2020年6月 4日

これもがま口。

200604_1.jpg今回は、二つ折り財布を作る時に使った口金を使うんだけど、一応ノウハウはわかっているつもりで、しかも二つ折り財布よりもずっと単純な形だから楽勝だと思っていたのに、あれこれ調整に手間取って、結構時間がかかってる。ちょっとイライラ。


そんな時には甘いものでも食べますか?


200604_2.jpg
くるみとコーヒーのケーキ。

200604_3.jpg
クリームはバタークリームで、ケーキもクリームもギトギトに甘いけど、なんか美味しい。
というか、なんだか外国を感じる味で、食べながらうっとり。


加賀太きゅうりが余っているのか、生協の野菜セットによく入ってくるので、消費に追われて色々やってみた。

酢の物は一番美味しい。

200604_4.jpg


かつらむきにして、ガス海老のツマに。

200604_6.jpg
ちょっと頼りない味だけど、大根のない季節にはこれも使える。

久しぶりに糠床を買って来て、糠漬け。

200604_5.jpg
浅漬けが美味しい。
きゅうりというより瓜の味。


漬かり過ぎた糠漬けを、ピクルスがわりにタルタルソースに入れたのはいい使い道だった。

200604_8.jpg
って、タルタルソース写ってないじゃん。

ある日、黒鯛がとても安くて、その日は塩焼きと刺身とあら汁で、黒鯛づくし。

200604_7.jpg
まだ残ってて、上のフィッシュ&チップスにもなった。


フィッシュ&チップスと一緒に揚げたズッキーニは、カレーにもどうぞ。

200604_9.jpg

最近の食事はこんな感じ。



6月26日(金)から29日(月)まで、表参道のアートインギャラリートいうところで、再びonomickさんと一緒にお店をやります。
ただいま、東京ではレインボーブリッジが赤くなっているようなので、最後にひっそりとお知らせいたしました。
イベントに向けて、facebookも再開します。
あぁ、頑張って更新しなくちゃ。


2020年6月 1日

ここで使った帯地は

200601_1.jpg新品なので、まだ糸がスレていなくて、こうやって作っている間にも、微妙にケバケバしてくるのですよ。それがとても心配なので、一応同じ生地を、雑巾を洗う要領で、両手でゴシゴシ擦り合わせてみたり、表面を思い切りこすってみたりして様子を見てみました。
そこまでやると、もちろん糸が切れて持ち上がってくるところもありますが、

200601_2.jpg
意外にも、大体のところは綺麗なままだった。
糸が出て来てしまった場合は、その部分だけ切ってしまえば、

200601_3.jpg
何事もなかったようになります。
お財布に仕立てる時には裏に接着芯を貼ってあるので、そこから更に糸が抜けてくることはないと思います。

というわけで、普通に使う分には、すぐに摩耗することもなさそうなので、一安心。
もちろん、長く使えば糸も切れるし、生地は痛みますが。

あとはこのがま口の口金をつければ完成。

200601_4.jpg




先週の土曜日も天気が良かったので、ちょっとしたお出かけ。
今回は金沢から福井方面の北陸線に乗って、30分くらいですかねぇ、美川という駅で降りて、しばらく歩くと、
また、海!

200601_5.jpg

200601_6.jpg
ここは人もあまり居なくて、寂しげな海で、「不審な船や人を見かけたら通報を!」みたいな看板が掲げられていたが、さもありなん。

200601_7.jpg



その後、また電車に乗って、小松に行って街散策。
駅の、「KOMATSU」の本社だか工場とかがない側には、古い街が残っていて、このアーケード街は、あまりに無残な状態になっていたけど、

200601_8.jpg
こんな素敵な喫茶店が残ってた。

200601_9.jpg
コーヒー飲んで来たんだけど、夢のように素敵な店だった。

街の中にも普通に古い建物も残っていて楽しかった。

200601_10.jpg

お城があったあたりには行き損ねたので、また行ってみたいと思う。



2020年5月28日

ジーンズ財布の次は

ジーンズポーチ、と例の自分メモには書いてあるけど、どうもその気になれないので、それは飛ばして次のがま口へ。
口金が2つしかないので、慎重に生地を選ばなくてはいけなかったのに、つい、思いつきでこんな可愛い帯地を使ってしまって、

200528_1.jpg
アイデアがまとまらないままにずんずん進めてしまって、やればやるほど混迷を極めている状況です。


6月のonomickさんとのポップアップショップは、今のところ開催予定です。
6月18日には首都圏への移動自粛も解かれるらしいので、今度こそ大丈夫だろう。
ということで、ちょっとやる気が出て来た。
お店の詳細は近日中にお知らせいたします。



ワラビと自家製厚揚げと加賀太きゅうりの煮物。

200528_2.jpg
ワラビが柔らかくて、美味しい。そして安くて嬉しい。


イカ焼き。

200528_4.jpg


ハンバーグ!

