2019年10月17日

見飽きた小物を

作りながら、

191017_1.jpg
のろのろとした日々を過ごしている。



ダンナの事務所が神楽坂にあるので、一週間くらいそこを借りて、お店の真似事みたいなことができないか、と画策しているんだけど、なかなか勇気がなくて踏み切れない。
路地裏の、階段しかない小さなビルの4階まで上がってくる人なんかいるわけないし、まかり間違って階段を登て来たお客さんも、ドアを開けた瞬間、ちょっと引きますよね。これはキビシイ・・・と。
それでも一度はやってみたい。
桜の季節とかいいと思うんだけど、とりあえずどんな風になるのか練習が必要なので、今度のデザインフェスタの後に、リハーサルをやってみるのはどうだろうか。パイロット版とでも言いましょうか。

今日はそんなで、事務所に取り付けるパーテーションとかロールスクリーンを検討していて、結構な時間を費やしてしまった。




先週の食卓。

メギスの唐揚げ。

191017_2.jpg
メギスは安くて、クセのない味で美味しいです。


空芯菜のナムル。

191017_3.jpg


今年初!のサンマ。

191017_4.jpg

この日は割と安くて、1尾160円だった。


他は、治部煮風の煮物と、ピーマンのおかか炒め。

191017_5.jpg






唐突ですが、金沢駅前の夕焼け。

191017_6.jpg
この季節は夕焼けが綺麗ですね。

2019年10月16日

久しぶりの

お友達との遠足は、大阪ライブ遠征!

しかも台風の翌日で、当日朝まで電車が走るかどうかも分からなかったし、一度予約したホテルもキャンセルしたりで、なかば中止を覚悟していたが、サンダーバードは午前中に一本だけ臨時列車が走ることがわかったので、2時間くらい前に駅に行って確認し、自由席しかないということなので、1時間前から列車に乗り込んで席を確保し、到着予定時間を30分ほど遅れて新大阪に到着できた。ちなみにお友達の東海道新幹線は朝から通常ダイヤで動いたようだ。
新大阪に着いたのは午後2時少しすぎだったけど、悲しいかな我々のような中年相手のライブは午後2時に開演してしまうので、すでに客電は落ち、音は出始めてた。が、滑り込みセーフ。

191016_1.jpg



その後は大阪の街に繰り出して、

191016_3.jpg
夕飯にお好み焼きを食べ、賑やかな夜の街で洋服屋を冷やかしたり、道頓堀沿いの観覧車に乗って

191016_5.jpg
恐怖を味わったり、

191016_6.jpg
普段、夜はちゃんと暗くて静かで、商店も閉まり人もいない金沢ではとてもできない遊びを楽しんだわけです。

191016_4.jpg


翌日、淀川を渡って、

191016_7.jpg
街に出て、商店街を歩き続けた。

191016_8.jpg
これまで大阪という街に全然関心がなかったんだけど、お見それしました、このごちゃごちゃ感はとても面白いし、

191016_9.jpg

こんなに商店街が残っているのは素敵だと思った。

191016_10.jpg


そんで、この建物を見て思い出した。

191016_12.jpg
ここは25年ほど前にも来たな。
何故かその後も夢に見ることがあって、この内部の様子は本当に見たものか、夢で見たものか、自分でも分からなくなってるけど。

実はその時もライブを見に、わざわざ飛行機に乗ってやって来た。しかもライブは2days.
25年も経っても、相変わらずバカだなー、自分。


そんなこんなで楽しい遠足だった。

いろいろ手配してくれたお友達にとても感謝しています。ありがとう!


