2017年6月26日

お伺いします、

これのどこが夏らしいカバンなのですか。

170626_1.jpg

夏らしいカバンを作るつもりだったのに、こんな暖かそうに起毛されたスエード革なんか使って、

170626_2.jpg
いつの間にか全然意図するものと違うものになっていった。

ダンナに、何を考えてこういうものを作ろうと思うのか、と聞かれて、そのインスピレーションソースとなった広告の切り抜き写真を見せたのですよ。(一応今回はそういうものがあった。)そこには今作っているカバンとは形も素材もディテールも、何一つ一致するところのない爽やかで涼しげなバッグ。ダンナはあきれたように「君が将来大成することを祈る。」と告げて部屋を出て行きました。

それでもここまで作ったからには完成させなければなりません。出来上がったらいきなり夏らしい素敵なバッグになっているかも知れないじゃん。



この龍の大皿は中華炒めなどを盛る際に大変重宝し気に入っていたのだけれど、

170626_3.jpg
半年くらい前だったか、もともと欠けを継いであった部分が取れてしまって困っていた。
それ以外にも欠けたり、バラバラに割ってしまったりした器を、そのうち金継ぎにでも出そうかと全部取ってあったんだけど、なかなかそういうことってしないじゃないですか。
ある日、時々行く器屋さんで、お店の二階で金次教室をやっていることを知って、いい機会だったので習ってみることにした。
そんで、これは自分で直した。

170626_4.jpg
これ以外にも2,3個直したものがあるけど、普通に食卓に出せる出来のものはこれくらいかな。

なので、最近よくこのお皿を使ってる。

170626_5.jpg


ちなみに土曜日も教室に行って、下の店で購入したガラス器。

170626_6.jpg

この日は夏らしく、鯵のたたきと、

170626_7.jpg
いつも通りあまりカラッとしていない野菜天。

170626_8.jpg


そうそう、おかひじきはこんな風に食べると美味しかった。

170626_9.jpg
細かく刻んで、細ネギやショウガ、鰹節と一緒に冷奴。


2017年6月23日

本当にサクサクできた。

170623_1.jpg少々小さめですけど、それこそ着物を着てお出かけ、みたいな時にはこんな大きさでいいのではないか、と思う私は着物でお出かけしないので実は何もわかっていない。

縦22センチ、横24センチ、奥行き10センチ。

170623_2.jpg
ちょっと革がシワっぽく見えますけど、それほどでもないです。

前回のこれは横が30センチあったので、

170623_3.jpg
これに比べるとけっこう小さく感じる。プロポーションも変わってしまった。

裏面はこんな感じ。

170623_4.jpg
この花に見覚えはありませんか。
この花がピンクで織られている部分と、青というか紫というか、そんな色で織られている部分は全てショルダーバッグで使ってしまって、この灰色っぽい色の花だけが残っていた。これはどうなんだろうと思ってまだ使ってなかったんだけど、こうしてみるとやっぱり普通に良い。
次はショルダーに使ってみよう。



金目鯛の開き。

170623_5.jpg
パリパリに焼けた皮をそれだけで食べてみたら、なんと海老の味がした。
やっぱり同じ赤い色だから? あれがアスタキなんとかっていう成分の味なのかしら。


インゲンとかパプリカのきんぴら。

170623_6.jpg

おかひじきのおかか和え。

170623_8.jpg
その美味しさがよくわからなかった。
でも茹でたものが残っているので、今日のお昼に細かく刻んでいろんな薬味と一緒にそうめんのつゆに入れてみたら、歯触りがよくて美味しくいただけました。


2017年6月21日

早速オレンジ色のお財布

を作るのかと思いきや、こっちが先。

170621_1.jpg

前回作ったこのカバンは有難いことに先日売れてくれたので、もう一つ同じのを。
今回は少し小さめにするため(革の残りが少ないので)型紙を作り直したけど、それ以外は糸の色も仕様も決まってるので、何も考えずにサクサク進めると思う。

なので、頭の中では次のカバンの構想を練っている。

次はこの帯を使って夏らしい色のカバンを作りたいんだよね。

170621_2.jpg
夏らしいカバンなんて私に作れんの?