200528_6.jpg
たまに食べると美味しいね。
野菜モリモリ、ご飯もモリモリで幸せそうな食卓になった。

200528_7.jpg




お、ねこちゃん、久しぶり。

200528_8.jpg
そんなビビらないで。








2020年5月25日

いい感じです。

200525_1.jpg茶色い革が残りわずかだったので、内側は別の革にしてしまったのだけれど、これもまぁ、私は嫌いではない。好みは分かれましょうけれども。

200525_2.jpg
惜しむらくは、カード入れの仕切りとかの、縦のラインのミシン糸はアイボリーにするべきだった。

200525_3.jpg
茶色いラインが目立って野暮ったい。

裏には、いつも通り、ICカード用のポケットも。

200525_4.jpg



土曜日に、最寄りのバス停からバスに乗って50分くらい、終点まで行って、そこから1キロほど歩くと、

200525_5.jpg
ジャーン!

200525_6.jpg
海!


予備知識もなしに、港のある古びた街のさみしい海、を想像しながら来たのに、そこは、あまりに明るい、ザ、海!みたいなところで、

200525_9.jpg
我々のようなインドア型の中年夫婦には実に不似合いな場所だった。

写っていないけど、実は結構人も車も多かったの。

200525_8.jpg

やることもないので、しばらく歩いて、帰りはがら空きの電車で金沢駅まで戻って、

200525_10.jpg
その後バスで帰って来た。

ちょっとした散歩、の割には、劇的に景色が変化したので、遠出したかのように疲れた。

200525_7.jpg



鯵とバイ貝のお造り。

200525_11.jpg

加賀太きゅうりの煮物、

200525_12.jpg
これはまだこなれていないので、この夏の間に習得しようと思う。


ミックスフライ定食。

200525_13.jpg
半端に残って冷凍しておいた鯵とソイ、やはり中途半端に残っていた鶏肉、半個だけ残ってたジャガイモと、葉タマネギ。
葉タマネギが甘くて美味しかった。

前日のバイ貝も余ったので、ニンニクとオリーブオイルで煮ておいて、サラダに。

200525_14.jpg







2020年5月21日

だんだんノってきて

200521_1.jpg内側もこんなのにしちゃったりして、

200521_2.jpg
楽しくなってきた。
作っているうちに、以前から作ってみたいと思っていたものの構想が固まってきたり、珍しくアイデアがじゃんじゃん湧いてくる。たぶん、明日には全部ボツになるアイデアだと思うけど。


なんですか?この黒い物体は。

200521_3.jpg

しいたけの肉詰めです。
お肉たっぷりで美味しかった。

先日の白いおからを目指して、普段より醤油を減らしたおから。

200521_4.jpg
うーん、まだ茶色い。次は塩だけにしてみよう。


鶏肉の塩焼き。

200521_5.jpg

安かったので、副菜に甘エビもつけました。

200521_6.jpg



昨日は、近所の洋食屋に出前してもらう気満々で、電話をかけようと思ったら定休日だった、という、ありがちな失敗を犯したため、夕飯は、野菜とスープとレトルトカレーになりました。



2020年5月18日

もう、あっという間に

梅雨になってしまいそうですね。
先週末から天気が崩れがちで、湿気も増えてきた。

土曜日は午前中、歩いて近江町に買い物に行って、帰ってきたらすごく疲れてしまい、半日昼寝。
日曜日は、思い切って1日ゴロゴロしてみようと思って、朝から布団の中で本を読んだり寝てみたりして、午後はケーキを焼いてからまた布団に戻って本を読んだり寝てみたり、で、1日が終わった。小学生みたいな日曜日だった。


