2021年11月30日

お財布ができたら、

211129_1.jpg次はパスケース。

211129_3.jpg
デザインフェスタの時には、割と地味目な色のネコちゃんしか残っていなくて、見た目の楽しさに欠けていた反省があるので、今回は人目を引きそうな色味を追加しました。

ついでにカードケースも少々追加しとこ。

211129_4.jpg

あぁ、おネコさん達よ、名古屋でも頑張ってね。

211129_2.jpg


土曜日、初めて国立工芸館に行ってみた。

211129_10.jpg
竹橋にあった頃は、ジョギングでいつもその前を走っていたけれど、今は街に出るときの通り道沿いにある。なので、超地味で知らない人も多い国立博物館だけど、私には結構馴染みがあるのですよ。
竹橋にあったのを、ここ金沢に移転させたのは馳さんなんだよね。
その馳さんは、来年の石川県知事選に立候補している。

工芸館を見た後は、隣の県立博物館で、お茶をしてから企画展を見て、その後街に出て、ラーメン食べて、東急ハンズで遊んで、デパートで夕飯の買い物をして帰ってきた。
模範的な金沢市民の遊び方と言えよう。

帰る頃にはすっかり夕暮れ。

211129_11.jpg
もうすっかり冬ですね。




安い!旨い!炒りこんにゃく。

211129_5.jpg

かぶら蒸し。

211129_6.jpg
中はカニカマとキノコ、という庶民バージョン。

メインは生姜焼き。

211129_7.jpg
全体的に庶民的な食卓でした。

2021年11月25日

今日も荒天。

薄暗く、ゴロゴロと雷がなり続ける1日だった。
そろそろ本格的に冬に入るようだ。


いつものお財布。

211125_1.jpg
晴れたらネットショップ用の写真を撮りたいけど、この天候ではいつになるのやら。

211125_2.jpg


おせんべじゃないよ。

211125_3.jpg
これはスニッカードゥードゥル。
って何?
ネットで見かけたレシピに、これを作るときにはクリームオブターターが必須、みたいなことが書いてあった。ちょうどスーパーで半額になっていたクリームオブターターを買ってあったので、よし、作ってみよう。

外は軽くてカリッとしていて、中はねっちりした食感のクッキーでした。
美味しい。

211125_4.jpg
で、クリームオブターターがどう作用しているのかはわからなかった。
何故なら、他のお菓子でもクリームオブターターを使ったことがないので。
ベーキングパウダーでもいいような気もするけど、それは違う、とも書いてあった。



本鮪の切り落としを、フライパンで焼いてポン酢をまわしかけて煮詰めてしまったら、なんかあんまり美味しくなかった。

211125_5.jpg
ごめん、このマグロ、本当はもっと美味しくなれるはずのものだったのに。

キャベツと豚肉の辛子醤油和えとか、

211125_6.jpg
ナスの田楽などの副菜は美味しかった。

211125_7.jpg


ロールドチキン、なんて料理あるっけ? チキンロール?

211125_8.jpg

中にマッシュルームとかドライフルーツとかチーズを入れて巻いてオーブンで焼いたもの。

付け合わせはもち麦のリゾット。

211125_9.jpg


豚キムチ!

211125_10.jpg

豚キムチパワーで写真の色も明るく、食卓がチアフル! 幸せの食卓!

211125_11.jpg


2021年11月22日

今年の11月は

毎週末が忙しい。
先週の土曜日は、家の用事で、日帰りで長野に行ってきた。
先月義母と一緒に行ってから1ヶ月しか経っていないのに、季節はすっかり移り変わり、山は赤く紅葉し、私はダウンジャケットなぞを着て行きました。先月はペラッペラのブラウス一枚で行ったのに。

そしてここ金沢も、今年の秋は天気がよく気温も高めが続いたけれど、今日はいよいよ朝から冷たい雨が降り続いております。
本日はお財布を作っているけど、家の中も真っ暗で写真が撮れなさそうなので、今日は溜まったご飯の写真を一挙に載せよう。