191016_11.jpg
(この、真ん中に写ってる黄色い観覧車が、めちゃくちゃ怖かった。)


2019年10月10日

県立美術館で

しばしば松田権六という人(故人)の漆芸作品を目にしまして、素晴らしいなぁ、思っていたら、地元の書店でその人の書いた漆に関する本を見つけ、それがまた面白くて、こうなったら絶対に本漆でこれをやりたい、と思っている。

191010_2.jpg
今のところまだこれは「漆風」の塗料だけど。

191010_1.jpg
昨日、一昨日はダンナが東京に行っていたので、これをやっていた。
塗料を使っているときには途中で手を止めたくないので、ダンナがいない時がチャンス。
ダンナがいるときは、お昼ご飯を遅らせられなかったり、「休憩しない?」とか、色々中断を余儀無くされるからね。



急に薄ら寒くなって来て、朝晩は暖房を入れたいくらいになって来た。
窓の外の景色も寂しい。

191010_5.jpg

陽が短くなって来ましたね。

191010_6.jpg


2019年10月 7日

先週の火曜日は

所用により一泊で東京に行って、余った時間に当てもなく銀座の街を歩き回って疲れ過ぎ、家に帰れば相変わらず画面いっぱいの巨猫が、

191007_1.jpg
あら、ねこちゃん、どうしました?


土曜日は、産業会館で骨董市をやっていたので行ったんだけど、別の棟では農林漁業まつりをやっていたので、まずはここでお昼ご飯を食べてから。

191007_2.jpg
休日に、農業フェアで楽しんでいる自分がとても嬉しいのですよ。

191007_3.jpg

食べ物は美味しく、風が気持ちいい。

191007_4.jpg
素敵な秋の地方都市的な1日だった。

骨董市では帯を2本購入。


昨日の日曜日は、バスとタクシーを乗り継いで映画館にジョン・ウィック見に行って、映画館の近くのゴーゴーカレーでお昼食べて、ホームセンターをぶらつく、という、やはり地方都市的な1日だった。


今週は革小物作り。

191007_5.jpg




先週の夕飯で美味しかったものは、
鶏肉の照り焼き風。

191007_6.jpg

ピーマンとキノコ、豚肉の炒め物。

191007_10.jpg

焼きなすのにんにく酢醤油かけ。

191007_9.jpg

生麩とかぼちゃの煮物。

191007_8.jpg





2019年9月30日

実はこのカバンは

190930_1.jpg
昨年の8月の日記にも書いてあるけど、随分前に作ってお蔵入りしていたものの作り直しで、作り直したら自分で使うつもりだったけど、思いのほかいい感じになったし、せっかくだから次のデザインフェスタで披露してみよっかな。

190930_2.jpg
生地が柔らかくて、柄も痛みやすそうなので、ガツガツ使う用にはお勧めできないんだけど、
最近こういうカバンはあまり作っていなかったから、ぜひ、見てもらいたい。

190930_3.jpg



さつまいもの茎、食べたことあります?
私はこっちに来て初めて知った。
フキのように筋を取って下茹でして、

190930_4.jpg
油揚げと一緒に炒め煮にしてみた。

190930_5.jpg
下茹でした時はさつまいもの匂いがしたけど、茎は特に特徴的な味は無いみたい。
歯ざわりはとてもいい。あと、当たり前に、繊維質が多いらしい。


冬瓜と鶏肉の煮物。

190930_6.jpg
骨付き鶏肉の濃厚な出汁が美味しかった。


冬瓜の浅漬け。

190930_7.jpg




鶏肉とインゲン豆のカスレ風。

190930_8.jpg

シイラのムニエル。

190930_9.jpg
これはイマイチだったな。



スポンジケーキを焼いて、イチジクでデコレーション!

