2022年9月21日

大阪のイベント、と、京都。

台風が来ていたじゃないですか。

前日に大阪入り。明日は中止になるかもしれないけど、せっかく来たんだから会場の雰囲気だけでも見ておくか、ということで会場へ。

220921_1.jpg
こんな感じ。

220921_2.jpg

この時点で、明日は2時で終了ということが決定した。
あーあ。
会場前の海は全然荒れていませんよねぇ。

220921_4.jpg


ところで、「おおさぁかぁべいぶる〜す」って歌があるじゃないですか。あれって「大阪bay blues」だということに気が付いたのはつい近年のことだった。ずっと「大阪Babe Ruth(野球選手の)」だと思って、野球好きの人が出てくる歌なのかと思ってた。んな訳ないよね。

220921_3.jpg



翌日は朝、いつものように2時間くらいかけていつもの店を設営して、

220921_5.jpg
4時間後に片付けて、終了。


正直、赤字でした。
普通にお客さんは入っているように見えたし、近隣の店も普通に売れているようだったので、この売れなさは台風による人出不足のせいではなさそうなんだけど、早計は禁物、来年もう一度チャレンジしてみよう。

220921_6.jpg
売り上げ悪過ぎて傷心なのですが、お買い上げいただきましたお客様には、心より御礼申し上げます。一筋の希望の光を与えて下さって、ありがとうございます。


で、大阪駅に戻り、あちこちの電車が止まっていて本日中に金沢に帰れないことが判明したので、とりあえず京都まで行って、もう一泊することにした。

220921_8.jpg

ユニクロで着替えを買って、ラーメン食べて、コーヒー屋でコーヒーとケーキを買って、ホテルへ。
すっごい疲れていたけど、ちょっと楽しくなってきた。



せっかくなので、翌日は金閣寺!

220921_9.jpg
いつもは観光客でいっぱいのはずだけど、この日は修学旅行の子供達と、一般の観光客はチラホラいる程度だった。

220921_22.jpg

修学旅行生にはグループ1つに一人の解説員が付いているみたいで、あちこちから何かしらの解説が聞こえてくるので、これはちょっとお得だった。

220921_10.jpg

興が乗ったので、ついでに龍安寺も見学。

220921_23.jpg

220921_24.jpg

220921_25.jpg
あれ、この子たち、上の金閣寺の写真にも写ってる子達じゃん?


その後街に戻って、寺町通りや錦通りをぶらぶらして、近くでお昼を食べて、駅に戻っても未だサンダーバードは正常運転していなかったけど、2時ごろの臨時便に乗って帰ってきた。

予想外の2泊3日になってしまいましたが、楽しかった、のかな? よくわからない。




2022年9月15日

イベント前のルーティーン、

220915_1.jpgキーホルダー作り。


そういえば、昨日夜ご飯を食べているときに、庭に真っ白いネコが入ってきた。
私、昔真っ白いネコちゃん飼ってたのよね。目は水色で鼻と耳のあたりがピンク色だった。
あんたはどうなの?と近づいてみたけど暗過ぎてわからなかった。
塀に飛び乗りこちらを一瞥して消えてった。

220915_2.jpg
って、網戸しか写ってないじゃん。



鯖の照り焼き。

220915_3.jpg

冬瓜のお吸い物。

220915_4.jpg
そっか、カツラ剥きという手があった。


あとはカボチャのサラダとか。

220915_5.jpg



カレイの焼き物と、野菜の揚げ出しなど。

220915_6.jpg
宗八カレイ、とかいうカレイだった。

2022年9月12日

もう明後日には

荷物を大阪に送るので、それに間に合わせようと大急ぎで作ったシザーバッグ。

220912_1.jpg

前回と同じこの鶴をもう一度。

220912_2.jpg
今回は向かって右側に折り目が入っているので、そこを隠すようにベルトを乗せている。
するとどうしても鶴の位置が画面のど真ん中になってしまって、なんか粋じゃないし、左側に空間ができてしまうし、これは如何なものかと悩んだんだけど、悩んだ結果、そんなことは誰も気にしないだろう、という結論に至り、そのままこうなった。
出来上がってみたら、別におかしくはなかった。

他に前回と違うところは、差し色がエンジになりました。(前回は緑系だった。)

220912_3.jpg
秋ですしね。
緑の革は使い切ってしまいましたしね。


もう一個の龍柄は、こんな感じ。

220912_4.jpg
これは内側がかわいいのよ。

220912_5.jpg
どう?


