2022年5月17日

今日は荷物作り。

もう明日は、デザインフェスタに向けて荷物を発送する日なのですよ。
あれもこれも入れて、あぁ重い、重すぎる・・・

日曜日の散歩。
ここ、

220517_1.jpg
2月の終わり頃、雪が積もってて下れなかった坂道なのですが、

220228_3.jpgのサムネール画像
今や新緑の季節、緑が眩しい。

220517_2.jpg
竹林の中で、タケノコがぐんぐん成長している。

220517_3.jpg
恐ろしい成長っぷり。


220517_4.jpg
この皮でおにぎり包めばいいわけね。


こういうディスプレイ、都会の商業施設の中にありそうじゃないですか。

220517_5.jpg




葉タマネギ特集。

葉の部分はこんにゃくと一緒におかか炒め。

220517_7.jpg

根元に近い茎の部分は肉巻きに。

220517_6.jpg

根元の玉ねぎ部分はフライにしたら、トロトロでとても美味しかった。

220517_9.jpg


これは小葱だけど、ホタテと一緒にヌタに。

220517_10.jpg
ネギと大葉と生姜とおかかで、冷奴。

220517_14.jpg



葉付きのビーツを買ったので、葉の部分は茹でてナムルに。

220517_11.jpg
って、見えにくいじゃん。
鶏肉の後ろに隠れてるやつです。


酢の物の彩りにも少し入れてみた。

220517_12.jpg


あら、

220517_13.jpg
素敵な徳利(?)ですね。

2022年5月13日

デザインフェスタが

近づいてきました。

こんなお化粧ポーチ、いかがですか。

220512_1.jpg
マチが5センチくらいあるので、必要なものはだいたい入ります。

220512_4.jpg内側は、微妙にアニマル柄。

220512_3.jpg




ずいぶん前に、コーヒー豆の袋を使うのにハマった時期があり、いくつか作って、時々ブースに並べていたのですが、帯のバッグの中で一個二個あったところで人目を引くことはできず、売れなかった。
そのうち大きなブースを使う機会はなくなり、並べる場所もないので仕舞い込んでいたのですが、そろそろ潮時だ。
あまり長く置いておくと金具も曇ってしまうので、次のデザインフェスタで激安で出してしまおうと思います。


220513_1.jpg
夏場のお出かけに大活躍!




大きな、たらの薄腹の部分が安かった。
何にすればいいか思いつかなかったので、結局これ。

220513_2.jpg
薄腹ですから、身は薄い。衣が中身の三倍くらいある超高カロリーな揚げ物になってしまった。



鯵にミョウガと大葉と味噌を乗っけて、巻いて、焼いたもの。

220513_3.jpg

今日のガス海老は大きいよ!

220513_4.jpg


椎茸と青梗菜の炒め物。

220513_5.jpg




先日、近くのホールに松任谷由実が来たので行って来た。
よく聞いていたのは高校生くらいまでで、最後に買ったレコードはno side とかだったと思うけど、要するにレコードの時代ですよ。
その後はロックに走ってしまったので、全く聴くこともなかった。
それでも半分くらいは知ってる曲だったので、懐かしかった。
楽しかった。

終演後は、大方の人が向かう方角とは反対に歩いて帰る訳なんだけど、同じ方向に歩いている人も何人か。この先には駐車場はないし、バス停は大通りだし、ということは、この人たちも近所から歩いて来たのかしら、と思ったら、前を歩く男の人が、うちの隣のアパートに入って行った。


2022年5月10日

時々とても寒い日があったり、

先週よく出かけて疲れていたりで、そろそろ風邪をひきそうだ。
もう5月だけど、ヒーター入れた部屋で、静かに縫い物して過ごそう。

220510_1.jpg

昨今、風邪をひくと面倒なことになりますもんね。




そろそろ地物のタケノコは終わったのかもしれませんが、これは真っ盛りの頃の夕飯。
タケノコ入りの春巻きをもう一度。

220510_2.jpg

他は、タケノコご飯に、ワラビのおひたし、金時草の酢味噌和え、など。

220510_3.jpg


そう言えば、タケノコがあるうちに、もう一度焼売も作らなくてはいけないのだった。
その後も研究、と称した外食は続いており、

220510_9.jpg
今のところの結論は、市販の皮では思うような焼売は作れない、ということと、美味しい豚肉なら美味しい焼売になる、ということかな。

ちなみにこの店では、他にもチャーハンとか食べて、楽しかった。

220510_10.jpg



で、皮も自分で作った焼売。

220510_11.jpg
中身は、豚肉、ホタテ一個、タケノコ。(ご近所の方に薄味に炊いたタケノコをいただいたので、それを一切れ刻んで入れた。)