先週は洋食続きだったし、金土は二日続けて外食だったので、今週はおとなしく和食。
イワシの茗荷巻き焼き。

170621_3.jpg

先週チリビーンズを作った時、大豆をフードプロセッサーでミンチにしたんだけど、少し残しておいたのを使って、白和え。

170621_5.jpg
具材をあらかじめ濃いめの味で煮ておいたのが良かったみたい。美味しかった。この場合、甘めの味付けが美味しい。

きゅうりとトマトの胡麻酢和え。

170621_6.jpg



レタスの酢の物は、

170621_8.jpg
何日か前に、新聞の折り込みのシニア向け情報誌で見掛けたもの、だったと思う。もしかして新聞本紙かも。写真もなく文字だけだったような気がするけど、その材料全部冷蔵庫の中にあったので、採用。

メインは銀鮭の塩麹焼きで、副菜は肉豆腐。

170621_7.jpg



2017年6月19日

今、オレンジ色の革が

手元にあるんだけど、ちょっと厚くて固いので、使い勝手を確かめるべく、一個だけパスケースを作ってみた。

170619_1.jpg
そしたら意外に扱いやすくて、これならバッグにしても大丈夫かな、と思って合わせる帯地を探したけどベストなものはなかった。じゃ、このパスケースに使った帯地を使ってお財布にするか。でもその場合、コバの色はこのパスケースで使った色よりアイボリーの方が良さそうだ。
などなど、今後1ヶ月に作るべきものの構想を立てながら先週が終わり、それもほぼ固まったので、今週は頑張ろう。



昨日はベジチリビーンズ。

170619_2.jpg

鶏挽肉が入ってるように見えるけど、

170619_3.jpg
これは大豆のミンチ。
ベーコンがちょっと入ってるけど、ほぼ野菜なのであっさり食べられた。物足りないと言えばそうだった。チキンスープを入れると良かったかも。

ジャガイモはオーブン焼き。

170619_4.jpg
野菜も食べなさい。

170619_5.jpg


ある日のお昼、押し麦とレンズ豆等の野菜スープ。

170619_6.jpg
いつも同じ味でつまらないので、この日はクミンとターメリックを入れてカレー風にした。


2017年6月16日

2日経ってしまいましたが

相模大野のイベントが終了しました。
ご来店いただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

相模大野は通勤がちょっときつい。
新宿から(もしくは帰りの相模大野から)小田急線の一番早い電車で必ず座りたい(30分から40分かかるので許して)と思うと、時間に余裕を持たなくてはならないので、思ってる以上に通勤時間がかかる。
相模大野はこれで5回目くらいだけど、今回は結構きつかったな。
最終日の帰宅後は、倒れるように寝てしまった。

デパートの閉店時間が7時だったのは救いだった。
この時期の午後7時といえば、まだ外は薄明るい。
「7時サイコーだよね。」「7時サイコー。」とか言いながら同僚出店者と店を出るとき、いっぱしの勤め人みたいな気分で楽しかった。

朝は6時半に起きると、当然もう明るい。私には馴染み薄い早朝の光が気持ち良い。
毎日こんな時間に起きれば良いのに、自分。とか思いながら、紫陽花の最後のきれいな写真を撮っておいた。

170616_1.jpg
170616_2.jpg

あ、売り場の写真はありません。

次は11月に行きそう。
次も体力持つかしら。



イベントが終わった翌日は倒れていたのですが、夕飯は作った。

鶏胸肉とパプリカなどのグリル。

170616_3.jpg

少し前に、香川県産のニンニクが12個で1000円、というのに遭遇して、迷わず買ってきた。
今は惜しげもなく使えるので、この日は憧れのこんなカットで。

170616_5.jpg
とろとろで美味しかった。


イワシのカルパッチョ風。

170616_4.jpg


翌日は見慣れた、チープな、鯵の開きの夕食です。

170616_6.jpg

ニラと豚バラの炒め物、は失敗。

170616_7.jpg


今日のお昼はトマトパスタ。

170616_8.jpg
生トマトで作るトマトソースが美味しくて、我が家で今流行ってるの。




2017年6月 6日

毎回のことながら

搬入日ブルー、ですよ。
一週間の体調とか、売れ行きとか、私のいない間にダンナに台所を油まみれにされるんじゃないか、とか、いろんなことで頭がいっぱいになって、ブルー。
折しも梅雨が始まりそうで、外もどんよりしている。
あぁ、ブルー。