大急ぎではあったけど、手は抜いていません。
是非お手にとってご覧いただきたいです。



久しぶりにキチキチかばんを作っていたので、夕飯がおろそかになり、写真が無い。

これは2週間くらい前の夕飯でしょうか。
ぶりの照り焼き。

220912_6.jpg

冬瓜とキノコのお吸い物。

220912_7.jpg
スダチのおかげで、それっぽい味になっていたような気がする。もう忘れてしまった。



他になんか写真あったかなーと思ってスマホを見ていたら、
学校帰りの小学生。

220912_8.jpg

曇り空の午後、アンニュイなムードを漂わせて坂を下る子供達であった。


220912_9.jpg





2022年9月 9日

フタ付きシザーバッグを

大急ぎで仕込み中。
来週大阪に行くんだけど、私の定番のフタ付きシザーは外せません。大阪の人にも是非見てもらいたい。
急いでいるのに、こんな作ったことのない模様を貼り付けてみた。

220909_1.jpg
うまくいきますように。



食べてしまわなくてはいけない食材が溜まっていたので、盛りだくさんになってしまった夕飯。

220909_5.jpg


赤らバチメの煮付け。

220909_2.jpg

また生協の野菜セットに冬瓜が入ってきたので、冬瓜の煮物と、後ろは、少しだけ残っていた甘えび。

220909_3.jpg

ハムも賞味期限が切れていた。
玉ねぎと一緒にマスタードマリネ。

220909_4.jpg



今度はジャガイモが余り始めた。
生姜焼きの付け合せにフライドポテトってアリですか。

220909_6.jpg
しかも雑な盛り付け。



ジャガイモとお麩などの炊き合わせ風。

220909_7.jpg

冬瓜ときゅうり、鶏肉の胡麻酢和え。

220909_8.jpg


この日はタンパク質が少なかったので、代わりに品数を増やそうと、急遽、ゼッポリーニ。

220909_9.jpg


変な献立になってしまった。

220909_10.jpg

2022年9月 6日

金沢ハンドメイドマルシェ、

終了いたしました。

220906_1.jpg
お買い上げいただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

220906_2.jpg

いつもと同じ、ネコちゃんコーナー。

220906_4.jpg
今回、あんまりネコちゃんが活躍しなかったのよね。


最近はお披露目する機会もなく、久しく眠っていた風呂敷バッグを、この際お安く放出。

220906_3.jpgこれは手に取って見てくれる人が多かった。


この棚の後ろを見ると、

220906_5.jpg
結構人出が多かったことがお分かりになると思います。
金沢、人少ないんだけど、どっからこんなに集まったんだろうか・・・くらいの人の多さ。



去年振るわなかった記憶が生々しく、最初からローテンションで挑んだのですが、皆様のおかげで、去年よりは売上を伸ばすことができました。
少し売れると少し元気になって、会場内を散策し、大阪からの出展者さんがいたので、次回行く予定の大阪のイベントについて話を聞いたりして楽しかった。
そして更に楽しい気分になって、お隣のお店の人と話をしてみると、お隣の人も金沢の人で、色々話してくれて嬉しかった。

ということで、全体的に楽しかったです。
来年は、売上的にはもう一踏ん張り、いや、ふた踏ん張りしたいところですけど。


1日目の終了後、隣の競技場でサッカーの試合があったようで、ツェーゲン金沢の応援団が盛り上がってた。

220906_7.jpg
私は5時29分のバスを逃せないので、この横を小走りにすり抜けて、バス停へ。


2日目、撤収後の空はbeautiful.