11月7日だったか、ズワイガニ漁が解禁になり、魚屋の店頭は一気に真っ赤になった。かと思いきや、その後シケが続き、しばらくは漁に出られなかったらしい。
それでも気分はもうすっかり蟹になっていたので、鳥取県の蟹だけど、ま、いいや。

211122_1.jpg

北陸に引っ越して4回目の冬。もう蟹も自分で茹でられるよ。

211122_2.jpg

そして、今や東京でも有名ですか? 蟹面、風な盛り付け。

211122_3.jpg



鯖定食。

211122_5.jpg
シメサバOKと書いてあったから、半身はしめ鯖に。

211122_6.jpg
雑な盛り付けであまり美味しそうに見えないけど、これは美味しかったな。




最近、いつもお正月に使っているお盆を普段使いするようになった。


211122_8.jpg
少々割れたりしていたので、先日京都に行ったときに新しく2枚購入したんですよ。
なので、古いのは普段使ってボロボロにしてから捨てることにした。
お盆使うと運ぶのも楽だし、食べる量もコントロールできるような気がして気に入っている。
こんな普通のおかずも、なんかちゃんとしたものに見えるし。

211122_10.jpg

お酒も映える。

211122_11.jpg




これまで自分で作ったピザ生地に満足したことがなかったけど、これは成功だった。

211122_12.jpg
いつもの、自家製酵母のパン生地にちょっとオリーブオイルを加えて薄く伸ばしただけだけど、ちゃんとしたピザ生地になっていた。もっちり感もすごい。
美味しかった。

上はブロッコリーとかアンチョビとかのピザ。

ブロッコリーの茎はポタージュに。

211122_13.jpg

これはマッシュルームとか生ハムとか。

211122_14.jpg

これで、二人で小麦粉250グラムも食べちゃってるんだけど、大丈夫なのか?

211122_15.jpg

2021年11月17日

デザインフェスタ終了しました。

今回も、ご来場いただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

今回は、いつもより品数少なめにして、見やすい売り場作りを心がけたのですが、出来上がったブースは、

211117_1.jpg
いこれまでと大差ないように思われますね。
多少すっきりしたんですけどね。

今回new openの売り場はここ。

211117_2.jpg
急にポップでかわいい店になったわ〜、と嬉しかったし自信作でもあったのですが、残念ながら全然注目度低かったです。おっかしいなぁ、これ持ってたらすっごく楽しい気分になれると思うのに。

やっぱり一番人気はあいかわらずネコちゃんだった。

211117_3.jpg
よーし、また頑張って作ろう。



今回は、実は4泊5日も東京に行っていた。
ダンナが木曜日に仕事で東京に行く用事があったから、その時一緒に上京し、木曜日は材料屋巡りをして、ちょっと実家にも顔を出して、その日は京橋あたりのホテルに泊まって、翌日はダンナが仕事に行っている間、一人でご機嫌で銀座中を歩き回り、新宿に移動してまた歩き回っている途中にはもうすっかり疲れ果てて、ぐったりしながらダンナと合流して、懐かしの神楽坂のイタリアンで食事をして、もう一泊ホテルに泊まって、翌日からデザインフェスタ。
考えてみればその前からもうずっと疲れていた、二日間大丈夫かしら、と心配したわりに、結構平気で、楽しく順調に終えることができました。よかった。

デザインフェスタに行くといつも、顔見知りのお客様とか出店者さんとかに会えて楽しい。
いつも皆様に感謝しております。
これからも、見捨てられないように、頑張ります。


後半二日間は実家に泊まって、月曜日に帰ってきた。
なんか、すっごく遊んだ気がした。
とても疲れたけど楽しかった。
ね、

211117_4.jpg
ねこちゃん!