まだまだ未完成だけど、だいたいこんな感じかな。

この日の夕飯はこんな感じ。

220510_12.jpg
真ん中の器は先日茶碗まつりで買ったもの。



洋食2連発。
ピザの日。
220510_4.jpg

本日のpizzaは、トマトと葉玉ねぎ。

220510_5.jpg


食後のお菓子はチョコチップクッキーです。

220510_6.jpg



バンガーズ&マッシュ。

220510_7.jpg

黒大豆のサラダ、というか、タブレというか。

220510_8.jpg

2022年5月 6日

この連休中は

近場でちょこちょこ遊びに行って、結構疲れてしまいました。

日曜日は能登半島の付け根、七尾に行ってきた。
七尾までは電車で90分、特急なら1時間で行ける。
七尾美術館で長谷川等伯展をやっていたので、それを見に行ったんだけど、途中で、ダンナが長谷川等伯に全く興味がないことがわかり、あぁ、やっぱ一人で行けばよかった。

220506_1.jpg
その後、海の近くのフードコートみたいなところが楽しくて、他でお昼を食べたばかりだったからお腹は空いていなかったけど、カキフライとか食べて、

220506_2.jpg
それがとても美味しかったので、これは他のものも期待ができる。今度はぜひお腹を空かせて来たいと思った。

その後、駅までフラフラと歩いて、

220506_3.jpg
どうやら二日後には何年振りかの大規模な祭りがあるらしくて、その準備が進んでいた。

能登って、石川県の中でもちょっと特別な感じがあるみたいで、みんな「能登はいい。」って言うんですよ。あと、能登は食べ物が美味しい、とも。金沢だって十分食べ物美味しいじゃんね、と思うんだけど、何かが違うらしい。「この人、ひねくれ者だなー。」と、これはわたし的には賛辞なんだけど、そう思ってる人までもが、「能登はいいですよ。」というわけだから、やっぱ何かがあるのだろう。
七尾より先は、車が無い我々が到達するには、あと何年かかかりそうだけど、そのうち是非。

220506_5.jpg



水曜日は、お醤油さしとレンゲを探しに、能美の九谷茶碗祭りに行ってきた。
天気も良くて人出も多くて、楽しかった。
目的のものは買えなかったけど、つい、また一つ器を買ってしまいました。

夕方には金沢に戻って、県立音楽堂にてラフマニノフ第二番。

220506_6.jpg
更に翌日は、チャイコフスキーの悲愴。

お楽しみの少ない地方暮らしだから、もうクラシックでもなんでもいいや、みたいな感じ。

色々遊んで楽しいゴールデンウィークだった。




自分で使ってるこのお化粧ポーチ、

220506_7.jpg
毎日見ているうちに愛着が湧いて、とても気に入ってるんですよ。
これと同じハンドバッグがあったら、私、買うわ!と思ったので、作りました。

220506_8.jpg

次のデザインフェスタでは、まずはポーチを並べますので、是非お買い上げを。そして半年後には、これと同じバッグが欲しい!と思って頂きたい。

220506_9.jpg






2022年4月29日

ゴールデンウィークに入った。

今年も玄関先のツツジが咲いて、この家で春を迎えるのもすでに4度目になったのだなぁ、と思うと感慨深い。

220430_1.jpg

私はこの借家を気に入っているんだけど、ダンナは、家を買って自分の好きなように手を入れて暮らしたい、という夢を捨てきれないようで、まだ家を探し続けている。
で、一昨日も売家、というか、古い家なので物件的には売り土地として出ているものを、不動産屋に頼んで家の中を見せてもらった。
8年くらい人が住んでいないらしいが、最後はお年寄りの一人暮らしだったのだろう、昨日まで人が暮らしていたかのような臨場感ありありだった。
桐の箪笥が何竿もあって、もちろん触るべきでは無いんだけど、つい出来心で、一箇所、引き出しを開けてみたら、

220430_3.jpg
何と素晴らしい着物が残っていることか!