220906_8.jpg




2022年8月31日

今週末は石川産業展示館!

なのですが、その先、9月19日の祝日に、大阪のイベントに出展します。

220831_9.jpg

名古屋のイベントの時に、近隣のブースの人に「大阪面白いよ」と聞いて、行ってみたかったんですよね。
抽選に漏れて今回は1日出展になってしまいましたが、初めてなので、とりあえず1日だけでもいいや。楽しみにしています。

招待券、割引券がありますので、ご希望の方はメールにてご連絡ください。

と言っても、大阪に渡邊印を知っている人はいないでしょうから、反応は無いでしょう。
咳をしても一人。
って、解釈違いますか?



そんでその前の金沢のイベント、去年も行く前に同じようにうろたえていたんだけど、バスが無いんだよね。
搬入の日は、搬入にギリギリ間に合いそうなバスがあるんだけど、2日目はその同じ時間のバスしかないから、開場まで1時間半も時間をもてあそぶことになるし、帰りは同じルートのバスは無く、別ルートで一本あるだけ。5時29分を逃すと帰れなくなる。で、2日目は搬出があるからこのバスには乗れないじゃん。しょうがないからタクシーだよね。
ちなみに、当然、電車の最寄り駅というものはありません。全ての人が自家用車で行くことを想定しているわけです。
昨日寝る時にバスの時間確認してたら、ちょっと心配になって眠れなくなっちゃった。



とても家庭的な夕飯。
ゴーヤと豚肉のおかか炒め。

220831_1.jpg

竹輪の磯辺揚げ。

220831_2.jpg


ナスの揚げ浸し。

220831_3.jpg



小鯛は安いけど、骨が多くて食べにくく、いつもダンナには不評なので、今夜は三枚に下ろして唐揚げにして、中華風のあんかけにしてみました。

220831_4.jpg
食べやすい上に、予想以上に美味しかった。


今日のナスはニンニク甘酢醤油。

220831_5.jpg


あとは、小松菜の煮浸し、前日の残り物、漬物。

220831_6.jpg



肘ついて食べたい日の夕飯。
ジャーマンポテトと

220831_7.jpg
フライドチキン。

220831_8.jpg






2022年8月28日

名刺入れも追加。

220828_1.jpg
以前作った黄色い革のカエルシリーズが売れない。
黄色が失敗だったのかもしれないけど、これがネコならどうでしょうか。
黄色い革がたくさん残っているので、ぜひとも売りたいのですよ。

今回もゴムを付けて、完成。

220828_2.jpg




豚キムチとゆでダコの夕飯。

220828_3.jpg

先週また冬瓜がきたので、今回は海老入りでとろみを付けた煮物。

220828_4.jpg
翌日のこっちの写真の方が美味しそうですかね。

220828_5.jpg
さすが定番の組み合わせ、今年一番美味しくできた。

この日のメインは野菜天とちくわの磯辺揚げ。

220828_6.jpg


続いて冬瓜、次は鳥手羽合わせ。

220828_8.jpg
お出汁にコクがあって、これも美味しかった。
というか、今回の冬瓜自体が美味しかったのかも。

この日は鯖の塩焼き。

220828_7.jpg

ゴーヤとミョウガのおひたし。

220828_9.jpg
そう言えば今年は一度もゴーヤを使っていなかった。

あぁ、夏も終わるなぁ。




これは以前もあったことだけど、チキンティッカマサラを作ったら、そんなもの入れていないのにココナッツミルク入りのカレーのような味になった。

220828_10.jpg
生クリームが原因かしら。


冬瓜同様、消費に追われているのが、しめじ。
で、お昼のきのこクリームパスタ。

220828_11.jpg



2022年8月23日

里帰り的な東京、2泊3日。

週末から月曜日まで夫婦で東京に行って来た。
今回はお互いの家族の家に行く以外の予定はなかったので、昼間は東京観光。


220823_1.jpg
土曜日はお昼に東京に着いて、銀座の外れのホテルに荷物を置いたら、銀座のあちこちを散策。

220823_2.jpg
東銀座で働いていた頃、いつも、7時半だか8時だかの閉店前の三越や松屋の地下にギリギリ滑り込んで、夕飯のネタを買って帰ったのを思い出す。あれはどのくらい前だったのか、もう数えるのも面倒くさいくらい前だけど、その三越の地下は、今は食品ではなくて化粧品売り場になっていて、アイシャドーを忘れたので、1つ購入しました。


泊まったホテルは、銀座の外れと言えども銀座なので、14階のレストランの窓の外も、ギリギリ景色を確保しているような感じだった。

220823_3.jpg
向かいのビルは13階建てですか?