211117_5.jpg


2021年11月10日

あっという間に

今週末はデザインフェスタ。

このがま口には

211110_2.jpg
いぶし銀の口金をつけようと思っていたけど、取り寄せるのを忘れてた、と言うか、わざわざそれだけ取り寄せるのも面倒だった。かといって、これはどうしてもシルバー色ではない気がするので、今回は家にあった、ちょっといい(と、自分では思っているが、古いデッドストックものなので、キズがあったりはします。)口金を使うことにした。

211110_3.jpg
さらにエレガント度が上がりました。

211110_4.jpg

こちらは、以前にも言ったように、試作で作ったカバンを崩して作った、リメイクのリメイク、なので、お値段もほどほどに、4000円でいかがでしょうか。まだ高いですか?
是非、お手にとってご判断くださいませ。

211110_1.jpg

デザインフェスタでお待ちしております。



今週の夕飯。


ぶりの照り焼きと、

211110_5.jpg

ふろふき大根。

211110_6.jpg
豚肉の竜田揚げと、ネギとゆず乗せ。



鶏肉のネギ蒸し。

211110_7.jpg

ぶり大根。

211110_8.jpg
このぶりのアラも、天ぷら屋さんでもらったアラなんだけど、先日の鯛のアラ同様、やはりとても美味しかった。
と言うか、これってアラなの?
わたし的にはこれは身として扱うレベルの部位なんだけど。


2021年11月 9日

週末に京都へ。

またいつ行動制限がかかるかかわからないので、動けるうちに出かけておこう。
外国人観光客が戻ってくると混むので、今の内に日本人だけの京都を楽しもうではないか。

ご五条坂から歩いて清水寺へ。

211108_1.jpg

一昨年の夏にはイベントで京都に来たけど、あのときは全く観光をしなかったので、あぁ、久しぶりにこの景色を見た。

211108_4.jpg

211108_5.jpg
清水の舞台から京都駅方面を見ると、随分ビルが増えたことがわかる。建設中の建物も多いようで、あちこちでクレーンが稼働しているのもよく見えた。

211108_6.jpg


211108_2.jpg
その後、三年坂にある小さな美術館に行って、そのまま歩いて街に出て


211108_8.jpg
買い物をして、夕飯。


今回は「気軽な京都旅行」に徹するべく、夕飯も予約はせずに適当に入ることにして、入った店がアタリだったので上機嫌だった。

211108_9.jpg


翌日は朝から東寺のガラクタ市へ。

211108_11.jpg

211108_12.jpg

以前ここでアザラシのがま口を買ったのは何年前の事だっただろうか。
ふらふらと見て回っていると、ある店のダンボール箱の中に、見覚えのある小箱が一つ。
こ、これは! 開けてみると、そこにはアザラシの二つ折り財布が入っていた。
さらに、もう一つあった箱を開けてみると、そこにも同じメーカーのアザラシの小銭入れ。
二つで2000円、と言われて迷わず購入しました。
「随分前からそこにあるけど、箱開けたのはお姉さんが初めてだね。」
「私、この箱知ってたんです。」
あぁ、なんと楽しい骨董市。

午前中いっぱいガラクタ市で遊んで、午後は東寺見学。
仏像の前で座ったら、疲れすぎて立ち上がれず、必要以上に長時間仏像を眺めてしまったり、特別公開中の五重塔の中を見たり、で楽しかった。

211108_13.jpg

その後は、東福寺へ。
東福寺といったらこの光景ですが、

211108_15.jpg
まだ紅葉には早いようで、全体的には緑色だった。
その代わり人も少なくてよかったです。
一度、紅葉真っ盛りの時に来たときは、通天橋の上から人がこぼれ落ちそうなくらいに混み合っていたものね。

211108_16.jpg
今年は天候が不順だったので、紅葉の前に枯れてしまう葉も多く、あまり綺麗な紅葉にならないのではないか、という意見も聞きましたが、なるほどそんな感じもしたよ。


そして日が暮れて、

211108_14.jpg
6時ごろの列車に乗って帰って来た。

お気軽ないい旅行だった。


いつも京都に行く時には、結構食事に力を入れていたんだけど、歳もとってそんなに食べられなくなったし、今回はこんな感じ。

1日目 昼 喫茶店でエビヘレカツサンド。(ヒレカツ、じゃなくてヘレカツ、って書いてあった。これがすっごく美味しくて、喫茶店のオヤジ、腕いいね。)
    夜 割烹みたいな居酒屋みたいな店。安いわりにちゃんとしていてとても良かった。

2日目 朝 ホテルのビュッフェ。
    昼 ラーメン。
    夜 電車の中でお弁当。

ね、お気軽でしょう?