190930_10.jpg

ゼラチンでも塗るとそれっぽかったんだけど、あいにくゼラチンが無かった。

190930_11.jpg

イチジクと生クリームの組み合わせっておいしいですね。
しかも、色が可愛い。


190930_12.jpg

例年、イチジクの季節には焼きっぱなしケーキを作るんだけど、来年から断然こっちだな。

イチジクもそろそろ終わりかなぁ。



土曜日ごろから空気が金木犀臭になっている。
我が家の鉢植えの金木犀も、新宿のマンションにあった頃よりは元気がいいけど、

190930_13.jpg
この匂いの源は、お隣の家の大きな、そしてものすごく手入れの行き届いた金木犀の木のようだ。

2019年9月26日

今週は

割と落ち着いて過ごしているはずなのに、カバンの進みが遅い。
久しぶりのカバン作りなので、いちいちあれこれ考えて、考えている間に思考が脱線しているのが原因かと思われる。

使わないカンがあったので、カバンの内側にこんなの付けてみた。

190926_1.jpg



一昨日の夕飯。

190926_2.jpg

鯛が一尾残っていたのでこの日は鯛ご飯。

190926_3.jpg


この夏、美味しい鰻ざくを食べて、鰻ざくに目覚めたのですよ。
そもそも貧乏人には、うなぎの蒲焼を二次利用するその了見が分からなかったし、酢の物と蒲焼が合うと思えなかったんだけど、この前食べたのがすごく美味しくて、それ以来、その鰻ざくを真似した酢の物をよく作る。もちろん鰻は入らない。

これはノドグロの塩焼きと、キュウリではなくて冬瓜で。

190926_5.jpg
鰻ざくとは相当離れてますけど。


肉巻きの野菜は、ミョウガ、しめじ、水菜。明らかに残り物始末。

190926_4.jpg




鮭とさつまいもでフィッシュ&チップス。

190926_6.jpg

このさつまいも、皮が白いの。
味は普通のさつまいもより甘さが少ないような気がしたけど、チップスにするにはちょうどよかった。


先日行ったビストロで食べたレンズ豆のサラダが美味しかったのでそのマネ。

190926_7.jpg

イチジクのサラダ。

190926_8.jpg

あぁ、イチジクがとても美味しい。



2019年9月23日

去年の夏から

仕掛かりだったこのカバンを、

190923_1.jpg
今度こそ仕上げるつもり。


今週も三連休なので、土曜日はそんな気分で街に出て、ビストロでお昼を食べた。
いつものように、お客は我々のみ。

190923_2.jpg
そんなことにもすっかり慣れたので、別に驚かないけど。



我が家のあたりの「石引」という地名は、金沢城築城の際、山から切り出した石垣用の石をここを通って城まで引いて行ったから、らしいんだけど、それにちなんだ地域のお祭りがある。

日曜日の午前中、家の脇をお神輿が通って行った。

190923_3.jpg

去年はここに引っ越して来たばかりの頃だったから、、お祭りなのに人が少ない・・・と、寂しい気分になったんだけど、この人の数に慣れた今年は、やっぱりお祭りだから人が多い!とか思っちゃった。

190923_4.jpg

道の反対側には全然人いなくて、さびれ感丸出しですけど。

190923_5.jpg

お昼は、出店でカレーやおでんを買って帰って、うちで食べた。


今日は台風で風がものすごい。
家にお菓子が無くなったけど買いに行くのが大変そうなので、バターケーキを焼きました。

190923_10.jpg
出来立てうめぇ〜。



ガンドぶりのお造り。

190923_6.jpg
ガンドぶりってなんだろうと思って調べたら、ぶりの一歩手前のサイズのぶりのことらしい。ふ〜ん。


ノドグロの塩焼き。

190923_8.jpg
当然チビサイズなので、お安いよ。


2019年9月19日

徐々に気温も下がり

今日はもう長袖だ。
何年か、夏が狂ったように暑く長い年が続いたけど、この2,3年は落ち着いてますね。
9月の半ばらしい涼しさ、というか、ちょっと寒い。

まだやってる、コレ。

190919_1.jpg

フィルムの下の帯地のバリエーションを増やすと面白いかも。

龍の下書きが終わった状態でパスケースに仕立てて、最後に絵を完成させる、という手順でいこうと思っているんだけど、目が疲れたし、細い筆も新しく買いたいから、絵を書くのは後日だな。