ジーンズ長財布を作り始めたけど、

200518_1.jpg
なかなか気分が乗らない。



焼き過ぎでまずそうな、タラとジャガイモのグラタン。

200518_2.jpg
そら豆。

200518_3.jpg



この日の副菜は美味しかった。
肉じゃがと

200518_4.jpg
豆苗と豚肉もちょっと入ったナムル。

200518_5.jpg



近江町で朝採れの鯖を買ってきてシメサバにして、その日の夕飯はめちゃくちゃ美味しかったんだけど、翌日のこれは

200518_6.jpg
既に鯖臭くなっててダメ。



全体的にシケた週末でした。


2020年5月13日

お財布はできたので

200513_1.jpg次は、自分メモによると、ジーンズポーチとジーンズ財布か・・・
でもこれはデザインフェスタ用の品揃えで、それは次は11月だから、やっぱりちょっとやる気が出ない。

なので、マスク。
自分でも赤白の骸骨マスクを愛用してるんだけど、青系も欲しいところなので、こんなのを作ってみたら、

200513_2.jpg
なんか安っぽい。
ガイコツのは、あれ、一応シルクだから、それでちょっといい感じになっていたようで、綿だけだと、やっぱカジュアルで、手作り感溢れてしまうなぁ。
とか思っていた時に、総務大臣高市さんがなんだか高そうな青いマスクをしているのが目に入った。
さすが、普段からちょっと上にいる感のある高市さん、安っぽい手作りマスクなんかして高感度は求めないのね。逆に清々しい。高市さんコワイけど。

でも、高そうなマスクいいなぁ、とか思ってしまって、早速青いシルクで作ってみた。

200513_3.jpg
手数は増えたが、高そうなマスクにはならなかった。



春巻。

200513_4.jpg
春巻の中身はいつも冷蔵庫にあるものでテキトーなんだけど、この日はタケノコがあったから、そのおかげでとても美味しくて、今思い出してもまたすぐ食べたい。


鮭の西京焼きの日の小皿は
ラディッシュの葉と油揚げの炒め煮と

200513_6.jpg

トマトときゅうりと鶏肉の胡麻酢和え。

200513_5.jpg

最近、野菜の値段表示が100グラム単位になってることがあるじゃないですか。
あれには絶対引っかからないぜ、とか思ってたのに、とうとうワナにかかり、思いがけず高いトマトを買ってしまった。
とても甘くて美味しかったです。


またこんなレクリエーション。

200513_7.jpg
割烹の出前で、オードブルとヒラメご飯のセット。

200513_8.jpg
お正月みたいで嬉しかった。
全部美味しかった。

特に美味しかったのは、真っ白なおから。(紅葉の葉の下にあるやつ)
自分の作る色と味の濃いおからに比べて、なんと上品なことか。
次はこんなおから作りたい。



2020年5月10日

通常営業で、

自分のメモに指示された長財布作ってるんだけど、

200510_1.jpg
確かに、この先の予定が立たないと、どうもやる気が出ませんね。この永遠のゴールデンウィークはいつ終わるんだろうか。


春になると、あぁまたロンドンに行きたいな、と思う。
なので、フィッシュ&チップス!

200510_2.jpg

炒めたソーセージと玉ねぎ、トマトとレンズ豆を合わせたものは、nigel slaterレシピ。

200510_3.jpg



アンコウのバター焼き。

200510_4.jpg



鶏胸肉の唐揚げ。

200510_6.jpg

玉ねぎ、きゅうり、などの酢の物。

200510_7.jpg

唐揚げでやけに油ハネして掃除が大変だったり、おからの味付けに失敗して微調整を続けて時間がかかり過ぎたりで、ちぇっ、な気分だったんだけど、何気に全部美味しくて機嫌も直った。



今日は、散歩がてら遠くのスーパーに買い物に行った、その途中、

200510_9.jpg
お、お前は、たぬき?
しばらくお互い身動きできずに対峙していたが、その後、スルスルと側溝に潜って消えた。
こんな風に、ある日、イノシシに遭遇したりするんだろうか。



200510_8.jpg

お地蔵さん、マスク似合うね。




2020年5月 7日

目標もなく

作り続けるのはなかなか大変で、次は何作ればいいのかわからなくなっていたら、3月のカレンダーの端っこに、この頃は4月のデザインフェスタに向けて準備すべきものとして書いたんだと思うけど、作るものリスト的なメモが残っていた。
助かった。しばらくはこれに従って作ろう。
で、今日はネコちゃんの長財布を作り始めた。


巨大な駐車場を使って、様々な飲食店のテイクアウトメニューをドライブスルー方式で販売するイベント(?)が大盛況らしいのですが、そこに出店している近所の魚屋で、会場に持って行く前に分けてもらったテイクアウトメニュー。