2021年11月 5日

今週は

おもに、ネコグッズの写真を撮ったり

211105_1.jpg
自分の服を縫ったりして過ごしている。

あまりに遅いんだけど夏場の疲れが一気に出て来たようで、とにかく疲れちゃって、デザインフェスタに向けてのテンションも上がらず、カバン作りも打ち止めにしてしまった。
来週末までに体力を回復しておきます。



生クリームの消費期限が切れている。
何処かで貰った、封もあけていない抹茶も使ってしまいたい。
ちょうどよく、お菓子用のチョコレートチップもある。
というわけで、抹茶のマフィン。

211105_2.jpg

果物が入っていないので、その分水分が足りなかったのか、ちょっとパサパサしてしまった。

211105_3.jpg
味は、まぁ、フツー。
私だったら2度は買わないな。



県産の大根が出始めた。

211105_5.jpg
柔らかくて美味しい。

半年ぶりくらいにいつもの天ぷら屋に行ったら、今回はお土産に、魚のアラをくれた。
さすがに飲食店で使っているアラは、モノがいい。

211105_6.jpg
すごく美味しい鯛のあら汁ができました。

211105_4.jpg




北海道展で買ったソーセージ。

211105_7.jpg
お値段の割には、ごめん、意外に普通でした。


珍しくチキンカツ。

211105_8.jpg
美味しー!


プロ出汁、という商品を時々見かけるのですが、これは鶴来の醤油屋かなんかが作っている人気商品らしいので、先日鶴来に行った時に買ってみた。
で、それで煮たおでん風の煮物。

211105_9.jpg
確かに。
おでん屋みたいな味になった。



いつの間にか、紅葉が進んでいますね。

211105_10.jpg


2021年11月 1日

今日はこれを仕上げる。

211101_1.jpg
あーあ、再来週はもうデザインフェスタなのに、結局カバンは全然作らずに、小物ばっかり作ってた。

211101_2.jpg

それならそうと覚悟を決めて、今後はネットショップにもねこちゃん小物をじゃんじゃんアップしなければなりませんね。



土曜日、天気が良かったので、電車に乗って30分、白山市の鶴来というところに行ってきた。
金沢市民が初詣に行くところ、というイメージがあるのみで、予備知識は無し。

お酒の名前にもなってる手取川。

211101_4.jpg
手取川周辺はジオパークとして認定されているらしいです。
ジオパークってイマイチよくわかってないけど。

いつも出発が遅い我々は、この季節、目的地に着くとすでに夕方が近い。

211101_3.jpg

211101_5.jpg


白山比咩神社の表参道。

211101_6.jpg
木がデカい。

211101_7.jpg
木が大きいだけで、何かちょっと神秘的。

211101_9.jpg

だけど、神社そのものは割と普通でした。

211101_8.jpg

・・・自分の撮った写真が面白くない。
鶴来で一番印象に残っているのは、商店街にあった、なんとか百貨店。名前は忘れた。入り口から見ただけでもゾクゾクするほど懐かしい感じのお店だった。
あと、旧道沿いの古い町並みもよかったし、古びた駅もよかったんだけど、そういう写真を撮ってこなかったところをみると、さては私は疲れていたようだ。




夕飯の写真再開。

ぶり大根。

211101_10.jpg
今年は北海道のブリがよく出回っており、脂はノリノリ。
この前日はブリカマを焼いて食べたら、脂が多すぎてちょっと気持ち悪くなるくらいだった。

外で食べたブリのお造りも、2回続けて北海道産だったな。


211101_11.jpg

義母が来ていた間、景気よく呑み続けたダンナ。
1ヶ月ぶりの休肝日、の、カレー。

211101_12.jpg


これは本日のランチでございます。

211101_13.jpg
しめじ、サツマイモ、生クリーム、チーズのパスタ。






2021年10月27日

マルルゾロ さんの

ファイナルセールも終わり、預けていた商品が戻って来た。
今回もたくさん売ってくださってありがとうございました。
お買い上げいただいた皆様にも厚く御礼申し上げます。