もしこの家を買うのであれば、ぜひとも着物もいただきたい旨を申し出るところだけど、結局この家は買わないだろうし、静かに引き出しを閉めて帰ってきた。

去年は、戦後にはGHQが使ってたこともあるという古い家を見に行ったこともあった。
床の腐った家の中には素敵な銘仙とかが残っててさ、あぁ欲しい、目の前に売主さんもいるけど、この痛みすぎてるけどちょっと高い家は買えないから、着物が欲しいなんて言えない、と葛藤したものです。
あの家、その後値段下がったみたいだけど、売れたんだっけ。

この調子だと、あと10年はこの家に住むことになると思うな。



只今は自分用のカバンを作ってます。

220430_2.jpg




手羽先、手羽中?の名古屋風。

220430_4.jpg
これも一度、本場で本気の味を試してみないといけませんね。


220430_5.jpg
そういえば今度の名古屋、結局2日間出展出来ることになったので、その時がチャンスだな。


肉じゃが、一口だけブリのお造り、あさりの味噌汁などの、普通の夕飯。

220430_6.jpg


鶏胸肉のロースト。

220430_7.jpg
味付けは、塩、オリーブオイル、レモン、粒マスタードと甘夏のジャムを少量。
じゃがいもとか、ゴボウとか、冷蔵庫のありったけの野菜を駆使して盛り付けて、結構美味しかった。

前日のアサリが少し残っていたので、これも冷凍庫に一切れだけ残っていたタラの切り身と一緒にアクアパッツァ風。

220430_8.jpg
見た目通り、味もそこそこでしたが、半端なものが始末できてよかった。



2022年4月25日

ついでにネコちゃんも

作っておきましょう。

220425_1.jpg
メンズ使用を意識して、表はシンプルバージョンで作りました。

220425_2.jpg
内側はあまり人に見られないから、こんなのが居たって構わないでしょう。

220425_3.jpg


最後にイベント出展したのは12月だった。
長く寒い冬の間、黙々とただただ作り溜めていたのですが、いよいよ5月のデザインフェスタに出展します。
その後は6月に名古屋のクリエーターズマーケットに出展します。
9月には地元金沢のイベントにも出展します。

8月あたり、どこかバカンスがてら出展出来るとこないかなー。





アンコウのムニエル。

220425_4.jpg
隠し味、というか隠し香りにシナモンが入っているので、こう見えてフレンチな味だった。
アンコウ、美味しいですね。


すき焼き、なんだけどさ、

220425_6.jpg
あまりに久しぶりだったので、どうしていいかわからなくなってしまって、こんな一人鍋。
肉は当然コマ切れだけど、ほかに入ってるものも、これでいいんだっけ。

220425_5.jpg
一応、味はすき焼きだった。

すき焼きの中に野菜が少なかったので、ポテサラ、というより野菜のじゃがいも和え、みたいな感じのものと、

220425_8.jpg

タケノコとワカメの酢味噌和え。

220425_7.jpg



鶏肉と野菜のオーブン煮込み。

220425_10.jpg
鶏肉は骨つき、前日の残りの牛肉も加えて、大変コクのある美味しい煮込みになった。
手前にアイスクリームみたいに添えてあるのは、甘くないスコーンみたいなもの。これを崩しながら一緒に食べるととても美味しい。

220425_9.jpg






2022年4月20日

完成形は

結局、最初に計画した通りに落ち着いた。

220420_1.jpg
計画通り、というのは、コウモリ長財布をそのまま小さくしただけ、とも言えるんだけど。

220420_2.jpg
結構ゴテゴテ盛り込んでいるけど、全体的に黒いから、悪目立ちはしませんでしょ?

220420_3.jpg




回鍋肉定食。

220420_4.jpg
小鉢は、小イカと金時草の酢の物と、切り干し大根。



よくわからない揚げ物盛り合わせ。

220420_6.jpg
タケノコとウドのフリット + 小イワシの唐揚げ、ブリの竜田揚げ。
少しずつだったけど、ゲゲ、お腹いっぱいになってしまった。

ウドのきんぴら。

220420_7.jpg
これも結構油っぽくて、お腹に重かったんだよね。
失敗失敗。



今年2本目のタケノコを茹でたので、
タケノコ入り春巻き。

220420_8.jpg
せっかくのタケノコの味が、全く立っていなかったのは何故だろう。


タケノコ、わらび、車麩などの炊き合わせ

220420_9.jpg

昨日はホタルイカも自分で茹でた。

220420_10.jpg
生のホタルイカが1パック90円だったのでね。

慎重に温度や時間測りながら茹でていたら、それが結構時間とっちゃって、その後の春巻き作りに力を注げなくなった結果、春巻きがイマイチだったのだと思う。
90円の誘惑に負けたのがすべての失敗の原因だった。