170606_2.jpg

紫陽花もいよいよ大詰め。

170606_1.jpg



鯛の椀もの。

170606_3.jpg
鯛のだしを取るのはあまり上手ではないんだけど、この日はうまくできた方だと思う。


今日のアスパラの豚巻きは、甘辛醤油。

170606_4.jpg

焼きピーマンの生姜醤油和え。

170606_5.jpg
地味だけど、強烈美味しい。


鯵の開きの夕食。

170606_8.jpg
新生姜のご飯。

170606_6.jpg

キャベツの辛子醤油和え。

170606_7.jpg



そんで、首のしこりの話。
三日後からデパートに出店する予定だったし、その間に痛くなったり大きくなったりすると困るので、その日にうちに近くの医者に行ったら、「リンパ節が腫れている」ということだった。そして、しばらく様子見、ということになった。
一週間のイベントが終わりゴールデンウィークが明けてもまだ腫れていたので、大きな病院で検査することになった。
血液検査を2回やって、肺のレントゲンを撮って(結核が疑われてるようだった)、胸から上のCTスキャンをして、鼻から内視鏡突っ込まれて喉まで見て、首回りのエコー検査して、というのを一ヶ月かかってやっても何も悪いところもウイルスも発見されなくて、そのエコーの日辺りには、腫れも引いてきてて、結局、なんでもありませんでした。という結果だった。
オチのない話ですみません。
でも一時期は、ガンか結核か、と、ちょっと心配したんだよね。
ちょうどその頃、毎日マスケッティアーズ見てて、結核におかされたルイが「My last summer」とか言ってたし。



2017年6月 3日

こんなの、

170603_1.jpgダンナに作ってもらった。
相模大野近隣の皆様へ5枚だけ出しました。
郵便料金が一昨日から値上げになったし、今回はこれくらいで。(すっごいケチ)
お店に置いておくのでご来店の際はお持ちくださいね。次回の出展のお知らせも載っています。

今回の売場はいつもより小さい、ということに、今さっき気がついた。
何を並べるべきか、考え直そう。



紫陽花日記。

170603_9.jpg
すっかりキレイな色になった。
こんなのが今年は5つも咲いてるって、我が家としてはすごいことだ。

170603_10.jpg

ムクドリが来なくなり、愛情の傾け先が無くなって今度は紫陽花に注力している、という感じですかね。



失敗ファラフェル。

170603_2.jpg
前回生のひよこ豆を使ったら(それが正式らしい)なんか消化に悪そうな気がしたので、今回は茹でた豆を使ったら、油の中で全部流れ出した。なので、これは急遽パン粉をつけてコロッケ状にして揚げたもの。
次回は再び生の豆で、ニンニクを入れずに作ってみるべし。



こう見えて自分的に達成感のあった夕飯。

170603_4.jpg
これで冷蔵庫の中のものをほとんど使い果たした。
有り合わせの割に美味しかった。

肉豆腐。

170603_5.jpg


ししゃも、ですけどきれいに撮れてたので載せます。

170603_6.jpg
彩りの野菜もなかったので、紅葉。


で、翌日生協の荷物が来たので、今日は材料いろいろあるよ、な夕食。
鯛の塩焼き、

170603_7.jpg
今年も新生姜の甘酢漬けを作った。


アスパラの豚バラ巻き。

170603_8.jpg


忘れもしない去る4月24日、朝起きると首の右脇に怪しいしこりができていた。
という話を、自分の記録のために書いておこうと思ったけど、今日はもう疲れちゃったのでまた今度に。