ねこガマが残り一個になったから、とりあえず、これを補充しておこう。

211027_1.jpg



うちの金木犀、とうとう今年は咲かないのかなぁ、と思っていたら、先週末ごろからようやく咲き始めた。と思ったら、にわかに町中が金木犀の香りになった。
こんなに遅い開花が、かつてあったでしょうか。

211027_2.jpg

自分の記録によると、一昨年は9末に咲いていた。


金木犀が咲き始めた頃、義母は東京へ帰りました。



庭の生き物シリーズ。
蜘蛛。

211027_5.jpg
この時期になると、もうすっげーデカイの。
一緒にいた雄グモはとっくに食べられちゃったみたい。

引っ越して来た頃、あまりに蜘蛛の巣が多いので、蜘蛛の巣ジェットを買ったんですよ。
このサイズの蜘蛛が、シュッ!ぽとっ。くらいの速さで駆除できるのが、逆に怖くて、それ以来使っていない。
基本的には「蜘蛛の糸」の呪縛から逃れられず、蜘蛛は殺さないことにしています。




2021年10月22日

先日、

色物の革とファスナーについて書いた時に思い出してしまった、ピンクの革とピンクのファスナー。
これでお財布をじゃんじゃん作ろうと思ったのに、全然反応が悪くて、そのまま革もファスナーも残ったままになっていた。
せっかくだからこれで一個作ってみた。

211022_1.jpg
ネコちんが「カーーーッ!!」って言ってるつもりだけど、ちょっと口の開き方が違いますかね。
かわいいような気もするし、割と上手くできたけど、なんかノれない。
どうせ売れないんでしょう?この色。みたいな気分になっているのかもしれないし、自分もあんまりこの色が好きじゃないのかもしれない。

211022_2.jpg
とりあえず、これはこれだけにしておいて、次はなんか違うもの作ろーっと。


義母が来ているので、朝はNHKを見ながら朝食を摂っているんですよ。
昨日、ニュースのシメに「金沢上空には大きな虹が出ています。」(もちろん地方局ニュース)。
うちからも少しだけ見えた。

211022_3.jpg





2021年10月18日

やっぱこの革は

名刺入れを作るのがベストだったようだ。

211018_2.jpg
パリッと綺麗に仕上がった。

カエルのポーズは「よぉ!元気?」

211018_1.jpg
名刺もいっぱい入るので、ビジネス使用もできますよ。

211018_3.jpg
こんな絵のついた名刺入れ、仕事で使えねぇよ、という方は、是非、カードケースとしてお使いください。



最近また頻繁にパンを焼いているんだけど、季節も変わり気温が低くなったせいか、もしくは酵母の力が衰えたのか、夏場のようにふんわりした食パンが焼けなくなってきたので、イーストを投入。

211018_4.jpg
見た目売ってるパンに近くなってきたけど、味はもう一つ、いや、もう二つ。



久しぶりの庭の生き物シリーズ。

211018_5.jpg
ヤモリ。

211018_6.jpg
この日はとても暖かく、この時は義母に庭の草取りをしてもらっていたんだけど、その後めっきり寒くなり、義母は二度と庭には出ず、暖房の入った部屋に籠っています。




2021年10月11日

もう一つ前回と同様の


小銭入れというかパスケースというか、を作ろうとしたら、黄色いファスナーの残りが少なく、同じものを作るには少々足りない。なので、仕方がない、前に作った小銭入れの大きさにして、もう一つ。

211011_1.jpg
小さいから、今回はカードスロットは一つだけ。

211011_2.jpg
中も、カードも入るけど、やっぱ小銭入れサイズだな。

211011_3.jpg

色物の革を使う場合の問題点は、ファスナーですかね。
コンスタントに売れる確証がないと、黄色いファスナーなんか3メートルとか5メートルとかでは買いたくない。変わった色のファスナーを何メートルも買って失敗した事が、以前にもある。