約束のブリ大根。

190919_3.jpg

冬瓜と舞茸、油揚げの酢の物。

190919_4.jpg
これは美味しかった。


定番ナスのシギ焼き。

190919_5.jpg


そうそう、赤キャベツのザワークラウトは、完成を思わせる甘酸っぱい匂いと共にカビの発生を確認し、ゴミ箱行きとなった。ちぇっ。


2019年9月17日

先週はひたすら

黒い革を切って縫って、黒い革に細かい絵を描いたりし続けた結果、週末には眼奥が痛くなって、冴えない三連休を過ごしていた。

土曜日は何をしていたか思い出せない。
たぶん半日くらいはソファや畳の上で寝ていて、こんな素敵な季節に何をやっているんだろうなぁ、とか思っていたような気がする。
日曜日は、午前中に庭の雑草抜きなどをして、近くのうどん屋でお昼を食べて、そのまま夕飯の買い物に行って、その後ゴロゴロしているうちに夜になった。
昨日の月曜日は、近くの洋食屋に行ったら、今月いっぱいで閉店、今後は出前とテイクアウトだけで続ける、という張り紙が出ていて、大ショック。
10月からお客さん用の駐車場が使えなくなるため、ということらしい。
車社会ではこんなことも起こるのか。
ここでテレビを見ながらオムライスを食べるのが好きだったのに。

今日は秋の風がビュービュー吹きまくってるし、あぁ、なんか寂しい。


あまり元気もないので、夕飯も大したものは作っていなくて、これは金曜日だったか、
ブリカマの塩焼き。

190917_1.jpg

大きいブリカマをいくつかに切ってもらったので、この次の日は照り焼きにして、残りは冷凍して、後日、ブリ大根だな。

冬瓜の海老あんがけ。

190917_2.jpg
海老はもちろん甘エビ。


水ナスが美味しいはずなのに、ある日は塩もみ、というか浅漬けみたいにしたら、それがあんまり美味しくなかったので、昨日はもう少し味をつけてサラダにしてみたら、それもあまり美味しくなかった。なにか間違っているような気がする。

190917_3.jpg

でも鶏の唐揚げが美味しかったから、いっか。

190917_4.jpg



今日はあんまり写真がなかったから、あまり元気の出ない今の気持ちにフィットする、雨の博物館とか、

190917_6.jpg

秋の夕焼けを。

190917_5.jpg





2019年9月12日

試作の続き。

ポケットを裏表2つずつ付けると、厚みが出てデコボコした感じだし、縫い目もきれいに仕上がらないので、片面のポケットは1つにしたら、そこは割ときれいに出来た。

190912_2.jpg
ところが、中身を入れると1つポケットの方に革が反ってしまって、これじゃダメじゃん。
なので、やっぱり裏表とも2つポケットにして、組み立て方などを変えてみて、これでいっかなー。

190912_1.jpg
これ、縫い目全然キレイじゃないよ? と思われるでしょうが、次はキレイに縫える予定。

よし、次は出来上がったパスケースに絵を描く練習だ。



バンガーズアンドマッシュ。

190912_3.jpg

赤キャベツが余りそうなので、ザワークラウトを作ってみている。
この日は漬けたばかりでまだただの塩もみ状態だったので、お酢を混ぜてそれっぽく。



カレーと

190912_4.jpg

イチジクのサラダ。

190912_5.jpg
中身は、玉ねぎ、パセリ、くるみ、チーズ、塩・胡椒、レモン汁、オリーブオイル。


後ろのザワークラウトは、自力で酸っぱくなってきた。



翌日はカレイの塩焼きと、蓮蒸し、空芯菜のナムル。

190912_6.jpg
和食メニューにつき、ザワークラウトはお休みです。


2019年9月 9日

試作第二弾もビミョー。

190909_1.jpg
帯柄部分のポケットを使わなくてもいいように、もう二つポケットを増やしたんだけど、全体のバランスに疑問が残る。


190909_2.jpg

とかいう以前に、仕立てが下手すぎる。
すっごい力を入れて龍の絵を描いたのに、こんな下手くそな縫い目では台無しじゃん。
なので、今日は絵は描かないで仕立ての練習をし始めた。
無地ならダンナが貰ってくれそうだ。