2017年5月31日

予定していた大物が

全部できたらとたんに気が抜けて、急に体がだるくなってきた。
小物の細かい作業で目がやられて、

170531_1.jpg
休憩と称してよく昼寝をしている。


この三日間、特に書き記しておくべきことはなかった。


レタスの豚肉巻き。

170531_2.jpg
どうかなーと思いながらもやってみたら、けっこう美味しかった。
レタスと長ネギも少々巻いて、味付けは醤油とオイスターソース。


鯛の蕪蒸し。

170531_3.jpg
なんか、どうなってるのかよくわからない写真になってしまった。


小アジの唐揚げ。

170531_5.jpg
小指くらいの大きさの鯵。


キュウリとトマトの胡麻酢和え。

170531_4.jpg



紫陽花がちょっと紫色になってきた。

170531_6.jpg

2017年5月28日

照明まで用意して

ちゃんと撮影したつもりが、全然キレイに撮れてなかった。けど、これがこのカバンの完成形。

170528_7.jpg

前回、白い革でもう少し高さのある同じ形のカバンを作った時は、ファスナーの先をカバンの脇にマグネットで留めることに失敗していたんだけど、今回はそこらへんは修正したので、きちんと納めることができた。
でも私的には、ファスナーの先はそのまま伸ばしておいてトート型にしておく方が好みだな。って、じゃ、なんでマグネット付けたの?


だんだん湿気が多くなって気温も上がってくると、こういう布が素敵に見えてくる。

170528_1.jpg
下準備だけして、来週のイベント出店中に手縫いステッチをやっておこう。
7月は渋谷で出展予定なので、その時には風呂敷バッグになっているはず。

来週の相模大野では、こんな革小物がオススメです。

170528_3.jpg



簡単に鳥の唐揚げ。

170528_4.jpg

鯖の唐揚げの野菜あんかけ。

170528_5.jpg
この前作った時はすごく美味しいあんだったのに、この日は今ひとつだったな。あの時は何を入れたのか確認しておかなくては。


でも、夏場はこんなものがあればそれで十分うれしい。

170528_6.jpg
ビールのことじゃないよ。キュウリのぬか漬け。


2017年5月25日

この帯が

170525_2.jpgすっごい素敵、という話を続けますが、絵柄の部分だけじゃなくて地の生地にも金糸が織り込まれているのがわかります?

170525_1.jpg
アイロンかけると金属的な匂いがするんだよね。

今回も金具や革部品を最小限にする方針で作っているんだけど、どうしても何かやりたいので、重量を減らす効果もありそうな、こんな穴あけ装飾を施してみた。

170525_3.jpg
本日仕上がり予定。

170525_4.jpg



スベアリブをグリルで焼いた。

170525_5.jpg
肉の漬け込み地は、塩、ニンニク、生姜、八角、カルダモン、はちみつ、酢、醤油。

ダンナは骨つき肉が嫌いで、鶏肉でも豚肉でも骨のついたものが出てくると(骨の固い魚の場合も)、明らかに顔が曇り無口になる。この日もそうだった。
そんなおぼっちゃまは放っておいて、ダンナの分の骨までしゃぶってごちそうさまでした。


炒めた玉ねぎ等を鯖とベーコンで巻いて、パン粉を載せてオーブンで焼いたもの。

170525_7.jpg
Nigel Slaterのレシピより。
美味しかった。また作ろう。

鮭のポテトサラダ。

170525_8.jpg
マヨネーズは少なめで、主にレモンとオリーブオイル、塩、コショウで味付け。



紫陽花観察日記。

170525_10.jpg
この段階になって思い出した。我が家の紫陽花はガクアジサイだったんだ。
このつぶつぶが全部花になるわけじゃないんだよね。
で、ちょっとがっかり。



2017年5月22日

次のお題はこれ。

170522_1.jpg川越の骨董市で買ったのはもう何年も前だったと思う。
すでに解かれてて、柄の部分は80センチくらいしかなかったので、ちょっと割高感があったんだけど、これはかなりいいものだと思うんですよ。もちろんすごく古いし汚れもあるんだけど元々の高級感がそれを補って余りあると思う。
それは後日鮮明な写真が撮れた時にご確認ください。
そして絵もいい。