211011_4.jpg


とりあえず、次はファスナーを使わない名刺入れを作ろう。



あ、マルルゾロ さん、吉祥寺でファイナルセール開催中です。

211011_5.jpg






長野の善光寺に行ってきた。

211011_6.jpg
牛に引かれて善光寺参り、ならぬ、義母に引かれて善光寺参り。

211011_7.jpg
参道も境内も、かなり賑わっていました。

211011_8.jpg

滞在時間3時間足らずだったので、全然写真がないんだけど。

211011_9.jpg


突然「善光寺に行こう!」ということになり、ダンナが一夜漬けであれこれ調べた結論は、「長野とは、善光寺なり」。
2,3時間の滞在では、ダンナの説が正しいかどうかは判断できなかった。
家から一時間半もあれば行けるので、今度はゆっくり散策してみたい。



2021年10月 6日

今日も真っ黄っき。

こんなカードケースと言うか、小銭入れと言うか。

211006_1.jpg
この場合、カエルにカードを持たせたらいいのか、小銭を持たせたらいいのか、わからなくて、何故か「ピース!」。
でも、どうせこだわってたのは自分だけなんだから、「ピース!だって「ちょっとお待ちくださいな。」だって、

211006_11.jpg
もうなんだってええがな。

キーホルダーがついてるけど、ブラブラして邪魔な場合は、ここに

211006_2.jpg
仕舞えます。

裏側にはカードスロットが二つ付いているので、

211006_3.jpg
パスケースとしても使えます。

通常お財布等を作るときは、縁は折り返しで仕上げたい派だったんだけど、

211006_5.jpg
ここも少しサバけて、今回は切りっぱなし。

211006_6.jpg

という感じで、まだまだ黄色い毎日を送っています。



これは一週間くらい前の夕飯だったと思う。
ブリカマと

211006_8.jpg
冬瓜の煮物。

211006_9.jpg

いつだったか、のお昼のパスタ。

211006_10.jpg

只今は、2ヶ月ぶりに義母が滞在中なので、しばらく食事の写真は撮っていませんが、お客様が来るとちょっと贅沢もできて、昨日はお寿司を取って食べた。
明日は魚屋さんで刺身の盛り合わせ頼んであるんだ。楽しみ〜。



2021年9月30日

カエルの研究。

まずはカエルのパスケースを作った。

210930_1.jpg
つるんとし過ぎていてるのかもしれないし、空間が余っている感もある。
が、この黄色が醸し出すレトロな感じと、ちょっと発展途上なイラストがマッチしていると思って、良しとした。

カエル、上手くなったと思うんだよね。
前回作ったのがこれですから。

210930_2.jpg
これは、あまりに得体が知れなさ過ぎて、とても人前に出す勇気はなかった。
今回は、そこそこ昇華できたと思います。

この黄色い革は厚くて硬いので、小銭入れにはピッタリなのですが、以前試作したのはイマイチだった。

210930_3.jpg

型紙を練り直して、ついでにカエルも付けちゃおっと。

210930_4.jpg



しいたけの肉詰め、

210930_5.jpg
というか、肉に埋まったしいたけ、というか。

冬瓜の煮物。

210930_6.jpg



少しづつ脂の乗ってきたブリ。

210930_7.jpg
すだちをかけて食べると美味しい。

ダンナが大葉を普通に食べてたけど、ごめん、言うの忘れてた、それって玄関先の植え込みに勝手に生えてたヤツなのよ。一応洗ってあるけど、私は食べてないよ。

茶碗蒸し。

210930_8.jpg






2021年9月27日

黄色の研究。

210927_1.jpg「緋色の研究」というのがありましたが、どんな話かは忘れた。
シャーロックの「study in pink」は面白かったな。

分厚い黄色い大きな革が、ほぼ使われないまま一枚残っているので、これをどう使うかを考え中。

まずはパスケースを作ろうと思ったけど、この色の感じはネコちゃんではない気がするので、よし、カエルでいってみよう。




木曜日は休日だったので、ダンナと一緒に映画を見に行ったにもかかわらず、、翌日金曜日も一人で、2ヶ月ほど前に出来た巨大イオンモールの中の映画館に行ってきた。

210927_2.jpg
あぁ、久しぶりに触れたcivilization。
こういうのを喜ぶと、なんと浅薄なヤツなのだ、とダンナに嫌味を言われるんだけど、若い頃はこういうところによく行ったものなので、なんか懐かしい気分で楽しくて、懐かしついでにマックで月見バーガーも食べちゃった。