タケノコがあるうちに焼売を作りたい。
美味しい焼売を作るためには美味しい焼売を知らなくてはいけません。
ということで、JALホテルの中華レストランに行ってみた。
湯気で画面が真っ白ですが、

220420_11.jpg

中身は豚肉と海老、食感のためかチャーシューも入ってたな。

220420_12.jpg
皮も厚めでもちもちしてて美味しかった。

そうそう、こんな味の焼売を作りたいのよ。





2022年4月15日

これは試作第二弾。

220415_1.jpgやっぱもう一本ステッチ入れた方がいいのかなー、どうかなー。

220415_2.jpg

完成は来週に持ち越しだ。




魚と春の食材を食べ続けた週だった。

ホタルイカとわけぎの芥子酢味噌和え。

220415_3.jpg

タケノコとアスパラの炊き合わせ。

220415_4.jpg

やなぎハチメの塩焼き、

220415_5.jpg
は、焦げちゃった。
このお皿でわかる通り、かなりサイズが小さかった。


タラの塩麹焼き。

220415_6.jpg

今日は叩きホタルイカ。

220415_7.jpg
富山で美味しい日本酒買ってくればよかったね。
勝駒、美味しかったよね。


肉じゃがも新じゃがで。

220415_9.jpg

そしてタケノコご飯です。

220415_8.jpg


ホウボウの煮付け。

220415_10.jpg
なんか、ネコちゃんが寝てるみたいに見える。見えない?

煮汁を見てわかる通り、味付けがイマイチだった。
煮付けの味をビシッと決めるのって難しい。
ホウボウは大変美味しい魚だったのに惜しい。

2年ほど前に閉店した近所の魚屋スーパーが、最近また規模を縮小して店を開けてくれるようになった。これは大変にありがたい。きっと近所のお年寄りからの要望が多かったのでは無いかと推測するんだけど、私も積極的に利用して店の維持を図りたいと思っている。品揃えは大変に少なく、泣く泣く高い刺身を買う羽目になることもあるけど。
というわけで、このホウボウもそこで買ったもの。これは安かったよ。

新じゃが、今日はポテサラです。

220415_11.jpg





2022年4月12日

急に暖かくなった。

窓を開けていても寒くなくて、家の中も急に明るくなった。
また寒くなるまでの半年間を、有益に過ごさなくてはなりません。


兼六園は毎年、桜の季節の無料公開、という太っ腹企画をやっている。
この週末は天気も良かったので、すっごい人出だった。


220412_3.jpg

220412_4.jpg

犀川沿いの桜も満開。

220412_5.jpg
ここも、この日は人が多かったな。これでも。



週明けも暖かい日が続いていて、今日は最近にしては機嫌よく過ごしている。

220412_1.jpg




先日言ってた、スニッカードゥードゥルをカントリーマームにしてみたら、の実験。

220412_6.jpg
思ったほどカントリーマームっぽくはならなかったんだけど、

220412_7.jpg
このクッキーは日が経つにつれ、ねっちり感が増していくもののようで、三日目くらいに食べた時は、カントリーマーム的な食感になっていた。





鶏胸肉のチーズ巻き。

220412_10.jpg
途中で疲れてやる気がなくなって、盛り付けも付け合わせもテキトーになってしまったんだけど、食べてみたらとても美味しかったので、それならちゃんと盛り付ければ良かった。

大麦とキヌア、野菜のタブレみたいなもの。

220412_11.jpg


また焼売。

220412_12.jpg
今日の焼売は、ホタテと椎茸入り。

220412_13.jpg

今日はもう地物の筍が出ていた。
そっか、焼売にタケノコ入れるよね。
あと、春巻きにタケノコ入れるとバツグンなんだよね。これも作りたい。

2022年4月 8日

桜が満開になった。



220408_6.jpg220408_7.jpg
ちょうどこの日は小学校の入学式があったようで、満開の桜の木の下で写真を撮る親子連れを何組か見かけた。その幸福な光景が、あぁ、眩しすぎる。眩し過ぎて直視できない。

ので、桜の木の影からチラチラと覗き見。

220408_8.jpg

loserは静かにカバンでも作ろっと。

220408_1.jpg
今回もストラップに力を入れてます。

220408_2.jpg

底幅は12センチあって、収納力もなかなか。

220408_3.jpg

自分で使うとしたら、巾着型にはしないで、トートっぽく手提げにして使うと思う。

220408_4.jpg

言われなければ、帯を使ったバッグだとは思わないでしょう?