これは、

190909_3.jpg
「一個あげるね。」って言ったら、丁重に断られた。




9月に入り底引き網漁が解禁になった。と言うことは、甘エビですよ。

190909_4.jpg
ちょっと割高かなーと思いながらも、450円の小盛りをください、と言ったら、お店のお兄ちゃんがじゃんじゃん甘エビ入れ足してくれて、しかも400円にまけてくれて、結果、とてもお安くいただきました。ありがとう。

残ったのは塩麹に漬けておいて2日目も美味しい。

190909_6.jpg

沢山あったから、カジュアルにパスタにもトッピングしてしまった。

190909_7.jpg


鯛の香草焼き、

190909_8.jpg
は、少し焼きがあまくて、皮がパリパリにならなかったのが失敗。

190909_9.jpg



2019年9月 6日

漆塗り風パスケース

第二弾を製作中。

紙を切り抜いて型を作り、シルクスクリーン的に下絵を描く、という作戦はのは失敗に終わったので、今度はお得意のこれ。

190906_1.jpg
ゴム版です。
これで大まかな部分をスタンプで革に写して、

190906_2.jpg
この上に漆風の塗料を塗って、さらに細かい部分を書き足す、という作戦。

190906_3.jpg
金を盛り過ぎた。





家でピザを作るようになって、具は、生トマトと野菜とチーズだけが一番美味しい、という結論に至った。
これが、私のpizza。(俺のフレンチ、みたい)

190906_4.jpg
ピザ生地は、いつも薄力粉と強力粉を半々で作ってたんだけど、今回は強力粉だけにしてみたら、パリパリの好みの生地になった。


ピザは一枚だけで、メインは鶏肉のオーブン焼き。

190906_5.jpg


バイ貝と赤イカのお刺身。

190906_6.jpg
バイ貝を食べるようになったのはこっちにきてからで、最初はさばくのに手こずったものだけど、この頃は素早くさばけるようになってきた。


超あり合わせ煮物。
かぼちゃ、油揚げ、レタス。

190906_7.jpg







2019年9月 3日

予想通り

先日作っていた抜き型を使っての着色は全く上手くいかなかったんだけど、とりあえず試作。
今回は透明フィルムの後ろを帯地にしてみた。

190903_2.jpg
もちろんカードを入れいるとこの生地は隠れるんだけど、

190903_3.jpg
帯柄を楽しみたい場合は、表側にカードを入れるようにすればいいわけです。
ということはフィルムの真ん中に穴は無い方がいいかな。

ちなみに上のカードは金沢生活の必需品、アイカ。
バス用のICカードです。
一年経ってバス生活にも慣れ、最近ようやく積み増しもスマートにできるようになった。
「積み増し」ってチャージのことなんだけどね。

で、表はこんな。

190903_4.jpg
お土産屋さんで売ってそうな感じですか?
ということは、ボツ、かな。どうかな。
11月のデザインフェスタまでに考えよう。



加賀れんこんの新ものが出はじめたので、れんこん饅頭を。

190903_5.jpg
出来はイマイチだった。
後ろの、ヒラマサの昆布締めもイマイチ。


アジフライとシイタケフライ。

190903_8.jpg

これも全体的にはイマイチだった。

今日の夕飯は美味しいものができますように。

2019年8月30日

6月に

自分のこのパスケースを漆風塗料でペイントしてみたんだけど、2ヶ月少々使用して、このくらい。

190830_1.jpg
少しハゲてきたけど、それほどでもない。
もう少し厚く塗り重ねればイケるかも。

本当は本物の漆でペイントしたら素敵だし丈夫なんだろうけど、そんな高級品にする必要はなさそうな気がする。気軽に買える値段が売りだから。
でも、この新漆は、お手頃に金継ぎをする場合によく使われるみたいだから、その雰囲気は出ると思います。