夜の8時過ぎでも物販店もやってるし、人もいるし、ここは金沢市ではないので、飲食店も9時までやっている。そういうのも久しぶり。

210927_3.jpg
タクシー乗り場にはカラのタクシーまで待っている。
それに乗って、行きは1時間半ほどかけて来た道のりを、帰りは20分くらいで家に着いてしまった。
秋の夜遊びが楽しかった。
映画もオアシスのライブドキュメンタリーだったし。


昨日も外食したので、夕飯を作ったのは土曜日の1日だけでした。
鮭の蓮蒸し。

210927_4.jpg

ただ今、うちの糠床が絶好調。

210927_5.jpg





2021年9月23日

先日の試作品リメイク。

210923_1.jpgこれは自分用だな。
リメイクテイスト激し過ぎる。
内側も、こんなツギハギだし、

210923_2.jpg
裏側では、ベルト通しパーツを再利用した、意味の無い飾り。

210923_3.jpg

古着デニムを使うのと同様、バッグをリメイクすると、新たに手を煩わせることなく面白いパーツ使いができて、面白いですね。
そして、帯地を全面に出した名刺入れって作ったことがなかったけど、こういうのもエレガントでいいと思った。

210923_4.jpg
この丸い底鋲を小物のパーツに使うのはいいアイデアかも。


こっちのがま口は、

210923_5.jpg
口金はまだ仮付けなので、これはいぶし金にする予定。
革がなかったので、肩掛けストラップは無し。
しかも、リメイクだと知らせてしまっているので、これはデザインフェスタでお安く提供するつもりです。



すだちが余っていたので、すだち入りのバターケーキを作ってみた。

210923_6.jpg
な、なんかシワシワしてる・・・
と思ったら、それもそのはず、すだちの果汁を多量に入れすぎて、中もこんな感じ。

210923_7.jpg
見た目、完全に失敗作だけど、これが結構美味しかった。
表面のアイシングのおかげかも。
粉砂糖がなかったのでグラニュー糖を使ったんだけど、ジャリジャリ感が美味しかった。




鳥の唐揚げ、ねぎソースかけ。

210923_8.jpg




のどぐろは、

210923_9.jpg
小さいから一人2尾ね。

副菜は緑色ばっかりになってしまいました。

210923_10.jpg







2021年9月21日

立川のマルルゾロ さんが

9月29日で閉店することになった。
お店が吉祥寺にあった頃は、しばしば納品がてらお店にお邪魔し、世間話に興じて長居したものだった。
納品をして、吉祥寺の乾物屋とか駅ビルの地下で買い物して、バスで石神井の実家に行く、というのがいつものパターンだった。
立川に移転されてからは、私もこっちに引っ越してしまったし、一度も伺えなかったのが残念です。
8年間ものお付き合いをいただいて、ありがとうございました。
とてもとても感謝しております。

マルルゾロ さんは29日に閉店した後、10月に吉祥寺の猫まつりに参加して、フィナーレ!だそうです。

秋は寂しいですね。

これが最後の納品。

210921_1.jpg
頑張ってこい!



ここのところは大したものも食べてないし、あまり冴えた写真がないけど。

鰤のお刺身の夕飯。

210921_3.jpg


ちくわの磯辺揚げと野菜の天ぷら。

210921_4.jpg




石川県は未だマンボウ中ですが、飲食店は8時まで営業できることになって、お酒も7時半まで出せるようになった。
じゃあ、食べに行ってもいいの?と思って夕飯を食べに出かけたら、まだ休んでいる店も多いし、前日までに要予約だったり、普通にやってる居酒屋は満席だし、で、入ったことのない、若者に人気なのであろうピザ屋に入ってみたら、ガラ空き。