220408_5.jpg






焼売をマスターしたいが、ここら辺じゃ点心を売りにした中華飯店も見当たらないし、と思っていた矢先、デパートで横浜中華街展が始まったので、適当に2店舗で焼売を購入してみた。

220408_10.jpg
なんでしょう、コンビニのお惣菜とか冷凍食品とかと変わらないような気がしました。4種盛りを買ってしまったのですが、どれも同じような味がしたし、正直そんなに美味しくなかった。そんな理由で写真もボヤけているのでしょうか。

では別の店の方を。

220408_11.jpg
これは見た目よりは美味しかったけど、そうねぇ、どうでしょうねぇ。
これが8個で1200円なら、絶対自分で作るよね、と思いました。

というわけで、今回の2つは参考にならなかったので、今度ダンナが東京に行ったら、五十番の焼売を買ってきてもらおっと。
脂っこくて甘くてヘビーではあるが、その食感は気に入っていたような気がするんだけど、忘れてしまったので、改めて食べてみたい。
あの当時、神楽坂で出来合いの惣菜を買うところはあそこぐらいしかなかったから、働いていた頃はしばしば買ったものだ。


焼売以外のおかずはこんな感じ。

甘エビを軽く湯通しして酢の物に。

220408_12.jpg

残りは昆布締めにして二日ほど楽しめた。

220408_13.jpg

これはゴボウの胡麻和え。

220408_14.jpg

イワシの塩焼き。

220408_16.jpg

イワシの南蛮漬け。

220408_17.jpg

残り物野菜の煮物。

220408_15.jpg
さつまいも、舞茸、人参、ほうれん草、豚肉少々という苦肉の策。




2022年4月 4日

週末は富山。

220404_12.jpg
日曜日に蚤の市があったので、それに合わせてちょっとした春の行楽、前日入りして一泊してきた。

土曜日のお昼過ぎに着いて、お昼はお寿司。
その日はデパートで買い物したり、電車に乗ってみたり、花見がてらの散歩をしたりして、



220404_9.jpg
220404_10.jpg


220404_11.jpg
夕飯は居酒屋にて、季節柄、ホタルイカの刺身などを食べました。

翌日は朝から蚤の市に出かけて、


富山で生まれた人は、あの壁のような立山連峰の向こうには何があるんだろうか、と考えながら育つのだろうか。




そんで、今日からまたタラタラと自分の作業を始めています。


220404_1.jpg
思ったよりもデニム生地が目立つ。
カジュアル感が強過ぎたかも。


220404_2.jpg



ここのところ、ふきのとうの揚げ物ばっかしてるんですよ。
先日実家に行った時も、持って行ったふきのとうで天ぷら作ってたし。

220404_3.jpg手前のは「かんぞう」。
山菜のようだから、天ぷらで間違いなかろうと思ったけど、あまり香りはしなかった。

分葱のようなものかも、と思って、スペアリブの煮込みに添えてみたけど、

220404_5.jpg
ネギともまた違うようで、あまり味の個性は感じられなかった。

この日のメニューはこんな感じ。

220404_6.jpg
味噌汁には、前日の残りの天かすも入ってるよ。

残り物の使い回しで、最近美味しかったのは、
塩ニシンとブロッコリーのパスタ。

220404_7.jpg
しょっぱ過ぎて食べきれなかった塩にしん、うまく食べきれて良かった。



スニッカードゥードゥル。

220404_8.jpg

そっか。この食感、中にチョコチップを入れて、外側のシナモンシュガーをなくせばカントリーマームになるんだね。それは更に美味しそうだ。

2022年3月31日

金沢も桜の開花宣言

が出ましたが、この写真が表しているように、今日も朝から雨でどんより暗〜い1日だった。

220331_1.jpg
いい絹糸というのは、薄暗い家の中でもきれいに光るものですね。




焼売の皮が残っていたので、また焼売。

220331_2.jpg
石川県ご自慢のしいたけ、「のと115」の小さいのが安かったので、半分はしいたけ焼売。
のと115は小さくても肉厚で美味しかった。



これは塩ニシン。

220331_3.jpg
一人1尾食べるものではないのかしら。
辛口の塩ジャケみたいにしょっぱくて、半分しか食べられなかった。


酢の物は、きゅうりとホタテとギバサ。

220331_4.jpg
この器、使い方をマスターするまで、頻繁に登場するよ。


昨日は鶏肉のキノコクリームソース。

220331_5.jpg自家製パンも絶好調。

220331_6.jpg