200507_1.jpg
刺身の盛り合わせ。
真っ赤だったので赤身だと思っていたマグロが、とろっとろの中トロで美味しかったですわ。
ぶりの塩焼きも買っちゃった。


ゴールデンウィークだから、ま、いっか。
ということで、また先日とは違うビストロのテイクアウト。

200507_2.jpg
オードブルセットと


200507_3.jpg
200507_4.jpg
メインまで付いてる。

200507_5.jpg

飲みなはれ、飲みなはれ。

200507_6.jpg




他の日は普通に地味に食べてたけど、あまり写真は撮っていなかったようで、
タケノコご飯とか

200507_8.jpg

タケノコの治部煮とか。

200507_7.jpg
あ、これはお刺身の日の副菜だった。




5月の下旬にやろうと思っていた販売も、やはり延期になって、今度は6月下旬の予定になりました。
今度こそ、できるのかなぁ。



2020年5月 4日

ダンナのカバンは

黒い革と黒い糸で、ただただ地味に作ればいいので、すぐ出来た。

200504_1.jpg

自家用に使うのがちょっともったいないくらいに良い革だったんだけど、やや薄めだったので、内袋はいつもよりもずっと厚い綿の生地で作ったら、

200504_2.jpg
これが正解だったようで、とても「売ってるメンズバッグ」っぽくなった。
よかった。
ダンナの機嫌取れて。


今日のマスクは、お相撲柄。

200504_3.jpg
1世帯2枚原則に縛られて、もう1枚をどうしようかと思っていたら、そうだ!これもお相撲してる絵だった。

200504_4.jpg

お相撲好きな人に突然送り付けてしまいましたが、ご笑納いただきありがとうございます。

ガイコツがまだ残っている。

「お客様の中でゴルフがお好きな方はいらっしゃいませんか?」

200504_5.jpg
「お客様の中で将棋だか囲碁だかがお好きな方はいらっしゃいませんか?」

200504_6.jpg

ご連絡いただければマスクに仕立ててお送りします。




テイクアウトが流行りですね。
この期間、外食しにくくなったことにストレスを感じていた感のあるダンナが、テイクアウトに情熱を注ぎ始めた。

大奮発でビストロのオードブルセット。

200504_7.jpg

200504_8.jpg200504_9.jpg
消化にエネルギーを取られすぎ、食べ終わった途端に倒れる様に寝てしまった。

これもまた、ロックダウン生活っぽく、バゲットを焼いてみた。

200504_10.jpg
別に美味しくなかった。
外はパリッと、中はむっちりしてるんだけど、

200504_11.jpg
小麦粉の美味しい味はしないし、塩足りないし、パンの良い香りが全然しなくて美味しくなかった。





2020年5月 1日

先週まで

セーターを着ていたし、暖房も入れていたのに、今日は朝からもわっと暖かかった。嬉しい。そろそろ毛糸の靴下も脱ごうかしら。
と思ったら、今日から5月なのですね。



200501_1.jpg
この白い革が割と薄めでヘナっとしやすいので、この革の場合、ファスナー口のサイドは、こんな形に仕上げた方がよかったような気がする。

200501_2.jpg
このほうがラグジュアリーな感じがしますよね。
もう一個作っちゃおうかな、と思ったけど、ほら、次回はいつ販売出来るかもわからないので、あんまり作る気力もなくなってきちゃって、とりあえず次は、ずっと先送りにしていたダンナのカバンを、いよいよ作るか。

200501_3.jpg


ユーハイムのこんな感じのケーキ、あるじゃん。

200501_4.jpg
あれを作ってみたいと思って、ちょっとネットで調べたらすぐに作り方が見つかったので、早速やってみた。

200501_5.jpg
美味しかった。

200501_6.jpg
バタークリームが重くて胃に負担を感じながらも、二日で食べきっちゃった。


思えば、この麻婆豆腐を食べた後から、胃の調子が悪かったんだよね。

200501_7.jpg
久しぶりに胃薬を飲んでいる。

で、昨日はおとなしめな和定食。

200501_10.jpg
ゴボウとウドのきんぴらと、

200501_8.jpg

葉タマネギとホタテのヌタ。

200501_9.jpg


2020年4月28日

さっき郵便局に行ったら

最近は時短営業なんですね。閉まってた。
午後3時までだってさ。

紫色のサッカーチームに身を捧げている知人に、これを送ろうと思ったのに。

200428_3.jpg

この赤と白の組み合わせが、なにげにメディカルイメージで気に入っている。

都合よく、紫色の未使用のハンドタオルもあった。

200428_4.jpg
こちらはリバーシブルで使えるので、もし、「あぁ、私なんかトイレットペーパーカバーになってしまいたい・・・」と落ち込んだ日には、裏返して使ってみてね。

200428_5.jpg
こういうの、お金持ちのお宅のトイレットペーパーホルダーに掛かってなかった?