朝食は美味しかったです。


翌日は、午前中は一人でシャネル展へ。

220823_4.jpg
中庭はまるでロンドン。

220823_6.jpg
シャネルも建物も素敵でした。

午後は大江戸骨董市。


220823_7.jpg
先ほどのシャネルの素敵なお洋服に触発されて、イギリスのアンティークボタンを買った。やっぱボタンは大事よね。



月曜日は、再び銀座をブラブラした後、上野に移動して、いつものようにイケダヤで靴を買って、都美術館で北欧の何処かの椅子の展示を見て、

220823_9.jpg
(と言いつつ、これはテーブルの写真だけど)
夕方の新幹線で帰って来た。

3日間で一気にいろんなものを見過ぎて、しばらく頭が混乱していた。
東京にはモノがいっぱい。
今日見たあの服を買おうかどうか、考えているだけで毎日が過ぎて行きそうなので、地方に引っ越して正解だったかも。


2022年8月19日

紫のネコポーチは、

こんな感じで、

220819_1.jpg
こんな感じ。

220819_2.jpg
逆にかわいい気もする。

220819_3.jpg
正面から見ると普通です。

黒い革の方は

220819_4.jpg
厚みがあってお得感がある。




いつものホイル焼きをオーブンシートにしてみたら、

220819_5.jpg
ちょっと高級感が出たんだけど、焼き過ぎで紙の匂いが漂ってしまって台無し。

220819_6.jpg
魚はシイラ。
バターと塩麹の味しかしなかったけど。
ま、全体的に失敗ですね。




名古屋風手羽先。

220819_8.jpg
きゅうりと冬瓜、むき海老の酢の物。

220819_9.jpg
冬瓜と海老は合いますね。

そしてなぜかフライドポテト、

220819_11.jpg
なので、ご飯はやめておきました。

220819_10.jpg





バイ貝の刺身、

220819_12.jpg

豚トロの塩焼きとキノコのニンニク炒め、

220819_13.jpg
イチジクのサラダ、

220819_14.jpg
という、訳のわからない組み合わせの夕飯。




先日の大雨以降、朝晩がぐっと涼しくなって、秋になった。
夕飯の時は秋の虫の音が響いている。
雨が降る前はセミの声だったのに。





2022年8月16日

盆休みは暑かった。

猛烈に暑かった。
なので、特別なことはせず、近場をブラブラしていた。

ある日は夕飯を食べに出掛け、帰りに夜間開園している兼六園を通ったら、池に張り出した東屋みたいなところで弦楽四重奏みたいなのをしていて、

220816_5.jpg
実はこの空間には今、バッハか何かが流れている。
月も綺麗だった。

ある日は、街乗りサイクルで海まで行こうと思って走り出したが、あまりの暑さに断念して、ラーメンを食べて、「むらはた」で、プリンアラモードを食べて帰って来た。

220816_16.jpg
観光に来た際には是非。美味しいよ。



東急の映画館にイギリス映画を見に行った。面白かった。
その後、ずっとマスクをしていたせいか、酸欠で気持ち悪くなってしまった状態で、デパートのお好み食堂みたいなところでお昼ご飯。もちろん食は進まない。なんか子供の頃を思い出した。雨も降って来た。雲行きの怪しい子供時代・・・


とにかくずっと暑くて、いい加減にして欲しいと思っていたところが、今日は朝から大雨が降ったり止んだりして、朝からだんだん気温が下がって来た。これでもう夏も終わるのかと思うと、それはそれでちょっと寂しい。

はい、恒例の網戸ゼミ。

220816_1.jpg





この紫色の革、

220816_7.jpg
割と良い部分がこま切れに残ってしまった。

ツギハギにして、このポーチを作ることができるのか?