今日は写真が少なかったから、こんなのも載せとこ。

220331_7.jpg
「このグラス、ギネス一缶がピッタリ入るのよ。」と、ダンナがご機嫌。
何が嬉しいのかよくわからない。

2022年3月28日

革を買いに、

東京に行ってきた。

木曜日の午後に着いて、まず九段下の器屋さんへ。
引っ越してからもずっとお知らせや挨拶状をくれてたのに、なかなか行く機会がないまま、今月末閉店することになったのを知って、最後に慌てて行って来た。
考えてみると3年半くらいぶりなのに、ちゃんと覚えていてくれて嬉しかったです。


翌日は8時前に家を出て南千住へレッツゴー。


220328_1.jpg東浅草の革屋さんで革を買った後は、近くにシェアサイクルのポートがあったので、自転車を借りて蔵前まで。
この辺りを買い物しながら回るには、自転車が一番便利なので、これは本当にありがたい。



220328_2.jpg一度も行った事がないスカイツリーも、自転車ならちょっと行ってみようかな、と思わないこともない。行かなかったけど。

220328_3.jpg
浅草の観光地は、いつもながら人が多かった。

220328_4.jpg
そうか、もう春休みか。
桜も咲き始めているしね。

220328_5.jpg
蔵前の喫茶店でお昼を食べて、新御徒町まで自転車で行って、そこからは買い物しながら浅草橋まで歩いて、JRのフリー切符を持っていたので、御徒町と日暮里で途中下車して必要なものを買って、買い物終了。

一日中動き続けた割には疲れを感じていなかったみたいで、夕方実家に帰ったあとは夕飯の支度をするくらい元気だった。
金沢に来てから歩く距離が増えたから、以前より体力があるのかも。

翌日はお昼頃に家を出て、午後5時過ぎに金沢に到着する予定だったのに、強風の影響で新幹線が止まり、長野駅で列車を乗り換え、車内で2時間ほど待たされ、金沢に到着したのは午後8時を過ぎてしまった。どっと疲れました。



これがその九段下の器屋さんで買った新しいお皿。

220328_6.jpg

スズキのあら出汁。

220328_7.jpgスズキっていい出汁でるんだよね。スズキのあらを見つけたら絶対買うよね。



スーパーで買った「ブリ巻き」。

220328_8.jpg
ブリ巻きって、珍しくない?
もちろん普通に安かった。



あぁ、なんという事でしょう。
6月の名古屋のイベントの申し込みをするのを忘れていた。
忘れていたというか、募集開始のお知らせがくるものと勘違いしていたら、そんなものは無くて、気がついたらとっくに募集は終わっていた。がーん・・・
ミニブースで日曜のみの出展枠ならまだ残っているようなので、とりあえずそれで申し込んでおきましたが、これは経費のことも考えると、日帰りも視野に入れないといけません・・・

っていうか、今回革たくさん買ったのに、作っても売る場所がない・・・・







2022年3月23日

冬の間に作ったブラウス、

そろそろ着られる季節かなー、と思って再検証していると、

220323_1.jpg
すぐにでも作り直したくなったので、今、それをやっている。


220323_2.jpg
型紙を直して、全く同じものをもう一着。
地元の生地屋で買ったこの生地、たっぷりあるから更にもう一着くらい作れそうだ。



夕飯の写真が溜まっていた。


カレイの塩焼き。

220323_3.jpg

焼売。

220323_4.jpg
ガスえびのむき身を冷凍してあったので、それも入れて、ちょっと複雑な味の美味しいシュウマイになった。

220323_5.jpg
焼売って美味しいね。


ホタルイカと分葱の酢味噌がけ。

220323_6.jpg


パーティーみたいな夕飯。

220323_7.jpg
メインはソーセージ。

220323_9.jpg
小松菜をイタリアン風に炒めたもの。

220323_8.jpg
こんなクタクタに炒めた青菜なんて・・・と思ってたけど、これはマジ美味しかった。

ふきのとうのフリット。

220323_10.jpg
衣にmy secret sourdoughを加えたら、とても美味しいフリットになったんだけど、この写真はイマイチ美味しそうじゃない。

よし、翌日もう一回。

220323_11.jpg

これはギバサのフリット。


220323_12.jpg
以前住んでいた家の近くのイタリアンのランチで、前菜、というか突き出し風に出てきた青海苔のフリットがこんな感じだった。本当は青のりじゃなくてなんかの海藻を使うようなことを言ってたけど、まさかギバサじゃないよね?