こんなことばかりしてるから、カバンはなかなか進まない。

200428_1.jpg
革の色が白過ぎたかと思ったけど、この白が美しくて、自分用に白い革だけのカバンを作ろうかと思い始めたくらい。
もちろん、この帯も美しいんですけど。

200428_2.jpg




鶏肉の塩焼き。

200428_6.jpg

焼売と

200428_8.jpg

鶏肉の中華風サラダの中華ナイトとか、

200428_7.jpg

昨日のローストポーク。

200428_9.jpg

と、肉ばっかり食べてた最近。
どうりで体が重いと思った。






2020年4月23日

本当なら先週末は

京都にライブを見に行く予定だったが、当然流れた。
これは、一緒に行く予定だったお友達にプレゼント。

200423_2.jpg
ガイコツがギター弾いてる柄。

汚ったない机の上で作ってるように見えますが、完成後に洗濯済みです。

200423_3.jpg
ナベノマスクも一世帯2枚。スピード感を持ってお届けしましたよ。

寒いし(現在気温7度)雨だし、やる気が出なくて、ファスナーの長さ間違えて、

200423_1.jpg
この後全部やり直した。



最近美味しかった小鉢は、
たたきゴボウ。

200423_7.jpg
いつだったか、どこかのお通しで食べたのが美味しかったのでね。

豆苗とベーコン、春雨の炒め物。

200423_5.jpg

タケノコ料理の定番、姫皮の酢味噌和え。

200423_6.jpg

タケノコが安いからといって買い過ぎて、持て余し気味。という、贅沢な悩みを抱えている今日この頃です。

メインは鮭の酒粕漬け。

200423_4.jpg


ピザにもタケノコトッピング。

200423_9.jpg

今回も生地が硬くて、ガリガリと噛みごたえあり過ぎなんだけど、小麦粉の味が楽しめて美味しい。が、ダンナは口の中を切ったのでしょうかねぇ、途中から無口になってしまった。

サツマイモスティックはパプリカとかクミン、チリで味付け。

200423_10.jpg



2020年4月20日

手作りマスクが

流行りですね。
ダンナに、作れよ、と言われても頑なに作らないのが天邪鬼のさがなのですが、いよいよ外出時に無マスクは許されないような雰囲気になってきたし、人にあげるのにいいかなーと思って作ってみたら結構面白くて、2,3日マスクを作っていた。
そんな話をしたら、実家の姉が、猫ちゃん柄を、と気まぐれに言っただけだと思うけど、それを真に受けて、でも家にあるネコ柄の生地は押入れの奥にあったキティちゃんのハンドタオルだけだったので、それで作ってみたら、

200420_1.jpg
まぁ!かわいい!
さすがサンリオさん、レースまでキティちゃん顔なのね。

200420_2.jpg

ちなみにタオル地で作ると暖かすぎて、これからの季節はキツイです、きっと。

今日はカバン作りに戻った。


ゆでダコで3品。
酢の物。

200417_10.jpg

タコとジャガイモのパスタ。

200417_11.jpg

タコと里芋の煮物。

200420_6.jpg


ローストチキン。

200420_3.jpg
180度で45分くらい焼いたら、ホロホロになって食べやすかった。

タケノコのチーズ焼き。

200420_4.jpg

2020年4月17日

調子が悪かった。

しばらくうだうだしていて、1日寝ていたりしてもう回復したけど、驚くべきことに、去年の同じ日にも同じように寝込んでいた。そして正確な日付はわからないが、一昨年の同時期にも。こうなったら来年は、あらかじめ4月15日あたりを頭痛休暇にしてカレンダーに赤丸つけておこうかと思う。