220816_8.jpg
220816_9.jpg



何度も言うけど、激アツな日が続いていたので、持って帰ってくる間に腐ってしまいそうで、魚なんか買う気になれなかった。
だって36度だよ。
なので、肉食が続きました。

鶏肉の塩焼き定食。

220816_10.jpg

冷凍してあったイカゲソを解凍して、酢の物。

220816_11.jpg

冬瓜は、本日は豚肉と一緒に煮てみました。

220816_12.jpg




豚バラと夏野菜の味噌炒め。

220816_13.jpg

この日もイカゲソで酢の物。

220816_14.jpg


カボチャと油揚げの煮物。

220816_15.jpg


2022年8月11日

お盆休みですね。

とても暑い日が続いております。
なので、今回の猫ガマは、こんな爽やかな色合わせで。

220811_1.jpg
夏にぴったり。
次のイベントは9月だけど。

220811_4.jpg

そして人は、まだまだ暑い日であっても、9月に入れば秋色にしか目がいかなくなるものだけど、

220811_2.jpg
来年も使えるよ!




昨日の夕飯。

メインは豚バラとなす、ピーマンなどの辛味噌炒め。

220811_6.jpg


じゃがいものすり流し。

220811_7.jpg
よーく冷やしてお召し上がりください。


毎年夏になると生協の野菜セットに入ってくる冬瓜。
お料理屋さんで出るような澄んだお出汁の椀物に憧れるんだけど、あれって結構手間も掛かるし難しいことがわかったので、もう無理しないで普通の煮物を訓練中。

220811_8.jpg
ですが、これもなかなか美味しくできませんね。
毎日ちょっとずつ、居酒屋の突き出しのように食卓に上がっている。


キャベツも余り気味で、万策尽きて浅漬けにでも、と、この暑いさなか、塩漬けにして1日台所においておいたら発酵が始まり、ちょっと生ゴミっぽい匂いになったので、慌てて冷蔵庫に入れて様子見。毎日少しずつ匂いチェックと味見をしていたんだけど、日を追うごとに酸味も匂いもまろやかになり、いつしか美味しい漬物の味になった頃、食べ切ってしまった。
で、これは2回目の漬物。

220811_9.jpg
意外な程美味しく出来て、はまり気味。


トマトとキュウリはネギ、塩、ごま油。

220811_10.jpg

今日は写真が少なかったので、全部いちいち解説してしまいました。

220811_5.jpg








2022年8月 8日

コウモリのお財布は

いつも通りのこんな感じですが、

220808_1.jpg
使った帯地が弱そうだったので、いつもは帯地にする、お札を入れるこの部分は普通の裏地にして、

220808_2.jpg
フタ裏のこの部分を帯地にしてみた。

220808_3.jpg
この部分が一番使わない所だと思うので、生地の痛みも進まないのでは無いかと思う。

一番初めは、お財布を開けた真ん中の部分(いまは革を貼ってある部分)を帯地にしていたのが、開閉するたびに負荷がかかる部分なので、さすがに生地が痛むのが早い。それで次はお札を入れる部分を帯地にして、今回はそれでも心配だから、フタ裏に。
だったらいっそのこと内側に帯地を使うのはやめたらいいんじゃないの? なんだけど、もう少し粘ってみたいわけよ。

ということで、写真がボケボケだけど、もう今日は暑過ぎて撮り直す気力も出ないのでこのまま載せてしまいますが、

220808_4.jpg
こっちもフタ裏に帯地。

220808_5.jpg



少し前の写真になりますが、天麩羅の日。

220808_6.jpg

この日の目玉は、ちくわの磯辺揚げ。

220808_7.jpg
ここら辺ではどこでも売ってる「ビタミンちくわ」。
近所のスーパーではこれ一択だったので今日はこれにしたけど、正直そんなに美味しいちくわでは無い、と思う。
北陸で愛されて50年だか70年、らしいけど、ホントかな。