先週作っていたショルダーバッグの全容がわかる写真。

170522_2.jpg

ね、ここにオレンジ色のステッチが入っていても良さそうでしょ。

手前のバッグはいつものこれ。

170522_3.jpg



昨日の普通の夕飯。
鮭の塩焼きと、

170522_4.jpg
きゅうりとあさりの酢の物。

170522_5.jpg

と、もうそんな季節か、ナスのしぎ焼き。

170522_6.jpg




2017年5月20日

今日はこれが仕上がった。

170520_1.jpg今回の革はショルダーにはどうかな、というくらいの厚みがあって(特に龍柄のほう)、仕上がりの重さを心配していたんだけど、出来上がってみたらけそれほどでもなかった。
部品や見返しの部分の革は極力薄くして軽量化を図ったのが功を奏したのかも。
分厚いけど柔らかさもあって、なかなか良い。

後ろに隠れてて見えない龍柄のほうの話をしますが、ステッチの色に迷った。
生成りと黒なんだけど、黒にするかオレンジにするかで迷った。
黒地にオレンジのステッチはかなり目立つので、ひるんで黒にしちゃったんだけど、出来上がってみると黒じゃ少々物足りない気もする。
かといってオレンジにしていたら今頃、強烈すぎた、とか言ってやっぱり後悔していたと思うけど。
難しいですね。

一昨日の夕飯はカツオの刺身と、

170520_2.jpg
ホタルイカ。

170520_3.jpg
盛り盛りの大根サラダ。

170520_4.jpg


昨日はダンナ病欠につき一人ご飯。
鶏肉の塩麹焼き、

170520_5.jpg
豆腐の素揚げ、

170520_6.jpg
など。



紫陽花、いつ咲くかなー。

170520_7.jpg

2017年5月18日

何回か作ってる

この帯。

170518_1.jpg
いつも通りの位置にジーンズを縫い合わせ、ファスナーポケットを付ければいいものを、(そしてご覧の通り結局はそうなったんだけど)つい、いつもと違うことをしたくなっていろいろ悩んで余計な時間をかけてしまった。

いつもとは反対側にジーンズをつけようと思ってそっち向きに裁断したジーンズが余ったので、こんなのもいいかも。

170518_3.jpg

でも今回の龍はこれになった。

170518_2.jpg



土曜日に買ったコゴミとコシアブラが余っちゃって余っちゃって。
近所のスーパーに売ってる6本くらい入って398円とかのバカ高い山菜を買うのは悔しいけど、そっちのほうが無駄がないのかも。


コロッケとコゴミのフライ。

170518_4.jpg
副菜はきゅうりと豚肉、しいたけの酢の物。

170518_5.jpg


豆腐にコゴミとコシアブラのおかか和え乗せてみた。

170518_7.jpg

この日は他に豚しゃぶサラダと青菜炒め、という緑すぎる食卓。

170518_6.jpg



この他にコゴミの胡麻和え、コゴミ、コシアブラのおひたしも食べたな。
お昼の雑な食事では、茹でたコシアブラを何もつけずにかじったりも。


昨日はミートソーススパゲッティ。

170518_8.jpg
生トマトを使って一時間くらい煮詰めたら、超美味しかった。

レンズ豆の煮込み。これはイマイチだった。

170518_9.jpg
たくさん作ったから今晩も食べなくちゃ。ちぇっ。


2017年5月15日

こんなお財布。

170515_1.jpg
同じデザインで白い革でも作って、そっちは花びら(葉っぱかもしれない)をもう一枚増やしてツメツメにしたのに対し、こっちは色のコントラストも強いし、少し空きがあった方がいいのかと思ってこうしてみたんだけど、やっぱりちょっと寂しいかしら。