カバンは前回とほぼ同じですけど、こんな感じ。

200417_1.jpg
中の生地は青緑で、外側のオレンジとの対比が美しいと思っております。

200417_3.jpg

写真では帯地のそのままの感じが全然出ていない。
薄暗い部屋の奥に置いてある時が一番綺麗に見えるんだけど、それは写真に撮るのが難しい。ほんと、ハッとするくらい美しいのよ。
これって、お公家さんのお屋敷とか、将軍家の奥座敷でもいいけど、そんな所の金屏風とか金の襖絵の見え方と同じ感じなんですかね。



200417_2.jpg
こんなんじゃないの。もっともっと金が光ってキレイなの。





少し暖かくなって来たので、久しぶりにバターケーキ。
そういえば、最近はバターケーキって言い方、あまりしないようですね。

200417_12.jpg
レモンたっぶりで、酸っぱくて美味しかった。

200417_13.jpg


タラの芽とタケノコのフリット。

200417_4.jpg
でも、メインは後ろに隠れてる鳥の唐揚げ。

200417_5.jpg


タラのネギ蒸し。


他は、金時草の酢味噌和えと、肉じゃがと、納豆。

200417_7.jpg




観光客も消え、飲食店の仕入れも無くなって、大変な思いをしているであろう近江町市場がお買い得だ。
コッテコテに脂ののったブリを、ただ同然の値段で(イメージです)売ってくれた。「内緒にしといて」とお兄ちゃんに言われたので値段は言わないけど。

200417_8.jpg

タケノコも大安売り。
で、豚肉巻き、なんていうテキトーな食べ方もしてしまえる。

200417_9.jpg

2020年4月13日

多少の改良を加えながらも

ほぼ前回と同じように作っているので、進みが早い。

200413_1.jpg
コバの色は、前回のアイボリーが白っぽすぎたような気がしたので、ちょっとオレンジ色を加えて濁してみたんだけど、実は白すぎるアイボリーの方が、パキッとシャープな感じになって良かったのかもしれない。
オレンジのステッチは、今回はピッチを長くして、二度縫いして、色を強調してみた。

今日は雨なので、完成形の写真は後日に。

200413_2.jpg


石川県も緊急事態宣言出したらしいが、日々の生活になんらの変化はないだろう。
もともと三日に一度くらいしか外に出ないから。
雨が降ると出ない。風が強いと出ない。寒いと出ない。
例え外出禁止令が出されても、うまくやり遂げられそうな気がする。


コロッケ定食。

200413_4.jpg

お昼のイワシとレモンのパスタ。

200413_5.jpg

ホウボウのオーブン焼き。

200413_6.jpg
ちょっと食べにくいけど、美味しい魚ですね。

チーズと胡桃と黒胡椒をトッピングしたベイクドサツマイモ。

200413_7.jpg


この二日間は春の食材たっぷりだった。
ホタルイカとうるいの酢味噌和え。

200413_8.jpg
ワラビとタケノコの炊き合わせ。

200413_9.jpg

タケノコご飯、おこげトッピング!

200413_10.jpg

タケノコの姫皮の酢味噌和え。

200413_11.jpg

鱈の添え物はうるいの胡麻酢和え、
左上のお皿はワラビと豚肉のおかか炒め。

200413_12.jpg




2020年4月 8日

このカバンは


200408_2.jpgかなり苦労して、この完成形にたどり着いた感があったのですよ。
なんでもないカバンに見えるかもしれないけど、私らしからぬエレガントさがあって、気に入っていた。

このカバンはもう手元にはないけど、帯と革はまだある。
よし、もう一回作ろう。

200408_1.jpg



今年の桜は咲き始めが早かったが、その後気温の低い日が続き、今だに満開。
今日は午後、ダンナが中抜けして散歩に行ったので、その写真を拝借しました。

このルートは私のジョギングコースであり、私も昨日、この桜の中をよたよたと走ってきたよ。

本多の森から護国神社の脇を抜けて、兼六園の裏口へ。

200408_3.jpg
兼六園に沿っティーエリーへ続くこの道は横目に見ながら坂を下り、

200408_4.jpg
この車道を渡って

200408_8.jpg

白鳥路を抜けて、

200408_5.jpg
お堀に沿って進み、

200408_6.jpg

と、ここで、あ、仕事中だった、と気付いて、慌ててお城や兼六園の中を横切る(兼六園は桜の季節は無料です)ショートカットコースを通って帰ってきたらしい。
私のジョギングコースはこの後もステキなのに・・・