全てのおかずに、野菜とタンパク質が少しずつ入ってる夕食。

220808_8.jpg
蒸し鶏のサラダとか、シイラの南蛮漬け、オクラ乗せ冷奴。


今年まだ食べていなかった!と、慌てて買ったトウモロコシ。

220808_9.jpg

季節が変わるのはあっという間じゃないですか。
そういえば、また今度、また今度、と思っているうちに、今年はそら豆を一度も食べなかった。


この日も同じく、タンパク質を少しずつ。

220808_10.jpg
シシトウの肉詰め。

220808_11.jpg

鯵のミョウガ巻き焼き。

220808_12.jpg
あとは、冬瓜とがんもどきの煮物と、キャベツの漬物。





2022年8月 4日

朝から大雨で真っ暗。

そして遠くで雷が鳴り続けている。ここはドンバスかよ。

写真も暗いんですけど

220804_1.jpg
長財布補充しました。
詳しくはお天気が回復したのちに。


一昨日の夕飯。
じゃがいもとかベーコンとか鳥肉とかの入ったグラタン。

220804_2.jpg

220804_4.jpg

鯖缶乗せサラダ。

220804_3.jpg
「あいこちゃんの鯖缶」のブラックペッパーとニンニク風味、美味しいよ。

後ろは白インゲン豆のサラダ。


今日はご飯の写真がこれしかなかった。



夏真っ盛りですね。
暑い一日が終わって、日が暮れるでしょ。

220804_5.jpg
日が暮れてもまだ暑いけど、一応夜になるでしょ。
すると、見て!このブレた写真を!

220804_8.jpg
今、うちの庭でカラスウリが咲いてるのよ。
もうすっごい沢山咲いてるのよ。

220804_7.jpg
ステキな夜をありがとう。



2022年8月 2日

週末は大阪!

お友達に誘われて、大阪にライブを見に行った。

お昼に大阪に着いて、梅田のデパートで化粧品なぞを買ったりして、一度ホテルに入った後、頭の中で「ネコのおなかはばらでいっぱい〜」とかグルグルさせながらライブハウスへ。

やっだー、ふーみん超加賀まりこ!

事前にお友達にもらった予習CDのお陰で、大変に楽しめました。ありがとう!



翌日はフェルメール展を見に行った。

220802_5.jpg
久しく西洋美術の展覧会に行っていなかったので、これは嬉しかったな。
時間予約して行ったせいもあるのかもしれないけど、それほど混雑もしていなかった。

220802_6.jpg
建物も素晴らしい。


その後、四天王寺が近いようなので行ってみたけど、

220802_7.jpg
とにかくカンカン照りの酷暑だったので、

220802_4.jpg
丁寧にみる気力も出なくて、さらっと見て帰ってきた。
一時期、聖徳太子についていろいろ読んでいた頃、四天王寺も是非行ってみたいと思っていたんだけど、もう全てを忘れているので、見所もわからなかった。

天王寺駅周辺は、古い感じが残っていて面白かった。

220802_9.jpg
東京でいうと上野か浅草みたいな感じ?

220802_11.jpg
美術館も動物園もあるしね。

220802_10.jpg


一方、ピカピカのアベノハルカスもあって、展望台へ。

220802_12.jpg
大阪一望。

220802_13.jpg
25年くらい前に来た時に見た展望台からの景色とは大違いで、おばちゃん、もうびっくり。


ということで、二日間遊びまくって、とても楽しかった。
いろいろ手配してくれてありがとう。
また一緒にライブ遠征しよう!