220323_13.jpg
そのイタリアンの店さぁ、若いお兄ちゃんが一人でやってて、雇われ店長だったみたいで、独立するためにその店は閉めて、今は物件を探してる、という話までは聞いていたんだけど、その後まもなくコロナ騒ぎが始まって、どうしたかなぁ。
新しく始めたら連絡します、と言って紙とペンを渡されたので、住所と名前を書いたけど、今時はメールアドレスを書くものらしいですね、お兄ちゃんも一瞬固まってましたよね。あ、そうなの?と、メールアドレスも書き足したような気もするけど、その後連絡はありませんね。

あそこら辺に15年くらい住んでたけど、近所に知り合いはいなかったので、外を歩いていて挨拶する人はクロネコヤマトのおじさんと、イタリアンのお兄ちゃんくらいだったな。
そんな気のいいお兄ちゃんだったから、きっと新しいお店もうまくいっているに違いないと思う。



2022年3月18日

もちろんドクロマークは

無くて良かったんだろうと思いますけど、

220317_1.jpg
まぁ、あってもいいじゃないですか?

シンプルな形だけど、細部でちょこちょこ工夫してみた。
パイピングにデニム地を使ってみたり。

220317_2.jpg

サイドは黒革で引き締める。

220317_3.jpg

久しぶりに楕円底の型紙を引っ張り出して、今回は円周50センチを使用。

220317_6.jpg

高さは17センチで割と小さめなので、最近はあまり言わないかもしれないけど「ポシェット」って感じ?

220317_5.jpg
オッケー、明日は燃えないごみの日ね。




鯛の煮付け。


220318_1.jpg
こうしてみると立派な、そしてテラテラと邪悪な感じさえする鯛に見えますが、実は1尾100円くらいの、物足りないくらいに小さい鯛だった。


あとは有り合わせのポテサラとか、味噌汁は今日もギバサね。

220318_2.jpg
この1ヶ月くらい、もう大のお気に入りで、頻繁にギバサ食べて免疫力アップしてるはずなのに、あぁ、何故か今年は花粉症の症状が激しいわ。
今だって、鼻から上がボワーンとしていて、まともに頭が働いていない。


今週はダンナが3日もいなかったので、他にお料理はしていなかったんだけど、代わりに一回パンを焼いた。

220318_3.jpg
冬の間は自家製酵母プラス+イーストで焼いていたんだけど、微妙に気温も上がってきたし、今回は酵母のみでやってみた。
ちょっと酸味が出しまったけど、やっぱりこの方がかみごたえがあって美味しい。

パスタはホタテとトマト、キャベツです。

220318_4.jpg


あー、鼻水が出るー。

2022年3月14日

気分はどんより、

何をするのも気持ちが乗らないんだけど、原因は花粉でしょうか。 鼻がグズグズ。


これは、だいたい自分の好きなように進んでいます。

220314_1.jpg
取っ手をどうするか。
私はハンドバッグ的にぶら下げて持ちたい派なんだけど、最初のイメージはこんな感じだったので、

220314_2.jpg
やっぱ斜めがけ型かな。

っていうか、シャネルを手本にしているとは、驚くわ・・・





久しぶりに作った、大根のチーズ重ね蒸し。

220314_3.jpg
これはホントに美味しいね。

あとはブリのお刺身を少々と、

220314_4.jpg
ガス海老の唐揚げ。

220314_5.jpg





2022年3月11日

今日は暖かい!

外に出たら花の匂いがした。
神様ありがとう。春は必ずやって来るものなのですね。
東京にいた頃は、暑い夏が終わって涼しい風が吹くと、あぁ終わった、秋になった、と安堵し、自然に感謝したものだけど、こっちきてからはそれが春になった。
って、去年も書いたっけ?
もうトシだからなんでもすぐ忘れて、また来年同じこと言うよ。


ま、またそんなもの作ってんの?