で、まずは型を作ってみる。

190830_2.jpg
これを切り絵みたいにカッターでくり抜くつもりなんだけど、
失敗しそうな予感ムンムン。



昨日はダンナがいなかったし、涼しくなってきたので、お風呂屋さんに行ってきた。


190830_3.jpg

お風呂上がりにサイダーでも買ってテレビを見ようと思ったら、受付のおばちゃんが、ウォッシュレットのノズルが出っ放しになっているのの直し方が分からなかったとか、だからお客さんがトイレに行くために一度家に帰った、とか話し出して、まぁどうでもいい話しなんだけど、私も今日は誰とも話をしていなかったから、1日の終わりにようやく人間らしい交流ができてよかったなぁ、とか思いながらサイダー飲んで、テレビは野球だったから、それは見ないで帰ってきた。

高台なので、天気のいい夕方は、ここからの夕焼けがとてもきれいなのよ。

190830_4.jpg




ちょっと炙って塩とスダチをかけてありますので、醤油をつけずにそのままお召し上がりください、ってヤツ。

190830_5.jpg
魚はフクラギです。
炙りに塩って、結構どんな魚でもおいしい。

ナスのシギ焼。

190830_6.jpg


生姜焼き定食。

190830_7.jpg


2019年8月26日

庭の塀が傾いてる、

ので、ホームセンターに応急処置用の金具を買いに行くつもりが、乗るバスを間違えた。
地図を見た限りで最も目的地に近そうなところで降り、1,2キロ歩けば着くかな、と思ったが、実際のルートは、この小立野大地をなかなか降りられず、大きく迂回して5キロ以上ありそうだった。
近道があるかも、と思って脇道に入ったらこんな人気の無い山道になってしまって、クマが出そうな雰囲気だ。

190826_1.jpg
落石注意の看板もある。この先どんどん道は細くなり蛇行して下って行く。
地図を確認したらどこにも繋がっていなかったので引き返し、すっかりやる気をなくして、ちょうどウチの方面行きのバスが来たので、それに乗って帰ってきた。よかった、日中のバスは少ないのに。

次のホームセンター方面行きのバスは、3時間後だ。
仕方がないので明日出直そう。

割と街中に住んでいるはずなのに、バスを間違えただけでにっちもさっちも行かなくなる。
マイカー社会、恐るべし。



この週末はたいしたご飯も作らなかった。
こんな汚い色の炒め物とか。

190826_2.jpg

いちじくは、この日は白和えに。

190826_3.jpg





2019年8月23日

秋になってしまったなぁ。

空気がきっぱり秋になってしまった。
ギラギラの日差しはなくなり、風も涼しいし、もちろん今週はクーラーなんかいらなかったし、近所のスーパーも今月いっぱいで閉店するし、なんだか寂しい。
夏がものすごく短かった。

今週はボヤボヤと過ごしてしまったな。
風邪が長引いており、咳や喉の痛みが収まらず、医者に行ってしまった。
来週はしっかり頑張りたい。


風邪と言っても熱があるわけではないし、体のダルさはなくなったので、食事は普通に作ってた。

久しぶりにチリビーンズ。

190823_3.jpg

ヒラマサとカツオのお刺身や、冷たい煮物など、

190823_4.jpg
この日は全部美味しかった。

イチジクの胡麻和えも。

190823_5.jpg


シイラのバター焼き。

190823_6.jpg
今はシイラがよく獲れるようで、どこでも安い。
初めて食べた時は、味が淡白過ぎてあまり美味しいと思わなかったけど、油と合わせるのが正解らしくて、先日の南蛮漬けもこのバター焼きも、とても美味しかった。