ところで、大阪の地下鉄の駅のこの照明、

220802_1.jpg
素敵ですね。

220802_2.jpg


これはまた違う駅。

220802_3.jpg
両方とも御堂筋線の駅でしょうか。


2022年7月28日

お気に入りの服と

全く同じものを自分で作ってみようと思った。

220728_1.jpg
土台のパターンに失敗して、全体的にモタモタした形になってしまい、ブラウスというよりスモッグみたいになってしまったけど、フリフリの作り方とか縫い合わせ方とかは理解できたので、次はもっと上手くできるはず。


鰻のオマケでもらったモヤシで炒め物。

220728_3.jpg
豚バラとモヤシの炒め物って、普通、安くて簡単で美味しいじゃないですか。なのに、しばらく作っていないうちに作り方を忘れてしまって、あまり美味しくなかった。

焼きナス。

220728_4.jpg


餃子。

220728_5.jpg
そんなこともあるんですかね、大きいスーパーに行ったのに、豚ひき肉が売っていなかった。
ので、合挽き肉の餃子で、ちょっとご馳走っぽい味になった。

オレンジのは、人参のすり流し。

220728_6.jpg
甘くて美味しい。



鰹のタタキ。

220728_7.jpg
頂き物のカツオ、美味しくいただいております。


煮物はかぼちゃとがんもどき。

220728_8.jpg


この肘の位置、絶対ビール飲んでるよね。

220728_9.jpg






2022年7月25日

9月は金沢。

220725_1.jpg今年も地元金沢のイベントに出展する。
去年はボロボロだった。
通常、あのくらい売れないと次回は出展しないんだけど、今や唯一の自宅から通えるイベントなので、ここで多少売れるようになれば助かりますもんね。
頑張ろう。もう3回くらい出展したら、ちょっとは売れるようになるかもしれない。
地方はキビシイのよ。

上のチラシの可愛らしい雰囲気とは程遠い、私のこんなカバンも

220725_2.jpg
売ってます。





土用の丑の日。

220725_6.jpg
今日は豪勢に一人一尾!と思ったけど、食べきれる自信がなかったのでやっぱり二人で一尾にして、

220725_7.jpg

予約していた鰻を取りに行ったら、何故かお店のご主人がモヤシをくれたので、もやしのナムルも付けました。


そして翌日もう一回ウナギ。
人生で初めて、鰻が余っている、という状態だったので、
憧れの「うざく」!

220725_8.jpg
うざくとは贅沢な食べ物ですよねぇ。

220725_9.jpg

昨今の暑さは鰻ぐらいじゃ乗り切れないけどね。

昨日、カンカン照りの中、ダンナに付き合ってホームセンターまで30分以上歩いて行ったら、当たり前のように全身日に焼けしました。
田舎は高い建物がないから、日陰なんか全然無いわけよ。もうずっと直射日光の真下。
もう真夏の真昼の散歩には付き合わない。一人で行って。






2022年7月22日

もう一度、

龍のシザーバッグの写真を。

220722_1.jpg
蓋を開けた内側には、

220722_2.jpg
特に工夫はありません。

そして、これはどうだ!