お城の桜も満開だったようだ。

200408_9.jpg
今日は風が強いので、これで全部散って終わりかな。

200408_7.jpg



鶏胸肉の唐揚げ。

200408_12.jpg

なんかこっちに来てから胸肉が美味しいんだよね。
パサパサ感が少なくて、しっとり柔らかい。気のせいかしら。

タコと大根、ワカメの酢の物。

200408_10.jpg
こごみのおひたし。

200408_11.jpg



タコが半分残っていたので、翌日はタコのポテトサラダに。

200408_13.jpg

あとはカレイの干物と、ほうれん草の胡麻和え。

200408_14.jpg





2020年4月 6日

本来ならば

今週末はデザインフェスタでしたね。
デザインフェスタではいつもジーンズ物が売れるので、次はジーンズポーチか、ジーンズ財布を作る計画だったんだけど、その必要がなくなった。
で、次はonomickさんと一緒にやるので、がっつり和風なバッグを作ろうと思っているが、また5月もできるかどうかわからない中で、ちょっとやる気も削がれ気味なので、そうだ、ネットショップの更新だ。

200406_1.jpg



いちごが安く、カジュアルにいちごケーキを食べられる季節だ。

200406_2.jpg
今回もクリームが少ないとなじられたが、生地はとてもよくできた。

ガツガツ食べて、これが最後の一切れだったので、いろいろ汚いですけど。
いちごケーキ、美味しいね。



最近の夕食は、
ヒラマサのお刺身とか、

200406_3.jpg

めばちのアクアパッツァは失敗。

200406_4.jpg
見るからにイマイチ感漂う。

昨日はレタスやブロッコリーと豚肉のオイスターソース炒めと、

200406_5.jpg
いつでも美味しい大根と油揚げの煮物。

200406_6.jpg



外出はいつでも控え気味だから、散歩ぐらいは怒らないで。
ここはすれ違う人さえ少ないし。

犀川沿いは桜満開。

200406_7.jpg

いつものこの道は、これが一昨日。

200406_8.jpg
今日はいよいよ満開だった。

200406_9.jpg





2020年4月 3日

引き続き

お財布の作り直しで、今度はコウモリのお財布の内側を作り直した。
前回は、何故かこれがステキなのだと思っちゃって、ステッチをピンクにしてたんですが、

200403_8.jpg
(この写真じゃあまりよくわからなかったですね、)
やってみたら、これは無いよねぇ、な感じになってしまったので、今度はちゃんと黒いステッチ。

200403_1.jpg
一箇所、もとの革をそのまま使ったので、ピンクのラインが残ってますが、

200403_2.jpg
これはご愛嬌だと思ってください。

あぁ、作り直してよかった。全体がパシッとした。

200403_3.jpg
時間があるっていいですね。

200403_4.jpg




スペアリブの煮込み。

200403_5.jpg


鯛飯。

200403_6.jpg
鯛一匹丸ごと炊き込んで、味付けもちょっと濃いめにしたら、なんとご飯の美味しいことか。
これでおにぎり作ったら売れそう。

200403_7.jpg

2020年4月 1日

どうやら

その時からあまり自信がなかったようで、去る23日の日記に挙げたこのお財布の写真は

200323_1.jpg
なんとなく詳細を隠すようなショットになっておりましたね。

その後、内側だけ作り直して、今度は自信作。

200401_1.jpg
おもて面と縫い合わせる時は、同じ針穴に通すように気をつけたので、ほら、縫い直し感はございませんでしょ?

200401_2.jpg

やはり前回の敗因は厚めの裏地ではなくて、自分の仕立ての下手くそさだったことが証明されたので、コウモリのお財布も内側だけ作り直そーっと。


200401_3.jpg



近所のお寺のしだれ桜は5分咲きくらい。

200401_7.jpg

ここも週末には満開かなぁ。

200401_8.jpg




先週も食べたけど、昨日もブリカマ。

200401_4.jpg
わさび醤油をつけて、ご飯と一緒に海苔で巻いて食べてみたら、すごく美味しかった。


ホタルイカとワケギのぬた。

200401_5.jpg

大根葉と油揚げの炒め煮。

200401_6.jpg

東京ではあまり見なかったけど、ここら辺では大根の抜き菜っていうのかしらね、間引き菜みたいな、葉っぱだけのが普通に売ってて、それは大根の頭についている葉っぱよりも全然柔らかいので、使い勝手がいいし、美味しいし安いしで、嬉しい。