご飯1杯食べられちゃうんだけど、やっぱ唐揚げが一番美味しい。

171219_6.jpg
イカの唐揚げサイコー。