220311_1.jpg
・・・やめといたほうが・・・

220311_2.jpg



当てもなく買っておいたイカをどうしようかと思って、何故かイカメンチ。

220311_4.jpg
不味くはないけど、正解がわからない。
だいたい何をつけて食べればいいのかもわからなし。

220311_5.jpg
これはもう一度青森に行って食べてこなくてはいけませんね。


いつものチキンカレー。

220311_6.jpg
今日はサツマイモとほうれん草も入って、ちょっと健康的。
カレーにサツマイモが入ってるのって好きなの。


2022年3月 8日

自分用のポーチの

ガイコツがイマイチだったので、戯れに練習してみたらぐんぐん上達して、

220308_3.jpg
とうとう作ってしまいましたよね。

220308_2.jpg
ダンナに「なんか怖いんだけど・・・」と言われたけど、よく見て。結構不細工でかわいいのよ。

220308_1.jpg


告白しますが、お気に入りのダウンジャケットにもガイコツマーク、付いています。
ガイコツマークのキャップも持ってるし、Tシャツも着ています。
世間の常識では、何歳までガイコツを着ていいのでしょうか。




引き続きイワシ祭りな夕飯。

イワシとジャガイモのパン粉焼き。

220308_4.jpg
220308_5.jpg

再びイワシの塩焼き。

220308_6.jpg
今度はちゃんと串を打って見栄えも整えてみた。
今朝取れイワシ最高。

がんもどきと大根の煮物。

220308_7.jpg



これは、いろんなものを少しずつ、な夕飯。

220308_8.jpg

切り干し大根を煮たのは、とても久しぶりだったけど、美味しいですね。

220308_9.jpg
今後はもっと利用しよう。


スコーン食べる?

220308_10.jpg




2022年3月 3日

先日のお化粧ポーチは、

旧モデル同様の外ポケットをつけて、こんな感じに落ち着いた。

220303_1.jpg
ただ、自分の使い古したポーチを眺めながら、結局これはこの猫ちゃんのポーズ

220303_2.jpg
が可愛かったのかも、と思うに至って、こうなった。

220303_4.jpg
旧モデルと土台の形が変わっただけ、という結果になってしまったけど、ま、マイナーチェンジ、ってことでオッケー。

220303_3.jpg





今週はイワシ全開。
イワシの塩焼き定食。

220303_5.jpg
イワシにピントが合っていなくても、盛り付けがイマイチだったのは明白。
イワシであっても、次はちゃんと串を刺して焼いてあげよっと。


イワシの唐揚げ。

220303_6.jpg
竜田揚げにしようと思っていたのに、下味をつけるのをすっかり忘れていたので、ただの唐揚げになった。
ちょっと物足りない味だった。
唐揚げはもっと小さなイワシの方が美味しい。


これは少し前の、酢締めにしたイワシ。

220303_7.jpg
テキトーな盛りだけど美味しかったです。

そして今日もイワシの予定。

2022年2月28日

ネコの横顔がま口

2点、ネットショップにアップしました。

220228_1.jpg
先日も書いたように、左右で違う革を使っているんですよ。
厚みや柔らかさが違うと、左右で脇の張り具合、というか飛び出し具合というかが違ってしまうのではないかと心配したんだけど、うまく厚みを合わせられたようで、左右対称のきれいな形に仕上がったと思います。
ネットショップの方も、是非ご覧くださいませ。
https://watanabebrd.thebase.in

220228_2.jpg
(なんか白黒写真みたいになっちゃった)




いよいよ冬も終わりに近づいてきた。
今冬は雪も多く寒かったので、あぁよく頑張ったなー、という感慨がある。
この週末は気温も少し上がり、天気もそこそこよかったので、春になったのかと勘違いして散歩に出かけ、坂を下ろうとしたら、

220228_3.jpg
なんかスキー場の林間迂回コースみたいになってた。全然春じゃないじゃん。
ここは引き返して階段で坂を下り浅野川に出る。

220228_4.jpg
川もまだ雪景色。
でも、空気は微妙に春っぽかった。




豚ロース肉2連チャン。
味噌焼きと

220228_5.jpg
とんかつ!

220228_6.jpg
丸いのはジャガイモ。新ジャガも出始めたね。


鯖2連チャン。
知らなかったが、鯖を普通にオリーブオイルとニンニクで焼くと美味しい。

220228_7.jpg

ロメインレタスのサラダはモリモリ過ぎて動物の餌みたいだけど、レタスが甘くて美味しかった。

220228_9.jpg

あとは人参と菊芋のポタージュ。

220228_10.jpg


鯖の照り焼き定食。

220228_12.jpg

220228_11.jpg
この頃、地元の鯖とイワシが、どこでもいつでも安いので、鯖の登場回数が多かった。
よし、今週はイワシで攻めよう。