ガリガリのプラムを見つけたのでケーキに。

190823_8.jpg
写真見るだけで唾が出てくるほど酸っぱくて、美味しい。

2019年8月20日

金沢も暑かった。

のですが、今日久しぶりに雨が降り、急に涼しくなって、これで夏が終わったのかしら。


今日はご飯の記録だけ。

マカロニグラタンとサラダ。

190820_1.jpg
そして、なんか魔が差して、卵サンドイッチなんか作っちゃった。

190820_2.jpg


キスの天ぷらにしようと思ったら卵がなかったので、フリットに。

190820_4.jpg

ナスや白いシメジも一緒にフリットにして、タルタルソースで食べたら美味しかった。

190820_5.jpg


生協の野菜セットに入っていた紫キャベツの消費に忙しい今日この頃。

190820_6.jpg
何故か石川県は紫色の野菜が得意なんだよね。



ゴーヤと茗荷のお浸し。

190820_8.jpg

このお気に入りのガラスの器、先日京都で買い足して2個になった。
同じ型かもしれないけど品質に差があって、今回買ったのは「廉価版」みたいな、ちょっと安物。実際安かった。


シイラの南蛮漬け。

190820_10.jpg

このお皿は、一枚買い足して2枚になったのはほんの束の間、まんまと割ってしまって、また一枚になってしまったので、同じのがないか探したんだけど、これは無かった。ま、なかなか同じのはないよね。


オクラの胡麻和え。

190820_9.jpg

漆器の蕎麦猪口は、先月、高岡に行ったときに買ったもの。
そういえば一度も使っていなかった。ごめん。


2019年8月18日

灼熱の京都で

風邪をひいてしまって、火曜日に帰って来てから2,3日寝続け、その後も喉の痛みや咳が治らず、ノロノロしているうちに、そういえば京都でイベント出展したんだったなー、くらいの記憶になってしまっている。

予想通り、あんまり、というか、ほとんど売れなかったんだけど、この、旅行がてら出展する、ということ自体がイベントのようなものなので、それはそれで楽しかった。

会場はここ。

190817_3.jpg
前日の夕方に搬入に行って、終わったらバスに乗って祇園まで行ってダンナと待ち合わせて、夕飯。
久しぶりの京都は外国人だらけだった。

190817_1.jpg
イメージ的には白人だらけ。中国人も多かったのかもしれないけど、それは見た目じゃわからないからね。目に見える範囲では白人だらけ。

翌日はホテルで朝食を食べ、

190817_2.jpg
(売れないくせにこんなホテル泊まってんじゃねーよ、って話なんだけど、ほら、半分旅行だし、ダンナにとっては完全なバカンスだし、予約したのダンナだし、支払いもダンナだし・・・)


いざ、イベントへ。
会場は眼下に見える鴨川を渡って、徒歩で20分くらい。

イベント初日。

190817_4.jpg
いつも通りのブース作りですけど、机がちょっと小さかったので、搬入用のダンボールを使って、手前にもう一段作ってみた。

190817_5.jpg

初日の反応は、まぁいつもと変わらないような気がしたけど、2日目は全く反応がなかったな。

あぁ、ダメだったな、とか思いながら、鴨川を渡り、

190817_8.jpg
ホテルに戻るんだけど、「全然売れなくて帰って来る先が、ビジネスホテルよりはこっちの方がいいじゃない?」と言って観光ホテルの予約をしたダンナ、あんたは正しかったよ。

で、ダンナは2日半、体温より暑い京都を楽しんでいたようで、夜、料理屋のカウンターなんかで、今日行って来たところの話を聞くんだけど、


190817_9.jpg
(下鴨神社の古本市)

話を聞きながら、働きながら子供を育ててる人の大変さを知りましたよ。これって、例えば会社で大失敗して死んでしまいたい、とか思ってる日に、子供の遠足の話とかを聞いてるわけでしょ?