220722_3.jpg
う、美しい・・・

220722_4.jpg
よくもこんな複雑な生地を織ったものだと感心しますよね。
これに比べると、上の龍の帯なんか、シンプルで安っぽくすら感じる。

220722_5.jpg
素晴らしい。
あ、バッグじゃなくて、この帯が。


220722_6.jpg




また杏を買ったので、今度はコンポートにせずに、生のままケーキに焼き込んでみた。

220722_7.jpg
ブラックベリーも一緒に生のままで。

色がかわいい。

220722_8.jpg
杏が梅干しのようにシワシワになってしまった。

220722_9.jpg
めちゃくちゃ酸っぱい。
酸っぱくて美味しい。



土用の丑の前に、控えめに鰻。

220722_10.jpg
丑の日本番は、もう少し期待していいよ。


鯵のたたき、と普通の刺身。

220722_12.jpg

後ろのナスのチーズ焼き。
美味しかったけど、ちょっと味が単純過ぎた。もう一工夫欲しいところ。

220722_13.jpg


トビウオのフライ。

220722_14.jpg
これはフィッシュバーガーにぴったりですね。
と思って、ご飯はやめて、パンにレタスとタルタルと一緒に挟んで食べたら、サイコーでした。

ポテトにはケチャップをつけ始めてしまって、いつの間にかジャンクな夕飯になっていた。

220722_15.jpg



一日雨が降り続いていた日の夕方、急に部屋が明るくなったので外を見ると、

220722_16.jpg
なんという夕焼け。

220722_17.jpg
不吉なくらい明るい。

220722_18.jpg
そして写真をとっているウチにみるみる暗くなった来て、

220722_19.jpg
また雨の夜になった。







2022年7月19日

龍のシザーバッグ

完成。

220719_1.jpg
相変わらず雨降りで、薄暗い写真ですが。

普通にヌメッとした写真ではこんな感じ。

220719_2.jpg

革と生地の切り替えの部分に、青の革を挟み込んでアクセントにしたつもりなんだけど、この写真じゃ全然わかりませんね。

220719_3.jpg
しばらく梅雨のような雨に日が続いていますが、また晴れたら、ちゃんと写真を撮ろうと思います。



今年も鰹のタタキを送ってもらったので、美味しくいただいております。

この日は、ごま油と塩、ニンニクなどでナムル風にして、最後にレモンたっぷり乗っけて食べてみた。


220719_5.jpg
なんだか写真がどす黒くなってしまったけど、これはとても美味しかった。

220719_6.jpg
この季節の定番、冷奴(右奥)は、この日はめかぶ乗せ。

ひじきもこの頃よく作る。


220719_9.jpg黒豆入りで美味しいよ。





昨日は鳥レバニラ。

220719_7.jpg
冷奴はオクラ乗せ、そして焼きナスで夏全開。

220719_8.jpg


これはいつだったか、二つほど残っていたジャガイモを茹でて、バター醤油と青海苔をまぶしただけなんだけど、何気にすごく美味しかった。

220719_10.jpg






2022年7月14日

次はこんなの

作ってるんだけど、

220714_1.jpg
そろそろ雨が降り出しそうな薄暗い光の中で、金糸がキラッキラ。

いっときの滅茶苦茶な暑さが収まり、今日はお盆のような風が吹いているけど、湿度も高いし雨が降ったり止んだりしてるし、どちらかと言うと、梅雨に逆戻り、って感じだな。


220714_2.jpg

あーあ、こういういい帯、最近手に入らないな。
まぁ骨董市にも出向いていないしね。
あの頃は毎週どこかの骨董市に出かけていたもんね。



ピーマンの肉詰め。

220714_3.jpg
ピーマンサイコー!

副菜は酢の物と茶碗蒸し。

220714_4.jpg



鯛のお刺身は

220714_5.jpg
一人3切れしかなかったので、
肉豆腐でボリュームアップ。


220714_6.jpg

野菜も、青菜炒めで油を補給。

220714_7.jpg
全部美味しい夕飯だった。

220714_8.jpg


2022年7月12日

こうなりました。

220712_1.jpg思っていたよりも派手なモノになってしまった。
なんか、80年代のマドンナさんみたい。

この「アミアミ」の利点は、絵柄部分をカバーしてくれること。
普通にポケットとして使ってもいいけど、どちらかというと飾りだと思っていただきたい。
ちなみに、アミアミの口部分が空いてしまっているのは、

220712_2.jpg
本体にモノを入れて膨れてくれば、自然にふさがります。

220712_3.jpg

今回は前面のベルトがいつもより上に来ている関係で、裏のベルト通しが短くなってます。

220712_4.jpg
3センチ幅のショルダーストラップがギリギリ通るくらいのベルト通し。

腰にぶら下げて使う場合は、カンに繋げたほうが良さそうだ。

220712_5.jpg





ピーマンが美味しい季節ですね。
ピーマンと豚肉の炒め物。

220712_7.jpg

暑くて味噌汁を飲みたくなかったので、汁物は人参のすり流し。

220712_8.jpg



トビウオのお造り。

220712_9.jpg

ピーマンの生姜じょうゆ合え。

220712_10.jpg



いつもの鰯パスタだけど、今日はトマトとピーマン入りで、ますます美味しい。

220712_11.jpg