これは使っている生地がすごく良くて、

170515_2.jpg
織り込まれてる金糸がマジな感じ。


ネコちゃんも可愛くできた。

170515_3.jpg
こんな色なら男女問わなさそうでしょ。
内側は女子っぽいけど。

170515_4.jpg



金曜日の夕飯。
蕨と油揚げの煮物。

170515_5.jpg

サツマイモのサラダと、後ろは豚キムチ。

170515_6.jpg


土曜日の夕飯。
鶏肉の粒マスタードグリル。

170515_7.jpg
サラダにもワラビ。

170515_8.jpg
ソーダブレッド。

170515_9.jpg


日曜日はダンナとデート。
午前中から有楽町に映画を見に行って、お昼を食べて、交通会館の前のマーケットで山菜を買って、本屋に寄って、お茶して帰宅。

夕飯はその山菜を使って天ぷら。
コゴミとコシアブラ、あとはサツマイモ、しいたけ、

170515_10.jpg
と、この茎茶のような色の物体は、

170515_11.jpg
まだ残ってたワラビと既製品のチャーシューを一緒に揚げてみた。
ワラビは下ゆでしてあるので、さらに火が通ってトロトロになっているのが意外と美味しかった。

170515_12.jpg

実は土曜日も実家のお姉ちゃんと半日買い物に行って、けっこう遊びっぱなしの週末だった。

よーし、今週はちゃきちゃき頑張ろう。




2017年5月11日

昨日は春の遠足で

栃木県のあしかがフラワーパークに行ってきた。
カメラを持っていかなかったので、私の原始的な携帯で撮った粗悪な画像しかないんだけど、記録までにアップしておこう。

実は友達が提案してくれるまで私はその存在を知らなかったんだけど、人気の観光地らしくて、昨日のような朝から雨まじりのはっきりしない天気の水曜日でも、駅前にコンビニすらない小さな駅に観光客がゾロゾロやってくる。半分くらいは外国人かと思われる。大型観光バスも何台も。
目玉はこれ。

170511_2.jpg
紫色の藤の方はもう最後の時期のようだったけど、白藤はちょうど見頃だった。

170511_3.jpg
藤の匂いがムンムン。
知らなかったけど、ジャスミンの匂いとよく似ている。いい匂い。


ホントに画像が悪くて残念ですが、ほら、

170511_4.jpg
全体的に紫色の幻想的な空間でした。

実際は藤だけじゃなくいろんな花が植えられているカラフルな空間で、、お土産や植木や食べ物も売っていて賑やかな施設だったんだけど、私の撮った写真からは全然わからないね。

その後は足利駅方面に移動して、足利学校を見学し、軽くその辺りを散策して、意外に駅周辺はお土産屋も喫茶店も、農産品を売ってる店もないんだなぁ、というか、何もないなぁ、東武足利駅の方に行ってみればよかったかなぁ、などなど。夕飯用に佐野ラーメンを買って帰ろうと思っていたので、そこはちょっと残念でした。

でも、お昼はラーメン屋のような定食屋のような店で、ラーメンとモツ煮込みセットを食べた。モツ煮込み、美味しかったな。

知らない土地に行くと、自分の胃袋が3倍くらい大きかったらよかったのに、といつも思うんだよね。あれこれ食べたいのに、お腹いっぱいで食べられないのが悔しい。


秋の遠足楽しみだね。

どこ行く?


ここのところあれこれ用事があって、作業はあんまり進んでないんだけど、お財布の進捗状況はこんな感じ。

170511_1.jpg
ステッチがカクカクしてるところがあるけど、色目的にはだいたいいいんじゃないかと思う。
写真じゃよくわからないけど、オレンジ色っぽい糸と緑系の糸で描いてます。



鯖の唐揚げの野菜あんかけ。

170511_5.jpg
あり合わせの野菜だったけど(ジャガイモやキュウリまで入ってる)意外にもとても美味しかった。

170511_6.jpg


カツオの季節になった。

170511_7.jpg
でも、ふろふき大根もある。

170511_8.jpg




2017年5月 8日

ボタン唐草のお財布

なんですが、お店で手に取ってくれたお客さんが、これで黒い革だったらなー、と言っていたのを聞いて、自分としてはこの柄に黒い革のイメージがなかったんだけど、やってみようかと思った。