190817_11.jpg
(仁和寺)

そりゃあ、なかなかノッてあげられませんよねぇ。

190817_10.jpg
(妙心寺)


で、イベントが終わった翌日は、1日観光する予定だったんだけど、暑いし売れなかったしで放心状態の私は、特に見たいところも無く、そういえば、まだ行ったことの無かった、知る人ぞ知る(らしい)五条の高瀬川周辺を散策してみた。

190817_12.jpg

190817_13.jpg

190817_14.jpg
こういう所はまだ静かな雰囲気が残ってるけど、京都のほとんどのところは、随分賑やかになってしまったようだ。
3年くらい前までは、桜と紅葉、祇園祭の時期以外はシーズンオフ、みたいなイメージだったし、実際、どこも空いていたはずなんだけど、国策って効くんだな。っていうか、円安って効くんだな。

あ、京都のイベントは、次回もあれば懲りずに出展してみたいと思っています。


2019年8月 8日

I'm nervous.

いつものようにイベントを前にして、気持ちが落ち着かない。
昨日荷物は送ってしまったし、暑過ぎて何か作る気もしないし、所在無く、今日なんか一年前にやりかけていた金継ぎの仕上げなんかをやってみたりして、当然失敗したりしてるんです。

夏の京都が暑いのは知っている。
無防備に歩き回って吐いたこともある。
今年は特に暑いようだし、お客さんなんか来るのかなぁ。
初めてのところなので、一応初心に帰った品揃えで、カバンやお財布は帯地使いのものを取り揃え、定番のネコちゃん小物はたっぷりと、久しぶりに風呂敷バッグも少々、これで意外に荷物が多くなってしまった。まんま持って帰ることになる可能性もあることを覚悟して行って来い。



インゲンが安くて美味しいので、この頃肉巻きをよく作る。

190808_2.jpg

鯵の昆布〆、二日間くらい〆ておいたもの。

190808_3.jpg

焼きナス。

190808_4.jpg



鳥の唐揚げ。

190808_6.jpg

きゅうりと焼きカマスの酢の物。

190808_5.jpg


マジ暑い。
暑苦しいから、そんなところで鳴かないでくださいよ。

190808_1.jpg





2019年8月 5日

あぁ、暑い。

金沢も夏場はこんなに暑くなるんですね。

2階の寝室が暑くて寝られなくなってきたので、最近は一階の座敷に寝ている。
この座敷はクーラーもあるので、とうとう夕飯もこの部屋で食べるようになった。

190805_4.jpg

冬場は無駄に暖房を使いたく無いので、この部屋は何ヶ月か封鎖していた。
それはそれは寒い部屋で、通り抜けるのも駆け足だった。

が、今はこの部屋だけで暮らしているような感じです。


で、昨日の夕飯はホウボウのオーブン焼きとか、赤皮カボチャの冷製ポタージュとか。

190805_3.jpg

ホウボウはこの前一人で食べたときのほうが美味しく出来てたな。ごめんごめん。


鯵のたたき。

190805_5.jpg

これまで鯵の刺身を見くびっていた感があるダンナが、こっちに来てから鯵の美味しさに目覚めてくれた。嬉しい。


夏野菜の天麩羅。

190805_6.jpg
赤皮かぼちゃの色が、エビの天麩羅に似てまして、カットの形を工夫したら騙せるかも。

きゅうりの酢の物。

190805_7.jpg



金曜日の夕方、犀川に夕涼みに出かけた。

190805_1.jpg
片町の回転寿司で夕飯を食べ、金沢に旅行にきてた頃によく泊まったホテルの一階でコーヒー。

190805_2.jpg
金沢にもブランドショップあるんだよ。