210921_6.jpg
土曜日の夜7時にこれ、というのは確かに異常な事態なのだろう。
眼下の片町の通りには人もいないし、車も少ない。すでに11時を回っているかのような街だった。

実はこの3連休の初日は、金沢にはかなりの観光客がやって来ていたようなんだけど、みなさん、どこにいたのかしら。







2021年9月16日

先日の青いブラウスが

うまく生まれ変わったのに気を良くして、もう一つ、以前作った試作品の解体、リメイク中。

仕立てがイマイチだったんだけど形は良かったので、いつかもう一度作るときの参考にしようと保管していたボストンバッグを解体した。


210916_1.jpg
割といい革を使っていた。
今はなき秋葉原の革屋さんで買った革だな。
あの革屋さん、良かったな。いい革が安く買えた。

ガマ口バッグは、

210916_2.jpg
サクサクとここまで出来たが、もう一つ名刺入れを作ろうと思ったら、

210916_3.jpg
もう既に革の残量不足。
細切れに継ぎ合わせてなんとか形になりそうだ。
丸いスタッズは、ボストンバッグの底の鋲です。




アンコウのバター焼き。

210916_4.jpg



豚肉の串焼き。

210916_5.jpg
こういう単純な食べ物が一番美味しい。

210916_6.jpg



鶏肉のチーズ巻き焼き、

210916_7.jpg
のはずが、チーズが全部溶け出してしまった、というよくある失敗パターン。

ブレッドサラダ。

210916_8.jpg

昔は、水分を吸い込んだパンなんて絶対食べたくない派だったんだけど、歳をとるとなんでもOKになるものですね。
子供の頃は汁のかかったご飯も嫌いで、給食の中華丼なんてデザスターだった。

210916_9.jpg


イチジクのケーキ!

210916_10.jpg


2021年9月13日

先週後半は

エプロンに没頭し、普通に使いやすそうなエプロンを何枚か作った後、オリジナルデザインのエプロンを発明!したかにみえたのだけれど、一枚作ってダンナに見せたら酷評され、まぁ、自分でもちょっとおかしいかな、とは思っていたので、その瞬間にエプロンフィーバーは終了した。

今週は小物の試作などをする予定。



コロッケ定食。

210913_2.jpg
サラダをたっぷり食べてくださいね。

210913_3.jpg


野菜の天ぷらは、

210913_6.jpg
見た目、油べっちゃり、ふにゃふにゃ系ですが、実は以外にサクッとしてて美味しかった。


冬瓜と鶏肉の煮物。

210913_5.jpg
冬瓜を美味しく煮るのって難しいですね。と、毎年書いているかもしれない。
この日も失敗。



暑くも寒くもなく、風も爽やか、いい季節になった。
チャキチャキ頑張ろーっと。









2021年9月 9日

雑巾とかエプロンとか

後回しにしていた必要なものを作っている。
エプロンについては、十何年も前に結婚した時に妹にもらったものをいまだに使っており、そりゃあもう油まみれで、洗っても洗ってもべったりしているくらいなんだけど、なんで今まで自分で作ろうと思わなかったのかが不思議なくらいだ。
もう使わないだろう生地はたくさんあるので、作り始めたら面白くなって、このまま何枚作るのかしら。
長年使わせてもらったお礼に、妹にも一枚送りつけておこう。


最近の夕飯。
いつものカレーと、赤いサラダ。

210909_1.jpg
赤い大根とか、トマトとか、イチジクとか。

210909_2.jpg
意図したわけでは無いんだけど、この日はこれが冷蔵庫の中の精一杯、だったので。



手前の黄色いのは、花オクラ。

210909_4.jpg
産直売り場で「食べてみてね。」って書いてあったから、食べてみた。
トロッとしているけど、シャキシャキ感もある、面白いものだった。特に味は無い、と思う。


ゴーヤと豚肉、卵の炒め物。

210909_5.jpg

ピーマンと豚肉の甘味噌炒め。

210909_7.jpg

ハタハタ。

210909_8.jpg

かぼちゃと車麩などの煮物。

210909_9.jpg


よし、夕飯の支度の時間だ!