170508_1.jpg
あまりどぎつくならないような糸の色を選べば、いい感じになりそうな気がする。


昨日の夕飯はカレー。

170508_2.jpg
トマトが美味しくなってきたので、昨日は生トマトで。
トマト缶で作るよりずっと美味しい。
来週は生トマトでチリビーンズ作ろうかなー。

トマトとブルーチーズ。

170508_3.jpg


ゴールデンウィークが終わったばかりだけど、湿気っぽくて、梅雨が近いのかしら。

去年、homeland(アメリカドラマ)見てたら、紫陽花が満開に咲いているシーンで「大量の水をあげただけのことはある。」みたいな台詞があった。
うちの紫陽花なかなか咲かないじゃん。
それを見て、たくさん水をあげればいいのか、と思って、それ以後冬場もせっせと水をあげ続けたら、なんと、今年はすでに四つも花芽が付いてんの。
これはすごい。我が家の紫陽花は5年に一度くらい、一つ咲くか咲かないか、くらいだったので。
ありがとう、キャリーのお母さん。



2017年5月 5日

東急たまプラーザ店のイベント終了しました。

お立ち寄りいただきました皆様、お買い上げいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

たまプラーザの東急には7,8年前にも一度来たことがあって、その時はナマイキにも、ちょっと遠いなー、と思っていたんだけど、その後、私もいろんなところに出向くようになって鍛えられ、今となっては、たまプラーザ便利!近い!有難い!と思っております。
乗り換え一回でドアドアで1時間ちょうどくらいだった。


今回のお店。


170505_1.jpg
斜傾ハンガーにいつもの竹竿を渡して風呂敷バッグをぶら下げたこのディスプレイが、こうしてみると全く美しくはないんだけど、自分としてはその工夫に大満足だった。

170505_2.jpg


ここに飾ってあるアイビーは

170505_3.jpg
近くのイトーヨーカドーで1鉢150円だった。

このお花は1鉢100円。安い。

170505_4.jpg

イベント直前に作っていたバッグチャームをさりげなく置いてみたけど、もちろん見向きもされませんでした。
だってこれじゃあね。

170505_7.jpg
もう少し練って、次回再チャレンジ。

これはけっこういいと思ったんだけどな。

170505_5.jpg




今回心残りだったのは、東急の2階にあった小川珈琲に行けなかったこと。
うちで使ってるコーヒー豆が小川珈琲の豆なので、本物の味と比べてみたかったの。
だけど一人で店番だし、なかなかそんな気持ちの余裕が持てなかったんだよね。
例えば、午前中からバンバン売って、午後早めにはその日のノルマを終わらせて、夕刻にゆっくり珈琲を飲みに行くようなことがあってみたい。

それからもう一つ非常に残念だったのは、1000円以上残っていた社食のプリペイドカードを落としたこと。おそらく社食で落としたんだと思う。ガガーン!!
・・・まぁいい、拾った誰かさんがそれで美味しいお昼ご飯を食べてくれればそれでいい、と思えるまで、半日ほどかかりました。


来月は相模大野で出店予定があるので、気を抜かずに頑張ります。
お財布作ろっと。


久しぶりの夕飯は
ホッケと

170505_8.jpg
おろしそば。

170505_9.jpg


2017年4月25日

例えばさぁ、

デパートにこんなものが置いてあったら、ちょっと怪しすぎて眉間にシワ寄りますよねぇ。

170425_1.jpg
外側の輪っかは蚊帳を吊る輪、らしい。
内側はご存知寛永通宝。

骨董市に行くと、余計なものをいろいろ買ってしまうじゃん。
それと、使うかも、と思って買って使わなかった金具とか、ちょっとずつ残った材料とか、いろんなものが引き出しの中に溜まっているので、そんなものを使ってバッグチャームとかキーホルダーとか、作りたいと思っているんですよ。
ところが、いざ作ってみるとなかなか素敵なものにはならなくて、できあっがったものは上のようなワケのわからないものでした。

こっちの素材の方がそれっぽいものになりそうだけど、

170425_2.jpg
これも全然上手に組み合わせられない。

アクセサリー作る人って、すごいですね。

明後日から、東急たまプラーザ店の4階で1週間出店しております。(上のモノは並べないと思う。)
お近くにお住いの方は是非お立ち寄りくださいませ。
心よりお待ちしております。


鶏肉のオーブン焼き。

170425_3.jpg
レンズ豆のサラダ。

170425_4.jpg
この翌日、午前中出かけたついでに、お昼ご飯を九段のイギリスデリ屋で買って帰ったんだけど、そこのレンズ豆のサラダは豆がこんなに柔らかくなく、しこしこした歯ごたえで、豆の形のしっかり残ったものだった。
次はそんな茹で加減を目指したい。


ホッケの献立。

170425_7.jpg

この日の肉じゃがはソラマメ入り。

170425_8.jpg

豚しゃぶサラダ、ひじき煮、酢の物など。

170425_5.jpg

ドレッシングは玉ねぎと人参のすりおろし入り。

170425_6.jpg


鯖の塩焼きの日。

170425_9.jpg

しらすとししとう、パプリカの炒め物。

170425_10.jpg

2017年4月21日

おおよそ完成。

170421_1.jpg私らしくなく金具をほとんど使わないデザインなんだけど、これだと着物を着たときにも持ちやすいんでしょ?
ファスナーも、正面から見たときには隠れるくらいにしてみた。

170421_2.jpg
基本、着物を着た人は手提げ形式で持つようなので、そうすると体に接触することも少なそうだから、デリケートな生地ではありますが、裏面も帯地を使った。(こすれるのが心配で、いつもは裏面はあまり生地を使わないようにしてるんだけど。)

そんな視点で検討してくれる人がいるかいないか、来週じっくり観察してみよう。


ここがねー、ちょっと失敗したんだよね。

170421_3.jpg
マグネットで留めてあるんだけど、全体の構造的にちょっと無理があったようで、無理やり留めてる感じ。とても外れやすい。
期待していたフォルムもこうじゃなかったし。



久しぶりにフィッシュアンドチップス。

170421_4.jpg
シンプルサパーに見えるけど、魚の衣が大きかったせいか、チップスが多すぎたのか(一人、大きなジャガイモ1個分)、サラダのトッピングの餃子の皮を揚げたものが余計だったのか、はたまたサラダの中のひよこ豆のせいか、切ってしまった為に無理やり食べたパンのせいか、もうお腹バンッバンで、その後、苦しくて動けなくなった。ダンナも。不健康な食事なり。


麻婆豆腐。

170421_5.jpg

ちか、という魚のマリネ。

170421_6.jpg

ちかはワカサギによく似ているけど、ワカサギより小骨が硬い、と書いているものを読んだので、念のためお腹を開いて揚げたんだけど、お腹の中に子が入っているものが多くあったので、子はネギとミョウガと一緒に味噌汁にした。美味しかった。

170421_7.jpg

2017年4月19日

外側だけ作ってみた。

170419_1.jpg最近よく、こんな感じに取っ手が付いてるカバンを見かけるじゃないですか。

170419_2.jpg
カシメとか使わずに、ステッチ一本で縫い付けてるように見える取っ手。

ちょっと今時っぽいじゃないですか?



ベランダに置いてある4鉢のモミジの新しい葉っぱが、今、わっさわっさなんですわ。

170419_3.jpg
惜しげ無く切れるので、食卓にも。

170419_4.jpg
魚はアジの干物ですけど。


胡瓜とトマトの胡麻酢和え。

170419_5.jpg
この何日か気温が25度くらいになっているせいか、胡瓜がとても美味しく感じる。


土曜日だっけ、新聞に出てたおかず。

170419_6.jpg
えのきと胡瓜、ワカメの酢の物。

前回半分残しておいたニシンの塩麹漬け焼き。

170419_7.jpg
これがマナガツオの味だという間違った刷り込みが出来てしまいそうなので、今度見かけたらマナガツオ買ってみよう。マナガツオって高いのかしら。

ご飯は今年二回目の筍ご飯。

170419_8.jpg